Yokohama GJ 研究所 GO

政治・経済・事件そして国際情勢にメス、GJ がGood Job になるか !

Analysis of Jyomon cultureー縄文文化の分析

2016-11-12 09:38:41 | 日記

I do think that the culture of Jomon is very highly , and Jomon's clay figure is so the acme of deformation that Picasso couldn't reach it .

The Jomon period will be period subdivision of Japanese archaeology and be the time with the Jomon pottery .
That will be before the Yayoi Era after the Paleolithic era .
The Yayoi Era has started from around 300 B.C.
The Jomon period is divided in 6 periods , in pioneer days , early stage , the first term , middle term , the latter period and the last stage .
The Jomon culture which flourished on the foot of Yatsugatake was so splendid .
I believe that the middle term in particular was excellent ," Earthen vessel with a spiral crest handle is a good goods . it is equals " Jomon fire earthen vessel ."
They must be two grand champion of sumo wrestlers of Jomon .

There was a scholar who estimated the population of the chain of islands in this time at about 300,000 people , but this is a lot of population seriously by society of hunting collection .

About the clay figure , one researcher said ,
 ”It's the best masterpiece of the mankind for 5000 years ."
 ”This is the acme of the deformation which that Picasso couldn't reach it ,at last ."

I do think it is the culture that Japanese should appreciate so highly .
.       
 縄文時代とは、日本の考古学上の時代区分で、縄文式土器を使用していた時代であり、旧石器時代の後で、弥生時代の始まる紀元前300年ごろまでをいう、
  草創期
  早期 
  前期   
  中期  
  後期  
  晩期   
 特に、中期には、八ヶ岳山麓に豪華な文化を花開かせた、特に、渦巻紋取手付土器(うずまきもんとってつきどき)は逸品で、縄文火炎土器といい勝負、水と火がテーマであり、縄文の両横綱だ。

 この中期の列島の人口を、約30万人と推計した学者がいたが、これは、狩猟採集の社会では、かなりの人数である、多いということ。

 そして、縄文の土偶について、ある先鋭な研究者が、
 「人類5000年の最高傑作である」
 「ピカソも 終に到達できなかったデフォルメの極致」

 もうすこし知ってもらいたい事実、誇るべき誇るべきニッポンの精華ではあるまいか。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”Hikaru" in the Jomon world... | トップ | ”Hikaru" in the Jomon world... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。