「宮さんの木工房」休憩室

eoブログが2017年3月末で閉鎖のため移動
「宮さんの木工房」工房だより、茶処「茶源郷和束」案内、旅の記録ほか

12月31日の夕日

2020年12月31日 | ひとりごと
今年は大変な年だった。それでも12月31日はやってきた。
来年はいい年になることを願っている。
コメント

今年最後の井手町~和束の峠越え

2020年12月31日 | 峠の風景
昨晩から雪の情報。少々心配したがその心配は当たらなかった。
今年最後の工房通い。もちろん腰越峠越え。
峠はうっすら雪化粧。路面凍結も少々心配したが、それもセーフ!


いつもの見晴らしのいいところ。今朝も素晴らしい光景だ。茶畑などは白く浮き上がって見える。和束の町もうっすら雪化粧。









2006年に和束の地に工房を開いたが、定休日を定めるとそれに縛られると思い、特に定休日は定めず、特に用事のない限りは工房に通っている。その癖がついたのか和束の峠を越えないと落ち着かなくなっている。今日は12月31日。道草しながら工房着。工房前の光景を見てコーヒーを飲みながらほっとしている。それでも今年は大変な年だった。思い切った旅行もできず、和束の中でもあまりうろうろすることもなく・・・明日はもう新しい年だ。またあちこち見て回れることを願っている。皆さん、良いお年をお迎え下さい。
コメント

茶源郷和束写真アルバム 番外編

2020年12月29日 | 和束
茶源郷和束写真アルバムは⑥で完結しますが、掲載を躊躇している項目はこの「番外編」で投稿させていただきます。
和束の鉱石


和束で出会った生物


茶源郷和束写真アルバムは①~⑥は、後日PDFファイルを掲載致します。
また、部数限定で冊子にもする予定です。印刷に時間がかかるので数冊しか作成できません。
コメント

茶源郷和束写真アルバム⑥

2020年12月29日 | 和束
茶源郷和束写真アルバム⑥緑泉コース遊歩道
工房前に広がる緑泉コース遊歩道。天気が良ければ散歩を心がけている。
鳥たちとの出会い。カモたちも毎日のように出迎えてくれる。








道ばたの野草の花との出会い。同じように見える光景でも、よく見れば道端の小さな花も季節ごとに違った顔を見せてくれる。




本シリーズ「茶源郷和束写真アルバム」①~⑥の掲載写真の無断使用はご遠慮下さい。
コメント

茶源郷和束和束写真アルバム⑤

2020年12月29日 | 和束
茶源郷和束和束写真アルバム⑤ 峠の絶景
自宅から工房に通うのに3通りの方法がある。
一つは、犬うち峠を越える宇治田原経由
二つ目は、腰越峠を越える井手町経由
もう一つは、24号線から上狛四丁町から163号線に入り井平尾で府道5号線に入るコース
中でも、井手町経由で腰越峠を越えるコースは特にお気に入り。
その腰越峠を300メートルほど下れば、小さな富士山(湯谷山)が望める場所があり、その光景は毎日違った顔を見せてくれる。そして、さらに下れば和束が一望できる場所がある。毘沙門寺の上になるのかな。その一部をご覧下さい。


コメント