気になる植物たち

植物歴長いけど、世の中にはまだまだ気になる植物がいっぱい。花屋のQuの植物的ミニエッセイ。ときどき俳句。 ときどき古墳。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒナキキョウソウ

2015-06-09 20:36:53 | 野山で

キキョウ科キキョウソウ属



 北アメリカ原産の帰化植物。キキョウの仲間だが、花はずっと小さい。枝にたくさん蕾が付いているように見えるが、実は閉鎖花で一番上の花しか咲かないらしい。閉鎖花というのは、自前で受粉して種を作るということだから、確実だけれど遺伝的にはどうなんだろう。近親結婚では、だんだん弱ってくるのが定石だし。茶色ぽくなった左の実に穴が開いているのがわかるだろうか。種は、その穴から出てくる。熟すとめくれる不思議な窓。花の大きさが1センチ程度なので、実に開いた小窓は(年を取ってくると)肉眼では見えにくい。


 実は同じキキョウ科にヒナギキョウ、さらに同科同属ににキキョウソウという、名前の紛らわしい植物がある。ヒナギキョウは在来種なので、あとふたつの外来種が入ってきた時に、もう少し違うネーミングをするべきだったかなあ。

キキョウソウ  キキョウ科キキョウソウ属

 

 

ヒナギキョウ  キキョウ科ヒナギキョウ属

 


  ← こんな花屋を経営しています(^o^)/

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ウツボカズラ Nepenthes

2015-06-07 23:47:25 | 店先で


ご存知、代表的な食虫植物。頭にアンテナを立てて、笑っている宇宙人の横顔みたい。ツボの中には、消化液が入っている。前にうっかり手にかけてしまい、「手が溶ける~!」と、焦って洗い落とした。実際はそんなに強い消化液ではなく、捕まった虫は細菌が分解するらしい。

ツボと書いたが、ウツボは靫と書き、矢を入れる道具のこと。不気味な印象から、凶暴な魚のウツボのことかと思っていたのは私だけか。



葉っぱの先から蔓が伸びて、ウツボが着いているように見える。でも、本当の葉っぱはウツボ部分で、葉に見える部分は茎が広がった擬葉らしい。

ハエトリソウは虫がついたら閉まるけど、ウツボカズラの蓋は閉じない。前に実験してみたからホント。蟻などを無理矢理入れようとしても、なかなか中に滑り落ちない。入ったと思ったら平気で出て来たりして。本当に虫から栄養補給しているのか、ハングリーさが足りない食虫植物である。


   ← こんな花屋を経営しています(^o^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップルミント

2015-06-07 10:55:58 | 田畑で


植えた覚えはなく、多分捨てた残土の中に根が残っていたと思われるアップルミント。人間がたまさかの草刈り以外関わらないのをいいことに我が世の春を謳歌しています。



別の一画にはペパーミントもあるのですが、土地が悪いせいか、ここまで気持ち良く繁っていません。しかも、アブラムシがついています。
基本的にミントの類には、病害虫が少ないはずなのですが、弱っているとつけ込まれるのは世の常なのでしょうか。泣きっ面に蜂ともいいますね。つけ込まれないよう、姿勢を思わず正す自分です。
p> 

   ← こんな花屋を経営しています(^o^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオキンケイギク

2015-06-01 18:33:17 | 野山で



近くの川にオオキンケイギク(大金鶏菊)が咲いています。侵略的外来種と呼ばれて久しい植物ですが、美しい景観を作ってくれています。誰かに見つかって、全部始末されたらどうしようと思いながら、毎日見ています。

この川で蛍が見られるのですが、今年は特にたくさんいます。下水道整備で自然環境が良くなったためか、趣味で養殖している方が上流に幼虫を放流したせいなのか。理屈はともかく、毎晩蛍を見られるのはありがたいことです。

 





川辺に、これも自然に生えたセンダン(栴檀)が花を咲かせています。古名はオウチ(楝)、獄門の木ともいいます。平家物語に、獄舎の門のところにあったオウチの大木に生首をさらしたという記述があるそうです。血なまぐさい話ついでに、この川を300メートルほど遡ると、血修理橋という小さい橋があるのです。由来は地元古老に聞いてもわかりません。その橋の側にも、センダンは薄紫の花を平和に咲かせています。

 





そして、センダンの大木。

 

   ← こんな花屋を経営しています(^o^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水カンナ

2014-07-08 20:00:00 | 野山で

 

ミズカンナ クズウコン科タリア属

 六月の中旬のことですが、横浜の三景園の池にたくさん茂っていた植物。葉はカンナに似ているけれど、花は全然違う不思議な感じです。背丈の割に小さい花ですが、白い粉を吹いたような苞の中から、紫の花が覗いている色合いはとてもおしゃれです。なんとなく観葉植物に近い匂いを感じます。戻ってから調べたら、クズウコン科のミズカンナ。やはり、葉がカンナに似ていて水の中に生えるという命名のようです。クズウコン科の仲間には、マランタやストロマンテもあり、雰囲気の共通点に納得です。原産は、北アメリカの南部と熱帯アフリカだそうですが、横浜(といってもかなり海沿いですが)で自生しているということは、寒さに強いのでしょう。

 そばには、中国風の朱色の屋根が反り返っている建物(上海なんとか記念館?)もあり、三景園らしい土の見える崖もありの、エキゾチックな場所でした。

   ← こんな花屋を経営しています(^o^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加