環境問題スペシャリスト 小澤徳太郎のブログ

「経済」 「社会」(福祉) 「環境」、不安の根っこは同じだ!

「将来不安」の解消こそ、政治の最大のターゲットだ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の温室効果ガス削減中間目標 これはもうどう考えたらよいのだろう???

2009-04-18 09:49:06 | 温暖化/オゾン層
私のプロフィールや主張、著書、連絡先は、ここをクリック          持続可能な国づくりの会<緑と福祉の国・日本>のブログは、ここをクリック

アーカイブ(公開論文集)
 






昨日のブログで、「このような、人類の歴史的会議の流れの中で、スウェーデンがまさに最先端の考えを国際社会に提示してきたのと対照的に、世界第2位の経済大国を自認する日本は、 実質的には1992年の議論「環境と開発のかかわり」のレベルに止まっているかのようです
と書きました。

偶然にも、この状況は、次の二つの記事を読み比べるだけで確認できます。私のコメントなどは一切不要でしょう。最初は一昨日の日本経済新聞です。次は今日の朝日新聞です。


関連記事
日本政府の中期目標検討委員会が受賞した「化石賞」(2009-04-03)

企業の07年度の温室効果ガス排出量(CO2換算)上位10社(2009-04-14)

低炭素社会は日本の政治主導による「持続可能な社会」の矮小化か?(2009-01-12)



追加
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜスウェーデンにそれがで... | トップ | グリーン・イノベーション・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温暖化/オゾン層」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
先の週末に地救フォーラムin高野山に出かけてきました (京都議定書の次のステップは何だろう)
 ほんとうに久しぶりですが、温暖化関連のイベントに参加してきました。  それはメイク・ザ・ルールキャンぺーンが和歌山県内の団体と共催で、和歌山県の高野山大学で開催した「地救フォーラムin高野山」です。(すでにこのHPには2日目に採択された高野山アピールが...