香彩日記

一筆入魂!今の思いを『書』に込めて。

落款印いろいろ-2

2016年12月10日 12時59分19秒 | 篆刻

3cm×1.5cm変形印、7分〈2.1cm〉姓名印と雅号印〜2分(6mm角〕印。
お世話になっている先生の生徒さん達から、半年前にご依頼頂いた印が、ようやく全部出来上がりました。
急がなくていい、の優しいお言葉に甘え、随分お待たせしてしまい、申し訳ない限りです。
作品作りのお役に立てたら嬉しいです。

昨年から最近まで、お作りしたものもUPさせて頂きます。上段は、1cm角です。



末長くご愛用いただけますように

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秩父 日向山~武甲温泉

2016年12月07日 17時27分11秒 | 山歩き

今日の山歩きは、温泉付き♪

西武秩父線「芦ヶ久保」駅から、日向山に向かい、武甲日帰り温泉に寄って、「横瀬」駅まで。

小高い丘のような入門コースですが、急に冷え込んで登山道は凍てつきツルツル滑りやすく、2度もお尻をついてしまいました

広々とした山頂からは、武甲山や秩父の山々が見渡せます。

下り始めると、日本百名山の一つで以前登った両神山が見えました。

さらに下ると、「猪飼育場」がありました。

そして、武甲温泉でゆったり

本日の歩行時間は、日向(ひなた)の中、約2時間45分でした~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

師走

2016年12月02日 22時41分40秒 | 月の別名

今年もあと一ヶ月を切りましたね

今年度、講師をさせていただいている書道講座も第三期が始まりました。

初回の今日の課題は、「師走」。

字書からピックアップした「師」と「走」を組み合わせて、さまざまな書体の「師走」を練習した後、はがきに仕上げていただきました。

見出しの書は、その参考に書いたものの一つです。

はがき掛けは友人にもらったもので、時々ブログに登場していますが、なんと今朝まで7月に書いた「文月」が飾ってありました

目に入るたびに気になっていましたが、ようやく替えられました

それにしても、月日が経つのは本当に早い

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

戸倉三山ー刈寄山

2016年11月30日 19時15分29秒 | 閃書とは

本日の山歩きは、奥多摩の戸倉三山の一つ「刈寄山」。

今回で2度目。(ほかの二山「市道山」と「臼杵山」も以前2回歩きました。)

コースは前回と同じく、「今熊山登山口バス停」から「今熊山」経由して、

「刈寄山」へ。

そして、「夕焼け小焼けふれあいの里バス停」へ下りました。

見出しの書は、刈寄山の山頂で撮ったススキの写真に貼りました。

山々は、晩秋の装いでした。

今回の歩行時間は、約3時間40分でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

書と印のワークショップ

2016年11月29日 22時10分38秒 | 書道講師のお仕事

先日告知したワークショップ()、本日開催致しました。

告知でUPしたものに加え、以前制作したはがき作品(見出しにUPしたもの)や午前中にけやき書道のメンバーの皆様が制作した作品の黒板に貼って、スタート!

まず、ひらがな一文字印に挑戦して頂きました。

印作りは時間がかかると思っていましたが、皆さん、スピーディーに取り組んで下さり、素敵な印が出来上がりました。

そして、彩液を使って、はがき作品作り。

顔彩を持参して下さった方もいらっしゃいました。

思い思いの作品が次々と仕上がり、出来立ての印を押していただきました。

見事に私の書いた「欅」や「銀杏」を再現して下さった方や、オリジナルのクリスマスカードを制作された方もいらして、それぞれ書く文字や墨色などを工夫した個性あふれる作品が並びました

けやき書道のメンバーで友人の篆刻作品を押印した年賀状も皆様の目を引きました

この時期ですので年賀状作りのヒントにご参加下さった方や印作りにご興味のある方も多かったようです。

ご参加下さいました皆様の和気藹々とした和やかな雰囲気に助けられ、無事修了!

やってみたかったワークショップ、友人はじめ「けやき書道」のメンバーの皆様のお陰で実現できました

主催してくださいました光公民館の職員の皆様のご協力にも心より感謝申し上げます。

 

楽しい気分で帰宅したら、筆文字コンクールに出品した「夢ちゃん」が抹茶ラテのラベルになって届いていました♪

2個も~♪

1個は、優秀賞の副賞のようです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松生山(まつばえやま)

2016年11月23日 17時28分29秒 | 山歩き

今日の山歩きは、紅葉の落ち葉を踏みしめながら、払沢の滝入口バス停から松生山(まつばえやま)までをピストン。

払沢の滝入口バス停までは、JR武蔵五日市駅からバスを利用。

浅間嶺の分岐から道がわかりづらいので、迷わないように赤いテープの目印を付けながら登りました。

途中から雨が振り出し、山頂からの眺めもイマイチでした。

下る途中、通るたびに気になっていたお蕎麦屋さん「みちこ」に寄りました♪

テレビ番組「秘境飯」でも紹介された名店で、車で来るお客さんも多いようです。

下山地点のバス停前の「檜原とうふ ちとせ屋」さんでは、今回も出来立てアツアツのおからドーナツ頂きました

山頂は雨だったので、山頂名の揮毫はバスを待つ間に「檜原とうふ 」の看板を眺めながら書きました

今回の歩行時間は、上り約2時間10分、下り約1時間40分、合計約3時間50分でした

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

藤原佐理「離洛帖」の臨書

2016年11月19日 23時49分30秒 | 美術館・展覧会

本屋さんで見つけて書きたい!と思い、冒頭部分を全紙(135cm×70cm)に臨書して、第5回全国佐久臨書展の出品しました。

結果は、佳作。

まだまだ書き込みが足りなかったかな~

1文字めの難解な花押を省略してしまったし

佐久臨書展に出品するのは、3回目。

今回、初日の今日、初めて観に行って来ました

迫力ある作品が多く、高校生の実力の高さにも驚きました

行ってみたかった天来記念館にも寄ってきました♪

 

天来記念館は、中山道の望月宿にあり、古い町並みのお店の看板の書も楽しめます。

映画「犬神家の一族」に使われた旅館もありました。

 

離洛帖に興味のある方は、こちら↓

離洛帖 他 (テキストシリーズ)
神崎充晴
天来書院

藤原佐理は平安中期の能書家で、小野道風,藤原行成とともに三跡の一人です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三条の湯~雲取山

2016年11月16日 21時04分00秒 | 山歩き

今回の山歩きは、2度目の雲取山。今回は、三条の湯の山小屋に前泊。

三条の湯までは、JR奥多摩駅から鴨沢西バス停までバスに乗り、そこからは、紅葉を楽しみながら、約3時間15分の林道歩き。

三条の湯の受付では、子熊のはく製がお出迎え。

   

ゆったり、のんびり過ごし、翌朝、いよいよ雲取山に向け出発。

しばらく歩いたところで、鹿の家族と遭遇しました。

警戒してこちらを窺っているところパチリ

お天気も良く、富士山もバッチリ見えました♪

雲取山は、東京、山梨、埼玉の一都二県の境目にあり、新たに山梨側に山頂標が立っていました。

東京都側の山頂標も新しくなっていました。

雲取山の標高は、2017mということで、こんな山頂標も!

来年は、さらに人気の山になりそうです。

下山途中、山梨の山頂標がある避難小屋と七ツ石山から見えた雲取山をパチリ

 

両方とも前回登った時にも撮っていました→2012年05月27日

歩いてきた登山道も見えます。

 

 下山地点は、前回と同じ「鴨沢バス停」。

歩行時間は、上り約3時間分、下り約4時間20分、合計7時間20分。

下りは、予定時間より40分オーバー

予定のバスが遅れていたので、乗れてラッキーでしたが、体力の低下にショックを受けました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

書と印のワークショップのご案内

2016年11月13日 19時10分19秒 | お知らせ

 来る11月29日午後、東京都国分寺市の光公民館で、ワークショップを開催します。

気軽に楽しくハガキに書を書き、ひらがな一文字印を作って押印します。

見出しの書は、その参考に、チャチャっと書きました。

バックに彩液を使って、彩も楽しんでいただきたいと思います。

詳細は、11月15日付の市報に載っています↓

指導欄の「けやき書道」は、講師をさせていただいている書道サークルです。

 

百均額に入れて、お部屋に飾ったり、年賀状として、どなたかに差し上げても良いと思います。

お近くの方は、是非ご参加下さいませ~

*11月23日追記:見出しの書を使ったポスターと作成していただき、光公民館の入口に貼っていただいたり、館内に置いていただいたりしています。

今のところ、参加者は9名ですので、まだ若干空きがあります。

国分寺市にお住まいで、ご興味のある方は是非~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

瑞牆山(みずがきやま)

2016年11月07日 19時37分34秒 | 山歩き

今日の山歩きは、日本百名山の一つ「瑞牆山」です。

前日に、登山口のみずがき山荘に宿泊して、朝出発しました。

みずがき山荘までは、JR韮崎駅からバスで約1時間半。
バスの窓から見える山々の紅葉が綺麗でした。
瑞牆山の写真は、みずがき山荘の少し手前に見えるポイントがあるので、途中下車して撮りました

瑞牆山は、登山道も岩場が多くて大変でした 

時折、木々の合間から山頂当たりの岩々が見えます。

山頂も写真の通りゴツゴツした岩場で、足場が悪く、メッチャ恐いですが、眺めは最高!青空に南アルプスや八ヶ岳も見えました。

逆光ですが富士山も♪ 富士山の左は、金峰山です。

下を覗くと登る途中に見えた「ヤスリ岩」が眼下に!


登る途中に見えたヤスリ岩はこちら↓
 クリックすると大きく見られます。

今日の歩行時間は、登り約2時間55分、下り約2時間15分、合計約5時間10分でした。
早い人なら、3時間位のようです〜
ガイドブックによって所要時間は違いますが、以前はゆるめに書いてあると思っていたのに、最近は一番ゆるめに書いてあるのと変わらなくなりました

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

王岳(おうだけ)

2016年10月24日 19時00分12秒 | 山歩き

本日の山歩きは、富士急行とバスを乗り継いで、「西湖いやしの里」から王岳をピストン。

今日はピーカンと聞いて、久々にドカーンと見える富士山を楽しみに、朝暗いうちから張り切って出発しましたが、期待に反して雲が多く、富士急から見えるはずの富士山が見えず、悪い予感・・・

結局、山頂からも全く何にも見えませんでした

富士山は残念でしたが、朝歩き始めに雉を発見!

ギャーギャーという大きな鳴き声の先に、いました

 

帰りの富士急は、「日本一ゆたかな登山電車」が売り文句の「富士登山電車」に乗りました。

一日2便、2両の車内は、それぞれ違った色調と様々な座席

富士山は見えなかったけど、ゆったり優雅なひと時でした

 

本日の歩行時間は、約3時間20分。

見出しの書と載せた王岳の写真は、下山後、「西湖いやしの里」で雲からやっと顔を出したところを撮りました♪

 

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
どうぞ宜しくお願いします

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

日光 男体山

2016年10月19日 21時51分14秒 | 山歩き

日本百名山の男体山に行ってきました。

見出しの書と一緒に載せた男体山の写真は、前日泊まった中禅寺湖畔の民宿に向かう途中に撮りました。

当日朝6時、出発地点の二荒山神社中宮祠に着くと背後に朝焼けの男体山が見えました。

社務所で受付をして、朝6時5分出発。

3合目を過ぎた辺りから見えた中禅寺湖の湖面の雲海が美しかったです。

中腹は、ところどころ紅葉が綺麗でした。

5合目からは、大きな石や岩の多いガレ場に苦戦。

9合目を過ぎると樹木はほとんどなくなり、山頂まで赤茶けた砂礫を登ります。

そして、9時35分頃山頂到着。

二荒山神社の奥宮を参拝し、

山頂に煌めく御神剣を拝んできました

青空で気持ちの良い眺めでしたが、霧も発生しやすく、富士山方面は雲に覆われていました。

 

下山後、社務所で御朱印頂きました。

一緒に写っているのは、朝受付した時に頂いた登山と交通安全のお守りで、これを首に下げて登りました。

 

本日の歩行時間は、上り約3時間半、下り約3時間、合計約6時間半でした。

人気の日光、外国の方も多く、バスは満員でした。

今年は暖かかったので、紅葉は遅めのようです。

いろは坂の紅葉も、昨日より今日の方が綺麗だった気がします

 

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
どうぞ宜しくお願いします

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

姓名印と杏書展

2016年10月08日 14時23分25秒 | 篆刻

書友の寿杏さんから、お弟子さんの姓名印のご依頼があり、お作りしました。

寿杏さんの主催する第3回杏書道教室作品展に出品する作品に押していただけるそうです。

案内はがきはこちら↓

切手部分に、以前お作りした印「寿」()を使っていただけました♪
お近くの方は、是非!
 
第2回杏書展の様子はこちら→杏書展
 
10月15日追記:杏書展2日目、行ってきました
 
 

小学生から大人までの生徒さんの力作揃いです

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
どうぞ宜しくお願いします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鹿倉山(ししくらやま)

2016年10月06日 20時52分55秒 | 山歩き

今日の山歩きは、奥多摩の鹿倉山。山梨と東京の県境にあります。

深山橋バス停から、大寺山の仏舎利塔を経て、鹿倉山を登り、丹波山温泉バス停まで。

歩き始めから仏舎利塔までは、結構な急坂でした

1時間半ほどで、広々とした場所に真っ白な仏舎利塔がドーンと現れました。

奥多摩の山々から、何度か見えて、何だろう?と思っていた建物です。

 ←仏舎利塔の謂れです。写りが良くないですが、クリックすると大きく見られます。

 

鹿倉山山頂は、草木で全く眺望はありませんでした。

景色はいまいちでしたが、林道のところどころに珍しいものを発見!

珍しいかどうかはわかりませんが、オレンジ色の柿の皮のようなものが落ちてるな~と思って、よく見ると花びらにも見えて、もしやキノコ?と思い、帰って調べてみたら、「ヒイロチャワンタケ」というキノコでした

今回の歩行時間は、上り約3時間弱、下り約2時間弱、合計約5時間弱でした。

下山地点の丹波山温泉バス停近くには道の駅と「のめこいの湯」がありますが、残念ながら木曜定休。山の中でも誰にも会いませんでした。熊にも遭わなくて良かったですが

 

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
どうぞ宜しくお願いします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

両神山

2016年09月28日 23時39分03秒 | 山歩き

久々の山歩きは、日本百名山の一つ奥秩父の両神山。

コースは、日向大谷バス停からピストン。私の足では日帰りはきついので、バス停近くの両神山荘に前泊しました。
山荘のおじさん、おばさんは、とても気さくで居心地良く、お料理は品数が多くて、どれも美味しかったです♪

看板犬のポンちゃんも可愛かった~

当日(9月28日)は、お弁当を作っていただき、両神山荘を6時頃出発。

何度か川を渡り、鎖場もいくつもあり、わたしにとってはかなりハードなコースで、登りも下りも3時間半位かかりました

今回も派手に滑って転んでしまったし

けががなくて、本当に良かったです。

下りで雨に降られましたが、山頂は雲が多いわりに、最高の景色でした。

富士山は、すっぽり雲に覆われていましたが、

山頂標に描かれていた両神山の稜線がクッキリ見えました。

山頂で1時間ほどゆっくりして、両神山荘に戻ってきたのは、午後2時頃。

なんと、山荘の前で、雨の中、ポンちゃんが出迎えてくれました♪

泊まった人は覚えていて、帰ってくると必ず迎えに出るそうです

バスの時間まで、山荘で休ませていただき、またまた手作りのごちそうをふるまっていただきました

山頂で、いつものように、山頂名を折り帖に書いていたら、興味を持って下さる方がいらっしゃいました

ブログ見て下さっているかな。

コメントいただけたら、嬉しいです

 

2016.12.7追記:今日登った日向山から、両神山がよく見えました

 

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
どうぞ宜しくお願いします

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加