LE REGARD D'ALAIN DELON

アラン・ドロンさんの魅力を探ります。

アラン・ドロンさん映画新作を語る(1)

2017-05-11 | INTERVIEW
ドロンさん引退というニュースが昨日発表されましたが、それに先立って5月6日にベルギーの映画祭に出席されたドロンさんとジャーナリストのFabienne Bradfer氏とのロング・インタビュー記事が以下の「Le Soir」誌のサイトに掲載されていました。(現在は見れなくなっています。)

Alain Delon: «J’ai eu une vie fabuleuse mais pas forcément celle que j’aurais voulue» - Le Soir Plus

今回はその中から一部翻訳しましたのでご紹介します。

--------------------------------------------------------------------


Fabienne Bradfer(以下FB);私はちょうど日本への旅行から戻ってきたところなんです..

アラン・ドロン(以下AD);だったら私が誰だかわかりますね!

FB;あなたが誰であるかを知るためにわざわざ日本に行く必要はありませんよ。
ですが日本ではあなたはいまだに神様のように考えられていましたよ。

AD;私はそれがなぜなのかわかっています。
50年前、外見的に私は彼ら日本人の理想の男性でした。彼らにとっての白人の理想像がアラン・ドロンだったのです。
私のような服装や髪形をした日本人を当時何人か見ました。
私は最初それがなぜなのかわかりませんでしたが、後になって映画『太陽がいっぱい』がその理由であることがわかったのです。
太陽の帝国(=日本)では、この映画と主演俳優は天からの啓示でした。
このルネ・クレマンの映画と日本人との間に何か特別なことが起こったのです。
映画のタイトルも良かった...それは1960年にさかのぼります。おわかりですか、57年も前の出来事なのですよ!

FB;そして、あなたの名声は今も色あせていません!

AD;今はもう昔ほどではありませんが、当時の日本での私は特別な存在であったことは確かです。
ほぼ毎年のように日本に行って、私はとても信じられないほど歓迎されました。
まるで王様が上陸したような感じでした。

FB;あなたは母国のフランスではそのような関係ではありませんでしたね...

ADそれは全くちがっていた、実際にね!
誰も自分と同じ国の人間を預言者とはみなしません、フランスでは特にその傾向が強いです。
自国の人間が他の国で喜ばれるということはフランスの人々を困惑させるのです。
彼らはこう言いました。
「確かにあいつはあまりにもハンサムだ、だが性格は良くない、いけ好かない野郎だ。」とね...

FB;そういったあなたに対する理解のないフランスの人々に悲しまされましたか?

AD;はい。当時の私は日本でのような神がかった人気を(フランスで)欲したわけではありませんでしたが、それでももう少し理解はしてもらいたいと思っていました。
でも今の私はキャリアのおかげで当時よりはより理解はしてもらっています。
それはおそらく、私が今もここに存在しているからでしょうし、私がこれまで出演してきた映画が否定されるようなものではないからでしょう。
しかし、私が栄光の絶頂にいた時でさえ、周りからの特別な嫉妬心を感じました。
彼らはこう言ってました。
「奴は確かに美しい、だけど奴はペテン師だ、とかなんとか。」、私はあまりにも、あまりにも、あまりにも(ひどいな)と感じました...

FB;しかし、セザール賞アカデミーがあなたに名誉賞を授与するとなったら、きっと素晴らしい時間となることでしょう、そう思われませんか?

AD;私の友人でセザール賞の創始者であるGeorges Cravenne,が亡くなって以来、私はセザール賞については忘れることにしました。2000年に、舞台の上で彼にセザール名誉賞を与えたのはこの私です。

FB;明日もし、セザール・アカデミーがあなたに名誉賞を授与するとなったらどうします?

AD;私は拒否することはできませんが、そうならないことを願っています。

FB;1960年の「太陽がいっぱい」から2008年に公開された「アステリックス、オリンピックに行く(日本未公開)」まで、あなたのフィルモグラフィーは驚異的です...

AD;そのことは私も意識しているし、本当にうれしい。
フランスでは、過去の話ばかりしている者のことを愚かな老人と呼びます。
だからあなたがもし、あれは今とは全くかけ離れた別の時間、別の映画だったなどと言ったならばあなたは愚か者扱いされます。
しかし、それは真実なんです。私が経験したことは今とは全く違う別の時間、別の映画でした。
映画に精通している人はそのことをよく知っています。

(次回に続きます。)

原文はこちらです。

Je reviens d’un voyage au Japon…

Alors vous savez qui je suis !

Je n’ai pas besoin d’aller au Japon pour savoir qui vous êtes mais effectivement, au Japon, vous êtes toujours considéré comme un dieu vivant…

J’ai compris pourquoi.
Il y a cinquante ans, physiquement, j’étais leur idéal.
Quand ils se rêvaient blanc, ils se rêvaient comme Alain Delon.
J’ai connu des Japonais qui se coiffaient comme moi à l’époque, avec la mèche.
J’ai voulu savoir pourquoi et en fait, ça remonte à Plein soleil.
Dans l’empire du Soleil Levant, le film et l’acteur du film ont été une révélation.
Il s’est passé quelque chose de particulier entre le film de René Clément et le peuple japonais.

Peut-être à cause du titre… Ça remonte à 1960. Vous vous rendez compte… Ça fait 57 ans !
Et votre nom ne ternit pas !

Ça change un petit peu mais c’est vrai que j’ai fait des choses extraordinaires là-bas. À l’époque, j’y allais quasiment tous les ans et j’étais accueilli de façon incroyable, j’avais l’impression d’être le roi qui débarquait.

Vous n’avez jamais eu ce rapport-là avec la France…
Pas du tout le même, effectivement !
Nul n’est prophète en son pays et cela se vérifie très fort en France.
Tout ce qui plaisait dans le reste du monde agaçait en France. On disait : il est trop beau, il a un sale caractère, il nous emmerde…

Ça vous a attristé de ne pas avoir cette reconnaissance ?

Oui. Je ne voulais pas la reconnaissance quasiment mythique que j’avais au Japon mais j’aurais quand même aimé avoir une certaine reconnaissance.
Je l’ai plus maintenant que pendant ma carrière.
Parce que, sans doute, je suis toujours là et qu’on ne peut nier les films que j’ai faits.
Mais à l’époque où j’étais en pleine gloire, j’ai senti une certaine jalousie.
On disait : « oui, il est beau mais il est con, etc. ». J’étais trop, trop, trop…

Il serait pourtant grand temps que l’Académie des Césars vous remette un César d’honneur ne pensez-vous pas ?

J’ai décidé d’oublier les Césars quand mon ami Georges Cravenne, créateur de la cérémonie des Césars, est mort. C’est moi qui, en 2000, lui avais remis sur scène son César d’honneur.

Mais si demain, l’Académie vous honore, vous dites… ?

Je ne peux pas refuser mais j’espère qu’on ne me le proposera pas.

De « Plein soleil » sorti en 1960 à « Astérix aux jeux Olympiques » sorti en 2008, votre filmographie donne le vertige…

J’en suis conscient et vraiment heureux.
En France, on me traite de vieux con, il ne faut pas parler du passé.
On vous considère comme un imbécile si vous dites que c’était une autre époque et un autre cinéma.
Or, c’est la vérité.
Ce que j’ai vécu était une autre époque et un autre cinéma.
Ceux qui connaissent bien le cinéma le savent.


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【6月更新】デビュー60周年記念 53週連続放送 「アラン・ドロンがいっぱい」

2017-05-01 | THE INFORMATIONS
毎週日曜日の夜、恒例となっておりますデビュー60周年記念53週連続 アラン・ドロンがいっぱい|スターチャンネルですが、
スターチャンネルの公式ホームページに掲載されている1月から6月までの放映作品は以下の通りとなっています。

【1】1月1日『アラン・ドロンのすべて』(未公開ドキュメンタリー作品)
【2】1月1日『冒険者たち』
【3】1月8日『仁義』
【4】1月15日『山猫[完全復元版]』
【5】1月22日『ビッグ・ガン』
【6】1月29日『ボルサリーノ』

【7】2月5日『ボルサリーノ2』
【8】2月12日『ハーフ・ア・チャンス』
【9】2月19日『危険がいっぱい』
【10】2月26日『地下室のメロディー』

【11】3月5日『太陽がいっぱい』
【12】3月12日『パリの灯は遠く』
【13】3月19日『帰らざる夜明け』
【14】3月26日『ロスト・コマンド/名誉と栄光のためでなく』

【15】4月2日『シシリアン』
【16】4月9日『燃えつきた納屋』
【17】4月16日『フリック・ストーリー』
【18】4月23日『ショック療法』
【19】4月30日『黄色いロールスロイス』

【20】5月7日『恋ひとすじに』
【21】5月14日『太陽が知っている』
【22】5月21日『サムライ』
【23】5月28日『愛人関係』

【24】6月4日『チェイサー』
【25】6月11日『エアポート’80』
【26】6月18日『黒いチューリップ』
【27】6月25日『さらば友よ』

ちょうど6月で折り返し点に到達ということになりますが、まだまだ以下の作品が後半のラインナップの順番待ちという状態です。
改めてドロンさんの豊富なフィルモグラフィーに圧倒されます。

『若者のすべて』『太陽はひとりぼっち』『リスボン特急』『プレステージ』
『危険なささやき』『ル・ジタン』『暗黒街のふたり』『ブーメランのように』
『友よ静かに死ね』『アラン・ドロンのゾロ』『高校教師』『スワンの恋』
『カサノヴァ最後の恋』『テキサス』『悪魔のようなあなた』『レッド・サン』
『暗殺者のメロディー』『ヌーヴェルヴァーグ』『スコルピオ』『最後の標的』
『鷹』『ポーカー・フェイス』『真夜中のミラージュ』『泥棒を消せ』『個人生活』
『お嬢さんお手やわらかに!』『黙って抱いて』『アラン・ドロン私刑警察』『復讐のビッグ・ガン』

以下は(毎回しつこく書いてしまいますが)さすがに難しいのではないかと思う作品たちです。
『ジェフ』『さすらいの狼』『栗色のマッドレー』
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『アラン・ドロン・シネマ・ライブ VOL.4』のご案内

2017-04-20 | 生誕81年記念イベント
来たる6月25日の日曜日お昼の12時30分より東京の銀座タクトにて『アラン・ドロン・シネマ・ライブVOL.4 映像と音楽で綴るアラン・ドロンデビュー60年の軌跡』を開催する運びとなりましたので、ここにご案内させていただきます。

一昨年11月8日及び昨年の5月29日、11月6日の合計3度にわたって開催されました『アラン・ドロン生誕記念祭』はおかげさまをもちまして無事に終了することができました。今回はその第4弾ということで、さらに充実した内容で皆様に日曜午後のひとときをお届けしてまいりたいと考えております。

世界で唯一この場でしか味わうことのできない迫力の生演奏と大きな画面に映るアラン・ドロンさんの主演映画の名場面とのコラボレーションをみなさまどうぞお楽しみください。

会場の銀座タクトは100名様までご予約可能です。
ご参加いただける方は、銀座タクトまで直接お電話でお申込みいただくか、もしくは下記の私のメールアドレス宛にご予約の旨ご連絡ください。
chaser34@goo.jp
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【5月更新】デビュー60周年記念 53週連続放送 「アラン・ドロンがいっぱい」

2017-04-17 | THE INFORMATIONS
毎週日曜日の夜、恒例となっております『デビュー60周年記念 53週連続放送 「アラン・ドロンがいっぱい」』ですが、
スターチャンネルの公式ホームページに掲載されている1月から5月までの放映作品は以下の通りとなっています。

【1】1月1日『アラン・ドロンのすべて』(未公開ドキュメンタリー作品)
【2】1月1日『冒険者たち』
【3】1月8日『仁義』
【4】1月15日『山猫[完全復元版]』
【5】1月22日『ビッグ・ガン』
【6】1月29日『ボルサリーノ』

【7】2月5日『ボルサリーノ2』
【8】2月12日『ハーフ・ア・チャンス』
【9】2月19日『危険がいっぱい』
【10】2月26日『地下室のメロディー』

【11】3月5日『太陽がいっぱい』
【12】3月12日『パリの灯は遠く』
【13】3月19日『帰らざる夜明け』
【14】3月26日『ロスト・コマンド/名誉と栄光のためでなく』

【15】4月2日『シシリアン』
【16】4月9日『燃えつきた納屋』
【17】4月16日『フリック・ストーリー』
【18】4月23日『ショック療法』
【19】4月30日『黄色いロールスロイス』

【20】5月7日『恋ひとすじに』
【21】5月14日『太陽が知っている』
【22】5月21日『サムライ』
【23】5月28日『愛人関係』

5月はいよいよロミー・シュナイダーとの共演作品2作が登場。
その後ナタリー・ドロンとの共演作、ミレイユ・ダルクとの共演作へと続きます。

引き続き6月以降に放映されるであろう、あるいは放映してもらいたい作品群を以下に記します。

『若者のすべて』『太陽はひとりぼっち』『さらば友よ』『リスボン特急』『チェイサー』
『プレステージ』『危険なささやき』『ル・ジタン』『暗黒街のふたり』『ブーメランのように』
『友よ静かに死ね』『黒いチューリップ』『アラン・ドロンのゾロ』『高校教師』
『スワンの恋』『カサノヴァ最後の恋』『テキサス』『悪魔のようなあなた』
『レッド・サン』『暗殺者のメロディー』『ヌーヴェルヴァーグ』『エアポート’80』『スコルピオ』
『最後の標的』『鷹』『ポーカー・フェイス』『真夜中のミラージュ』『泥棒を消せ』『個人生活』
『お嬢さんお手やわらかに!』『黙って抱いて』

以下はさすがに難しいのではないかと思う作品です。
『ジェフ』『さすらいの狼』『栗色のマッドレー』
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Flic Story

2017-04-16 | THE 70'S CINEMA
本日午後9時からのスター・チャンネルでは『フリック・ストーリー』が放映されます。

刑事を演じるのは『リスボン特急』に続いて2回目となりますが、独善的なコールマン刑事に比べて、人情派で犯罪者にも共感を持つ警察官を演じています。
公務員であるサラリーマンとして、上司の顔を横目に見ながらも常に自身の信念に基づいて行動する主人公はドロンさんにぴったりのはまり役です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

HOMMAGE A ALAIN DELON - JEAN PIERRE BLANCHARD / PEINTRE - LE PLUS GRAND CABARET DU MONDE

2017-03-31 | ON STAGE
HOMMAGE A ALAIN DELON - JEAN PIERRE BLANCHARD / PEINTRE - LE PLUS GRAND CABARET DU MONDE


ドロンさんご本人は登場されませんが、驚きのパーフォーマンスです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Montaigne Market celebrated the launch of Anthony Delon's exclusive collection.

2017-03-09 | THE INFORMATIONS
ドロンさんの最新画像がアンソニー・ドロンのインスタグラムでアップされていましたのでご紹介します。

Anthony Delon

どういうものかは全くわかりませんが、パリにあるブランドショップでアンソニー・ドロン・ブランドのイベントが開催されてドロンさんはゲストに招かれたようです。

Montaigne Market: Save the date Montaigne Market X Anthony Delon

お店のFBページはこちらです。
    ↓
Montaigne Market

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【4月更新】『デビュー60周年記念 53週連続放送 「アラン・ドロンがいっぱい」』

2017-03-02 | THE INFORMATIONS
毎週日曜日の夜、大河ドラマのようなボリュームで放映されている
『デビュー60周年記念 53週連続放送 「アラン・ドロンがいっぱい」』ですが、
スターチャンネルの公式ホームページに掲載されている1月から4月までの放映作品は以下の通りとなっています。

【1】1月1日『アラン・ドロンのすべて』(未公開ドキュメンタリー作品)
【2】1月1日『冒険者たち』
【3】1月8日『仁義』
【4】1月15日『山猫[完全復元版]』
【5】1月22日『ビッグ・ガン』
【6】1月29日『ボルサリーノ』

【7】2月5日『ボルサリーノ2』
【8】2月12日『ハーフ・ア・チャンス』
【9】2月19日『危険がいっぱい』
【10】2月26日『地下室のメロディー』

【11】3月5日『太陽がいっぱい』
【12】3月12日『パリの灯は遠く』
【13】3月19日『帰らざる夜明け』
【14】3月26日『ロスト・コマンド/名誉と栄光のためでなく』

【15】4月2日『シシリアン』
【16】4月9日『燃えつきた納屋』
【17】4月16日『フリック・ストーリー』
【18】4月23日『ショック療法』
【19】4月30日『黄色いロールスロイス』

以上のように早い段階でドロンさんの代表作と言える作品がかなりウェートを占めているのがよくわかります。

あと今回の特集で驚かされるのは映像の美しさです。
これまでもケーブルテレビで何回か放映された作品でも、
そのときに録画したものと見比べてみますと明らかに画像が良くなっているのがわかります。

特に『ビッグ・ガン』のきめ細かい画像の美しさは予想外でした。
『ハーフ・ア・チャンス』も最近発売されたHDリマスターのブルーレイと同じ美しさでした。

4月以降も高画質にリマスターされた作品映像が多数観られるであろうとの期待を込めて、未放映の作品群を思いつくままに記しておきます。

『若者のすべて』『太陽はひとりぼっち』『サムライ』『さらば友よ』
『太陽が知っている』『リスボン特急』『チェイサー』『愛人関係』
『プレステージ』『危険なささやき』『ル・ジタン』『暗黒街のふたり』『ブーメランのように』
『友よ静かに死ね』『黒いチューリップ』『アラン・ドロンのゾロ』『高校教師』
『スワンの恋』『カサノヴァ最後の恋』『テキサス』『悪魔のようなあなた』
『レッド・サン』『暗殺者のメロディー』『ヌーヴェルヴァーグ』『エアポート’80』『スコルピオ』

ここまでで10月いっぱいとなってしまいました(笑)。
11月以降の残り9作品は次のようなレアな作品を勝手ながら期待しております。

『最後の標的』『鷹』『ポーカー・フェイス』『真夜中のミラージュ』
『ジェフ』『個人生活』『さすらいの狼』『泥棒を消せ』『栗色のマッドレー』
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アラン・ドロンがいっぱい

2017-01-15 | THE INFORMATIONS
2017年に入ってから初の投稿となります。
遅くなりましたが、皆様本年もよろしくお願い申し上げます。

ファンの皆様におかれましては年明け早々から始まったスター・チャンネルの『デビュー60周年記念 53週連続放送
「アラン・ドロンがいっぱい」』をお楽しみのことと思います(現在『山猫』放映中です。)が、今のところ2月までしか放映作品の情報がなく、3月からいったいどういう編成になるのか期待が高まります。

私の手元にある市販されたDVDや、以前にテレビ録画した作品群から、今回の特集で放映されるであろう作品は(既に放映された作品を含めて)45作品ぐらいの予想はできているのですが、残りの7、8作品がどんなものになるのかが全くわかりません。

『真夜中のミラージュ』『ポーカー・フェイス』『最後の標的』『個人生活』などが放映されれば画期的なことですが、『さすらいの狼』『ジェフ』『栗色のマッドレー』『もういちど愛して』などに期待を抱くことは控えておきます(笑)

元日に放映された『アラン・ドロンのすべて』も素晴らしい内容でしたし、久しぶりに観た『仁義』も改めて作品の質の良さを再確認できました。
こうやって毎週ドロンさんの作品を改めて見返すことができるというのは大変幸せなことです。

さて近いうちに今年のイベントについての告知も行いますが、まずは21日のロミー・シュナイダーのイベントがいよいよ近づいてきました。
私も参加する予定で皆様との再会を楽しみに致しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ご挨拶

2016-12-31 | ABOUT MY BLOG
2016年もあっという間に過ぎ去り、いよいよ今日で最後となりました。

今年1年を振り返ってみますと、
3月26日の『アラン・ドロン映画祭 byエテルネル・アラン・ドロン』
に始まり、
5月29日の『アラン・ドロン生誕80年記念祭VOL2 by エテルネル・アラン・ドロン』
さらに
11月6日の『アラン・ドロン生誕81年記念祭 by エテルネル・アラン・ドロン』

これまでに経験のないハイペース(ブログの更新は相変わらずの超スローペースでしたが)な1年であったなと感じています。

来年の予定は今のところ未定ですが、ドロンさんの映画デビュー60周年という節目の年でもあることから、これまで同様たくさんの方々のご協力をいただきながら今まで以上に内容を充実させたイベントを行っていければと考えております。

それでは皆様、来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えください。






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

1 Chance sur 2 - Interview Belmondo & Delon - JT TF1 - 1998

2016-12-16 | TV APPEARANCES
1 Chance sur 2 - Interview Belmondo & Delon - JT TF1 - 1998
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

A. Delon, émouvant "avant de partir, j'ai envie de tourner avec S. Marceau" 11/12

2016-12-16 | TV APPEARANCES
A. Delon, émouvant "avant de partir, j'ai envie de tourner avec S. Marceau" 11/12
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

"L'Encyclopédie Delon"

2016-12-12 | TV APPEARANCES
フランスの現地時間で昨日の夜の生放送にドロンさんがパトリス・ル・コント監督と一緒にご出演された動画が公開されましたのでご紹介します。

先月出版されたドロンさんの書籍の内容に沿って、ドロンさんのキャリアを自らが語る内容となっています。
ドロンさんは顔色もよく生き生きとしていてお元気そうです。

"L'Encyclopédie>
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

永遠のロミー・シュナイダー Lesson 5

2016-12-08 | ROMY
2017年1月21日、私の地元神戸の元町映画館2階のイベントスペースにおきまして
『永遠のロミー・シュナイダー Lesson 5』が開催されます。

開催内容は以下の通りです。

『第5回永遠のロミー・シュナイダー』
□日時:2017年1月21日(土) 14:00~17:30
□場所:元町映画館2F
650-0022 神戸市中央区元町通4丁目1-12
TEL:078-366-2636
URL:http://www.motoei.com/
□参加費:2,500円(ワイン+お茶+軽食+記念品)
□内容:上映会、交流会、特別展示etc

主催者のイッチ様によりますと、
今回も映画を1本、クロード・ソーテ監督作品「はめる/狙われた獲物」を上映予定です。
お土産もいろいろ用意していらっしゃるとのことです。

私も先日の11月6日の『アラン・ドロン生誕81年記念祭』でロミーについて取り上げたばかりですので、その余韻も冷めやらぬままの状態でふたたびこのイベントに参加できることは非常に楽しみです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

アラン・ドロンのすべて

2016-12-06 | THE INFORMATIONS
2017年はドロンさんの映画デビュー60周年になるようで、
それを記念してスター・チャンネルが何と53週に亘って毎週1本のドロンさんの作品をオンエアーするとのニュースが飛び込んできました。
デビュー60周年記念53週連続 アラン・ドロンがいっぱい|スターチャンネル

これまでも何回かドロンさんの映画特集はありましたが、これほどまで長期間にわたる放映企画は恐らく世界初ではないかと思います。
ドロンさんの(テレビドラマを除く)出演映画の本数は(恐らく)80本、そのうち日本公開作品が62本ありますが、放映不可能な作品もいくつかあるでしょうから、何本か日本未公開の作品も含まれるのでしょうか。
字幕付きのDVDが発売されていない作品もまだまだたくさんありますので、それらがいっきにオンエアーされるようなことがあれば夢のような企画といえます。

この特集を開始するにあたって1月1日元旦の夜9時から『アラン・ドロンのすべて』と題されたドキュメンタリーが放映されます。
アラン・ドロンのすべて

これは昨年の11月にドロンさんの80歳の誕生日を記念してフランスで製作されたテレビ・フィルムでフランスのアマゾンで購入することができますが、
Alain Delon, cet inconnu (VU sur France 3): Amazon.fr: Philippe Kohly: DVD & Blu-ray
いかんせん全編フランス語で内容を完全に把握することができていませんでした。

今回は放映時間が56分ということでかなりカットされているようですが、それでもこのフィルムを字幕付きで鑑賞できるのはファンにとっては大変ありがたいです。

90分の字幕なしの本編映像は以下のサイトにアップされていますので、予習用(?)にご紹介しておきます。
Alain.Delon.cet.inconnu
Comment
この記事をはてなブックマークに追加