たまにはのんびりと

よく噛めば美味しい、人生観もそれと同じかな。

CPU交換 HP ProDesk 400G2 MINI 

2020年09月25日 | PC

 

このブログも 久し振り過ぎて、突然どうしたの?と言うのよな復帰に成ってますね。

ブログネタは色々と在ったのですが、まぁ最近のYouTubeが面白く毎晩夢中に成っていましたw

さて3年前に購入したミニPCですが、買った当時は仕事で使う Outlook Excel が動けばいいやとおもい、しかもスペース的に超小型も魅力的でこれを選択しました。

が、何と月日が経つに連れオンラインゲームにハマり気が付いたらCPU稼働率が95%超えw それでも無理無理に使っていました。 流石にもう限界かと・・ また新しPCかと思いましたが 古い方のPC故障で慣れてしまったHDDクローンとかDIYに少し慣れて来た事もあって今回もDIYで・・

バージョンUP !CPU交換です。 まずは、マザーボードを調べ適合CPUを調べてみます。

結果、このPCのCPU 架台取り付け形式は(LGA1151 SokeetH4)と分かり、そこからCPU適合表でリストアップしてみます。

購入時の、CPUは、Pentium G4400T でした。リスト表では上位に Core i7-6700番台があります。 ここで一つ問題が、同じ上位の中でもワット数の違いがあります。 どうもこれはPCの種類で使い分けしている様で、CPUの冷却機能を持ったPCについてはワット数も上がられるみたいで、今回の様なミニPCの場合冷却機能が低い場合はワット数的にも無理は効かないようです。 その証として初回標準はワット数の少ない欠番にTが付いた35w台の物が搭載されています。

これで適合CPUは最上位のCore i7-6700Tと決めたのですが、今度は入手です。 検索すると中古しか出て来ません流石に直物? たまに新品標記の物も出ていますが、とても高価でした。 中古のCPU購入は経験がないので少し不安でしたがお店の動作確認済みと言う標記を信用して取り敢えず購入してみました。(今回、¥24,000くらいでした)

暫くすると、中古CPUは送られて来ました。

早速取り付けてみます。 まずは、PCの外ケースを外し

続いて、写真右上のファンユニットを外します。

その次に、写真左上の冷却フィン枠(ヒートシンク)を外していくのですが、CPUとフィンユニットの間に冷却用の繋ぎに成る熱伝導用シリコン系?の様な物が塗ってあり、それを意識しながら剥がすような感じで外します。

すると、こんな感じでCPU本体が出て来ます。CPU外側のレバーを起こしてCPUが外れます。ここちょっと緊張w

その後、塗ってある冷却用接着剤を丁寧に掃除します。 と言っても別CPUと交換するのですから後でも良いですw あ、フィンユニットは掃除ですね。

CPUの裏面 電極接点がいっぱい ゴミとか慎重に確認 傷付けないように。

そして、購入した Core i7-6700Tを取り付けて、冷却フィンとの間に熱伝導用シリコンを塗って元に戻しました。

PCの起動は、時にはBIOSでCPU指定しなければいけないと検索結果では出ていましたが、今回の場合何事もなく普通に起動しました。時間は何やら勝手に変更していたらしく、ほんの少し時間はかかった様な気がします。

その後、システムとかタスクマネージャーで正常に交換できたかを確かめ、作業は完了しました。

交換前、Pentium G4400T 2コア 2スレッド

交換後、Core i7-6700T 4コア 8スレッド

余裕が出来ました。 

CPU温度も、適度に成っています。

これで、このPCもメモリー4GB増設、HDD交換1TBとCPU交換で 最高グレードに成りました。

あとがき 

結局適合CPUを探すのは、PCメーカーのHPに飛び当時のPC仕様書を確認をして、その時の最高グレードCPUを選択すればよい事で、あれこれ迷わず確認出来ます。 それと今回分かった事ですがCPUの品番で例えば○○ー6700番とか有ったら最初の6が世代番号で、 同じソケット番号(LGA1151)でも6世代以降は別物らしく注意が必要の様です。

コメント

エリプレ11年目車検

2019年06月05日 | エリシオン プレステージ

はてさて、我が家のエリプレも11年目の車検がやってまいりました。

今回の、車検テーマはブレーキング初期に起きるハンドルのブレ修理です。

解決策としては、ローラーデスク交換w しかも意外と安い。

この車も10年以上に突入して、車両的変化は、プラスチック系、ゴム系の劣化かも知れないけど、窓ガラスのキシミ音が走行中少し目立つようになってきました。これも各パーツ交換で解決すると思いますが、今回はパス。まだ音も小さいですからね。

何だかんだで、また2年頑張ってもらおうと思います。 

 

コメント

ブラスター3.5 農道アスファルトヒットで、翼修理編

2018年08月12日 | 趣味、ラジコン

 

ブラスター3.5 農道アスファルトヒットで修理編 なんてタイトル付けたけど 早い話がキャッチミスねw

日本の農道は、どこまで奥深く行っても舗装がしてあります。

日頃、何にも感じない事なんですが世界では事情が違うらしいです。

これは、ずばり日本の国力が如何に大きいかの表れだと僕は思います。

ここのブログでは全く書かなかったのですが、ここ8年位かな?チャンネル桜等保守系のネット番組を観て如何にこの日本 僕らの祖国が世界と比べて特別だったかを知り、 日本に生まれただけで人生最大の成功であったと痛感しています。 特に古事記に書かれている物語は日本の国体その物と思います。

 

変な話になったので、修理に戻ります。

 

取り敢えず、潰してしまった ブラスターの翼

写真は、翼の前縁下面です。 幅は5cm程

まずは、傷んだ箇所を超音波カッターで取り除きます。 ソニックカッターの利点はどの場所からでも刃が入れられる所にあります。 最近は安価な物も有るそうですよ。 但し、使いこなしには少しコツが要りますけど。

傷んだ箇所を取り除き、バルサ材で補強します。 ロハセルも見えてます。

粘度のある瞬間接着剤で、補強してゆきます。 

補強無しでも、修理は出来なくは無いような気もしますが、僕の場合また壊しそうなのでここはしっかりと・・

プランクして、形を整えます。 若干まだ盛上りが少ないようで少しパテで面調整しました。

翼の上面はこんな感じ。 クラックは入っているものの欠損は無いので、このままFRP補強します。 樹脂の足付を良くするためペーパーを掛けます。

1Kカーボンに樹脂を塗布します。

適切なサイズにカットして、翼の補強箇所に載せます。

樹脂は、少な目。 使用エポキシは、ベルコート SK-52

薄い梱包テープで包み込み硬化させます。 外気30度であれば、8時間程度でテープは剥がせます。外気温度が低い場合は、若干の過熱は必要です。

硬化したら、ペーパーなどで削り面を整えます。

裏面も同じく整え、塗装かクリヤテープで保護して置けば、また遊べるようになります。

修理後の重量増加は、3g未満くらいでした。 

と言いつつ、昨年末頃に壊して1月には修理が終わって、未だに仕事が忙しいのと、飛ばせるようになってしまえばという事で、色塗りは・・・・・>< と言う落ちでした。^^

コメント

NSX NA1 車検

2018年08月11日 | NSX

 

仕事に追われて、全く更新出来なかったブログ再開です。 

と言うのもNSX車検ネタが来てしまい半強制w

そして、今回は? 今回も通常の車検整備に追加する整備メニューとしてエンジンのオイル漏れ対策をしました。

前回にもオイルパンパッキン(KSP製アルミパッキン)に変えてますが、時間経過とともに滲む様になりその部分と他の部分も今回は手をいれます。

今現在、一番滲み出てる箇所は前バンク側スプールバルブの箇所で、車庫床のオイル漏れ跡で確認すると間違いなくエンジンの回転を上げた時に発生しています。

その事を、何時もの車屋さんへ伝え車検整備に出しました。

結果的には、スプールバルブのパッキンだけではなく、その上のヘッドカバーパッキンも怪しく交換してもらいました。

車検から、帰って来てまだ50キロ程しか走行していませんが現在は漏れていません。

オイル漏れも、減るような漏れは問題外ですが、滲む漏れも気掛かりですよね。特にNSX場合はエキパイが近くに在り火災の原因にも成りかねませんから。

 

交換されたパーツ

あれ? ついでに後ろバンク側も頼んだはずだけど・・・ 次回かな・・・

 

本当は、見積まで取ってあるエンジンOHを実行したいんですがねぇ 連れ添いにそっぽ向かれました・・

出る物は、有るのに情けないなぁ。           何時かーww

しかし、スマホの写真って直視感が伝わらないな。 なんでだろう?

 

 

 

コメント

2018 新年

2017年12月31日 | NSX

 

 

本年も

日本国民が、いや臣民が、みな幸福に 暮らせますように。

 

今年こそは、ステレオ付けなきゃね。

コメント