たまちゃんが、ぼちぼち綴る日記

日本共産党吹田市議会議員 玉井みき子が日々のことなどを綴るブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

市長に申し入れを行いました!

2018-10-09 22:15:24 | 日記
今日は、日本共産党吹田市委員会と吹田市議団で、市長に3つの項目について緊急の申し入れを行いました。

①重度加算制度の見直しについて。
これは、1年間、補助制度を実施すると予算は提案されたものの、2月の議会で突然、削減すると表明され、この10月から見直しが行われています。
関係者をはじめ、話し合いもなく、説明もなくです。
10月から削減や新制度への移行について、説明されたのは8月末。わずか1ヶ月の間に、再計算と運営計画の見直しをしなければなりません。
どう考えても、無謀です。
こんなやり方は、市と事業者の信頼関係が崩れてしまいます。
見直すことはいいとしても、これまでの事業を行ってきた経過や、実態、そして何よりも、当事者や関係者との話し合いを先に行なうこと、と求めました。

②メイシアターの改修工事について。
9月議会に、本来の改修工事の計画が提案されたのにも関わらず、取り下げられました。
大ホールの改修について、天井にネットを取り付ける方法を検討するなど理由は述べられましたが、もともと、改修の基本計画がありますから、安全性、そしてホールのクオリティを守るにも、計画通り行なうことを求めました。

③学校の体育館へのエアコンの設置について。
地震や台風の災害時には、学校は避難所になります。
今年のような酷暑では、避難所として開設されても、暑くて過ごす環境とは、ほど遠いです。
国の交付金なども使いつつ、暑さと災害対策としても、体育館にもエアコンを設置することを求めました。
ちなみに、箕面市は学校の体育館にもエアコンが設置されています。



今日、申し入れたことは、実現できるように引き続き求めていきたいと思います!😊
コメント

建設環境常任委員会の視察

2018-07-31 13:46:32 | 日記
昨日から、建設環境常任委員会の視察で愛知県豊田市の交通政策と、東京都杉並区の狭あい道路整備補助事業 を学びにきました。
①豊田市
交通政策は、市町村合併のあと、山間地も出かけられるようにというのと、TOYOTAのバックアップで、一人乗り電気自動車の導入や、病院の協力で外出支援がいろいろできるように高齢者へのタブレット講習、マイカーの利用を減らして環境対策など、何かできることや考えられることはあるんじゃないかなーと思いました。

一人乗り電気自動車。満タンの充電で50キロメートル走れます。家庭用のコンセントで充電できます。


②東京都杉並区
30年前に条例を作り、補助制度も作って緊急車両が通れるようにすること、おこるといわれている大地震に備え避難経路を確保するなどを、実施してきています。
3年前には、効果をあげるために条例改正も実施。個人の財産を代執行するということも含まれていますが、区民の命を守る取り組みと話し合いをすれば円滑に進むんじゃないかなと思いました。
実際に担当の方は、そうならないように足を運び、話し合いをし、随分と苦労されてるいるようでした。
吹田の中にも狭あい道路や私道が旧の市内にはたくさんあります。
特に私道は、個人だけではどうしようもないとこもあります。
吹田市も補助制度はありますが、なかなかうまくいきません。
杉並区は、狭あい道路の解消と併せてやれば、私道の補修も100%区が負担してくれます、ただし、その後の維持管理は個人です。
やはり、私道の問題は悩ましいなーと改めて思いました。

ちなみに、前日の夜、杉並区の狭あい?な道路を通りました。ほんとに大丈夫かなーという道路も多くて、対策が必要だと実施されているのが、よくわかりました。
(ちなみに、その道沿いに日本大学相撲部があって、びっくりしました😳)







今年度は委員長なので、委員のみなさんと随行してくれた部長や議会事務局のみなさんにたくさん助けていただき、いい勉強ができたと思います。
ありがとうございましたー!😊

杉並区では…展示の準備がされていました。

広島で被爆した方の名簿と原爆パネルも展示されるようです🌈
コメント

心のケア

2018-07-20 16:03:25 | 日記
大阪北部地震を受けて、こどもの心のケアの緊急学習会に参加しました。

精神科の先生と、セーブ・ザ・チルドレンの方から、お話を聞き、少しだけ「傾聴」の実践も、グループにわかれてやりました。

地震から、ちょうど1ヶ月で、その頃から不安症状があらわれるそうです。
大人もこどもも、75%の人は自分で乗り越えるけど、25%の人に症状が出てくるそうです。
『よく聴くこと』が支援には大切で…
これがなかなか難しい😅
相づちにも、何種類もあるし、それを駆使して、リピートして、なるだけハッピーエンドでおわれるように心がけるとか…。

これって、被災したとかしないとかだけでなく、普段の生活相談にも、いえるなーと思いました。

ついつい、あーしたら、こーしたらと言ってしまいがち。
まずは、聞くこと。
『傾聴』とは『14個の心で聴く』だそうです。

被災したあと、いかに日常に早く戻るお手伝いをするか、ということ。
東日本大震災のボランティアに行った時に、物資を届けにいって、お話しをした方が、「食べるものも届けてもらえるし、家も何とかなってる、あとはいつもみたいにカラオケしたい」と話されていました。
そういうことやったんやなーと改めて思いました。

学校の危ないブロックが撤去されて、しばらくできなかったプールがやってました。
こどもたちの嬉しそうな声が響いてて、こういうことやなーと改めて実感しました。

そんなことが、何気なくお手伝いできるように心がけたいなー😊


写真は、西尾亭の『こけ』
癒される写真です😊早く、色んな人たちが見れるようになりますように!!
コメント

心のケア

2018-06-21 20:28:54 | 日記
地震から4日たちました。

町には、屋根のブルーシートやブロック塀への注意喚起などが目立つようになってきました。
被害の状況を聞きながら、改めて心のケアが必要だなーと思うこともあります。
何が壊れたとか色々いったあとに、よく言われるのが「怖くて熟睡できてない」ということです。

学校がはじまった、こどもたちも、授業がはじまったり、給食もはじまったり、日常がはじまったように見えても、目に見える安全対策や、大人が対応に追われてるのを見たり聞いたりすると、不安はもっと大きいんじゃないかな…

見えないとこのケアは、見えない分、重要だなーと改めて思います。

私の知り合いの、お子さんも、お母さんから離れず、熱をだしたりしていると聞きました。
表れる不安と、心の奥底の不安と、ケアすることも大切にしないといけないし、私も、できるだけ、不安を取り除けるお手伝いができたらなーと思います。



コメント

地震。

2018-06-20 16:51:21 | 日記
月曜の朝の地震から3日たちました。
みなさん、どうでしたか??
今日から学校もはじまり、日常を取り戻してきているように思えますが、たまに余震があったりで気が休まらないのでは…とおもいます。

亡くなった方が、5人になり…ご冥福をお祈りします。
残してくれたことを、いかせるように考えていきたいな…と思ってるところです。

学校の通学路で、ブロック塀が倒れました。
実は同じようなのが、私の地域の学校にもあります。


プールの壁です。
今日からなので、緊急対策はされていますが、どんな構造になってるのかは、いま確認中です。

こどもたちの通学路なので、早く安心したいです…。

小学校や保育園では、ガスが復旧していないところもあって、給食の提供が難しい状況も続いています。
小学校は、明日から、全校で給食が提供されるようになるようです。

そして、連日連夜、対応している市の職員さんには、感謝です。

1日でも早く、みんなが安心できますように。
コメント