仙南地域情報ブログ「見てイガイん!仙南の魅力」

宮城県仙南地域の魅力を発信していきます。

柴田町の新しい特産品 「雨乞の極」

2017年03月22日 | 地域のお土産もの

 

柴田町に新しい特産品「雨乞の極み」(あまごのきわみ)が誕生しました

3種類の調味料で、地域の食材を使い、お母さん方の知恵が詰まった逸品となっています

柴田町商工会女性部の方々が試行錯誤を繰り返し、2年がかりで完成した力作です。

3つそれぞれの特徴について、簡単にご紹介します

 

1つ目は「ピーマン味噌」。柴田町に昔からある調味料なんだそうです。

緑の濃いピーマンに糀を合わせてじっくりと煮込んであり、自然な甘さの中にぴりっと辛みも感じる大人の味わい

これはご飯にすごく合う!!ほかほかの白米にのせればどんどん箸が進みます~~!!

おにぎりの具にも合うのではないでしょうか?

 

2つ目は「まい糀」。柴田町産ひとめぼれの米糀と、天然塩からできています。

塩麹は様々な料理を美味しくしてくれる調味料で、肉や魚を柔らかくしてうまみを引き出したり、

かぶや大根などの野菜とあえて浅漬けにしたりなど、活用レシピが数多くあります

まい糀は普通の塩麹より水分が少ないため、肉や魚を漬け込む場合は少しの時間でOKなんだそうです!

1瓶あればどんな料理にも使える、まさに「万能調味料」です!!

 

3つ目は「柚子糖」。柴田町といえば「雨乞のゆず」が有名ですが、そのゆずをグラニュー糖と合わせて加工しています。

雨乞のゆずは皮が厚くて香りが良いのが特徴。無農薬なので安心して食べることができ、ビタミンCも豊富です!

柚子糖はしっかりと香りが残っていて、且つすっきりとした甘さなので、お菓子にはもちろんのこと、

漬け物やお吸い物に少し加えて風味付けするなど、普段のお料理を簡単にワンランクアップできます!

ゆずの果実が採れない時期でも、手軽に&身近にゆずを楽しむことができますね

 

これら3種類の瓶詰めは各750円で販売されていて、柴田町商工会などでお買い求めいただけます

3種類セットになったものも販売されていて、なんと町内の「みちのく工芸」さんでは仙台箪笥の化粧箱入りで販売されています!

お土産品としても良いのではないでしょうか? 皆様ぜひ味わってみてくださいね!

なお、商品についてのお問い合わせは、柴田町商工会(0224-54-2207)までお願いいたします

 

こちらもご覧ください 

事務所ホームページ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/6.html

大河原管内合同広報紙「SENNAN THE KING(せんなんざおう)」 

http://www.pref.miyagi.jp/site/kouiki-sennan/sennan-the-king.html

みやぎ蔵王温泉郷facebook https://www.facebook.com/miyagizao.onsen

地方振興部 A.H

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやぎ県南・春の観光キャンペーンを開催します!

2017年03月16日 | イベント・まつり情報

 

3月22日(水曜日)から23日(木曜日)までの2日間、JR仙台駅2階のステンドグラス前で、

「みやぎ県南・春の観光キャンペーン」を開催します!!

 

このキャンペーンには、県南地域の2市7町などが参加して、春のおすすめ情報をPRします

お花見にぴったりな桜まつりの情報をはじめ、各市町の魅力的なイベント・スポットの紹介や、

地域の特産品が当たる抽選会などの楽しい企画も多数行われます!

 

また、PRタイムにはご当地キャラクターたちが続々と登場し、会場を盛り上げてくれます

多くのキャラクターに出会えるチャンスですよ~~!もちろん一緒に写真撮影もOKです

 

さらに、今回はお隣の福島県からも、

福島市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町の5市町が参加して、

合同でPRを行います!

 

2日間盛りだくさんの内容となっています!

地域一体となって元気と魅力をお届けしてまいりますので、皆様ぜひお立ち寄りください!

 

<みやぎ県南・春の観光キャンペーン>

日時:平成29年3月22日(水曜日)午前10時~午後3時、23日(木曜日)午前10時~午後2時

場所:JR仙台駅2階コンコース ステンドグラス前

詳しいスケジュールは以下のホームページに掲載していますので、ご覧ください。

http://www.pref.miyagi.jp/site/kouiki-sennan/sendai-cp-201703.html

 

~昨年度の「みやぎ県南・春の観光キャンペーン」実施の様子~

 

 

こちらもご覧ください 

事務所ホームページ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/6.html

大河原管内合同広報紙「SENNAN THE KING(せんなんざおう)」 

http://www.pref.miyagi.jp/site/kouiki-sennan/sennan-the-king.html

みやぎ蔵王温泉郷facebook https://www.facebook.com/miyagizao.onsen

地方振興部 A.H

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸森町の「駅」

2017年03月13日 | 観光情報

「丸森町に駅はありますか?」と聞かれれば,鉄道の知識がある方ならば,「阿武隈急行の丸森駅」と答えることでしょう。当然正解なのですが,丸森町には,知られざる「駅」があるのです。それは,丸森町中心部から国道113号線を東に進んだ金山地区。昔ながらの街道を思われる町並みの中に,こんな看板が。

 

そして,建物をよく見てみると…

民家というよりも,昔ながらの木造駅舎!

 

 実はこの「駅」,駅は駅でも「バスの駅」なのです。いや正確には,「『バスの駅』だった」というところでしょうか?

 国鉄時代,角田市・丸森町の地域の足は角田に拠点を置く国鉄バスでした。国鉄バスは国道113号線を中心に路線を伸ばし,船岡へ,白石へ,そして県境を越えて福島県の相馬まで乗り入れていたのです。

 国鉄バスは,営業上国鉄の鉄道線に準じた取扱いが行われていました。バス路線沿線の主要地域には,この写真のような「駅」が設置され,駅員が配置されるとともにきっぷの発売や荷物の取扱いが行われていました。

 国鉄の分割民営化後,バス路線はJRバス東北に引き継がれますが,利用者の減少から,平成11年に撤退。現在は地域のタクシー会社が運行する「町民バス」が,地域の足を担っています。

  (U)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「おおがわら佐藤屋でひなまつり」に行ってきました♪

2017年03月09日 | イベント・まつり情報

 

3月3日、ひなまつりの日に、大河原町内の「大地主の館 佐藤屋」さんでひなまつりが開かれていたので見に行ってきました

佐藤屋は明治期、味噌醤油醸造業や呉服商により経営を発展させた大地主です。

農事改良や公益活動への寄付なども積極的に行い、地域振興に尽力したことも知られています

大変立派なお屋敷で、希少な竹の柱が印象的な床の間、明治期に作られた茶室、美しく手入れされた中庭など、

屋敷そのものに素晴らしい味わいがありました

 

ひな人形は様々な時代、種類のものが展示されていました。

まずはなじみ深い現代雛です。段数が多く,豪華ですね

 

これは「木目込み雛(きめこみびな)」です。

桐の粉を固めて(または木で)本体をつくり、そこに衣服の皺の形に筋を彫って、

目打ちなどで布を押し込む(木目込む)ことからこのように呼ばれています。

上の写真の雛より少し顔がふっくらしていて、可愛らしいです

 

 

これは「享保雛(きょうほうびな)」です。享保時代に流行したためこの名前が付いたのですが、

その後の時代も制作され続けたので、必ずしも享保時代につくられたものではありません。

大型で、能面のような美しい顔、衣装には豪華な刺繍、手足の細工が細やか、といった特徴があります。

確かに、男雛の手の形が繊細なのがわかりますね!

 

これは「古今雛(こきんびな)」です。もともと京が主産地だった雛人形が江戸の職人達の間でも制作されるようになり、

現在の東京日本橋室町の人形師が創作したものが古今雛のはじまりだそうです。

目には水晶やガラスを入れ、金糸や色糸を使った豪華な衣装が特徴です。

享保雛が能面のような表情だったのに対し,古今雛の表情は少し和らいで、より写実的になりました。

江戸の人々に圧倒的な人気を誇ったこの古今雛が、現在の雛人形の祖と言われています

 

他にも、ここでは紹介しきれませんが、たくさんの雛が飾られていました。

雛人形にあわせて飾られた掛け軸や花もまた素敵で、春を感じることができました

 

 

こちらもご覧ください 

事務所ホームページ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/6.html

大河原管内合同広報紙「SENNAN THE KING(せんなんざおう)」 

http://www.pref.miyagi.jp/site/kouiki-sennan/sennan-the-king.html

みやぎ蔵王温泉郷facebook https://www.facebook.com/miyagizao.onsen

地方振興部 A.H

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリエイティビティアワード東北(CAT)2017が開催されました!

2017年03月07日 | 仙南の地域振興

 

 

「クリエイティビティアワード東北(CAT)」は、アマチュアからプロまで、

世界中から幅広くオリジナル映像作品を募集するコンテスト!

 

第1回目は、丸森町を始めとする宮城県南4市9町の協力のもと、

「宮城県南を世界にアピールする映像」をテーマに開催され、

今年2月25日(土)に受賞作品の表彰式が行われました

 

どの作品もおもしろい発想・アイデアで、県南地域の魅力を改めて感じることができる内容です

受賞動画はこちらから視聴できますので、ぜひご覧ください!

 

http://ca-tohoku.com/winners/

 

こちらもご覧ください 

事務所ホームページ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/6.html

大河原管内合同広報紙「SENNAN THE KING(せんなんざおう)」 

http://www.pref.miyagi.jp/site/kouiki-sennan/sennan-the-king.html

みやぎ蔵王温泉郷facebook https://www.facebook.com/miyagizao.onsen

地方振興部 A.H

コメント
この記事をはてなブックマークに追加