アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

適合証明技術者及び既存住宅現況検査技術者講習。

2016年09月19日 | 資格・検定
8月27日(土)、前夜(26日・金)の「マイケル・シェンカー・フェスト札幌公演」と「鋼鉄倶楽部札幌オフ会」から深夜に弟の蛇メタと帰宅後、私(KOBA)は寝不足のため朝7時に家内の運転で「釧路市生涯学習センター(まなぼっと幣舞)」にて開催の「日本FP協会道東支部」主催の会議(10時~)・幹事会(11時~)・昼食会(12時~)・継続教育研修会(13時半~)、更に懇親会(17時半~暑気払い「佐良」)・二次会(20時~)等に道東支部長として出席です。今回の講師は十勝帯広市在住の仲間である♂佐久間正氏です。内容は教育資金と住宅ローン等です。とても進化した講習に感じました。良かったですよ。二次会後に宿泊先の「天然温泉ホテルパコ釧路」に帰って速攻で寝ましたよ。
28日(日)、宿泊ホテルでの朝食バイキング後にチェックアウトし、帯広市内の「とかちプラザ」にて開催の「おとなの京都講座~間違いだらけの京都観光(お土産付き)」に家内と出席です。講師は6月にも別団体の講師で来勝した♂大江英樹氏です。面白かったですよ。
29日(月)、午前・午後は仕事、夕方は帯広市内の整骨院通院でした。

30日(火)、「台風10号」の影響が出る前に会社を車で出発し、17時半頃に一昨日と同じ宿泊ホテルの「天然温泉ホテルパコ釧路」に到着し、末広町で夕食(釧路塩ラーメン)を取りました。台風による強風と雨で通りに人はいない状況でした。近くの某コンビニで非常食等を購入してホテルにさっさと避難しました。この頃、十勝管内では豪雨による河川氾濫、家屋等の浸水、橋の崩落や土砂崩れ等による道路・線路寸断等、甚大な被害となっていました(悲)。

31日(水)、9時25分~14時20分まで「住宅金融支援機構」主催の「適合証明技術者業務講習」が「釧路市生涯学習センター(まなぼっと幣舞)」で開催され、我社からは「管理建築士」の私が受講です。「住宅金融支援機構」の定める「適合証明業務」を行うために必要な講習です。講習は2年に1回更新登録の個人資格と会社の営業登録を兼ねたもので、受講資格は「建築士」資格の保有が条件です。
滅茶眠い講習(全てDVD映像講義)です(笑)。最後に理解度確認チェックで「正誤式テスト」が5問あります。テキスト持込可能で不合格は無いと思います。

上記終了後の14時半~17時半まで同所にて「既存住宅現況検査技術者講習」です。私は取得済みの資格でしたが、同日に両方の資格更新が可能となったため所持資格を放棄して新規受講しました。これは国土交通省策定の「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に準拠した講習です。ニーズの高まる中古住宅市場に欠かせない「インスペクション(現況調査)」を行う検査業務スペシャリスト講習で、主催は「(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会」で、受講資格は建築士事務所に所属する「建築士」等です。講習後に修了試験(正誤マークシート方式40問・テキスト持込可能)がありますが、出題問題は寝なければ大丈夫です(笑)。

終了後は十勝管内が台風被害のため無事帰還できるか分からないため、給油、コンビニで夕食と非常食等を購入し万全の態勢で雨の中、釧路阿寒~帯広芽室まで道東道を利用して十勝芽室町へ帰還しました。ちなみに国道は河川氾濫のため途中から通行止めで、芽室~占冠の道東道は土砂崩れのため通行止めでした。危機一髪のところで帰宅することができましたよ。感謝です。
翌日(9月1日・木)から4日間、苫小牧市からのフェリーにて「めむろ建築・まちづくり研究会」の約3年振りの「東北復興視察」でした。各方面の道路寸断、線路寸断のため、渡航は無理な状況(団体のためキャンセル料は膨大)でしたが奇跡が起こりましたよ。

続きは次回に。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マイケル・シェンカー・フ... | トップ | 「建築・まちづくり研究会」... »