Dacco bread +cafe  南阿蘇だっこ*公式ブログ

みどりがまぶしい南阿蘇村で お店を育て子供を育てる毎日を つづります

再出発です!

2016年05月24日 | なんでも日記
今日から、だっこは念願の再出発。
素敵な花束とお手紙をいただきました。ありがとうございます。
可憐なあじさいを手に、開店と同時にお店に来てくれた大切な友人。
地震後、初めての再開に涙。
いつもの(*≧з≦)可愛いお客様とおばあちゃま。今度は、ママも一緒にね〜
こちらも、いつもの陽気な方々。手作りのチーズケーキを差し入れてくださり、ラッキーな南阿蘇のみんなでティータイム。
ほんっと、美味しかったです。ごちそうさまでした!(^-^)/

それから、嬉しかったのが、浅黒く日焼けした、東海大学生のみなさん。倒壊したアパートのある地区の片付け、
ボランティアに精を出してらっしゃいます。七月に熊本市で講義は再開されるそうですが、アパートも見つからず
、南阿蘇から通う覚悟をされていました。どうにかならないものでしょうか。
とにかく、いまは、たくましい彼らが、安心して学べる環境に早く戻れることを、願ってやみません。


初日から、たくさんのお客様にお越しいただき、パンは完売でした。
何よりも、みなさまに会えて嬉しかったです。

これからも、情報交換の場、たわいないおしゃべりの広場、お腹すいた時の駆け込み寺?(^-^;
子育てママの息抜きの場、女子会、男子会、子ども会などなど、お気軽にご利用いただけると、幸いです。

これまでも、これからも足りないところが多々ありますが、、今後とも、地域密着の小さなパン屋をどうぞよろしくお願いいたします!

最後に、これ、本当にたまたまなのですが、、、今日は、私と夫の14回目の結婚記念日でもあります。

出発つながりで、覚えやすくて、良かったかな〜(笑)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地震後、初イベント!

2016年05月21日 | なんでも日記
今日は、古着の譲渡会がありました。子ども服を中心に、集めて送って下さったもので、男女別、サイズ別に分けられたお洋服をみなさん選んで持ち帰られました。

我が家の娘も含む小学女子の盛り上がりっぷりといったら。
これ、似合うかな〜と青空試着会。
おしゃれな帽子も発見して、みんな笑顔になりました。

そのあとは、みんなでご飯会。
子どもたちが大好きなカレーや唐揚げ、パスタやポテトサラダなど、たくさん作りました。
避難所生活が長い友人たちが、いつも作っていたような、おうちのごはん。
あと、炊きたての白いご飯。

早く、避難所にいる友人たちが、いつもの生活に戻れますように。
お母さんの料理をみんなで囲む日が、一日も早く来ますように。

今回のスペシャル助っ人、朗らかな肝っ玉かあさんの、ひろみさん。農家さんです。旬のさくさく美味しいスナップエンドウを提供してくれました。
お店の強力なスタッフでもある、しほさん。サクサク丁寧に仕事をこなしてくれる大切な相棒です。
頼りにしています!(^-^)/

ざっと40人分のお昼ご飯を想定して作りましたが、紙皿の減りかたからすると、50人の方が食べて下さったようで。主婦が3人集まると、ご飯がいっぱい出来るんだなぁと、なんだか、達成感。

夕方まで、カニ探しや、シャボン玉や、スケボーや、水鉄砲なんかで、全力で遊び倒す子どもたちを眺めながら、大人もとりとめのないおしゃべり会。みんな笑顔になりました。

会を企画して下さったみなさま、いい時間をありがとうございました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震のその後 3 、更にいいこと!

2016年05月13日 | なんでも日記
ビフォー。
2回目の地震で、ひっくり返ってしまったパン用のオーブン。業務用にしては一番小さいほうですが、それでも180キロ。
奥に見えるのは家庭用のガスオーブンです。こちらは無事でしたが、あくまで、サブ。
お世話になっている㈱丸菱の機械班のお二人。
っって、おふたりで、上がるのか?

テコの原理で、微妙なバランスをとりながら、よいしょっ!

元々、膝の高さの台に乗せていましたが、 元通りにするには、さすがに別の道具が必要だそう。

余震も恐いので、とりあえずブロックの上に設置していただきました。

スチームが出るタイプのオーブンなので、水道管との接続もやり直し、電気のコードは無傷でした。
通電して、ぐるっと点検。
壊れてなかったことが判明(T^T)

頑丈で、良かった、こころちゃん。(メスです)
ちょっと傷ついただけで済みました。これからもよろしくね。

丸菱さんは、益城町にある食品の問屋さんなのですが、震源からすぐそこで、莫大な損害があったそう。

来てくださった方も、自宅で車中泊しながら、あちこちの飲食店を立て直す為奔走してらっしゃいます。

頭が下がるばかりです。
この先、厳しいでしょうが、踏ん張ってお店を続けていくことが、私に出来る恩返しかと思います。

オーブンを上げるために、人手あるよ!と、たくさんの方にお声をかけていただき、どれだけ心強かったか。
ご心配いただき、本当にありがとうございました。

あとは、排水の問題。
これがクリアになれば、五月中の営業が可能です。

さて、大掃除の続きに戻りますね











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震のその後のその後。いいことありました

2016年05月11日 | なんでも日記
ご無沙汰しております。
みなさまいろいろとご心配下さってありがとうございます。

毎日店の片付けを進めていますが、今日は、いいことがありました。
ビフォー。
アフター(*^_^*)

はるばる熊本市より、来てくださった職人さん。手際よく、割れたガラスを取り除き、ピカピカの新しいガラスをはめこまれました。

あと二つ自分ではどうしようもない問題があり、それが、解決出来次第、営業再開させていただきたいと思っています。
久々に、正確には、4月14日に焼いたのぶりに、パンを焼きました。
長かったような、短かったような、
一生忘れない1ヶ月。

家族のための大きいパン。
カットして食卓へ。
朝ごはんに私のパン。夫に絡まれる娘。いつもの我が家の朝がやっと戻って来ました。
ちなみに、使った道具はこれだけ。箸でグルグル混ぜて作る、手を汚さないパン。店は水道が使えないので。
日保ちするよう、吸水たっぷりふんわりもっちりに作りましたが、あっという間に嬉しい完食。

早くみなさまにもお届けしたいところですが、お店の設備が復活するまで、いましばらく、おまちくださいね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震から、その後、のご報告。

2016年04月25日 | なんでも日記
2回目の熊本大地震の後、避難所に来て10日が経ちました。

まさかの展開に、ご心配下さっている皆様にご報告が出来ずにおりました。

私たちは元気です!
全国各地から送って下さった物資や、あたたかいメッセージ、村の職員さん、大分の保健師さん、対馬の自衛隊員さん、島根の警察官さん、富士市の職員さん、中部電力のかた、書けば限りなくたくさんの応援の方に励まされ、生活しています。感謝のことばしかありません。

余震を警戒しつつ、片付けの毎日。
やっと、頭の中が整理できつつあります。いや、今でも夢の中にいるような気もしますが。

私も早くみなさんのお役にたちたい、と気持ちははやりますが、店の水道が使えず、180キロのオーブンが床にひっくり返ったこと、で、まだ営業再開には時間がかかりそうです。
オーブンは、通電の確認はしました。
人力では持ち上がらないので、それを、どうにかする事、使えるかどうか、修理できるかどうか、願うような気持ちです。

自宅の方も、システムキッチン全体が10センチ移動するほどの揺れで、片付けに時間がかかっています。
昨日はやっと、キッチンの床が見えました。

一歩一歩前に進めたら。

無事だった100キロの小麦粉たち。
私の希望です。
これをパンにしないとね。

さぁ、今日も楽しくがんばりましょう。











コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加