アジアと小松

アジアの人々との友好関係を築くために、日本の戦争責任と小松基地の問題について発信します。
小松基地問題研究会

こんなに恥ずかしい「押しつけ」論

2016年10月08日 | 教育、憲法、報道
こんなに恥ずかしい「押しつけ」論

 『Will』11月号には、「こんなに恥ずかしい日本国憲法」という特集が組まれ、古森義久(産経新聞論説委員)は「象徴天皇は私たちが作った―ケーディスの証言」という駄文を投稿している。

 古森はケーディスの「天皇を『国の象徴』とか『国民統合の象徴』とする表現は実は私たちがふっと考えて、作り出したものなのです」という証言を引用している。

 さて、古森はこの証言で、鬼の首を取ったように喜び勇んで、日本国憲法=「メイドインUSA(押しつけ)」論の根拠にしている。

 まあ、この手の話しは、憲法学者からすれば、反論するのもばかばかしい内容だろう。象徴天皇制論は1945年12月26日に憲法研究会(高野岩三郎、鈴木安蔵ら)が「憲法草案要綱」として発表し、28日に新聞各紙が大々的に報道している。

 ケーディスがGHQ民政局課長だから、この時点で、象徴天皇制論について知らないはずがない。しかも、同じく民政局のラウエルがこの「憲法草案要綱」に注目し、翌年1月11日に「所見」をマッカーサーに書き送っている。

 ケーディスは民政局の課長だから、当然ラウエルの「所見」を見ており、「ふっと考えて作り出したもの」などという作り話に飛びついて、この証言を検証もせずに、「メイドインUSA(押しつけ)」論の根拠とする古森の軽薄さに乾杯だ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/26小松基地爆音訴訟傍聴報告 | トップ | 「憲法『押しつけ』論の幻」(小... »
最近の画像もっと見る

教育、憲法、報道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。