Gorbyharp

ハーモニカのページ。

Federico Linari ライブ

2017-03-12 | 日記
すっかり、ご無沙汰しております。長いこと放っておいた記事をアップしました。
曲目は、順番等、いい加減な部分もあると思います。ここまで、時間が経つと勘違いもあるかと…


お友達から、「オススメのハーモニカ・ライブがあったら、教えてください」って言われたので、
誘ってみましたFederico Linariさんと田中光栄さんのライブに
誘っておいてなんですが、「マニアック過ぎたかなぁ〜」と
でも、お友達、フェデリコのCDを買ってたので、満足してくれたのかなぁ〜と

ライブは、中目黒楽屋(らくや)で行われました。
お友達が、ファーストで帰ってしまわないか、心配でしたが、注文したカレーが出てくるタイミングのおかげで、自然とセカンドまで居る感じになりました。ナイス楽屋さん
マニアとしては、ホッとしましたよ

フェデリコは、アルゼンチン出身。25歳。ライブのあった日が1/31で、翌日が誕生日だったようで、だとすると26になったのかな?毎年、誕生日を大切な人と海外で過ごす?みたいな感じでしょうか?今年は、日本を選んでくれてありがとう
10ホールズでジャズをやります。感じとしてはハワード・リーヴィーのようなスタイルです。あそこまで吹きこなせるプレーヤーは、日本ではなかなかお目にかからないので非常に貴重。

さて、ライブですが、光栄さんによるSo Many Starsで始まり、フェデリコを呼び入れて、Moanin'。
光栄さんが、クロマティックに徹して、フェデリコがテンホールズです。ちょうど良いバランスですね。その他、想いが届く日(El Dia que me Quieras)、Little Sunflower、Time Will Tell、Blue Rondo a la Turk、Ponte tu Polo(フェデリコのオリジナル曲、警官にシャツを着ろ!と怒られる内容?)
フェデリコだけで、Oblivion、Indiana~Donna Lee
ラストは、光栄さんとフェデリコで、ブルーゼット。アンコールは、スペインでした。

光栄さんが嬉しそうに演奏してるのが、印象的でした。
思ったより、若い人たちが来ていて、安心しました。
いい刺激を受けたことと思います

私も行ってよかったなぁ〜と思うライブでした。

田中光栄 (Chromatic Harmonica)
Federico Linari (10hole Diatonic Harmonica)
板垣光弘 (Piano)
平石カツミ (Bass)
力武誠 (Drum)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年始は、里沙さん

2017-01-22 | 日記
2017年の初コンサートは、南里沙さんのコンサートでした。
場所は渋谷のJZ brat

珍しく姉二人を引き連れて行きました
ステージ全体が見渡せる良い席でした!感謝!
前回はカウンター席だったので、だいぶ会場のイメージも違います。

姉たち、もっと狭いライブハウスでやるのかと思ってたみたいです。素敵な空間に感動してました。
ことのほか喜んでくれたようで、結局、コンサート最後までいました。一安心
そうセカンドまでいないと「お年玉プレゼント」に参加できないからね。

くじ運の強い私は、いつもなら、何かしら当たるんですけどね〜
今回は、一等賞の64Xは、おろかPuckさえも当たらなかった
「金属アレルギーだから、もらってもね〜」と強がってはみたものの、コンサート終わりまで、ちょっぴりテンション低めになってしまった

フライドポテトが美味しくて、お代わりしてしまった
前回逃してしまったハイボールもいただくことができましたそして里沙さん命名オリジナル・カクテル「初日の出」もこのハイボールは、普通のものよりも甘めのようです。何種類かあるので、また、次に行く楽しみができました

コンサートは、アルバム「エル・ムンド」からの選曲が多かったです。あとは、無伴奏で、「月の砂漠」や里沙さんのオリジナル曲「つばめ」。「つばめのように巣立ってしまうのかぁ〜」と父親のような気分になって寂しくなってしまった
次回作に収録されるそうですよ
お楽しみに

「Katsuyaは、一人でこんなに贅沢なことをしてたのか〜」と姉に言われてしまった
普段、ハーモニカを聴かない人にどれだけ、受け入れられるか?それが、ハーモニカ吹きの課題ですね。
里沙さんは、そんな課題をクリアしてしまったプレーヤーの一人じゃないかと思います。
今後も陰ながら、応援させていただきます


里沙さんから、いただいた純金茶。
ありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

迎春

2017-01-03 | いろいろ
お正月、いかがお過ごしでしょうか

母校が再び箱根駅伝に出場してるので、テレビで観戦しております
健闘してるので、観てて楽しいです
と言ってもテレビに映るのはわずか。
ネットが頼りです

久しぶりに風邪をひきました
ハーモニカが原因では?と思って掃除したりしてます。

最近は、近視と老眼の間で、ネットを見るのもブログ書くのもツライですね〜
中年ハーモニカ吹きは、いろいろな意味で過渡期です
ネタはあるんですが…。気長にお待ちください

早々に年賀状ありがとうございます
いつものことですが、お正月に年賀状を書いています。
結果、「あと出し」風になっております。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いいたします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後は…

2016-12-31 | いろいろ
Toots Thielemans - What a wonderful world || live @ Muziekcentrum Frits Philips || 16-11-2012


今年もあとわずか
今年を締めくくるのは、やっぱりトゥーツがいいかなぁ〜と

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘリング・ハーモニカ

2016-12-11 | ハーモニカ
最近、ヘリング・ハーモニカの記事が、上位の人気だったので、書き換えました。

ヘリングは、ブラジルのメーカーです。西村ヒロさんが、ハーモニカ・レヴューに紹介してたので、ブラジルから直接4オクターブのクロマティックを購入したのを思い出しました。送料込みで、7~8千円ぐらいのだったかなぁ?かなり格安だったのを覚えています

その後、ヤマハ系列の会社が輸入販売してましたが、人気低迷?なのか、日本での本格的な販売は、終了してしまいました。

なので、ホームページは、本場ブラジルのものをご覧ください

ガブリエル・グロッシ・モデルスタン・ハーパー・モデルなどもあります。

日本ですとサウンドハウスさんが、一部扱ってるようですね。こちらから、購入するしたことがないので、なんとも評価し難いですが。「サウンドハウス」の模倣サイトがあるらしく、注意が必要です。このリンクも合ってるか心配になってきた。詳細は、わかりませんが、こんな奇抜なハーモニカ持ってたら、人気者になれるかもよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西脇辰弥クロマチック・ハーモニカ・コース開講!

2016-12-11 | レッスン
以前、記事の終わりに告知していた西脇辰弥さんのクロマチック・ハーモニカ・コースが開講されました

場所は、東京渋谷のトート音楽学院
詳細は、こちら。体験レッスンは、無料のようです。

スズキさんのサイトに詳しく載ってました。水曜日がレッスン日のようですね。鍵盤ハーモニカ、アンデスのレッスンも同時開講。チラシ(pdf.)

トート音楽院では、崎元讓先生のクラスもあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

形から入るタイプ

2016-12-08 | 日記
第22回、田中光栄教室ライブに出場しました!
最近、告知がないよね?すみません。

今回は、ちゃんとレッスンに行きましたよ。
1回だけだけど。非常に内容の濃いレッスンでした。
しばらく行かないうちに会員証が出来てた。

光栄さんにアドバイスを頂き、途中、アンプリファイドすることに。
マイク🎙も新調。形から入るタイプなので。

曲は、リーオスカー作曲のDreams We Shareです。
モンスター大陸で活躍中のTaroくんが天才少年と呼ばれていた時期のアルバムに収録されています。

やーこんさんに音を褒めていただいて、ちょっぴり調子に乗っております。
思い切り吹きすぎないのが良かったのかもしれません。
緩急つけるというか。ただタンギングもやり過ぎると下品になるね。
今後の課題。

アンプリファイドは、遠慮しながら吹いたので、効果薄でした。
生音がしっかりしてないとマイクを通してもダメなのです。
使わない時マイクをどこに置くか?も課題です。
520DX用スタンドもあるらしい。少なくともポケットに入れるのは好ましくないかも。
フレーズももっとブルースぽい感じが欲しかった。学ばないと。

520DX(グリーンバレット)デビュー戦としては、消化不良でしたが、Iさんに私のマイクを使っていただいたので、520DXも喜んでいることでしょう。

リーオスカーのスタイルで演奏される方も。ライバル現わる?リーオスカー、封印しようかなぁ〜。
今回使用楽器は、Hammond MasterのメロディーメイカーチューニングのGとRocket ampのFでした。気になってたので買っちゃった。すっかり私もテンホールズの人です。

次回のネタもすでに考えてあります。っていうかもっと人前で演奏する機会を作ろうっと。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

続木力&小泉清人/デュオ・ライブⅡ

2016-11-20 | CD/DVD

<デュオ・ライブⅡ>

ハーモニカの続木力さんとギターの小泉清人さんのライブ・アルバム第二弾を手に入れました

西脇さんのセミナーに行った時に、トート音楽院の隣の渋谷ウォーキンで購入。その他、ライブ会場での販売か、小泉清人さんから、メール等で問い合わせ購入することができるみたいです。第一弾のアルバムとジャケットがほぼ同じの色違いなので、間違えないように。第一弾のアルバムについては、昔、書いてました


<デュオ・ライブ>

今年は、夏が秋に食い込んでるような感じだったので、このアルバムを聴いて夏バテ(秋バテ?)の身体が癒された気がします。でも今はだいぶ寒くなりましたね〜

01 Ate Quem Sabe (Joao Donato) 
02 St. Louis Blues (W.C. Handy) 
03 Honeysuckle Rose (Thomas "Fats" Waller) 
04 Manha De Carnaval (Luiz Bonfa) 
05 Do You Know What It Means To Miss New Orleans? (Eddie DeLange / Louis Alter) 
06 春の香り (小泉清人)
07 Doxy (Sonny Rollins) 

続木さんのHPから「デュオ・ライブⅡ」の曲目を転載してみました。
Doxyは、最近、演奏する人、よく見かけます。と言ってもネットで見ただけですけどね。
流行りなのかなぁ〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都へ

2016-11-20 | いろいろ
そうだ京都、行こう。」というCM。南里沙さんの演奏とのこと。ネットで見た時は、そんなにピンとこなかったんですが、実際、テレビで見るとゾクゾクしますね〜

このCMって、関東圏だけの放送なの?確か里沙さんのブログでそう書いてあったように記憶してますが。てっきり、全国放送だと思ってました。もう一つの勘違いは、「そうだ京都、行こう。」というフレーズ。ず〜っと長い間、「そうだ『京都へ』行こう」だと思ってました。なので、「へ」がないと語感というか音感的に非常に違和感があります。確かに、「へ」があるとなんとなく、京都の持ってる上品さを損なう感じもします。同時に「へ」がないことで、ちょっぴり、「京都」からの疎外感も。

一方、京都って、修学旅行の定番コース。あくまで、東京の中学校の話。今は、違うのかなぁ〜。
部屋まで来てくれた舞妓さんに、ドキドキお寺のお坊さんのありがたいお話大人になってから、行くとまた違う楽しみがあるかもね

それにしてもCM。里沙さんの別のバージョンも観てみたいですね〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KALEIDOSCOPE再発

2016-10-15 | CD/DVD
松岡直也さんのアルバム「KALEIDOSCOPE」が再発されます。
トゥーツが参加してるは知っていたので、ずっと探していたのです。
どんな感じかわかりませんが、是非とも手に入れたいと思います。
どのくらいの割合でハーモニカ吹いてるのかなぁ〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加