ゴルフィーライフ(New) ~ 冷静さと強さのラベルを貼ってゆく        

隠れ家CLUBゴルフィーにようこそ♪
~ただいま闘病生活記(いいことも起きるにきまってる旅行記)を掲載中。

夜のしじまに ~ シンガーソングライターの誕生♪

2017年02月18日 | ツールとしての音楽

およそ一年前、いつかできたら面白いなぁと思っていたのは、
鼻唄で作った曲をピアノで弾き歌ってみること。

(龍のいる谷間にて ~ 第一夜)

音楽のコードを解析してくれるChordifyというアプリがあって、そんなアイデアを実現できるかもしれないと思ったのですが、
時々音を外している。
電子ピアノの演奏を録音したMIDIファイル(いわば楽譜データ)をMP3に変換することはできても、
その逆(MP3などの音声データをMIDIファイルに変換すること)はできないといいますから、
無理もないことなのかもしれません。

そこで、先生にお願いして、ソルフェージュでコードを採譜していただきました。

やたら、半音(#)の多い曲で、F#キーの曲でした。(あんまり、そんな曲はないようです。)

”ほとんど曲例が見つからない特殊な調” ですって…。

♪ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60 / サンソン・フランソワ (ピアノ)

一年前には夢でしかなかったシンガーソングライターになってしまいました。

作詞はあの偉大なるシェイクスピア、“ ほぼ曲例の見当たらない ” 希少な曲です。( ͡° ͜ʖ ͡°)

夜のしじまに ~ シンガーソングライターの誕生♪

先日のARiHaのライブを聴きに来ていたKさんが、教えてくれました。

スケールの練習って退屈に思えるけど、実に効果的なんだそうです。
たとえば、F#キーのこの曲なら、ファとシが白鍵になる。

このスケールを意識すると、コードを押さえる時に、ファとシが白鍵を押さえる動きが自然に出来るような気がする。

 

サブドミナントのC♭(B)、そしてドミナントのD♭(C#)が、
トニックのF#で解決するという音の動きが、たしかに随所に出てきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜会、アコーディオンと歌に酔う。

2017年02月11日 | 日記

なんだかシンクロニシティのようなものを感じます。
夏に、映画「君の名は。」を見て訪れた須賀神社と新宿通りを挟んで反対側辺り、
四ツ谷にある津之守坂を上がっていくと、細長い小さな喫茶店がありました。
(君の名は。~ 聖地巡礼つき)

ポニーテールの少女がお茶を飲みながら読書している看板が目印だとありましたが、
保護色のようであまり目印にはなりません。

 表参道のカワイ・コンサートサロン「パウゼ」で催されたピアノ・リサイタルの返礼にと、
M氏をお連れしたのはアコーディオン・トリオによる瀟洒な音楽的夜会。

ピアノを購入して間もなくの頃、体験ピアノレッスンを受けたことのある先生から、光栄にもお招きを頂きました。
レッスンを続けなかったのはミュージシャンに教わるのは自分には敷居が高すぎるなぁと思っただけなのですが、
数年ぶりにお会いすると、嫌われたのかと思ってました、と言われてしまい、反省しきり。

どんどん宣伝してください!と、ビデオ撮影も許可してくださったので、
瀟洒な夜会の模様を残すことができました。

(動画アップしたらお知らせしようかと思ったのですが、
 病のせいもあって、隠すほどのことはないにせよ、あんまりこのブログは名刺代わりにできないので困ったものです。
 YouTubeのほうも変なマスク被ったりしてるし…あぁ。)

夜会、お楽しみください。

 20170210 ARiHaライブ(Asuka&Rika&濱口雄一郎

にわか勉強。アコーディオンとバンドネオンの違いすらよく分かっていなかった。


グリーンスリーブス好きなのです。⇒ Greensleeves/ギターおじさん


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イエスタディ (Audacityバージョンの出来上がり。)

2017年01月29日 | ツールとしての音楽

イエスタディって、歌うのが意外に難しい。(お正月なのにイエスタデイ ~ 祝 2017 ポール来日)

うまく自分の声域で、
テノールというよりは、ポールが真似たエルヴィスのようなバリトン・ヴォイス風に歌ってみたいのだが、なかなか出来ない。

で、歌乗せの練習用に、こんなのを作ってみました。 

弾きながら歌うのが難しいのなら、伴奏を先に録っておいて、歌だけ後乗せしてみる。

それでもむずかしい‥ (u_u)

でも、こうしてガイドヴォーカルを一旦作っておいてから、歌合わせするようにしたら、歌い方が分かってくるような気がする。

ポールが来日するGWまでには納得できるように仕上げたいです。

イエスタディ(Audacity Take)

( ↓ ) 参考になりました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コードの四分打ちからの脱却

2017年01月29日 | ツールとしての音楽

「12ヶ月で12の調を (12キーのスケールを弾く& 12キーの主要な3コード進行を弾く)」、

これを軸にしたピアノの基礎トレで、着実にチカラをつけていく試み。

第一回は、Cキーと、その平行調のAmキーです。

まずは第一回としてやること(スケールとコード進行)を、鍵盤紙に書き出してみました。

コード進行の練習が効きそうです。
音階が跳躍し過ぎないように滑らかに弾くためには、
第一~第三転回形を選びながら弾かないといけませんから、
同じ転回形でコードを行き来するよりは、はるかに実践的な練習になります。

コード進行を考えるようになって、すぐに発見がありました。

コードネームが並ぶと一見複雑ですが、数字コード(ディグリーネーム)に置き換えると、結構シンプル。

12キーのダイアトニックコードを並べたのを見ると、こんなの覚えられないなぁと思いましたが、
数字コード(ディグリーネーム)に置き換えてみると、単純です。

これから練習していく主要なコード進行は3つ(Ⅰ、Ⅳ、Ⅴの組合せ)ですが、
1、4、5」って、実は、メジャーキーのすべてです ! 

1、4、5の並びが変わるだけ。そのコード進行が、メジャーコードのコード進行のすべてになる。

(ちなみに、ツー・ファイブ(Ⅱ ⇒ Ⅴ)は、2m ⇒5という、マイナーキーが混ざったコード進行になる。)

こうして俯瞰することができれば、やることがシンプルに感じられる。

さて、これから、12ヶ月で12のメジャーキーとマイナーキーに馴染んでいこうという試みをしていく中で、
ちょっとした工夫や寄り道をしながら、音楽的な基礎力も強化していこうと思います。

~ 今回は、コード進行の練習を愉しくするために、いろんなリズムパターンを採り入れてみることにしました。~

参考にさせていただいたのはこちら ⇒ ピアノ弾き語りレッスン【4つ打ちからの脱却方法】

 四分打ちからの脱却

録画すると、覚えが早まるのに気づきましたが、
こうして書き物をすることも音楽力を上げることにつながるような気がします。

四分を八分の固まり×4つに分解して、さらに十六分を入れていく。
全体の拍数が変わらないように、符点をつけて調整する。

16分を入れるリズムパターンは3つ。

たぶん、これはあくまでも、リズムパターンの一例に過ぎないのだと思います。
でも、そうやってひとつひとつ確かめていくことが大事な気がします。

楽典を妙に深追いすることなく、ポップスやロックに役立つ知識に絞って、上達への道筋を示してくれる本として秀逸。

これでいいのだ、と思わせてくれる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2017年1月] ソールした状態から始動するプロはいない

2017年01月14日 | ゴルフィーライフ<気づきとアイデア>

新年を迎えての意識改革事始めはゴルフでも。

50歳になって迎えた今年2017年は、混沌としたままの停滞状況から抜け出しましょう。

マインドのうえでは、

意識にラベルを貼って「冷静さ」に充ちた状態でいること、

良いことばかり起こることを期待することなく、それでいて、順風を意識して成功すること。

 

プーチン的な要素が足りていない。

波を打ったような冷静さの上にある強さ。

ゴルフにも、もっとプーチンを。

新年を迎えたホームコースでは、シベリアから飛来してきたのでしょうか、
ユリカモメが河べりに群れをなしていました。まるで絵画のような光景。

酉年に相応しい幸先。

ゴルフは、打撃のスポーツというよりは、ハンティングや釣りのようなスポーツであって、

決して力まかせの競技ではなく、流れや状況に応じて道具を使い、自然に対峙する競技なのだった。

 

ユリカモメが群れをなす新年の光景を前に、あらためてそのようなことに思いを至す。

 

5番、6番はいずれもティーショット」を右プッシュOBとしたが、そこからParであがって、ダボ、ダボで堪えた。
その流れで、得意のインコースに繋げることができればよかったのだが、
8番、9番で連続Parとした後、
折り返しの10番ショートは、ゴロとざっくりで3オン、おまけに3パット。
Par奪取することの多い11番も2打目をG手前バンカーに打ち込んだ後リカバリーするも、2ホール続けての3パット。
いつもなら、反攻のきっかけにすることの多いホールで続けてトリを喫する。

残念ながら、新年最初のラウンドで、「順風に意識的になって成功させる」ことが出来なかった。

しかし、「切れる気持ちをやめる」という一年前の状態は脱したことにする。(そう決めた。)
(2016/ 新年~「切れてしまう気持ち、をやめる」~)

「冷静さ」のラベルを、立ち上がる意識に、貼り続けます、今年は。

そして、空中で均衡を保ちながらスピードを上げていくゆりかもめのような、技術面での新しい取り組みはこれ。

  『ソールした状態からの始動をやめる』。

実は、昨年一番上達したのがパッティング。
コツは、”お先に”のパットにヒントを得た、ソールしないアドレスにあった。
([2016年5月]  『お先に』のパットは何故入るのか。)

これをドライバーにも取り入れる。
ベタッと休憩するかのようにソールしてしまうと、均衡が途切れて緩みやぐらつきが生まれるような気がする。
ソールすることで大切なグリップの圧に変化が生じて、ヘッドがスッと上がらなくなり、ボールとの距離も取りづらくなるのだという。


 

ソールをしないことで、最適な均衡点を探りながらのアドレスが可能になる。

4スタンス理論にあるように、一番パワーを出せる重心位置が分かれば、自分の身体能力を最大限に発揮できる。

(私は大谷選手と同じB2タイプ(後ろ重心外側重心、クロスタイプ)のようだ。)

 

累々とした型稽古を繰りかえしてゆくのも、ゴルフの愉しみだと思うのです。

時々変えてみるブログの副題ですが、
今年は” 冷静さと強さのラベルを貼ってゆく ” にしてみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加