南三陸&気仙沼を体感!“来て見て浜ライン”

『復旧・復興に向けた取り組み』や『生活関連情報』,『観光資源の状況』といった地元情報等を発信していきます!

【1/31】水産加工販路開拓セミナーを開催します

2017年01月16日 | イベント・まつり情報

 県では,水産加工業者の方を対象に顧客獲得の実践的ノウハウを提供する「販路開拓セミナー」を開催します。

 当日は,経験豊富な専門家(元大手卸会社役員等)による販路開拓に関する講演や,首都圏の百貨店・量販店・飲食店等への引き合わせ(マッチング)に関する相談会を開催します。御社の営業力向上や販路開拓等にぜひ御活用ください。なお,参加料は無料です。

 また,相談会でのアドバイスに基づきマッチングが可能と思われる企業については,開拓先候補との商談の場を専門家がセッティングする「企業マッチング」を実施しますので,併せて御活用願います。 

 

■開催日時

平成29年1月31日(火曜日)午後4時から午後6時30分まで

 

■会場

ホテル一景閣 2階 弁天の間(気仙沼市弁天町1丁目4-7)

 

■内容

【第1部】講演

演題「成約につなげる商談のポイント~商談会の活用方法~」

講師 特定非営利活動法人 経営支援NPOクラブ  中島保様

 

【第2部】相談会

「商品PRシート」を事前に提出した企業を対象に,専門家から販路開拓に関するアドバイスを行います。また,事前審査した結果,マッチングが可能と思われる企業については,専門家がコネクションを持つ企業(首都圏の百貨店・量販店・飲食店等)の中から,開拓先候補の企業を具体的に提案します。

相談員 特定非営利活動法人 経営支援NPOクラブ 専門家5人(元バイヤー等)

 

○企業マッチング

相談会でのアドバイスに基づきマッチングが可能と思われる企業については,開拓先候補との商談の場を専門家がセッティングし,商談当日に専門家が同席する「企業マッチング」を行います。

 

■参加費

無料

 

■申込方法

県ホームページ(http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ks-tihouken-e/hanrokaitaku.html)からチラシをダウンロードし,裏面「参加申込書」に必要事項を御記入の上,FAXまたは電子メールでお申し込みください。

なお,講演に加え相談会にも参加される場合には,さらに「商品PRシート」の提出が必要です。

 

■申込締切

相談会:平成29年1月20日(金曜日)まで

講演:平成29年1月30日(月曜日)まで

 

■お問い合わせ,申込先

〒988-0181 宮城県気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6

宮城県気仙沼地方振興事務所 地方振興部 商工・振興班

TEL:0226-24-2593

FAX:0226-24-8995

e-mail:kstssss@pref.miyagi.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合庁食堂メニュー(1/16~1/20)

2017年01月16日 | 気仙沼合庁食堂メニュー

今週(1/16~1/20)の気仙沼合同庁舎の食堂の”日替わり定食”のメニューです。

 

月曜日  ソースかつ

火曜日  チキンフライ

水曜日  タラのホイル焼

木曜日  カレーライス

金曜日  親子丼           です。

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合庁食堂メニュー(1/10~1/13)

2017年01月10日 | 気仙沼合庁食堂メニュー

今週(1/5~1/6)の気仙沼合同庁舎の食堂の”日替わり定食”のメニューです。

月曜日  休み 

火曜日  豚肉の竜田揚 

水曜日  とんかつ

木曜日  鶏のからあげ

金曜日  煮込みハンバーグ           です。

 

 

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄関ホールの生け花

2017年01月05日 | 職員日記

新年あけましておめでとうございます。

今回の年末年始はとても短く感じましたが、皆様はゆっくりと休めましたか?

 

さて、お気づきの方も多いかと思いますが、気仙沼合同庁舎の玄関ホールには生け花が飾られています。

この生け花は、「アトリエ 花め~る」の菅原幸枝さんにボランティアで生けていただいているものです。

今週は新年ということで、「新」というテーマの作品となっています。

 

今後もこの生け花について、定期的に紹介していきたいと思います。

気仙沼合同庁舎にお越しの際には、ぜひ生け花を鑑賞してください。

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合庁食堂メニュー(1/5~1/6)

2017年01月05日 | 気仙沼合庁食堂メニュー

今週(1/5~1/6)の気仙沼合同庁舎の食堂の”日替わり定食”のメニューです。

 

月曜日  休み

火曜日  休み

水曜日  休み

木曜日  豚肉のしょうが焼

金曜日  豚肉の竜田揚           です。

 

(E・S)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末イベント情報(1月7日(土)~9日(月祝))

2017年01月05日 | イベント・まつり情報

 今週末のイベント情報をご紹介します。

 今回は昨年11月に南三陸町にオープンしたばかりの「南三陸・海のビジターセンター」でのお正月企画イベントです!

 

 7日(土)、「お正月にちなんで『自然テーマのかるたをしよう!』」が開催されます。

 海藻かるたやお魚かるた、いくつかの自然をテーマにしたかるたとりをします。かるたを通じて、楽しみながら自然について学ぶことができます。

◆開催日時:平成29年1月7日(土) 13:00~15:00

◆開催場所:南三陸・海のビジターセンターレクチャールーム(南三陸町戸倉字坂本21-1)

◆参加費:お1人様100円(保険・環境維持代)

◆定員:20名程度(小学3年生~大人)

◆持ち物:動きやすい服装で

 

 8日(日)、「お正月にちなんで『魚へん漢字で書初めをしよう!』」が開催されます。

 さば、まぐろ、かつおなどなど、いろいろな魚へん漢字を習字してみよう!

◆開催日時:平成29年1月8日(日) 13:00~15:00

◆開催場所:南三陸・海のビジターセンターレクチャールーム(南三陸町戸倉字坂本21-1)

◆参加費:お1人様100円(保険・環境維持代)

◆定員:20名程度(小学3年生~大人)

◆持ち物:タオル・動きやすい服装で

 

 9日(月祝)、「影絵水族館づくり」が開催されます。

 画用紙を海の生き物の形に切り抜き、セロハンを貼り、光にあてたら色とりどりの影絵水族館の完成です!

◆開催日時:平成29年1月9日(月・祝) 13:00~15:00

◆開催場所:南三陸・海のビジターセンターレクチャールーム(南三陸町戸倉字坂本21-1)

◆参加費:お1人様100円(保険・環境維持代)

◆定員:20名程度(小学3年生~大人・低学年は親子で)

◆持ち物:動きやすい服装で

 

◆申込先・お問い合わせ

以上のイベントの申し込みは、南三陸・海のビジターセンターまで(平日9:30~16:30 火曜日休館)

住所 南三陸町戸倉字坂本21-1

Tel 090-5415-6781

Email center@kawatouminovisitorcenter.jp

URL  http://kawatouminovisitorcenter.jp/umi/

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【1/25】インバウンド推進セミナーを開催します

2017年01月04日 | イベント・まつり情報

県では,気仙沼地方が観光庁認定の広域観光周遊ルート「日本の奥の院・東北探訪ルート」の拠点のひとつに選定されたことを契機として,この地方のインバウンドを推進し,訪日外国人観光客の受入体制強化などを図るためのセミナーを開催します。

当セミナーでは,外国人観光客への接客応対に不安を持っている方,英語のヒアリングはできるが英語を話すことが苦手な方,すぐに使える接客英会話を身に付けたいと思っている方等を対象として,簡単で実践的な英会話の講座と練習を行います。

観光・宿泊・物販・サービスに携わる方をはじめ,どなたでも受講できますので,是非御参加願います。 

 

◆開催日時

平成29年1月25日(水曜日)午後2時から午後4時30分まで

 

◆講師

株式会社ライフブリッジ 代表取締役  櫻井 亮太郎氏

 

◆内容

・観光案内,チェックイン・アウト,会計,避難時の会話など,簡単な英語のフレーズを身に付けよう!

・アイスブレイク(参加者同士で簡単な英語で自己紹介をしながら名刺交換をしてみよう!)

・参加者同士でのロールプレイ

・外国人講師とのロールプレイ

 

◆会場

気仙沼海の市2階 コミュニティスペース(気仙沼市魚市場前7-13)

 

◆定員

30名

 

◆参加費

無料

 

◆申込方法

県ホームページからチラシをダウンロードし,裏面「参加申込書」に必要事項を御記入の上,FAXまたは電子メールでお申し込みください。

 

◆申込締切

平成29年1月18日(水曜日)まで

 

◆お問い合わせ,申込先

〒988-0181 宮城県気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6

宮城県気仙沼地方振興事務所 地方振興部 商工・振興班

TEL:0226-24-2593

FAX:0226-24-8995

e-mail:kstssss@pref.miyagi.jp

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回気仙沼・南三陸初夢ビジネスプランコンテスト ~あなたの夢をビジネスに~ 気仙沼と南三陸をもっとキラキラ輝かせる,あなたのプラン募集します!

2017年01月04日 | イベント・まつり情報

気仙沼市・南三陸町の異業種企業交流団体「リアス・アクティブ21」では,気仙沼市や南三陸町をより輝かせる,もしくは課題を解決するようなビジネスプランを広く募集します。

このコンテストでは,上記団体会員の地元経営者などが審査し,地域の魅力の再発見,地域課題の楽しい解決方法を考えるきっかけづくりを目指します。また,夢のあるプランを共有することを通して,年齢や業種を越えた交流,発見,学びの場が増えることを期待しています。

 

◆募集対象

どなたでも応募いただけます。

 

◆募集テーマ

地域の魅力を活かすプラン,地域の課題を解決するプラン

【プラン例】

•高校生が考える,食べたくて栄養満点な理想のお弁当アイディア

•車を運転出来ないお年寄りの生活をより便利に,より豊かにするために,タクシー会社

•リフォーム会社,旅行会社,介護支援会社などのサービスの仲介を行うビジネス

•誕生日や記念日に記念となる木を購入してもらい,植樹代行を行い,その後の記念日毎に植樹した木の写真を送ったり,HPで成長状況を確認できるビジネス

•漫画家の作品を印刷したトイレットペーパーを販売するビジネス

 

◆審査方法

審査員による書類審査

 

◆審査員

リアス・アクティブ21の役員(理事,監事)

※その他の審査員については,現在調整中です。

 

◆審査基準

審査員がイイネ!を押したくなるビジネスアイディア  

(新しさ,面白さ,地域をより輝かせる点などについて評価を行います)

 

◆表彰

最優秀賞 1名 5万円+副賞としてリアス・アクティブ会員企業からのお祝い品

優秀賞 2名 3万円+副賞としてリアス・アクティブ会員企業からのお祝い品

特別賞 若干名 1万円+副賞としてリアス・アクティブ会員企業からのお祝い品

 

※該当するアイディアが無い場合は,受賞者がいない場合もあります。                                  

※入賞したプランはその概要を公表させて頂きますのでご了承ください。

 

◆募集期間

平成28年12月20日(火曜日)から平成29年1月31日(火曜日)まで

 

◆申込方法

県ホームページから応募用紙をダウンロードし,メール,ファクシミリまたは郵送にてお申し込みください。

 

◆申込先・お問い合わせ

リアス・アクティブ21事務局

宮城県気仙沼地方振興事務所地方振興部内

〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6

Tel0226-24-2593

Fax0226-24-8995

E-mail kstssss@pref.miyagi.jp

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末イベント情報(12月29日(木))

2016年12月27日 | イベント・まつり情報

今週末のイベント情報をご紹介します。

 

29日(木)、南三陸町で「志津川湾おすばでまつり福興市」が開催されます。

毎年恒例のイベント「おすばで祭り」を、今年も福興市と合わせて開催されます。マダコ、アワビ、サケ、イクラ、ホタテなどの新鮮な海産物のほか、かまぼこ、海苔、わかめ、餅など、南三陸の特産品がお安くお買い求めできます。

年越し用品やお正月用品の準備に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

◆開催日時:12月29日(木)8:30~13:30(予定)

◆開催場所:志津川仮設魚市場(南三陸町志津川字旭ヶ浦8)

◆お問い合わせ先:南三陸福興市実行委員会事務局(電話:090-7077-2550)

◆URL:http://www.m-kankou.jp/

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮城県漁協唐桑支所青年部が第55回農林水産祭において天皇杯を受賞しました

2016年12月22日 | 地域情報

第55回農林水産祭で天皇杯を受賞した、宮城県漁協唐桑支所青年部が気仙沼地方振興事務所長を表敬訪問しました。

 

過去1年間(平成27年8月~平成28年7月)に全国で開催された催事において、農林水産大臣賞を受賞した7部門509点を農林水産祭中央審査委員会が厳正に審査し、特に優れた事例を表彰する第55回農林水産祭の式典が平成28年11月23日に東京代々木の明治神宮会館で開催されました。

水産部門からは唐桑支所青年部が地元小学校との連携のもと、震災の苦難を乗り越え10年間にわたって活動を継続し、その蓄積を基に一連のカキ養殖作業工程等を学ぶ総合的な体験型の学習プログラムを構築したことが高く評価され、最高賞である天皇杯を受賞しました。

これらの活動は、ユネスコスクールESD優良実践事例として紹介されています。

(ESD:Education for Sustainable Development)

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加