牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

田川 (西早稲田)

2006年12月17日 | 食べ歩き (早稲田・高田馬場)
早稲田通りの一本裏手に入った「天婦羅 いもや」のある路地で、「うなぎ 田川」という小さな店を見つけたので、お昼に入ってみました。

12~13人も入れば満席になってしまうほどの小さな店で、不思議と静かでゆっくりとした時間が流れる落ち着いた空間です。
厨房の方からはこうばしい香りが漂い、おなかがキューっと鳴る気がしました。

うな重は1350円の中と1750円の上、特上でも2200円と良心的なお値段。それであれば迷わず特上を頼もうかと思ったのですが、890円でうな丼が食べられるということなので、学生らしくうな丼を頼むことにしました。

うなぎはやや小さめながらも丁寧に焼き上げられ、やや甘辛いタレと相まって、とても美味しかったですね。タレが濃い目のせいか、上品さよりも下町っぽい庶民的な感じはしますが、嫌いな味ではありませんでした。
心豊かになるひとときでしたね。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つず久/TSUZUKU (牛込柳町) | トップ | キリン復刻ラガー<明治> <大正> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
たった一度の人生を輝かせるには・・・思い切り飯を食べ、そして夢を食べよ (八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ))
処暑のお陰で、昨日の朝はいい目覚めを迎えることができた。前日録画しておいた『熱闘甲子園』のビデオを観ながら、ハムエッグで朝食。優勝した佐賀北高校の諸君が起こした“奇跡の軌跡”は、一体どれだけの日本人を熱狂させただろうか。8回1死満塁の場面で副島浩史君が...