どうも! 星野くみ子です。  

座間市の星野くみ子が日頃の活動などをお伝えしたいと思います。
★コメントに関しては事前承認とさせて頂きます。

黄金週間ですね

2013年05月05日 | 日記

 

このお休みの日々、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は憲法記念日である5/3、仲間3人と共に平和憲法の大切さを訴えてきました。

 

憲法9条は「日本はもう戦争はしません。国際間の問題を力で解決しません。戦争のための軍隊は持ちません。」ということが書いてあります。

今、この憲法を改定し国防軍を持とうという動きがあります。

しかしこの憲法があるからこそ先の大戦後日本は他国でいのちを奪う行為をすることなく、国際紛争を平和的に話し合いで解決することに力を尽くしてこられたのではないでしょうか?

ひとたび戦争が起これば犠牲になるのは民間人です。

国防軍をもて!と声高に叫んでいる安倍首相は、どこかのイヴェント会場で迷彩服を着て戦車に乗りはしゃいで写真を撮られている安倍首相は戦地に赴くのでしょうか?

しかも安倍首相は直接9条ではなく、まず憲法改定のハードルを下げるために96条を改定しようとしています。

憲法96条は「憲法を変えるためには衆議院参議院両院の議員三分の二以上の賛成で発議されて、国民投票過半数の賛成が必要」と書かれている憲法改定の条文です。

安倍内閣はこの議員三分の二、というところを過半数にしようとしているのです。

でもそんなにハードルを下げてしまったら、政権交代があるたびにコロコロ憲法がかわってしまう可能性があるわけで、そんなことあってはならんわけです。

極端な話、国民のいのちや権利が脅かされるような憲法にかえてしまって、その後まったく変えられないようにすることも可能なわけですよね。

 

これは危ない。

 

わたしは、平和憲法を護りたい。これからも声を上げ続けていきたい。

 

そう強く強く思った66回目の憲法記念日でした。

 

しかし、わたし、足が短い。

 

コメント