春夏秋冬 長崎発 とき燦々

あれこれを徒然に語る

ありがとう!龍石小学校

2016-02-05 | 心境
ありがとう 龍石小学校

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


平成28年1月31日、母校である小学校の閉校記念式典が執り行われた。
朝から青空が広がり、式典にふさわしい凛とした日になった。
明治8年の開校以来、141年間にわたり、歴史を刻んできた長崎県南島原市立「龍石小学校」が、来る3月31日をもって閉校となる。
人口流出にともない、児童減少が続いてきた南島原市西有家町の5つの小学校が統合され、4月から新たに西有家小学校としてスタートすることになっている。
昨年から式典開催の準備が進められ、卒業生の一人として出席させていただくことになった。
わたしが通っていたころの平屋の木造校舎は、現在、鉄筋コンクリート2階建てに建て替えられており、往時の面影は残していないが、二年生のとき創立88周年記念事業の一環として建立された記念碑はしっかり記憶に残っていた。全校児童、教職員、保護者、地域をあげての学芸会的な催しを中心とした大事業だったように思う。白や桜色のちり紙を使って教室を飾り付ける花を作った記憶がある。


創立88周年記念碑


これまでの卒業生は二千人余、小さな学校ではあったが、昭和41年には健康優良校として文部省・厚生省から表彰されるなど、多様な活動実績を有している。
在校児童数は44名で、人口流出、少子化の進む現状では避けられない統廃合ではあろう。
こう言うわたしも流出組の一人で、現在、長崎市民だ。
 

 

 
式典では、児童全員が閉校への思いを語った。閉校に立ち会う最後の校長先生は涙声で子どもたちの成長に期待を寄せる言葉や感謝を述べた。地域の代表もふるさとの軸として存在した学校を振り返りながら寂しさや未来への期待などを語った。
式典に出席した200名余はうなずきながらき聞いていた。皆、共感している。そう思った。
全員で歌う校歌の歌声も大きく、歌いだすと歌詞の記憶が甦り、わたしも思いっきり歌った。
次から次へ学友の顔が浮かんだ。もう50年以上も前のことなのに・・・
母校の閉校記念式典という大きな節目に立ち会えたこと、そしてその時間がとても感動的だったことに心から感謝したい。
子どもたちの閉校に寄せる思いを乗せて、風船が青天に向かって上がっていった。
龍石小学校  ありがとう!
 
 

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

雪国、長崎の横顔

2016-01-25 | わが町
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


今回の大雪と寒波は、今朝、こんな珍しい光景も見せてくれた。
我が家の軒先に下がった「つらら」です。

これまでの積雪記録を塗り替えた長崎地方の大雪は、JRやバス、路面電車など、ほとんどの公共交通機関をマヒさせた。一部路線では午後から運行が再開されている模様だが、ダイヤはなきに等しい。
今、午後4時過ぎ、気温の上昇とともに、時折り屋根の雪が滑り落ちる「ドサッ」という音が聞こえるが、雪は断続的に降り続いている。



この記事をはてなブックマークに追加

南国長崎に暴風雪,大雪警報 雷,波浪,低温,着雪注意報 

2016-01-24 | わが町
平成28年1月24日 午前7時
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


暴風雪,大雪警報 雷,波浪,低温,着雪注意報が発表されている長崎地方だ。
朝7時ころの積雪はおよそ10cmだったが、雪は降り続き午後3時ころには20cmになった。
町内のパトロールに出て、積雪にメジャーを当ててみると30cmにもなっているところもあるほどだ。
途中、チェーンをつけた軽自動車が坂道に立ち往生していたので、声掛けをしてみと、年配の夫婦らしき二人は、隣町の自宅に帰る途中、チェーンが切れてしまったという。
ロードサービスにやっと連絡がついたらしく、安堵した表情を見せていた。
これほどの降雪は記憶にない。
明日は月曜日、昼過ぎまで雪の予報になっており、通勤、通学の足の確保は難しそうだ。
すでに幼稚園、小中学校は臨時休校が決定している。
我が家付近の積雪はこんな具合だ。
依然降り続く雪の中、元気な子どもたちのはしゃぐ声が聞こえる。
パパママもカメラを手に思い出残しに奮闘する光景があった。
それにしても寒い、外は気温零度だ。風も強くなってきた。
明日の最低気温はマイナス3℃、最高気温3℃の予報になっている。
しっかり防寒対策をして出勤だ。


大相撲、こちらはホットなニュース!・・・琴奨菊、優勝!  

この記事をはてなブックマークに追加

Jリーグディビジョン2 青VS赤 

2015-10-04 | わが町




V・ファーレン長崎VSロアッソ熊本
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


J2リーグ第35節のV・ファーレン長崎は10月4日、ホームにロアッソ熊本を迎え九州ダービーを戦った。
青と赤の対決は5,500人を超える観客で盛り上がった。ロアッソ熊本は、2012年シーズンまでV・ファーレンの高木琢也監督が率いたチームということもあってか、大勢の熱いサポーターたちが駆けつけてきてくれました。
試合前のV・ファーレン長崎の順位は6位、J1昇格のプレーオフ参加圏内で、これからの1試合1試合が勝ち点を積み重ねるためにはとても重要になってくる。
今年こそはと、J1への夢に向かって漕ぎ出した高木V・ファーレンを応援して、これまでホームゲーム、アウェイゲーム合わせて16試合に出かけている。
とにかく、今日は勝ちたい試合だったのだが・・・。





前半、20分過ぎのイ ヨンジェのどうにかボールに追いついたシュートで先制したものの、結局、幾度のも好機を得点に結びつけられず、後半、60分過ぎにロアッソ、養父のシュートで追いつかれ、80分過ぎには清武のシュートで逆転され、そのまま試合終了。V・ファーレンサポーターとしてはショックの大きなゲームでした。それにしても、ロアッソ熊本の2本のシュートは見事でした。





V・ファーレン長崎は九州対決に弱いなぁ。今シーズン、ロアッソ熊本に2敗、大分トリニータに2敗、いずれも順位下位チームに勝ち点がとれなかったことになります。
今日の敗戦で、J2リーグ順位は7位、残り7試合に夢をつなぎましょう。ホームゲームは残り3試合になりましたが、最終戦のキラヴァンツ北九州戦まで一つでも上位へ。

この記事をはてなブックマークに追加

田んぼアート

2015-09-23 | 季節
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


大村城南高校 田んぼアート  2015

佐世保へ向かって走っていると、大村市で田んぼアート鑑賞会に誘う女子生徒が目に入った。
大型連休中の国道は混雑気味だったこともあり、車の流れのまま通過してしまったが、1キロほど走ったところでUターンして、国道端の農場入り口から案内係さんの指示どおり進んだ。そこは長崎県立大村城南高等学校の竹松農場で催されている田んぼアートの鑑賞会場なのでした。
県内のニュース報道などで、その存在は知ってはいたが実際に見たことがなかったこともあり、興味津々で鑑賞櫓に登ってみた。
田んぼを見下ろすと、三種類の古代米とヒノヒカリによって、平和祈念像と戦後70年の今年をモチーフに長崎らしい作品が創られている。

 
 
 

  

作付の水田は約18アール、指導教員の下、部活動として3年生2人、2年生5人と、この地域の園児たちが挑戦したものでした。部員は女子6人に男子1人、6月24日の田植えには男子クンはきっと大活躍だったのだろうなア。
実際お会いして話をお伺いした男子クンは筋骨たくましくはなかったけど、楽しそうに私の質問に答えてくれました。もちろん鑑賞櫓で説明してくれた女子サンにも感謝!そして無遠慮な私の質問に丁寧に答えてくださった指導の先生、ありがとうございました。緻密な計算に基づく図案作成が一番時間がかかるとの話は、田植え時の作業手順からして作品の出来栄えに直結することを考えると、とても大切だということですよね。また、計算された図案どおりに作業を進めることも簡単ではないと思います。長崎県内唯一の取組みに敬意を表します。
そして、毎年、全国レベルのお米の品評会で好成績を収めておられることには少々驚きました。立派!立派!
長崎県はお米の産地としては、あまりメジャーな存在ではないという印象を持っていましたので、この会場で大村城南高等学校の実績を知り、長崎県人としてうれしく思っています。皆さんの稲作技術が広く普及するといいですね。
こうした学校の強みは、もっともっと広くアピールしたらいいと思います。

10月20日の稲刈りが、皆さんのいい汗で、お米の収穫はさることながら、実り多き時間となりますように。


この記事をはてなブックマークに追加

LOUIS GARNEAUでポタリました・・・彼岸花に同調してます?

2015-09-20 | 自転車
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


4月、人生の大きな節目を迎え、新しい生活がスタートしたのだが、日々の生活スタイルに大きな変化はない。
週休3日になり、自分の時間は格段に増えたが、現役時代にやれなかったことに挑戦したい身にとって、3連休はあっという間に終わってしまう。体と気持ちは、もうすっかり週休3日の生活に慣れ切ってしまって、週末木曜日が待ち遠しい。
このシルバーウイークも一足早くスタートし、10連休と相成った。
今日は彼岸の入りだが、墓参は23日の秋分の日に行くことにしている。
昨日から、今月、2度目の単身生活で自由自在の時間がたっぷりだ。
今日は朝食を済ませると、ピナレロのバーテープを交換し、その後、久しぶりにLOUIS GARNEAUをひっぱり出し、お彼岸ポタリングに出発。
目当ては山登りを兼ねて、この時期、盛りの彼岸花を楽しむこと。
郊外の山登りの魅力は彼岸花のポイントなど探す必要のないこと、そこここの土手には真っ赤に燃える彼岸花がいっぱいだ。、この地区は植木の産地、手入れの行き届いた庭園を楽しみながらポタるのは実に贅沢な時間だ。
そして、たっぷり汗をかいた後、駆け下りる爽快さは何物にも替え難い。





にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村
自転車のりにとって、実にいい季節になった。
次はピナレロでロードに出よう。10連休はいい。

単身生活・・・食事をどうするかが悩みの種なのです。
冷蔵庫には、レンジで温めなおせばいただける料理が何日分か準備してあるものの、後片付けは結構面倒だし、今夜あたりは外でという気持ちになっています。

この記事をはてなブックマークに追加

「来てうれしい、帰ってうれしい・・・」

2015-03-15 | 家族
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村

久しぶりに二日間の週休日を長崎で過ごした。
土曜日の夕刻には5歳と3歳の二人の孫娘たちの襲撃をうけ、お泊りチャレンジとなった。
「来てうれしい、帰ってうれしい孫の顔」・・・孫の存在を象徴する言葉ですが、二日間の滞在は、還暦を過ぎたばかりのわたしの体力で心地よく乗り越えられる時間でありました。
夕食から風呂、寝入り前の読み聞かせ・・・明日の公園遊びを約束させられ、わたしはいつもより早めにベッドに入ったのでした。
今朝は雨ふり、孫娘たちの起床がわたしより随分遅かったのには助けられました。
いつもの週休日と同じ朝のリズムで過ごせたのも束の間、上の孫娘の一声で、公園遊びはペンギン水族館行きに変更され、入場無料の特権を持つじじばばも笑顔の賛成!
雨もあがり、孫守の早春の一日はとてもいい塩梅でした。
孫娘たちと無心になって過ごす時間は楽しいけれど、一泊二日くらいが一番いいようだ。
ビーチで遊んでいたペンギンたちがハウスに帰る後を追いかけていたら、こんなものを見つけました。


そうか、しあわせな時間だったのだな。

この記事をはてなブックマークに追加

心境

2015-03-14 | 心境
花束をいただきました

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村



三月は大きな節目のときだ。
37年間勤務した職場を定年退職する日は、刻一刻と近づき、もう目の前まできている。
知人も友人もいなかった長崎に縁があり、市民になったのが昭和53年3月31日。
昭和53年4月1日の辞令交付で始まった長崎での生活。
結婚し、子どもができ、家を建てたころ、すっかり長崎市民になった。
37年の歳月が流れ、今では職場でのつながり、地域の方々とのつながり、子どもの学校でのつながり、趣味の仲間とのつながり、子どもたちの結婚でできた新たな親戚とのつながりなど、その輪は格段に広がっている。
そうしたつながりのある皆さんから、よく、人生の節目を祝っていをいただく。
みなさんに感謝、感謝だ。そして、ここのところ感激させられてばかりだ。
昨夜も、こんなにきれいな花束をいただきました。

先日、職場の机を整理していると、入庁間もないころの写真が出てきました。
37年間という時の流れを実感した瞬間でした。

この記事をはてなブックマークに追加

感動!『長崎がんばらんば国体』『長崎がんばらんば大会』

2014-11-02 | わが町


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村

国内最大のスポーツイベントである国民体育大会『長崎がんばらんば国体』に続いて開催されている全国障害者スポーツ大会『長崎がんばらんば大会』が幕を閉じようとしている。いよいよ明日が総合閉会式だ。
『長崎がんばらんば国体』は台風接近の中での幕開けとなり、一部の競技で中止や日程の変更もあったが、連日、各競技会場では熱戦が繰り広げられ、地元選手の活躍もあって大いに盛り上がった。
郷土の代表として戦う参加選手の精一杯の競技に惜しみない声援と拍手がおくられるこの国体の雰囲気に感動した人も多かったろう。
成年男子のバレーボールの決勝戦を観戦したが、フルセットの末長崎県が愛知県を破った試合は圧巻だった。拮抗したゲームで得点のたびに知らない隣同士がハイタッチする光景は会場内に興奮を呼び、これこそスポーツの醍醐味、楽しみ方だといった風だった。




多くの人がスポーツ観戦の楽しみ方を知る機会にもなったのではないだろうか。
両大会で最終的に全国から選手、役員合わせて約2万7千人が長崎に集った。
わたしにとって人生二度目の地元国体、長崎の熱い秋が終わろうとしている。


この記事をはてなブックマークに追加

あしたからもこうして生きていくだろうと

2014-10-26 | 心境

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村

 
『還暦』を祝ってもらいました


正月から還暦を祝っていただいている。
おかげで、すっかり赤い召し物が似合うようになった気がする。
そういえば、長崎がんばらんば国体のスタッフウエアも赤色でした。
24日は現職場のみなさんに祝っていただき、立派な花束まで頂戴した。
わたしの誕生月は10月、先般60才になったばかりで特別の感慨などないが、ここのところ定年退職に向けて、年金やライフプランセミナーの案内が矢継ぎ早にあり、否応なく退職までのカウントダウンを意識させられているというところなのだ。
先日は、さっそくシルバー料金で映画を鑑賞したり、孫娘たちと出かけた長崎ペンギン水族館では、入場無料の歓迎ぶりに戸惑ったり。
社会はシルバーに優しい仕組みになっていることを実感している。世の中には、もっと多くのシルバー特典が存在するのだろうから、ちょっと楽しみであったり、一方では60歳の申告に抵抗を感じる自分がいたり・・・
今の心境としては『ビミョー』なのであります。
とにかく、今は退職後の体力維持のため自転車に乗り、ボケ予防にアコースティクギターを弾き、そして時たま、人生の先輩に誘われて下手碁を打ち、潮時と天候を見てルアーフィッシングに行き、なお時間があれば『村上春樹』を読むのです。

昨日は、職場のみなさんから頂いた、花束を花瓶に移して玄関に飾りました。大きな赤いバラを見ながら、あらためて『還暦』を自覚させられるのでした。
そして、よしだたくろうの『今日までそして明日から』を弾き語ってみました。
感謝!感謝!です。
 
 
  ♪♪・・・あしたからもこうして生きていくだろうと♪♪ 
 



この記事をはてなブックマークに追加

次女は八歳になります

2014-10-02 | 家族

生後70日と8歳

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

わが家の次女は『ごはん』と『さんぽ』という言葉が好きだ。10月26日で八歳になる。
生来の毛色はレッドなのだが、このところやや白っぽくなってきた。しかし、相変わらず食欲は旺盛だ。
人の年齢に換算すると、現在約50歳といったところだろう。成犬は人の4倍の速さで加齢するので、あと4年もすれば、わたしと同じ年齢になってしまう。到頭わが家も全員が高齢者になってしまう世帯だ。
散歩は主の都合で夜が多い。わたしが夕食を済ませてから連れ出すのだが、彼女の姿が見えなくとも『さんぽいくよ』の一言で、すっ飛びやってくる。もう、尻尾は振り切れんばかりだ。
今の時期の夜の散歩は心地よい。気温、湿度とも身体にやさしい。
虫の声を聴きながら、澄んだ夜空に瞬く無数の星を眺めながら歩くのは最高の癒しだ。
いつもわたしの顔を見上げている彼女は何を思って歩いているのだろう。
『秋はいい』


この記事をはてなブックマークに追加

長崎の秋

2014-09-30 | わが町
平成24年 長崎くんちの龍踊



にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

明日から10月、長崎では380年の歴史を持つ秋の大祭『長崎くんち』が7日から始まる。
6月1日の『小屋入り』と言われる稽古開始から4か月あまり、演し物にいよいよ磨きがかかり本番を迎える。
10月3日が『庭見世(にわみせ)』、4日の『人数揃い(にいぞろい)』につづき7日からの3日間は長崎のまちがまつり一色になる。
7つの踊町が、龍踊(じゃおどり)鯱太鼓(しゃちだいこ)など豪華な奉納踊りを披露する。
『もってこーい もってこい』『しょもーやれ』の掛け声で長崎は大いに燃えるのです。
そして、引き続き第69回国民体育大会『長崎がんばらんば国体』が始まります。
今年の長崎の秋は見逃せません。




この記事をはてなブックマークに追加

長崎原爆の日

2014-08-09 | 平和
長崎原爆の日を迎えました

 


平成26年長崎平和宣言 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村



この記事をはてなブックマークに追加

蓮池散歩

2014-06-29 | 季節
諫早市唐比蓮池


『唐比ハス祭り』

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へにほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

85歳の力

2014-06-28 | 家族
リハビリのつもりで描いています

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村



6月も終わろうとしているが、大きな雨にはならない長崎である。
この週末もどうにか曇天雨なしの空模様のようだ。
母を訪ねてみると、最近、リハビリや読書の合間の時間に水彩画を楽しんでいるという。
四年前、脳幹部梗塞で右片麻痺となり、車いす生活を覚悟した母の身体は、多くの医師、看護師、セラピストそして福祉関係のみなさんのおかげで劇的回復を遂げた。今も週三回の通所リハビリは欠かせないが、自宅で絵筆をもつことも身体の安定維持に役立っているようだ。今年85歳になる彼女の絵はこんな感じだ。庭先にある紫陽花とビワをイメージしたこの静物画が最新作らしい。その作品を撮ってきた。
もうずいぶん描きためているらしいが、佐世保に住む私の姉が訪ねてきて多くを持ち帰ったという。

母のこんな生活を嬉しく思う。





この記事をはてなブックマークに追加