喜色満面レポ★漫画・小説・TV

『薔薇色ノ約束』6巻あらすじとネタバレ感想!彩葉が誘拐

宮坂香帆さんの『薔薇色ノ約束』6巻のあらすじとネタバレ感想です。
なんと彩葉が誘拐されました。
そして烈は…剣を抜いたね(((゜Д゜;)))


宮坂香帆著
『薔薇色ノ約束』6巻
『薔薇色ノ約束』6 宮坂香帆著 カバーデザイン:益子典子(mameco)/発行:株式会社小学館/2019年11月26日頃発売 tataraworks 喜色満面レポ★漫画
カバーデザイン:益子典子(mameco)/発行:株式会社小学館/2019年11月26日頃発売


どーも、喜色満面レポのたたらです。
うっかりしてたら『薔薇色ノ約束 (6) (Cheeseフラワーコミックス)』が既に発売されておりました(^^ゞ

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

『薔薇色ノ約束』6巻のあらすじ

彩葉は、不知火公爵家御曹司の烈に”買われた”花嫁だった。
だが、今では烈と愛し合い、結婚に向けて花嫁修業中だ。
幸せいっぱいの彩葉は、生け花を習いに師範の三原を訪ねる。
三原が珍しいスイートピーの香りを彩葉にかがせると、彩葉は気を失ってしまう。

目隠しをされ、後ろ手に縛られた状態で目覚めた彩葉は、自分が船上に居ると悟る。
三原は偽名で、男は烈に恨みを抱いていた。
しかも彩葉を外国へ売ると言う。
彩葉は、烈が見つけてくれると信じて船から海へ身を投げ……

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

『薔薇色ノ約束』6巻ネタバレ感想
三原(仮名)と烈、それに彩葉は子供の頃に出会っているようなのよね。
そして彩葉の背中の傷にも関係がありそうなのだけど……。
6巻ではその関係が明らかにならず。
うぬぬぬぬぬ、気になる~o(>皿<)o


囚われの身となり、外国に売り飛ばされそうになった彩葉だけど、やはり潔かった。
たくましいヒロインは大好きさ(*^。^*)♪
烈に助けられるのかと思いきや、自分で命がけで解決しちゃったよ。
まさかの身投げでΣ(゜ロ゜屮)屮


余程怖かったようで、彩葉は助かったものの記憶喪失になってしまう。
個人的には記憶喪失パターンはあまり好きではないわね(ё_ё)
でも、153ページの烈の台詞で全部許すよ、うへへ。

「こんなオレに
愛されてしまったことを
諦めてくれ」

これで私は萌え死にました~o(≧∀≦)o


私はメロメロになっていましたが、155ページの彩葉はなかなか勇ましかったわ。

「あなたと共に
いられるのなら
この先 何があろうと
望むところだわ」

彩葉だったらたとえ外国に売り飛ばされたとしても、泳いででも日本に帰ってきたと思うわ、ふふふ( ̄ー+ ̄)


ああ、それにしても『薔薇色ノ約束』のようなお話は、やはり全巻揃ったところで一気読みが一番面白いと思う。
1巻ずつ読むのも面白いけれど物足りない。
ガーッと世界観を味わいたい。


それはそうと『薔薇色ノ約束』7巻は来年夏頃の発売になりそうだわ。
夏…長い…遠い(゜ロ゜)
でも、仕方ないわね。
宮坂香帆さん、他にも連載しているからね。
ラブラブモードを期待して待つよ。

ご訪問ありがとうございました(人´∀`*)
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「まんが三昧」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事