うこわや日記

いきなりブログ初めました。日常と手作りについて・・・

デザフェスvol.48出展後記

2018-11-13 09:39:32 | ハンドメイド
デザインフェスタvol.48の出展を無時に終えました。

足を運んでいただきましたお客様
お買い求め頂きましたお客様
デザインフェスタのスタッフの方々
ハンドメイドの仲間たち
皆様ありがとうございました!

天候に恵まれた2日間、
初日デザフェス
会場の東京ビックサイトへ

(早目に家を出る予定でしたが用意に手間取り、家を出て暫くしてハンガーの入れ忘れに気が付き一度家に取りに戻ったりして出遅れました。)

急いで
ブースの設営

布ブース

中央に通り道そして隣に
粘土細工ブース


今年はお客様の数が多く感じました。
11時の開始で..人気作家さんの所にお客様が集中して私のブースにお客様が到着するのは大体14時頃、しかも2階なのでお客様が来てくれるか分かりませんでした。
それが予想に反して12時頃にはお客様が来られたのでビックリしました。
粘土細工が人気でした。

女性のお客様で熱心に布小物をご覧になられている方がいまして、あまり接客をしないタイプですが..何となく気になり

「そのギターは一番人気のギブソンを刺繍したんですよ!」

とお声をかけてみました。
するとお客様が以前刺繍ポーチをオーダーしてニヒル牛で受け取った者だと名乗って下さいました。(お顔を忘れてしまい申し訳ありません)
ニヒル牛のお店番の石川あるさんの話で盛り上がり楽しかったです。
そしてギブソンのポシェットを選んで頂きました。
ありがとうございましたm(__)m

出展もしていたニヒル牛の作家の”ししこ”さんと、ししこさんのお手伝い”アイコ”さんが1階から遊びに来てくれました。
私も、ししこさんのブースを訪ねました。

造り込まれた美しいブースでした。
そこに嵌め込まれたような
ししこさんとアイコさんをパシャリ

デザフェス初日の
ししこさんのファッションチェック

バブリーな昭和レトロ風にカワイイ小物使い

ししこさんのブースを訪ねた帰りに、ニヒル牛の作家のNice+meatyさんの所に寄りました。
少しお喋りしてお買い物
ネコのポーチ

可愛いだけでなく、大判でファスナーが2つ付いた便利なポーチです。

それから、作家の”ぎりりら”さんに布小物の調味料「わさび」を選んで頂きました。
デザフェスであまり調味料が人気なくてガッカリしていたので余計に嬉しかったです。
ぎりりらさん、ありがとうございましたm(__)m

そんな感じで
デザフェス一日目があっという間に終了しました。

そして
デザインフェスタ二日目。

二日目は、初日の遅れを挽回するが如く(?)
開始二時間前に到着しました!

早目に来てディスプレイを大々的にチェンジです。

初日に飾っていたリュックを下ろして刺繍入りTシャツにしました。

二日目は初日よりのんびりスタートで
そこでササッと革作家の”ちびえみ”さんの所へ買い物に走りました。

欲しかった革製の黄色い鈴と
粘土担当にコードホルダーとネコキーホルダー

早く行って念願のものが購入出来て良かったです。

実はデザインフェスタ2日目のこの日は、ご注文の品を受け取りに唐草さんが来るかもしれないのであまり動き回らないように気を付けてました。

それから暫くしてコナさんが来てくれました。
コナさんは『一万年世界』と云うグループ名で参加している木工くま吉さんのお手伝いをするそうです。
今回の木工くま吉さんは木工作家でなく漫画で出展しています。
粘土担当が一足早く、くま吉さんの漫画を買ってきていました。

くま吉さん、スゴイと思いました!!
コナさんにベース刺繍のポシェットを選んで頂きました。

ありがとうございました!
差し入れも頂き、お土産用に購入し試食して美味しかったポップコーン(キャラメルコーンスープ味とトリュフ味)の味見をさせてもらいました。
ご馳走様でしたm(__)m

それからすぐ近くで出展していたスタジオナナホシさんの所へちょっとだけお喋りしに度々行っていたら..そこで唐草さんたちの姿を目撃!!慌ててブースに戻りました。
そして唐草さんにご注文品を無事お渡し出来ました。

唐草婦人に洋服のサイズが大丈夫か確認してもらおうとしたら

「大丈夫、もう作ってもらえただけで十分です。」

と言われて..何も言えずジジィーーンとなりました。

唐草さんいつもありがとうございます。
差し入れもご馳走様でしたm(__)m

それから粘土担当がまたふらっとお買い物しに行きました。
『おがわこうへい』さんの羊毛フェルトの置き物


『スタジオナナホシ』さんの木製のキリン


私も最後にデザフェスのフードコーナーをみに行きました。


気になった猫のお弁当

もう殆んど売り切れ

海の見えるテラスが気持ちいい


一階のししこさんのブースにも行きました。
2日目ししこさんのファッションチェック

ポップな色使い
アイコさんのファッションは

日本のメイドさん

ししこさんが靴を購入しに行くと云うことで同行させてもらいました。

原宿系(?)のオシャレなお店

この靴です↓

踵の青色がカッコイイ

ししこさんのブースでお買い物

オオカミ柄のレターセットやオオカミ柄のメガネ拭き

ししこさんにはお買い物や差し入れもして頂きました。
ありがとうございましたm(__)m

途中で素敵な絵が沢山飾ってあるブースで足が止まり

白文鳥と黒文鳥の虹色ペンケースをゲットしました。

最後に一万年世界のブースに寄りました。
くま吉さんは不在でコナさんとお仲間の作家さんと二人でお店番していました。
そこで暫くおしゃべりして自分のブースに戻りました。

自分のブースに戻ると、くま吉さんがいて粘土担当とお喋りしていました。
そこへナナホシさんも加わり色々話しました。
読み物の販売は本当に難しく思い通りにいかないけど楽しい!とか話したりして、今回のデザインフェスタでは、くま吉さんの新たな面を知って親近感を感じました。

そんなお喋り中にふと、布小物の”いちごみるく”のリュックと..それに”フランダース”のポシェットが無いことに気が付いて粘土担当に何かあったのか聞いてみると、

「..ちょっと前に、ロックなお客様が買いに来てくれたよ」

と言われて驚きました。
せっかくお越しいただいたのに不在にしてしまった後悔と、リュックとフランダースを選んでもらった喜びと..リュックに関して気掛かりなことがあるのと色々な気持ちが入り交じり動揺しました。

リュックは使って戴いているお客様に使い心地をお聞きして一部改良していました。
※)「あゆ」リュックをご使用中のお客様

リュックの二本に合わさった長いヒモがバラバラにならないように

マジックテープで取り外し可能のアイテムを作りました。

その改良品のアイテムを今ある全てのリュックに取り付けるつもりでしたが、マジックテープが足りなくて一個分しか作れませんでした。取り敢えず一個分のアイテムで、もしリュックが売れたらそのリュックに取り付けようとアイテムを保管していました。
しかし、ロックなお客様の「いちごみるく」リュックにアイテムを取り付けられませんでした!!
申し訳ありませんでした。
今度お会いしたときにお渡ししたいと思いますので
よろしくお願いしますm(__)m

物静かなロックなお客様に、粘土担当がいちごみるくリュックを背負ってみて下さいと勧めて、ロックなお客様がいちごみるくリュックを背負い前ブースの鏡をお借りして様子を見たんだよと教えてもらいました。
そのロックなお客様の姿を思い浮かべるたびに..ほんわか温かい気持ちになりました。
お客様ありがとうございました。







コメント

明日はデザインフェスタvol.48

2018-11-09 16:57:05 | ハンドメイド
明日からデザインフェスタです。

11/10(土)11(日)の両日参加致します。
東京ビックサイト
11時~19時
《ブース番号》
K-259(4F)

ブース番号の覚え方。。

K(「ケ」ーシー高峰
2(「ニ」カッ
59(「ゴック」ん

『お笑いのケーシー高峰が、ニカッと笑ってゴっクん(嚥下)した』

一応ご参考まで。。

~~~~

粘土細工の作品のご紹介です。

新作キャプテン フック

フック船長は海底に沈んだお宝を探すため航海し続ける


背中と左足の裏にマグネットが埋め込まれています。
頭にメモが挟めます。

お次は
布小物

デザインフェスタ用に調味料をせっせと作りました。

辣油
わさび
からし

頑張りましたがそんなに作れませんでした。
ワサビが多目です。

ミニポシェット

在庫を切らしていた「フランダースの犬」系
荷車をひく感じがしないパトラッシュになってしまいました。

ご注文を受けていた
ネコのジャンパースカート
出来上がりました。

ネコ..大丈夫でしょうか
背中のワンポイント刺繍は、前回とデザインを変えました。
(ご注文をされたお客様の好きそうな刺繍!?)
デザインフェスタから持参しますので
ご都合の良いときにご覧にいらして下さい。
ご注文ありがとうございましたm(__)m

それからまだ途中の
ブローチやストラップ用の刺繍たち


コメント

相模大野アートクラフトありがとうございました!

2018-11-08 09:25:15 | ハンドメイド
先日日曜日相模大野アートクラフトに出展致しました。

足を運んでいただきましたお客様
お買い求め頂きましたお客様
相模大野アートクラフトのスタッフの方々
ハンドメイドの仲間たち
皆様ありがとうございました!

天気予報ではずっと晴れマークでしたが
急に降水確率が上がり曇り空のスタートになりました

私のブース

出展準備をしている途中からパラッと小雨が降ってきて、透明のビニールシートを被したり外したりを繰り返し..
開始1時間後ぐらいにザザーッと強い雨が降り出しました

膠着状態

雨降りだと客足が鈍り閑散としているものですが、
1本道を挟んだお隣ブース、畳のヘリを使って作ったカバン屋さんや、後ろブースの布のカバン屋さんはお客様が殺到していて、畳のカバン屋さんは木陰で多少雨が避けれましたが後ろブースの方たちは傘をさす間もなくずぶ濡れ状態で接客をしていました。
..自分のブースは暇だな~と思っていたら

「このフランケンをください」
とビニールシートの上から粘土細工を選んでくださるお客様もいてビックリしました。

相模大野のお客様方は春秋に開催するこのアートクラフトを楽しみにされているんだな~と思いました。

強い雨は治まりましたが、
時折小雨がパラつく不安定な感じが続きました。
その為すぐにビニールシートを上から

パラリと下ろせるようにスタンバイさせました
それでもずぶ濡れだった出展者さんや周りの数店の出展者さんは、雨が止んでいる間に片付けて早々に帰られていました。(仕方ないです)

パチンコ店のパンダ

カワイイ
ものまねパンダ

カワイイ

追加制作した
粘土細工のオオカミ男とフランケン

オオカミ男の瞳が前よりもつぶらで可愛らしいです

アクセサリー屋さんのポケチさんが遊びに来られ

ねこシールを頂きました。
ありがとうございますm(__)m

出展していたウメシソさんとコナさんも寄っていただきお買い物して頂きました。
ありがとうございましたm(__)m

粘土担当がお買い物~
”m☆World”さんの
小銭入れ

中をパカッと

カード入れが沢山
温かみのある丸い雰囲気があります。

度々出没していた

背の高い宇宙人

コメント

2018年11月の出展予定

2018-11-02 19:00:08 | ハンドメイド
11月の出展の予定です。

◆11/4(日)
相模大野アートクラフト
11時~16時まで
相模大野駅前
コリドー会場158番

◆11/10(土),11(日)
デザインフェスタ48
東京ビックサイト
K-259

★11/24(土)~12/31(月)
クリスマス展『街の灯』
西荻窪ニヒル牛にて

◆11/25(日)
中央林間手づくりマルシェ
10時~16時まで
中央林間駅前
E-13

以上です。

昨年はニヒル牛のクリスマス展に参加出来なかったので今年(平成最後)は参加します
厳しいスケジュールですが、どうにか初日に間に合うように作品を持って行きたいと思っています。(布小物担当)

~~~
最近は秋晴れが続いています。
ベランダに干した布団を取り込むとき、ふと下を見たらネコの親子が仲睦ましくじゃれ合っていました。

『これは!シャッターチャンスだ!!!』
と慌ててデジカメを取りに

じゃれ合いのシャッターチャンスは逃しました

母ネコ

美人なネコ


子供のネコ

カワイイ


左奥に目を向けたら
よく見ればネコが二匹?

ゲリラ豪雨、大型台風とかで最近ノラ猫を見かけないと思ったら、
人が入れない空き地でのんびりしていたネコたち

サバトラが二匹




人間が捨てたゴミだらけの土地
何だかネコに申し訳ない気持ちでした
コメント

ニヒル牛へ『オルゴールミシンのあるへや』

2018-10-31 16:36:04 | ハンドメイド
西荻窪のニヒル牛へjunoさんの個展
『オルゴールミシンのあるへや』
をみに行きました。。

junoさんは刺繍の作家さんです。

junoさんの作品がニヒル牛に納品されたと情報が流れますと、瞬く間に作品が売り切れになるほど凄まじく人気がある作家さんですが、今回は完全抽選販売になっていて、じっくり作品を観ることができ、しかもjunoさんのお洋服を試着させてもらえます。

土日が混雑したとのことで、
平日空いている時間帯を狙いましたが..
平日も賑やかでした!!

取りあえず入り口にある
私の箱チェックを済ませます。

異常なし

そしてjunoさんの『オルゴールミシンのあるへや』へ

幻想的なオルゴールミシンがありました

そこはアンティークな美しい作業部屋

お洋服が6点、バックが2点

折角の機会なので、junoさんの刺繍の洋服をひとつ申し込もうと思いました。

向かって一番右に展示されているのが
◆左の肩にふっくらと立体的な刺繍のリスが乗った紺色の厚地の上着

その隣が
◆左胸に風を気持ちよさそうにうけて目を閉じている
キツネの立体的な刺繍のシャツ

その隣はトルソーで
◆紺色で厚地の上着の胸に青く光った鉱物の刺繍

中央右奥に
◆左胸に白い百合の刺繍、背中に飛び立つ蝶たちの刺繍ジャケット


作品には一つ一つ詩が添えられています
「捕えられて所有したいわけではないよ
幻影でかまわない
愛らしい形をなぞっていたいだけ」

ジャケットの背中の一番上に刺繍された羽の先が赤い蝶に見覚えがありました。

~~改めて、家に帰ってその蝶を確認しました~~

..昔切り抜いて取ってあった新聞記事の
『美しいチョウには毒がある』の蝶にそっくりでした。
詳しく読むと、
『東南アジアに猛毒のチョウが見つかった。
その毒はイモガイと呼ばれる猛毒を持つ貝の毒と同じ成分で、蝶の名は”ツマベニチョウ”とという。日本では沖縄や九州の一部に分布している。
この毒は、生物の毒として最強レベルの神経毒であり、映画「ロスト・ワールド ジェラシック・パーク」では恐竜を倒す武器の弾薬に使われていた..』

junoさんは意図してツマベニチョウを刺繍したのかもしれない、そう思うとジワジワと残酷で美しい物語が紡ぎ出されます。

そのジャケットの隣
◆胸全体に広げた白い翼の刺繍のワンピース

渾身の力を込めた刺繍

詩を詠むと
『翳りゆく花びらを集めて描き出した
花のような翼
明日には枯れてしまったとしても美しい形
をつくる喜びに支障はない』

そして天井の方に吊るした
◆ピンク色の薔薇の刺繍のゆったりしたサイズのコート

『君のかわってゆく..
僕に手も足も出させない..』
(文字が読み取れませんでした)

以上お洋服6点。

お店番は、オーナーの石川あるさん、
お店にはニヒル牛の作家の魚眼亭さんと白ふくろうさんと常連のお客様と私がいて、お店番を抜かした女子たちで順番に洋服を試着しました。

白ふくろうさんが、どれもこれも似合い過ぎて驚愕しました。

常連のお客様が
「白さんの後に試着すると似合い過ぎて気落ちするから、先に試着させて欲しい」
と言っていて、私も同感を覚えました。

しかも、私が欲しいと思っていた薔薇のコートが強烈に似合っていました。
(その後に試着した自分のコートの姿が、皆は「カッコイイ」と言ってくれましたが、私には自分がどうしても探偵の金田一に見えて仕方がありませんでした。)

で結局私は、自分からは一番遠いと思っていた翼のワンピースを応募しました。

試着したら想像したより似合っていて可愛かったので
試着しないと分からないもんだな..と思いました。

帰りの電車で、
翼のワンピースのコーディネートについてあれこれ考え..
不思議と抽選に当たった気になっていました。

junoさんの『オルゴールミシンのあるへや』応募受付期間は11/2(金)まで
皆さんもこの機会に是非!!

コメント