南三陸&気仙沼を体感!“来て見て浜ライン”

『復旧・復興に向けた取り組み』や『生活関連情報』,『観光資源の状況』といった地元情報等を発信していきます!

新しい観光農園「ブルーベリーハウス気仙沼」で旬の果実を摘んできました

2016年07月21日 | 観光情報 (気仙沼)

7月16日にオープンした気仙沼市九条の「ブルーベリーハウス気仙沼」で、早速、ブルーベリーを摘み取り、味わってきました。

大きなハウスの中には300個以上のポッドが並び、22種類のブルーベリーが栽培されていました。

濃い藍色に熟した実は枝から垂れて、まるでブドウの房のようでした。あちらこちらの木から実を摘んで口に入れると、甘味が強いものから程よい酸味が効いたものまで、品種によって様々な味が楽しめました。

また、園内の100年以上経った蔵を改装した「CAFE 蔵ssic」(カフェ くらしっく)では、コーヒーやブルーベリーのスイーツなども楽しめ、摘み取り後に涼んだり、ふらりとお茶に立ち寄ることもできます。

今後の展開についてうかがうと、代表の熊谷活男さんは大の犬好きらしく、園内にドッグラン(犬の遊び場)を併設する予定とのことで、いろいろな楽しみ方ができそうです。

(K・O)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末イベント情報(7月22日(金)~23日(土))

2016年07月21日 | イベント・まつり情報

 今週末のイベントをご紹介します。

 

22日(金)、宮城県気仙沼合同庁舎で水産物直売会が開催されます。

宮城県では、毎月第3水曜日を「みやぎ水産の日」としています。この直売会は、「みやぎ水産の日」に関連したイベントで、気仙沼水産加工業協同組合様にご協力をいただいています。

直売会では、とろろ昆布やかつおパック、めかぶ、さんまくん、ふかひれ濃縮スープ、昔ながらの塩辛、かつお生利節など、美味しい水産加工品の数々を格安で販売します。

また、夏休み企画として、小学生以下のお子様を対象に「3Dカツオマスク」製作キットをプレゼントします!

宮城県気仙沼地方振興事務所では、今後も地場産品の生産者を応援し、地場産品の消費拡大を図っていきます。

 

◆開催日時:7月22日(金)午前11時30分から午後1時まで

◆開催場所:宮城県気仙沼合同庁舎1階 玄関ホール

(気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6(旧鼎が浦高校跡地))

◆お問い合わせ先:宮城県気仙沼地方振興事務所 水産漁港部(TEL:0226-22-6851)

 

開催場所は以下の地図を参考にしてください。

 

23日(土)、気仙沼市大島の「小田の浜海水浴場」で海開きが行われます。

環境省の「快水浴場百選」にも選ばれた「小田の浜海水浴場」。遠浅で穏やか、水の透明度も高く、東北にもこんなきれいな海水浴場があったのか!と驚くこと間違いなしなスポットです。

今年は8月25日(木)まで泳ぐことができます。

また、7月23日(土)から8月21日(日)までの間、浦の浜(大島のフェリー発着所)と小田の浜海水浴場を結ぶバスが運行されますので、こちらもあわせてご利用ください。

 

◆海開き期間:7月23日(土)から8月25日(木)まで

◆場所:小田の浜海水浴場(気仙沼市中山)

◆お問い合わせ先:気仙沼大島観光協会(電話:0226-28-3000)

◆URL:http://www.oshima-kanko.jp/

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南三陸町で台湾からのインターン受入対面式が行われました

2016年07月19日 | 地域情報

 南三陸町では、7月から9月にかけて台湾の大学生をインターン生として受け入れています。それに先立ち、6月30日(木)、南三陸ポータルセンターで台湾の大学生とホームステイ受入家庭のお母さんたちとの対面式が行われました。

 

 対面式では、南三陸町観光協会の方がインターン中の注意事項等を説明した後(台湾出身の協会スタッフによる中国語の同時通訳!)、インターン生の代表から「お願いします。」と日本語であいさつがありました。

 

 南三陸町と台湾との交流のきっかけは、昨年完成した南三陸病院の建設費用について台湾から多額の寄付をいただいたことでした。これをきっかけに、町ぐるみで台湾との交流を深め、このインターンが実現することとなりました。

 

 このインターンでは、台湾の大学生19名を町内家庭もしくはホテルで受け入れ、1ヶ月もしくは2ヶ月の研修を行うものです。町内の観光施設やホテルでそれぞれのお仕事に取り組む予定です。(わたしも先日、ひころの里で「そば御膳」をいただいた際にインターン生さんに配膳をしていただきました!丁寧なおもてなしで素晴らしかったです

 

 このインターンを通じて、南三陸町と台湾との交流がより深まり、観光や人材育成など多方面に良い影響が広まることを期待しています。

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南三陸町「創菜旬魚 はしもと」で“キラキラうに丼”を賞味しました

2016年07月19日 | グルメ情報 (南三陸)

7月13日、南三陸さんさん商店街の「創菜旬魚 はしもと」(食材王国みやぎ 地産地消推進店)で今まさに旬の“うに丼”を食してきました。

お店には昼を少し過ぎた頃に着きましたが、既に満席状態で、商店街のフードコートにようやく席を確保できました。

お待ちかねの“うに丼”は、お店のうたい文句どおり“濃厚な甘味が口いっぱいに広がり”、味・ボリュームともに満足できる逸品でした。

みんなに人気の「うに」ですが、美味しいだけでなく、ビタミン、アミノ酸、鉄分、カルシウム、EPA(エイコサペンタエン酸)など栄養が豊富で、消化吸収も良く、健康と美容に効果があるそうです。

ところで、7月1日から始まった「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2016」のPRイベント「仙台・宮城『とびっきりの夏』スクラッチキャンペーン」では、PRイベント参加施設に入場したり、食事をしたりすると、ご利用額1千円(税抜)ごとにスクラッチカード1枚がもらえます。

このカードを削ると「むすび丸」や「チャレンジ」のマークが出てきますので、必要枚数を集め、郵送した応募枚数により抽選で「仙台牛」などの賞品が当たります。

詳しくは、キャンペーン事務局(平日: 宮城県観光課 ℡022-211-2895、土日・祝日: (株)ユーメディア E-mail / scratch@u-media.jp)にお問い合わせください。                  

ちなみに、うに丼を食べた「はしもと」でいただいたカードを削ったら「むすび丸」が出ました!

(K・O)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末イベント情報(7月16日(土)~18日(月))

2016年07月15日 | イベント・まつり情報

 今週末のイベント情報をご紹介します。

 

 16日(土)から18日(月)までの3日間、気仙沼海の市で「海の市2周年大感謝祭 夏のスマイルフェスティバル」が開催されます。

 東日本大震災で被災し、2014年7月にリニューアルオープンしてから今年で2周年となる「気仙沼海の市」。それを記念して夏休み最初の3連休で大イベントが開催されます。屋外・屋内で様々な団体によるステージイベントが目白押しです。詳しくは気仙沼海の市のフェイスブックをご覧ください。

 

◆開催日時:7月16日(土)から18日(月)まで

◆開催場所:気仙沼海の市(気仙沼市魚市場前7-13)

◆お問い合わせ先:株式会社気仙沼産業センター(電話:0226-24-5755)

◆URL:https://www.facebook.com/kesennuma.uminoichi/

 

 17日(日)、気仙沼市で「しごと場・あそび場 ちょいのぞき in 気仙沼」が開催されます。

 ご家族で楽しめる海の学びと食をつめこんだ体験プログラムです。今月は、マグロの解体ショー&氷屋探検または函屋体験(海鮮丼つき)、造船所体験やツリーハウスピクニックなど、6つのプログラムが開催されます。

 事前予約が必要ですので、詳しくはちょいのぞきHPをご覧ください。

 

◆開催日時:7月17日(日) ※開催時間はプログラムによって異なります

◆集合場所:気仙沼海の市2階など ※集合場所はプログラムによって異なります

◆お問い合わせ先:気仙沼市観光サービスセンター(電話:0226-22-4560)

◆URL:ちょいのぞきHP http://cyoinozoki.jp/

    気仙沼市観光サービスセンター(気仙沼観光コンベンション協会) http://www.kesennuma-kanko.jp/

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2016」にあわせてNEXCOキャラバンを開催しました!

2016年07月15日 | 観光情報 (南三陸・気仙沼)

 7月から9月にかけて、宮城県の観光キャンペーン「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2016」が開催されます。

 当キャンペーンでは県全体としての観光PRに加え、県内を4つに区分したエリアで様々なイベントを開催しています。当所が所属する三陸地域部会では、7月9日(土)にNEXCOキャラバンを開催しました。

 東日本高速道路株式会社様のご協力をいただき、東北自動車道国見SA・菅生PAにおいて、夏キャンペーンのガイドブックや各市町のパンフレットの配布による観光PRを行いました。あいにくの雨模様でしたが、多くのお客さまに三陸エリアのPRをすることができました。
 ※ 三陸エリアとは、気仙沼市、南三陸町、石巻市、女川町、東松島市の3市2町をいいます。

 今年の夏は、宮城県、そして三陸エリアにぜひお越しください。

◆URL:仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会公式サイト http://www.sendaimiyagidc.jp/

     気仙沼地方振興事務所地方振興部 http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ks-tihouken-e/datenatabi2016-guidebook.html

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合庁食堂メニュー(7/19~7/22)

2016年07月15日 | 気仙沼合庁食堂メニュー

来週(7/19~7/22)の気仙沼合同庁舎の食堂の”日替わり定食”のメニューです。

 

月曜日  休み

火曜日  豚の生姜焼

水曜日  サンマの一夜干し

木曜日  鶏のからあげ

金曜日  冷しゃぶ          です。

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【7/17※要予約】「しごと場 あそび場 ちょいのぞき in 気仙沼」が開催されます

2016年07月07日 | イベント・まつり情報

 7月17日(日)に、 「しごと場・あそび場 ちょいのぞき in 気仙沼」を開催いたします。

 

 海の日を含む連休に、ご家族で楽しめる海の学び・食をつめこみました。

また、今回より新しく加わるプログラムも2点ございます。

 

 学びと遊びが詰まった「しごと場・あそび場、ちょいのぞき気仙沼」 

ぜひ、ご家族、ご友人をお誘いあわせのうえご参加頂きたくご案内致します。

 

 【プログラム概要】

 

【造船所探検】

 時間:10:00~12:00

料金:一般1,000円、中学生以下500円 ※小学生以上対象

 定員:10名

 

【マグロの解体ショー&函屋探検(海鮮丼つき)】

 時間:10:00~12:20

料金:一般3,000円、中高生2,500円、小学生1,300円、未就学児無料

 定員:20名 (最小実施人数10名)

※氷屋探検にも参加の場合、一般1,000円、小学生500円が追加になります

 

【マグロの解体ショー&氷屋探検(海鮮丼つき)】

 時間:11:00~13:45

料金:一般3,000円、小学生1,300円、未就学児無料

 定員:20名 (最小実施人数10名)

※函屋探検にも参加の場合、一般1,000円、小学生500円が追加になります

 

 

【唐桑ツリーハウスピクニック】

 時間:10:00~16:00 ※出入り自由

 参加費:500円(記念品付き)未就学無料

 定員なし

 

【シーカヤック体験】

 時間:8:30~12:00

料金:一般7,000円、小学生3,000円、未就学児1,000円

 定員:6名 (最小実施人数2名)

※オプションでシャワー+ランチを1,500円でご提供します

 

【海のジェルキャンドルづくり】

 時間:9:30~12:00

料金:一般1,500円、小学生1,000円、未就学児無料

 定員:10名

 

お申し込み・お問い合わせは

気仙沼市観光サービスセンター

TEL:0226-22-4560

 

 

◇詳しくはリンク先のチラシpdfファイルをご確認ください。

http://cyoinozoki.jp/pdf/event160717.pdf

 

(E・S)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合庁食堂メニュー(7/11~7/15)

2016年07月07日 | 気仙沼合庁食堂メニュー

気仙沼合同庁舎食堂は、明日7/8(金)臨時休業しますのでご注意ください!

 

来週(7/11~7/15)の気仙沼合同庁舎の食堂の”日替わり定食”のメニューです。

 

月曜日  とんかつ

火曜日  夏野菜カレーライス

水曜日  鮭のホイル焼き

木曜日  チキンフライ

金曜日  かつ丼         です。

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気仙沼「北かつ まぐろ屋」でマグロ料理を堪能しました

2016年07月01日 | グルメ情報 (気仙沼)

6月29日、「北かつ まぐろ屋」田中前店で、ボリュームたっぷりのマグロ料理を堪能しました。

こちらのお店は、宮城県北部鰹鮪漁業組合の直営で、「食材王国みやぎ地産地消推進店」の気仙沼第1号店です。

初めに、おろしポン酢でいただく「特製かまトロステーキ」。

熱々の鉄板の上でポン酢をかけると、ジューッという音とともに香ばしい湯気が立ち上ります。

次に、特製どんぶり「まぐろ三色丼(上)」。

色鮮やかなメバチ中トロ、ビンチョウ、ネギトロが、程よく炊けたササニシキの上に満載です。

どれも大変美味しくいただきました。

皆さんも、栄養豊富なマグロを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう!

   

   

(K・O)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加