ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

手の平に電車

2016年12月09日 | Weblog
木彫りの、小さな小さな電車。
ちょうど小指ぐらいの大きさです。
佐藤創一さんが納品にいらして、チラシの上に何気なく置いた時に、ああいいなあと。
聞いたら、この内3点は富山の在来線がモデルなんですって。
くしくも、先日のブログでも書きましたが、このチラシは富山在住のとっちゃんライブのお知らせ。
どうりで、似合うはずだ。
窓の一つ一つも丁寧に描かれていて、素朴で愛しい。

そして。


正面からの顔も、こんなに可愛らしいんですよ。
小さな男の子にも人気の作品です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、いよいよ

2016年12月06日 | Weblog
日が落ちたらすっかり冬ですねえ。
風が強く、12月はこんなだったと思い出します。
そうかそうか、こんな寒さの中に、クリスマスや大晦日はあるんだった。
ニヒル牛今年の企画展クリスマスは『トリと星』展ですが。
箱の中でも、可愛らしいクリスマスが広がり始めています。
今日はそんなクリスマスにはお馴染みのあの人を。
そう、あの赤い帽子のあの方をぞぞぞぞーんと。






素材も表情も色んなあの方達。
かわいらしい。
そして、どうでもいい事を言えば、個人的にはミニスカサンタなんかも好きだね。
もちろん、やらないけどね。
いや、やれないけどね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の小さな展示

2016年12月05日 | Weblog
こちらも始まりました。
今月はキシキエコさん。
北海道から送られてきました。
柿渋染で作ったキツネのブローチは一匹づつに、そのキツネの個性が書き込まれています。
(例 なんとなくかわいそう。りんかくのゆがみとか!)


そして、人形付きの手紙!

手紙には、当たり前みたいに生活の中に鶴がいる北海道の景色。
それも、美しい湖とかじゃなくて、畑でつまみ食いしていたり横断歩道を渡っていたりする鶴。
その映像がたまらなくてたまらなくて、こんな手紙は色んな季節ごとに欲しいです。

ニヒル牛スタッフでもあるキエコさん。
ディスプレイは大事!とものすごく細かい指示を書いた手紙を付けてくれました。
私が左右を分からないという事も熟知しているので、腹立つくらい丁寧な説明付きでね・・。

バカにしてる?

魅力的な箱、瞬く間に色々売れてしまったので、ぜひ追加が欲しい所です!
今月いっぱいあります。のぞいて下さいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は怒涛の画像で・・・。

2016年12月04日 | Weblog
余計な説明はつけますまい。
今日は、『トリと星展』作品達を!

















もう、ほんの一部です。
新しい納品もどんどんあります!
遊びにいらして下さいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリと星・・

2016年12月03日 | Weblog
始まりました。
ニヒル牛クリスマス企画『トリと星展』

冬のテーマは断然ロマンチック!


たくさんの作家さんが参加してくださって、しみじみ楽しい展示となっております。


夢みたいな作品もありますよ。


プレゼントを探しに、冬の素敵な宝物を探しに。
ニヒル牛今年最後の展示、ぜひぜひ遊びにいらしてください。

明日はもう少し細かく、作品に近寄りますことよ!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニヒル牛、ライブやります!

2016年12月01日 | Weblog
ニヒル牛、今年最後のライブのお知らせです。
富山在住の女性シンガー『とっちゃん』
私の古い友人でもあります。
20代から、歌い続けている彼女を見てきました。
それから30年が経っても、彼女は歌い続けています。
そんな彼女の声に泣いたのは、正直言えば、ここ最近なのです。
可愛い声だなあとかきれいな歌だなとはずっと思ってきたけど。
まっすぐで力強く、優しく、深い悲しみも包んで。
久々にみたライブで、胸がつまりました。

とっちゃんの声は、ニヒル牛の2016年をしめてもらうのにぴったりだなと。
『深海の迷路』
12月30日閉店後の20時30分から。
料金は1000円。
明日の12時から受け付けます。
美しいチラシは、その日は打楽器を担当するくす美作。
はい、くす美は打楽器奏者でもあるのですよ!
ギターは大谷氏です。

ご予約、お待ちしております。
03-5346-1867
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Anatomyからトリと星へ

2016年11月29日 | Weblog
『Anatomy展 美しき骨・魅惑の内臓』も、いよいよ今週の木曜日までです。
すごく好評な展示となりました。
今回はお客さんによく「この展示は誰が考えたのですか?」と聞かれたのですが。


発起人はヨコタケイさん。
展示の看板にもなってくれた、ステンドグラスの作家さんです。
ヨコタさんにずっと作りたいと思っているモチーフがあって、その提案を聞いて、私もぜひそれを見たい!と。
それから、内臓モチーフに、この人はどんなの作るかな?
骨ならこの人におまかせだっ!!
と、参加してくれる作家さんを決めました。
芯になってくれる作家さんがいて、どんどん広がって、ああ面白かったなあ
「またやって下さい」
これも何人かの方から言われました。
内臓や骨をイメージに、ヨコタさんや作家さん達にまだまだ作りたい作品があったら、またこの展示はお目見えすると思います。

何度も書いていますが、もう一度。
やりたい事がある作家さんはいつでもぜひ相談して下さい。
「私はニヒル牛に関わってからまだ日が浅い・・」とかは関係無いですよ。

そして、今週の土曜日からはニヒル牛、今年最後の展示クリスマス企画『トリと星展』が始まります。
こちらは、ニヒル牛作家さんにどんどんと参加して欲しい。
突然の参加も大丈夫です!
2016年、心残り無いように一緒に遊びましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炎上しないわけが無い

2016年11月28日 | Weblog
はい。
『車掌』の事です。
これは、1987年創刊の歴史ある冊子なのですが。
その内容は『良識ある人々』が読んだら、眉をしかめる事間違いなし。
ゲップの記録だったり画鋲の研究だったり、『鈴木』についての考察だったり。
テーマに沿った実験を毎号、主宰者とスタッフ達が繰り広げています。
ひどくバカらしい。そして、ここには書けないちょっとアンモラルなドキュメントとかも。
世間に見つかったら、まず炎上します。今の風潮とは真逆ですから。
私も創刊号から読んでいますが「ひでえ・・」と思った事が多々あります。
冊子の見た目もご覧の通り、何の華もありません。
そして、文章量は嫌になるくらいびっしりです。スタイリッシュの欠片もなし。
誰もZINEなんて呼んでくれませんよ。
私も呼びたくありません。

後、一つ付け加えるなら。
めちゃくちゃ面白いです。
こんなに面白いミニコミは他に知りません。
憎らしいくらい面白いです。

主宰は詩人、塔島ひろみ。
最新号、入りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリと星展

2016年11月27日 | Weblog
ナナコ作のDM、届きました。
きれいな星の窓。
この葉書には、小さな仕掛けがあります。
『トリと星展』開催中ニヒル牛にご来店いただくと、トリのハンコが用意されております。
それを、ご自分で好きなように押していただけば・・。


星の空に飛ぶトリの絵が出来上がります!
ニヒル牛で貰って下さいね。

作家さん、いよいよ始まります!
ニヒル牛作家であれば、どなたでも参加できます。
出来れば12月1日までに納品を。
大きな作品を予定されている方は、事前にご連絡下さい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひなぎくの次は、しめじ

2016年11月26日 | Weblog
ええ、しめじです。
しめじの指輪。
指に光るしめじ。いや、光らないけど。
Facedさんの新作。
彼女も、実物のお花を使った指輪とかのロマンチック作品もあるのですが。
だけど、しめじ。
そう、昨日の続きを言わせていだければ、みんなしめじと花畑、両方持っているのです。
それが元少女達というものなのです。はい。
可愛いですよ、しめじの指輪。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加