中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 840 美しい日本語・夏の風を表す言葉!!

2017年06月23日 10時54分35秒 | 日記
   
   綺麗な風景

   青田風
    稲が穂を出す前の青々とした稲田の上を吹き渡る風。それを「青田風」と言います。

        他にも夏の風を表す「美しい」言葉があるのです。 
        沢山ありますので、私の気まぐれで選んでみました。

   薫風 ーくんぷうー
    初夏、新緑の間を吹いてくる快い風。

   青嵐 ーあおあらし・せいらんー
    青々と視した草木や、野原の上を吹き渡っていく風。
   
   夕凪 ーゆうなぎ―
    朝夕、海陸風が入れ替わるために風が凪ぐ現象で、それぞれ朝凪、夕凪といいます。
    瀬戸内海沿岸で特に著しい

   麦の秋風 ―むぎのあきかぜ―
    初夏になると、刈り取りが間近い麦畑は黄金色に輝きます。
    これが麦秋(ばくしゅう)で、麦の秋、ともいいます。
    この場合の「秋」は、実りのを意味するんですね。
    この季節の、野を吹き渡る風を麦の秋風、麦嵐といい、降る雨を麦雨(ばくう)というそうです。

   白南風 ―しらはえ、しろはえ―
    梅雨が明ける6月末ごろから吹く南風。

   黒南風 ―くろはえ―
    梅雨の初めに吹く南風。
    梅雨入りの頃、どんよりと曇った日に吹く南風。

   緑風 ―りょくふう―
    青葉を吹く、初夏の風。薫風。
  
   和風 ―わふう―
    穏やかな風。
    気象庁風力階級において、和風(わふう)は風速5.5~7.9m/s、13~18mphのことらしい。

   恵風 ―けいふうー
    万物を成長させる、めぐみの風。春風

   涼風 ―すずかぜ、りょうふう―
    すずしい風。夏の終わりに吹くさわやかな風。
 
   さて。最後に
  「和風細雨・わふうさいう」と言う四字熟語。
   これは「天気」のことでは無くて
     和風=穏やかに吹く風。細雨=静かにそぼ降る雨。
     あわせて=人の過ちや欠点を改めるのに柔和な態度、方法でのぞむことのたとえ、であるとか。

   無礼者の女性議員に聞かせたい言葉ですよね。
   美しい言葉を沢山知っておきたいものであります。

   本日ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 839 泰明小学校とみゆき通り…銀座は新旧入り交じり。

2017年06月21日 19時25分07秒 | 日記
   
   18日。お訪ねしたギャラリーは「みゆき通り」に面していました。
   この写真はそのギャラリーの窓から撮らせていただきました。

   私には歌での思い出が深い通り名です。
    歌 山内賢
      和泉雅子

     待ち合わせて 歩く銀座
     灯ともし頃  恋の銀座
     僕と君が   映るウインド
     肩を寄せて  指を絡ませ
     二人の銀座


     二番の歌詞に「みゆき通り すずらん通り」と通り名が・・・
   通り名だけは「十代の頃から知っていたことに」
   ここがみゆき通りかあ。懐かしくギャラリーの窓から「パチリ」と、その先に貫禄のある建物が。
   なんと・・・小学校なんですね。
   しかも有名な小学校であるとか。帰阪後調べてみました。

   
   学校名は「泰明小学校」 18日は雨降りでしたので暗い画像になってしまいました。
   1878年(明治11年)創立。 1923年(大正12年)に発生した関東大震災によって焼失した
   木造校舎(木造モルタル)に代わり、1929年(昭和4年)に鉄筋コンクリート造3階建校舎として再建。
   震災の教訓から、通常の壁厚が15cm程度であるのに対し、22cmを有する堅牢なつくりとし、
   第二次世界大戦の東京大空襲の爆撃にも耐え抜き現在に至っている。

   とか~~~~、すばらしい。その上有名人を多数排出
   朝丘雪路・和泉雅子・金子光晴・近衛文麿・島崎藤村・殿山泰司・中山千夏・・・等々
   島崎藤村…もご卒業…ちょっと驚き!確か信州馬籠のご出身ですよね。
   調べてみました
    彼は、明治14年、9歳で学問のため上京、同郷の吉村家に寄宿しながら
             日本橋の泰明小学校に通う。明治学院普通科卒業。

   今で言う「留学」に近い形・・・そうだったんですね・・・!なっとく!

   さて、調べついでに「みゆき通り」の名前の由来も
   由来は、明治期に明治天皇が海軍兵学校、海軍大学校等々への行幸(みゆき)の際、
   また浜離宮へのお成りの時、この通りを行幸路とされたため、いつしか「みゆき(御幸)通り」
   と呼称されるようになったといわれています。

   東京の歴史はふるく
   街は奥深い魅力を含んでいます。
   まだまだ探訪し尽くせません・・・これからこれから・・・
  
   さて、本日ご訪問くださいました皆様。ありがとうございました・・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 838 雨の銀座でー旅絵物語ー「古山拓」展

2017年06月20日 19時57分38秒 | 日記
   
   フィレンチェの夕景

   
   素晴らしいご活躍をなさっています。
   ご縁を頂き
   古山先生の「個展」へ行って参りました。 

   先生は仙台の方
   今回は旅の印象を筆に載せて

   風景水彩画、和紙に描かれたアクリルでの半具象、抽象画等々
   フランス・英国・ポルトガル
   旅のお話しを描き出されて

   

   

   優しさと強さ。大胆さと繊細さ。・・・相反する作品。お人柄の成せる技でしょうか?
   想像しながら、ゆっくりと鑑賞させて頂きました。
   
   昼過ぎから降り出した雨。
   晴れても、降っても。
   銀座は人の波、傘の波。

   ギャラリー名は
   ●ギャルリ・サロンドエス
   ●中央区銀座6-3-2
      ギャラリーセンタービル 2F
   

   さて、本日はこんなところです。
   
   
   

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 837 横浜「赤れんが倉庫」辺りへ行って参りました。

2017年06月19日 17時48分51秒 | 旅行
   
   ヨットの「帆」の形をした「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」
   青い空に、白いホテルが映えて美しい!
   6月16日…梅雨入りしたというのに「この美しい空」感激の旅日和でした。

   四季の絵文関東組のお二人とご一緒に。
   と、言うより「ご案内を頂きました」
   
   
   まずは「横浜赤レンガ倉庫」へと・・・暑くてネ。木陰がないのです。
   

   
   一号館と二号館・・・二棟の倉庫。中はレストラン・雑貨店・・・等がぎっしりと。
   美しいですね。お若い方は足が長くて、遠目に見ますと「日本」だとは思えませんね
   屋内を歩いていても「やはり」喉がカラカラ・・・早速Rちゃんから教えて頂いた「bills」さんへ。  
   こちらで「リコッタパンケーキ」と「パッションフルーツのソーダ割」を頂きホッと!
   
   https://matome.naver.jp/odai/2135462093592247701billsさんヘはこちらへどうぞ

   座ると動きたくなくなるような外の日差し。
   デモせっかくですからと・・・帽子と日傘で・・・トコトコと!
   倉庫を背にして左に折れます →象の鼻テラスを左手に見て進と→
   横浜税関「クイーンの塔」が見えます
   
   
   その先には神奈川県庁「キングの塔」・・・写真写しそびれました。

   そして横浜市開講記念会館「ジャックの塔」
   

   横浜港は1858年7月29日(安政5年6月19日)に締結された日米修好通商条約(安政五ヶ国条約)に基づき
   1859年7月1日(安政6年6月2日)に武蔵国久良岐郡横浜村(横浜市中区の関内付近)に開港され、
   生糸貿易の中心港としてまた京浜工業地帯の工業港、東京の外港として大きく発展した・・・とのこと。
   開港以来159年!
   空襲での傷手も大きかったことでしょうが、こんな風に残っている文化に感激致しました。

   私にとっての「横浜港」はこの歌にのせて
   赤い靴 はいてた 女の子
      異人さんに つれられて 行っちゃった

   横浜の 埠頭から 汽船に乗って
      異人さんに つれられて 行っちゃった


   歌いながら歩きましたのは言うまでもなく

   午前中はお稽古
   午後から横浜へご案内頂きました。
   ゆっくり廻ると半日では足りないようですね。
   ご案内頂きありがとうございました。お気遣いに感謝です!!!
   次回は「中華街の方へも足を延ばしてみましょうネ」

   さて、本日ご訪問くださいました皆様
   ありがとうございました・・・・・・

   

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 836 吹田市内に新名所誕生!!

2017年06月12日 18時42分31秒 | 日記
   
   一年ほど前にJRの跡地に出来た「新名所」
   SUITA GREEN PLACE

   小耳に挟んではいたのですが、場所???何処かなあ?定かではなかったのです。

   今日は所用があって「吹田年金機構」社会保険事務所・・・を訪ねましたところ。
   思わず目を見張ってしまいました

   え~~!ここ何処?一体どうなったの?? 辺り一帯が素敵な街に変貌。
   
   大和大学・・・・大学も出来ています。

   用事を済ませて後、まずはぐるっと一巡り。緑の木々と花々が心を落ち着かせてくれます。

   

   
   お店のご案内
   私としては「お寿司屋さん」にはいってみたいな~~と、思ったのですが。 
   今日は我慢して「TULLY'S」で珈琲をいただきました。
   テラス席の椅子はフカフカで、目の前の広場では若いママが子どもと戯れています。
   今日は暑くもなく、寒くもなく、吹く風は心地よく・・・思いがけずゆったり一休みが。
  
   

   代官山(東京)を彷彿とさせる「街作り」
   こんな雰囲気がとっても好きな中井です。
   少し遠いけれど、度々「ぶらっと、一人で来てしまいそう」
   スーパーもあって、魅力満載ですが、出来れば「和食割烹」のお店があって欲しかったなあ!
   熱しやすく冷めやすい現代の風潮。JR吹田駅から徒歩5分の便利さですが。
   時代の波に呑まれないようにと願うばかりです。

   君とよくこの店に来たものさ
       訳もなくお茶を飲み話したね


   時の流れが「喫茶店」と呼ばれるお店を遠くに押しやってしまいましたが、
   大学のお膝元。青春の思い出の一コマを彩る
   「吹田グリーンプレイス」になってくれるでしょうか?
 
   

   今日も良い日の☆一つ
   皆様本日もご訪問頂きありがとうございました・・・・・・
   
   
   
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 835 徒然草の「第7段・10段・150段」趣あり

2017年06月09日 18時10分34秒 | 日記
   
   日本三大随筆は・・・ご存じ【枕草子、方丈記、徒然草】
   冒頭の部分・・・学生時代に一生懸命覚えましたねえ

   注;「徒然草・・全243段」は兼好法師が記したという随筆。
      成立後、百年ぐらい埋もれていたが、近世以降に多く人々に親しまれている。

   
   さて、その徒然草。FB友の「津田静鳳」さん。ご自身の書になる訳本をご送付くださいました。
   流麗な筆後が、含蓄のある兼好法師の「エッセイ」を心に目にますます惹き付けてくれました。

   心に留まったいくつの段をご紹介
   第七段…人生は無常
   
   命あるもので人間ほど長生きするものはない。
   蜻蛉もはかなく逝くし、セミも春と秋を知らずに逝く。
   人は、心安らかに一年を過ごすだけでものどかなものではないか。

   第十段…住まいは人なり
   
   人の住みかは人柄の表れるものであるが。
   人と家との調和がとれて、ゆったりと住まいしているところに
   「月のひかり」が差し込む様子などしみじみと美しいと思う。
 
   第百五十段…技芸を学ぶ者は基本を大切に精進せよ
   その①からその④まで
   技芸を極めようとするなら
   下手であっても恥ずかしがらず、上手な人に交じって精進を怠らず年を重ねれば、
   才能はあっても励まない人よりは上手となり、やがては世にも認められるようになる。

   ナルホド~~~!
   と、心に留まった部分を書き出してみました・・・私の心覚えですので、勝手解釈。
   あしからず~~!

   
   静鳳さんのプロフィールです。書店でお買い求め頂けます。
   ここに至るまでの「研鑽」はどれほどのものであったか。想像にあまりありますね。

   さて、今夜はストロベリームーンと比喩される赤い月なんだそうですね。
    ゆったり空を見上げて月とお話しでもいたしましょうか!
       兼好法師を忍んで・・・


   本日ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 834 好発進の水無月!!

2017年06月08日 19時25分10秒 | 絵文
   
   籬(まがき)と朝顔!
   籬と菊・・・秋のテーマ・・・朝顔とは不釣り合いでしょうか?
  
   さて、今日は吹田江坂近くでのお稽古・・・車で20分ほど!  
   
   途中でお帰りになった方、お休みの方・・・合わせて5名。ちょっと寂しい!

   こちらのお稽古場では、カエルの鳴き声も聞こえるし、
   窓の外には「蝶」がひらひら~~~と。とってもよい環境なんですよ。
   「課題の手本」にも真剣に取り組んで頂きまして、上々の出来映え。嬉しくなりました。

   嬉しいままに、お稽古の後のお茶タイム
   
   おしぼりのご用意までしていただいて・・・いつも感激しています。  
   ありがたく先生をさせて頂いています。

   入り口横には季節の花が咲いています。
   

   火曜日・交野市
   水曜日・京都
   木曜場・江坂
   金曜日・地元で
   明日で今週のお稽古は終わりです・・・次の週まで一休み!


   さて、本日ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・・・・
   

   
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 833 文月のお手本描けました(*^_^*)

2017年06月06日 21時21分07秒 | 絵文
   

   

   写真が上手くとれませんでしたが~~~
   長月は「暑中見舞い」用に絵葉書の練習です。

   言葉はご自身で考えて頂こうと思い、あえて書き込みませんでした。  
   手本がないと描けない・・・・一番聞きたくない言葉なんですよ。

   上手とか下手とかを気にしないで
   心のこもった一枚を「描き上げる」「差し上げる」
   そう思って取り組んで頂きたいと思っています。
 
   お稽古の時にしか道具を広げない。
   お稽古の後は次のお稽古の時までしまいっぱなし・・・・

   で、「描けない」「描けない」・・・あったりまえです!(*^_^*)

   お稽古を楽しみにお越しなら
   「ああ、今日も楽しかった~~~~!」と、結んで頂きたいもの。

   今日の交野市でのお稽古「86歳の男性」
   工夫して便りを「6枚描き上げました」・・・2時間集中です!

   こういった方に励まされて
   ありがたく本日を終了・・・

   さて、本日ご訪問くださいました皆様にも
   御礼を~~ありがとうございました・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 832 行ってきました「GSIX」(銀座シックス)

2017年06月01日 17時56分52秒 | 旅行
    

    
   行ってきました「GSIX」・・・銀座シックス・・・銀座六丁目にあるのですね。
   なかなかオシャレで覚えやすいネーミング。覚えやすいって言うのは大切なことですよね。
   ご存じ、もと「松坂屋跡」再開発されてオープンしました。
   凄い人出でしたよ・・・・わさわさでした。
   
   開業日:2017年4月20日(木)
   住所:東京都中央区銀座六丁目10番1号
   商業施設面積:約47,000平方メートル(約14,200坪)※共用通路等を含む
   店舗数:241店舗(物販210 飲食24、サービス7)

   フロア構成:
      13階建てのその上にRFガーデン
      13階(一部) レストラン、バンケット他

      6階 書籍、レストラン他
      1~5階 ファッション、服飾雑貨、ライフスタイル雑貨、カフェ他
      地下1階 ビューティ
      地下2階 食物販売
      地下3階 観世能楽堂
      地下4階 駐車場
    
   営業時間:
      物販・サービス 10:30~20:30
      飲食 11:00~23:30 ※一部店舗により異なる
  
   入店してまず目を引いたのは、やはり「草間彌生」さんの作品の「かぼちゃ」
    
   見上げても、見下ろしても・・・華やかです。それにしても、なぜ「かぼちゃ?」
   吹き抜けの高さに「足がすくみます」
   店内を一通り見て、そうそうに退散…おばさんには用事が無いよ!

   その後、三丁目まで歩いて夕食です。
   東京都中央区銀座3丁目7−13
   「トラットリアコダマ」さんへ
   
   一面にワインボトルが並ぶ、カジュアルな雰囲気のイタリアン。
   2階のシェフズテーブルではシェフのお任せコースを楽しめる。テラス席もあるそうです。

   
   まず「バーニャカウダー」を頂きました。

   
   ブラウンマッシュルームのフリッター、お肉は三種盛りに。
   お肉をガッツリ頂きました~~~!こんな私は「珍しい」のです。
   噛み応えがある「厚めの熟成ビーフ」もう5年もしたら「食べられない」かも!

   と、早めの夕食。満足して終えると銀座はまだ「夕刻」でした。
   28日。お昼過ぎに東京着・・・午後からの半日は、中身の濃い半日となりました。

   サテ、思い残したことが。
   観世能楽堂・・・見逃したこと!残念なり~~~~!

   本日ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・

 
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 831 美しい「東京駅」& 丸の内界隈!

2017年05月31日 20時42分31秒 | 旅行
   
   思いがけず幸運な旅をさせて頂きました。
   いつもは品川で降りるのですが、今回は東京駅まで参りまして・・・晴れた空の元
   ノンビリ散策致しました・・・丸の内界隈は美しいですね。

   
   一部「ホコテン」になっていまして、どうしても「お茶」したくなりますね。
   大阪には見られない「優しい雰囲気」並木の緑を漉かしてこぼれる「日差し」が柔らかいです。
   お店の造りも、ヨーロッパ風です!
 
   
   フランスでは、よく見られる「カフェテラス」寒くても、コート・マフラーをまとって「外」
   夏でも「外」・・・ホントにお好きですよね・・・それがまた「絵」になる。  
   こちらも素敵な「マドモアゼル」たち・・・外国かと見間違えそう!

   食事は「KITTE」の6Fで頂きました
   お魚料理の「銀平」
   どのお店も満席、ウエイティングの方々。こちらのお店ではタイミングよく待たずにご案内頂けました。
   
   シラスのサラダ・お刺身・掬い豆腐・天ぷら・・・どれもとても美味しく頂きました。それにお安い(*^_^*)
   大阪「グランフロント」にもあるようです。行ってみよ~~!

   食事の後は
   KITTEの3F・2Fにある「学研文化総合ミュージアム」へ。
   東京大学の貯蔵品を鑑賞。なんと「無料」なんですよ。
   蔵書・生物たちの剥製・骨組み・・・等々・・ここは子どもたちに見せたいですねえ。
   馬や6メーターはありそうなアリゲーターの骨格標本・・・圧巻でした。
   写真が無くて残念!

   東京駅丸の内側・・・工事も終わり近くなり整ってきました。
   タクシー乗り場が整備されたのですね。もう少しで完成しそうです。
   それにしても「何年がかり?」
   KITTEの庭園から見る東京駅が一番好きなんです。

   さて、本日はこんなところです。
   皆様、ご訪問頂きありがとうございました・・・

   

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加