初心者のための能楽教室

能は面をつけて歩き謡い舞い演じます。
まずは基本の謡と舞を身につけ面をつけて舞い謡えるように学んでいきます。

近況報告

2017-08-12 00:28:47 | 最新のご案内

梅流会
2018年9月16日(日)午前11時開演~4時
梅若能楽学院会館(中野区東中野2-6-14)
 
番組
 通小町
狂言 文荷
 野宮
仕舞
弓八幡
経政 キリ 伶以野陽子
井筒
鞍馬天狗
舞囃子 三井寺
 猩々乱 双之舞
 
 

ご予約 

レイヤー陽子

yokolayer@gmail.com


初めての方への 1日能楽ワークショップ

石原さとみさん出演、「高嶺の花」で梅若能楽学院会館の舞台を使用されています!

現在東京メトロ【スペシャルムービー】Find my Tokyo.「Challenge83_中野坂上駅/能の舞台に上がってみよう!」篇   で、石原さとみさんが梅若能楽学院会館で能楽体験されています!

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「渡辺直美×ムロツヨシ」さんらが梅若能楽学院会館でトークしています!!

その映像です


是非皆様も申し込み下さい!

◎日時

☆8月25日(土)午後3時~4時半

☆9月22日(土) 午後3時~4時半


場所:梅若能楽学院会館 楽屋教室にて

(Google mapは、能楽堂入り口が間違って案内されます。上記をクリックしてアクセス確認してください。)
参加費用:2000円
お越しになられたときにお支払いください。

持ち物:足袋(どうしても購入できない場合は、白い靴下を履いてこないで、持参してください。)

(足袋は着物屋さんや、楽天、アマゾンでも買えます)

例えば:新宿津田屋(新宿駅のルミネ4階です)

扇はお貸しします。
基本の謡や摺り足の体験、面の体験、能の歴史などのお話があります。

参加希望者は、下記の事項を添えて事前にご予約ください。

いつのワークショップか日時記載の上

●お名前 (姓名)

●連絡先電話番号

●連絡つきやすいメールアドレス 


連絡先
レイヤー陽子

yokolayer@gmail.com


随時、基本からの個人のお稽古の能楽教室お申し込みは受け付けています。


香川県高松市にも教室があります。


能のお稽古をとおして内面をみつめる

2017-08-11 05:29:00 | TOP

能を観る人の心を打つ大きな要素は、単純な舞う姿や謡だからこそ、写実的な演劇以上に演者の心情、すなわち眼にみえない内面のエネルギーに触れ、観る人の直感力、創造力が働き、刺激され、それぞれの人の心の中にある感じたいものにタッチするからです。

 現在、私たちは肉体的、精神的な苦悩に向き合いながら生きています。痛みは内面的なもので、表面的に楽しむことはあっても、なかなか本質の痛みを癒すことは難しいです。その内面をしっかり見つめることが、能と重なる点かもしれません。

 

Hagoromo5_2_2

  これから、海外にはばたく日本人にとって、会話手段として言語(特に英語)が必要になってきています。しかし、その前に日本人としての文化を身体で感じていること、日本人としてのアイデンティティの必要性が海外では大事になってくると思います。

 日本の文化のルーツである能楽を身につけてみませんか? 足袋を履き、扇子を持って舞ったり、和の謡いをうたったり、礼儀作法を学んだりと、いろんなことが自然に身につけられます。 

 また、ご両親から譲り受けた箪笥に眠っているお着物を稽古や発表会で着てみる良い機会でもあります。そしてまたそのお着物をお子様やお孫様ご親戚の方などへ差し上げたりと伝承していくのもよいかと存知ます。 


~ 伝 承 ~

Hagoromo1_2650年もの間、脈々と親から子へ、子から孫へ、また師匠から弟子へと  一度も絶えることなく伝え続けられている演劇は、世界中でも日本の能が唯一であ  といっても過言ではないでしょう。 

能楽は2001年5月、 パリのユネスコ本部において第1回「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言 」を受け、更に2008年11月、無形文化遺産保護条約に基づく「人類の無形文化遺産の代表的一覧表」に初めて登録され、後世に伝えるべき貴重な財産として広く  界の認定するところとなりました。(能楽協会より)
9_2

         

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                   

 

  


能のお稽古とは?

2017-08-10 03:07:00 | お稽古のご案内

 

 

~我が国独特の日本語の和の発声~

 

一語一語強く、大きな声で姿勢を正し謡を稽古するこで、生活の中で、相手に正確に言葉を伝える技術が身に付きます。自分の呼吸について知ることになります。

 

~能を観たり、学ぶことで、美しさの価値観を育てる~

能舞台、能装束、面、立ち姿、摺り足、舞、型、謡、、、すべてに先人達が「美」について追求、思考し現在に至っています。能からいろいろな芸術が派生しています。

 

 

☆☆☆

能は面をつけて歩き、謡い舞います。

面をつけると視界が狭くなり、平衡感覚がなくなります。そこで、まずは面をつける前に、謡と舞をしっかり身につけ、その後で面をつけていても面をつけていない時と同じように舞い謡えるようにしっかりまず学びます。

能楽堂での一日体験ワークショップの映像


◎謡(うたい)とは?

日本語の文化から生まれた芸能である「能」で演じられる台本の中の台詞(会話やモノローグ)とコーラスを独自の節で謡うものです。ですので、長い時間の中、我々日本人が話す日本語が相手に伝わるための稽古法が口伝、継承されてきています。(西洋の言葉には西洋の芸能にその稽古法があるのと同じです)

息を吐き、そして息が入ってきて、言葉一音一音をはっきり強く謡う、この繰り返しの稽古により、日常の言葉にも強さや大きさが加わり、人との会話、人前で話すときに、聞き取りやすくわかりやすい言葉になります。
下の写真は「梅若謡曲教本 第一巻」という謡本で、「鶴亀」という能の作品から始まり、基本をゆっくり順番に学べるようになっています。

下の写真は能「八島」の作品の謡の本の最後の部分です。

下の映像では一番後ろで4人の方々(地謡ージウタイ)が歌っているのが謡です。



◎仕舞(しまい)とは?

下の映像で舞っているのが仕舞と呼ばれてます。
1時間前後の能の曲の、特に見せ場となる部分を抜き出し、能面や能装束を着けずに紋付袴を着て、お囃子(楽器奏者)もなしで、謡にあわせて3~5分ぐらい舞うものです。

構え、摺り足などを学びながら、基本の型を曲に沿って勉強します。

自分の息に集中したり、一点に集中しそこに向かって重心移動しながら動く、など日常から離れ、心の集中の訓練にもなります。また、姿勢を正し、すっとリラックスして立ったり、座ったり、歩いたりすることで、日常の体のゆがみに気づいたり、健康的な身体づくりにもなります。

 

 


YouTube: 仕舞天鼓"Shimai" - Short Noh dance without masks.

 

 

☆お稽古は、服装は自由です。(もちろんお着物でお越しいただける方は大歓迎です。)

 

 足袋(なければ靴下)と扇のみでスタートできます。はじめは扇はこちらでお貸しいたします。 


Photo_6

Photo_5


 

 

 







足袋は着物屋さんや、楽天、アマゾンでも買えます.

例えば:新宿津田屋(新宿駅のルミネ4階です)


        ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

 

は、江戸時代から稽古事として楽しまれてきました。
現在でも、結婚式には謡曲『高砂』の待謡「高砂や この浦船に帆をあげて~」からや、「所は高砂の~」、「四海波静にて~」「千秋楽~」から、謡う習慣がありますので、結婚式や海外でのパーティにて皆様に喜ばれるかもしれませ ん!

 江戸時代には大ブームが起こり、謡曲は「カラオケ」の ように楽しまれていたらしいですが、伊勢物語や源氏物語、平家物語などの古典文学の知識を謡曲から学ぶという意味もあったようです。


近世文学を代表する近 松門左衛門らの作品を少し読んだだけでも謡曲からの引用・題材を見つけることが できます。


 梅若式例小謡集に沿って謡を稽古すると様々な状況にふさわしい謡が勉強できます~
小謡とは:祝儀や宴席で謡うために、謡曲の中から抜き出した一段

●婚礼
高砂 芦刈 など

●慰霊
海人 玉葛 誓願寺 清経
江口 融 当麻など

●神祗
高砂 春栄 嵐山 老松 岩舟など

 


お稽古場所、お稽古料、お稽古形態

2017-08-09 00:06:00 | お稽古場&お稽古料

お 稽 古 場 所

 

◎ 中野エリアのお稽古場:能楽堂楽屋教室でのお稽古

 

梅若能楽学院会館  東京都中野区東中野2-6-14

梅若能楽学院会館までの東中野駅からの動画案内です。

梅若能楽学院会館までの中野坂上駅からの動画案内です。


最寄り駅:JR東中野、地下鉄中野坂上より徒歩8分

能舞台

 

仕舞や謡の教室

謡の教室


お稽古日程は、皆様のスケジュールにあわせて、決められます。

また、チケット制なので月のお稽古回数も自由にお決め下さい。

(例、月4回、月3回、月2回、月1回、、、など)

チケットの有効期限は3年です!!

 

☆謡又は仕舞どちらか一方のお稽古料:

チケット制で3回分のお稽古で 10000円

(別途に能楽堂楽屋教室利用料:お部屋代1500円を稽古毎にお支払い下さい。

 

☆謡と仕舞両方のお稽古料:

チケット制で3回分のお稽古で 15000円

(別途に能楽堂楽屋教室利用料:お部屋代2500円を稽古毎にお支払い下さい。他のお弟子さんと日程が合う場合は、お部屋代1500円となります。)


お稽古形態、回数などご相談いたします。


 *平成28年1月1日より梅若能楽会館使用料金が改定されました


◎ 世田谷エリアのお稽古場

謡又は仕舞のお稽古料:

チケット制で3回分のお稽古で 10000円 (施設利用料含む)

☆謡と仕舞両方のお稽古料:

チケット制で3回分のお稽古で 15000円 (施設利用料含む)


お越しになれる日程、お時間をご連絡ください。場所などをご説明いたします。

*お稽古形態、回数などご相談いたします。

 

◎新宿エリアの方のお稽古
 
初心者能楽教室


場所 : 西新宿カルチャープラザ 

日時 : 毎月第2,4土曜日 18:00~19:30

内容 : 梅若式例小謡集を使用し、毎回小謡一曲を勉強します。
      仕舞は基本からゆっくり学びます。
      広~い綺麗なお部屋で、のびのびできます。

 

◎遠方の方の出張稽古

*お稽古料、お稽古形態、回数などご相談いたします。


◎香川県高松市のお稽古

不定期ですが詳細はご連絡下さい。

初回は、7月8日(日)

場所は、玉藻公園 披雲閣です。

yokolayer@gmail.com

 

短期集中稽古

何かの催しで謡いたい、舞う!

結婚式やお祝いの席で祝言曲を謡う!

海外に行くため何か出し物としてもって行きたい!

時間があるときに能を学びたいなどなど、、、演劇公演のため能を習わなきゃ、、、など、

短期間の間に集中稽古したいかた。

チケット3回分を買っていただき、時間があるときにお使い下さい。

 

 夏休み短期集中稽古 詳細はお問い合わせください。

 

◎子供教室

お時間に合わせてお稽古できます。

個人や、お友だち同志で習えます。

子供料金など上記をクリックしてください。

 

お稽古は個人レッスン ( グループレッスンも可 )で、謡、仕舞それぞれ、お一人様大体40分ぐらいです。

 

これから継続的にお稽古をはじめようと思っていらっしゃる方へ

無料体験レッスンを、随時行っております。(お一人様一回とさせて頂きます。)

体験内容:お能の成り立ちの話など。謡と仕舞(どちらか一方でも可)の体験。

面体験など全般的な能楽体験は、能楽レクチャーをご希望下さい。

世田谷での無料体験レッスン

最寄り駅:下北沢駅


東中野(梅若能楽学院会館楽屋)での体験レッスン

*こちらの無料体験レッスンは能楽堂の楽屋教室利用のため、教室使用料2000円をお支払いください。

梅若能楽学院会館の能楽堂も見学できます。(圧巻です!)

最寄り駅:東中野駅または中野坂上駅 徒歩8分

希望日程はご相談ください。


ご興味のある方は、お越しになれる日程を、お名前と連絡先電話番号を添えてご連絡ください。

yokolayer@gmail.com


プロフィール

2017-08-08 23:53:00 | プロフィール

伶以野陽子(レイヤーヨウコ)

五十六世梅若六郎師(現 梅若実師)に師事、内弟子入門を経て、シテ方観世流師範免許取得 

公益財団法人梅若会所属

公益社団法人能楽協会正会員東京支部シテ方観世流

 

初シテ 能「羽 衣」

能「清  経」「殺 生 石」「敦  盛」「船 弁 慶」「養  老」「小鍛冶」

2019年5月19日(日)能「鵺」予定

緑 耀 会 (ろくようかい)主宰

梅若能楽学院会館 楽屋教室(東中野・中野坂上)、世田谷区、香川県高松市などのお稽古場にて能楽教室開講中

西新宿カルチャープラザ 講師

日本各地で、能楽のレクチャー、体験ワークショップ、イベント開催

2018年 第14回ブルーポラリス賞優秀新人賞受賞

世界に向けた英語による能楽ワークショップ開催や、国際社会における日本人としてのアイデンティティーの確立、日本文化の発信のできる人材育成、伝統文化の次世代への継承していく活動に取り組み、幅広く活動中。

G7香川・高松情報通信大臣会合 懇親会レセプションにて舞囃子「八島」

Wecome reception hosted by Kagawa Prefecture and Takamatsu City

国立能楽堂主催 外国人のための能楽ワークショップ講師

国立能楽堂主催 公演事前レクチャー講師

ホテルニューオータニお正月プラン舞囃子
東京都教育庁主催の国際交流事業「東京体験スクール」都立高校留学生が伝統芸能を体験!講師
サンケイリビング主催 夏休み親子で能楽ワークショップなど

 

 梅若能楽学院会館の紹介

 


能公演とご案内

2017-08-07 23:50:00 | 公演案内

 ◎2018年9月16日(日)午前11時開演~4時

梅流会
梅若能楽学院会館(中野区東中野2-6-14)
 
番組
 通小町
狂言 文荷
 野宮
仕舞
弓八幡
経政 キリ 伶以野陽子
井筒
鞍馬天狗
舞囃子 三井寺
 猩々乱 双之舞
 
 

ご予約 

レイヤー陽子

yokolayer@gmail.com


 来年

2019年5月19日(日)午前11時~午後4時

梅若能楽学院会館

梅流会

能 鵺 伶以野陽子

 


レクチャー、ワークショップのご案内

2017-08-06 23:50:00 | レクチャーのご案内

初めての方への 1日能楽ワークショップ

現在東京メトロ【スペシャルムービー】Find my Tokyo.「Challenge83_中野坂上駅/能の舞台に上がってみよう!」篇   で、石原さとみさんが梅若能楽学院会館で能楽体験されています!

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「渡辺直美×ムロツヨシ」さんらが梅若能楽学院会館でトークしています!!

その映像です


是非皆様も申し込み下さい!

◎日時

8月25日(土午後3時~4時半

9月22日(土)午後3時~4時半


場所:梅若能楽学院会館 楽屋教室にて

(Google mapは、能楽堂入り口が間違って案内されます。上記をクリックしてアクセス確認してください。)
参加費用:2000円
お越しになられたときにお支払いください。

持ち物:足袋(どうしても購入できない場合は、白い靴下を履いてこないで、持参してください。)

(足袋は着物屋さんや、楽天、アマゾンでも買えます)

例えば:新宿津田屋(新宿駅のルミネ4階です)

扇はお貸しします。
基本の謡や摺り足の体験、面の体験、能の歴史などのお話があります。

参加希望者は、下記の事項を添えて事前にご予約ください。

いつのワークショップか日時記載の上

●お名前 (姓名)

●連絡先電話番号

●連絡つきやすいメールアドレス 


連絡先
レイヤー陽子

yokolayer@gmail.com


 

 

 

◎個人で、ご都合の良い日に体験ワークショップご希望の方(約90分)

ワークショップ料 5000円

楽屋教室代 2500円

日程などお気軽にお問合せ下さい。

 

香川県高松市の小学校で能ワークショップをした模様です。

KSB放送

RNC放送

中学校でのワークショップ

 高校でのワークショップ

テレビ東京なるほどストリートで梅若能楽学院会館を紹介させて頂きました。

11分後辺りからです。 

毎月のワークショップのことがウェークエンダーの雑誌に載りました。

レクチャーのイメージビデオ

 親子のためのワークショップの模様

能楽堂の見学&説明

Pcm2omers3dvs4sbsquvwhotre8vvsjtsn J5djve82aum9inxsfamkmi7phfkeu7446v









実際に舞台に上がり、体感! 

鏡の間から摺り足で橋掛かりを歩き舞台へ!


3cvmcgxd3lxawfpnz8vdllt4luyf1pegs7 Rgygnn98qmljb47bkqzuhxdweeukrh0_5q






 



教室で、謡や舞の体験

I7e9stzitxgw46wnfbcisqjcajpbyaxf1_

Oqtxw_vsjeysrbxud57xvjc5iavx2a1jhv








 

 

能楽堂以外でのワークショップ


お問い合わせ先

2017-08-05 23:41:00 | お問い合わせ先

下記にお気軽に、お問い合わせください。

体験のお申し込みなどの場合は、お名前、お電話番号、ご都合の良いお時間をご連絡ください。

yokolayer@gmail.com


梅若能楽学院会館への最寄り駅からのご案内

2017-08-04 19:32:49 | 梅若能楽学院会館への行き方

梅若能楽学院会館

中野区東中野2-6-14

Google mapを使用しますと、間違った道案内がされ、入り口に行き着けません。ご注意下さい。

 

梅若能楽学院会館の最寄り駅は、①JR(大江戸線も)東中野駅、②丸の内線(大江戸線も)中野坂上駅と③バス停東中野2丁目です。

①東中野駅からの場合

動画での案内

下記をクリックしてご覧下さい。

東中野駅からの動画

なかなか辿り着けなかったりする方が多いので事前に是非ご覧ください。

 

写真での道案内

東中野駅を西口を出てまっすぐすすみ、タクシーロータリーまで進むと、左側方向に雨除けの屋根の下をぐるっと歩き大きな通り(山手通り)にでます。信号機が見え、横断歩道を渡ると、ファミリーマートが見えます。

ファミリートを左に曲がります。

そのまままっすぐ山手通りを南にどんどん下っていきます。

セブンイレブンが見えます。こちらが梅若能楽学院会館までの最後のコンビニエンスストア

 

反対側の道には氷川神社鳥居が見えます。

 

右手にジェロニモというメキシコ&ステーキレストランがあります。

その横が佐川急便の配達所です。

すぐその横に梅若能楽学院会館の縦長の看板が見えます。見落としがちですが。看板下には自動販売機が2台ほど。

 

山手通りからこのコインパーキングを通り過ぎ、公道を右に曲がらないで下さい。上記看板の立っているコインパーキングの中を通り、突き当ります。突き当たると大きな民家があります。

民家から右手をみますと、下の写真のように能楽堂の建物が見えます。このまま進むと左手に能楽堂ロビー入り口となります。

お教室などがある楽屋口に行くには、突き当りまで進みますが、突き当りの階段は登らないで下さい。

突き当り左手に楽屋口があります。

楽屋口の札が見えます。伊藤園の自動販売機があります。

 

 

楽屋口です。靴を脱ぎ、赤い絨毯をあがり、スリッパなどは履かずに、正面の靴箱に靴を入れて、そして階段を上がりますと、二階の楽屋になります。

右に曲がると二階教室

左に曲がると、

右手が装束の間

左手がシテ方

といわれるお部屋になります。

さらに階段をあがりますと3階教室です。

お稽古などの場合は、二階に上がったところのホワイトボードにどの教室がどの方がご使用かなど記されています。

 

②中野坂上駅からの場

動画でのご案内

下記をクリックしてご覧下さい。

中野坂上駅からの動画

なかなか辿り着けなかったりする方が多いので是非ご覧ください。

 

写真での道案内

中野坂上駅 A2出口の地上に出てたら、目の前の通りは山手通りです。すぐ左に曲がってください。そのままずっとまっすぐ歩いてください。

すると次に山手通りと、大久保通りが交わる宮下交差点になります。

そのまま渡ってください。

少し歩くと公道がありますが横断歩道通り過ぎてください。

一つ建物を超えるとコインパーキングが見えます。

梅若能楽学院会館の看板も見えます。

このコインパーキングを左にまがり中に入っていきます。

コインパーキングの中を通り、突き当ります。突き当たると大きな民家があります。

民家から右手をみますと、下の写真のように能楽堂の建物が見えます。このまま進むと左手に能楽堂ロビー入り口となります。

お教室などがある楽屋口に行くには、突き当りまで進みますが、突き当りの階段は登らないで下さい。

突き当り左手に楽屋口があります。

楽屋口の札が見えます。伊藤園の自動販売機があります。

 

 

楽屋口です。靴を脱ぎ、赤い絨毯をあがり、スリッパなどは履かずに、正面の靴箱に靴を入れて、そして階段を上がりますと、二階の楽屋になります。

右に曲がると二階教室

左に曲がると、

右手が装束の間

左手がシテ方

といわれるお部屋になります。

さらに階段をあがりますと3階教室です。

お稽古などの場合は、二階に上がったところのホワイトボードにどの教室がどの方がご使用かなど記されています。

 

③中野駅からバスにて;バス停より2分。一番徒歩分数が短いです。

中野駅南口へ

バス停乗り場案内

◎2番乗り場 渋64(こちらのほうが頻繁に来るように思います) 

行先 渋谷駅行 中野車庫行

◎6番乗り場 宿05

行先 新宿西口駅

降車バス停は 東中野2丁目

セブンイレブンの前におります。バスの進行方向に大久保通りを歩くとすぐ前に、宮下交差点が見えます。(山手通りと大久保通りの交差点)

交差点を左に曲がります。

 

少し歩くと公道がありますが横断歩道通り過ぎてください。

一つ建物を超えるとコインパーキングが見えます。

梅若能楽学院会館の看板も見えます。

このコインパーキングを左にまがり中に入っていきます。

コインパーキングの中を通り、突き当ります。突き当たると大きな民家があります。

民家から右手をみますと、下の写真のように能楽堂の建物が見えます。このまま進むと左手に能楽堂ロビー入り口となります。

お教室などがある楽屋口に行くには、突き当りまで進みますが、突き当りの階段は登らないで下さい。

突き当り左手に楽屋口があります。

楽屋口の札が見えます。伊藤園の自動販売機があります。

 

 

楽屋口です。靴を脱ぎ、赤い絨毯をあがり、スリッパなどは履かずに、正面の靴箱に靴を入れて、そして階段を上がりますと、二階の楽屋になります。

右に曲がると二階教室

左に曲がると、

右手が装束の間

左手がシテ方

といわれるお部屋になります。

さらに階段をあがりますと3階教室です。

お稽古などの場合は、二階に上がったところのホワイトボードにどの教室がどの方がご使用かなど記されています。

 


キッズ お稽古

2017-08-03 01:52:40 | お子様の習い事
キッズ能クラスのご案内
 
 
ご都合の良いお時間に、現存する世界最古の芸能である伝統芸能の能楽のお稽古をしてみませんか?
謡の中には、たくさんの和歌、故事、歴史、、、が詰まっています。我々大人はつい意味が分からいと暗記できなかったりしますが、子供はそのまま聞いたことを覚えるため、びっくり!するほど自然に身に付きます。
 また、大きな声で、一語一語強く発声することで、相手にはっきり言葉を伝える技術なども身に付きます。また、舞をすることにより、正しい美しい姿勢、所作、歩きなどが身に付き、礼儀作法も学べます。ゆくゆくは、海外からの人に、または海外へ行ったときに、英語で日本文化を伝えられるグローバルな人になっていくのではと思います。
 
お稽古時間:30分~50分ぐらい

場   所
①梅若能楽学院会館 楽屋教室 中野区東中野2-6-14 
 梅若能楽学院会館の楽屋教室空き状況により教室予約しますので、お稽古可能な
 決まった曜日、時間がお分かりの場合は、ご希望日時をおっしゃって下さい。
②世田谷区の区民施設
 ご希望の日時の区民施設の空き状況を調べて予約します。
③都内ご希望の地域の施設
 保護者様の方で施設をご予約頂きます。場所をおとり頂ければ、こちらから出向きお稽古します。

料   金:3回分チケット:10000円
①の能楽堂楽屋のみ、一回に付き教室代1000円が別途にかかります。
②の教室代は講師が負担します。
③の教室代は保護者様の方でお支払い下さい。
 
 
 
講師:伶以野陽子(レイヤーヨウコ) プロフィール
五十六世梅若六郎師(現 梅若玄祥師 平成30年3月より梅若實襲名)に師事、
内弟子入門を経て、シテ方観世流師範免許取得 、
公益財団法人梅若会所属
公益社団法人能楽協会正会員東京支部シテ方観世流
能公演シテ出演履歴
能「羽 衣」「清  経」「殺 生 石」「敦  盛」「船 弁 慶」「養  老」
2018年5月20日(日) 能「小鍛冶」シテ 予定
梅若能楽学院会館 楽屋教室、世田谷区などにて能楽教室開講中
西新宿カルチャープラザ 講師
日本各地で、能楽のレクチャー、体験ワークショップ、イベント開催
2018年 第14回ブルーポラリス賞優秀新人賞受賞
世界に向けた英語による能楽ワークショップ開催や、国際社会における日本人としてのアイデンティティーの確立、日本文化の発信のできる人材育成、伝統文化の次世代への継承していく活動に取り組み、幅広く活動中。
G7香川・高松情報通信大臣会合 懇親会レセプションにて舞囃子「八島」
国立能楽堂主催 外国人のための能楽ワークショップ講師、
国立能楽堂主催 公演事前レクチャー講師
東京都教育庁主催の国際交流事業「東京体験スクール」都立高校留学生が伝統芸能を体験!講師
ホテルニューオータニお正月プラン舞囃子
サンケイリビング主催 夏休み親子で能楽ワークショップなど
東京学芸大学教育学部卒業 小学校教員免許取得
 
 〈 お問合せ ご連絡先 〉
メール yokolayer@gmail.com  電話 090-6153-6695

 

 


ニュース映像

2017-08-02 23:23:16 | news

 

高松G7大臣会合レセプション

Wecome reception hosted by Kagawa Prefecture and Takamatsu City

Saying Yes to Noh

外国人のためのワークショップ radio

サンケイリビング主催親子のためのワークショップ

中野区国際交流協会ワークショップ

三谷八幡宮慰霊祭戦後70年

栗林公園観月会1日目

栗林公園観月会2日目

なるほどストリート 梅若能楽学院会館紹介

高松市立三渓小学校でのワークショップ KSB TV

高松市立三渓小学校でのワークショップ RNC TV

中野まるっと

能楽タイムズさんが記事にしてくださいました。

 読売新聞 さぬき茶論

記事

ビジネス朝日プライムパーソン

第14回 ブルーポラリス賞優秀新人賞

 

J:COMチャンネル

中野人図鑑 42回

世界最古を初体験! 国立能楽堂で『お能セミナー』レポート

香川県立高松高等学校GGA能ワークショップ


花もよ


紋付きを着て記念写真を残しませんか?

2017-08-01 23:08:00 | 能舞台で記念撮影

老松の能舞台の前で記念のお写真を撮りませんか?立ち姿、舞姿など様々な形をその場で指導もいたします。
紋付き、袴、扇子など一式をお貸しいたします。お着付けもいたします。
お気軽にお問い合わせください。また、装束料などご料金追加によっては、能装束をつけての記念撮影もいたします。

 

能舞台

 

 

紋付、裃、着物での写真

 

能舞台の前で集合写真

 

 

装束をつけて


English site

2017-07-30 12:38:57 | ENGLISH

English site


過去の能公演

2013-03-16 15:51:55 | 過去の公演

~過去の公演 ~

能公演

日時:2011年5月15日(日)  梅若能楽学院会館 
梅流会
能 「江 口」 ツレ

 

日時:2011年8月6日(土) 北口本宮冨士浅間神社神楽殿(雨天のため、ふじさんホール)
第33回  富士吉田 梅若薪能
能 「小 督」 トモ

      

日時:2012年9月16日(日)午前11時より

場所:梅若能楽学院会館  東京都中野区東中野2-6-14

 演目:能「羽 衣」  シテ 伶以野陽子

 ワキ 森常太郎

  八反田智子 小鼓 大山容子 大鼓 亀井広忠 太鼓 林雄一郎

 

 ◎ 日時:2013年7月21日(日)午前11時より 梅若能楽学院会館 にて

 演目:能 「 清 経 」  

 シテ 伶以野陽子  ツレ 内藤幸雄  ワキ 福王和幸

  槻宅聡 小鼓 大山容子 大鼓 柿原光博

 

能楽雑誌「花もよ」の第9号に、脚本家 いずみ玲さんが能「清経」公演の能評を書いてくださっています。




* 訂正 内弟子に入る前には素人として、梅若能楽学院の生徒として勉強はしておりました。

 

◎ 日時:2013年9月15日(日)午後1時より 梅若能楽学院会館 にて

 演目:能 「老 松」 紅梅殿

 紅梅殿 伶以野陽子 

黄色大口 浅黄舞衣 天冠(梅 光) 面:愛姫

 笛 八反田智子 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 国川純 太鼓 小寺真佐人

紅梅殿の小書(特殊演出)が付くと、常には出ない紅梅殿が後ツレとして出て、真ノ序之舞を舞い、その後シテの老松が立ち廻りを舞います。

 

◎ 日時:2014年4月27日(日)  横浜能楽堂

梅靖会(梅若長左衛門社中発表会)

能 「清 経」 ツレ 伶以野陽子

ワキ 福王和幸

笛 藤田次郎 小鼓 観世新九郎 大鼓 亀井忠雄
地頭 梅若玄祥

 

◎ 日時:2014年6月15日(日) 午前11時 梅若能楽学院会館 にて
  
研究公演

演目: 能 「 殺 生 石 」  シテ 伶以野陽子(レイヤーヨウコ)

ワキ 矢野昌平

笛 小野寺竜一 小鼓 飯冨孔明 大鼓 柿原孝則 太鼓 金春國直

地頭 山村庸子   



 2015年1月1日(木) 午後1時より 靖国神社奉納

 舞囃子「難波」 シテ 伶以野陽子

撮影:若杉憲司

 
若杉 憲司
HP 


 


◎ 日時:2015年4月26日(日)  梅若能楽学院会館 にて

梅若恭行師十三回忌追善 梅靖会(梅若長左衛門社中の会)

能「 砧 」 ツレ 

笛 松田弘之 小鼓 観世新九郎 大鼓 亀井忠雄 太鼓 大川典弘
地頭 梅若玄祥


◎ 日時:2015年9月20日(日)午後1時より 梅若能楽学院会館 にて

梅流会

能「敦 盛」 シテ 伶以野陽子


2016年4月28日(木) 花樹海にて

G7香川・高松情報通信大臣会合 懇親会レセプション

 舞囃子「八島」 シテ 伶以野陽子

KSB放送にて取材してくださいました。


◎ 日時:2016年5月15日(日)午後1時より 梅若能楽学院会館 にて

梅流会

能「船弁慶」 シテ 伶以野陽子

前シテ 静御前

写真 吉越 研 より

唐織:猪の目 紅ボカシ段

面:堀安右衞門 作 若女


後シテ 平知盛 

写真 吉越 研 より

着付け:萌黄亀甲厚板

半切り:白 立浪

法被:紫 総雲

面:千種怪士

◎ 日時:2017年9月17日(日)午前11時より 梅若能楽学院会館 にて

梅流会

能「養老」 シテ 伶以野陽子

ワキ 村瀬提

間 山本凛太郎

笛 八反田智子

小鼓 田邊恭資

大鼓 佃良太郎

太鼓 澤田晃良

地頭 小田切康陽

前シテ 

面:小牛尉 

着付け:小格子

白大口

茶水衣

後シテ

面:邯鄲男

半着付:花色鞘型厚板

白大口

萌黄火焔太鼓

透冠 

◎2018年1月2日

ホテルニューオータニお正月プラン

舞囃子「高砂」「羽衣」

◎2017年12月12日(月)国立能楽堂

◎2018年3月5日(月)サンケイホールブリージェ

新作能「マリーアントワネット」

シテ マリーアントワネット 梅若玄祥

ワキ 福王和幸

ツレ 薔薇の精「男」川口晃平「女」伶以野陽子

写真 前島吉裕撮影

 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26177490W8A120C1AA2P00

一番右

一番右

◎2018年5月20日(日)午前11時から午後4時

梅若能楽学院会館

能「小鍛冶」

前シテ

萌黄花色段金箔

玉虫色地紋水衣

猪の目腰帯

黒頭

面ー大童子

黒骨銀地雲

写真撮影 吉越 研

後シテ

紅萌黄段雲二龍ノ丸

山道二唐花半切

花色山道唐花法被

白地雲腰帯

赤頭

狐戴

面ー小飛出

写真撮影 吉越 研

シテ 伶以野陽子

ワキ 則久英志

ワキツレ 野口琢弘

間 金田弘明

笛 杉信太朗 小鼓 曽和伊喜夫 大鼓 柿原孝則 太鼓 澤田晃良

 

「花もよ」


過去の能に関する催し②

2013-03-15 23:23:11 | 過去の公演

 

◎日枝神社 葵会能楽ワークショップ


◎2018年3月31日(土)

AFJチャリティー ガラ パーティー2018

仕舞「八島」「羽衣」

2018年5月13日(日)

香川県高松市 高松テルサにて「テルサフェスタ」