ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

メガとメダカで笠間は揺れる

2017-07-11 07:07:38 | 田んぼ風土記
 メダカさんが、泳いでおりました。



土手の上から、しばし観察。



昔も今も、小さくても生きが良いですね。
田んぼの取水口の上、沢水ですから、しのぎやすそうですし。
黒く見えているので、割と目立ちますが、それはメダカさんの陰。



拡大すると、こんな感じで。
本体は割と目立たないものですが、小さくても、動きは派手。



ついでに、地味なカタツムリさんも一枚。
錆びた鉄の片隅にて、かしこまってござる。



ところで、この鉄、なんじゃらホイ。
昔のナニのナニだとさ。
担当者変わって、なんじゃらポイ。



結局それでも、地元がなんとか。
昔の堰板で、なんとか取水。
地域には、いろいろな有言不実行遺産もあるようですが。



まずは、現状の沢水を記録することが大切ですね。
山の神さんの、笑顔のためにも。



ニホンメダカさんは、今や絶滅危惧種といわれますが(→こちら)。
わが里におきましては、某メガ計画のために。
メダカさんを生かす沢水さん本体も、今は風前のナニの感。



メダカさんの意識も、おのずから上流に森に向いているようで。
市の対応としては、西の沢の上流については、計画の縮小を業者さんに求め始めたとか。
こちらのメダカ沢におきましても、一歩前進、ではなく、後退すれば幸いですが。

 ちょっと話も逸れましたが、熱い夏。
拙宅の田んぼでもお目にかかるメダカさんを、あえて公開しつつ。
山河の未来を思案中です。
☆今日も有難うございます*よろしければ人気ランキングも↓オン願い申し上げます。
茨城県 ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑の日曜もなんとか無事に | トップ | 猛暑の夕暮れ節目の空でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL