うたかたロゴス

日々の記録&ギアスの妄想
イラスト倉庫
主人公贔屓目で双子愛

Manager: 鳴海恭介

秋生まれ

2010年11月29日 12時44分10秒 | Weblog
 
紅葉がさわさわ


落ち葉がかさかさ


針葉樹がざわざわ


片手におにぎりをもぐもぐ



故郷の神社にいるみたい



目の前で枯れ葉が舞っている



小学生の時
窓際で眺めていた光景を思い出す





秋が1番ココロ落ち着く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋が1番好きなのです

2010年11月27日 13時13分21秒 | Weblog
ぞーけーも紅葉が始まって来ましたね


来週、覚えていたらデジカメで撮りたいと思います^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テラスにて

2010年11月27日 12時54分53秒 | Weblog
 
あー次の授業だるぅい


こらぁじゅ終わってないのにぃ


OBのパネルでぃす見たいのにー
何で授業なんてやぁるのぉー






今日は、網タイツー
女王様気分~(と、言っておく)
皆から見るとお水の方らしぃのぉ
オープンパンプス履こうかと思ったけど
流石に寒いから断念ー

あー痩せたい(切望)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝な人

2010年11月27日 08時50分19秒 | Picture

携帯の充電が終わるまで学校に行けないのでサクサクお絵かき

 

こんな短時間じゃ制作も出来ないからね

 

 


一ヶ月ぶりにルル―シュ描きました

 

 

朝なので爽やかーな色


うーん早く勘を思い出さねば

 

 

 

あ、画像でかくてごめんなさい
絶対重い

では、大学行って来ます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘却無味

2010年11月26日 21時48分33秒 | ALI PROJECT語り

ごめんなさいごめんなさい

これだけ書かせて下さい


アリプロのwebsiteに足を運んだの
毎日欠かさずブログを拝見さして頂いているの

 

だけどね
なんかね

今日はね何を思ったのかね
PHOTOGRAPHをね見たの

 

何もなかったからね
たまにしかクリックしなかったの

 

開いたらね
UPされていたの

 

 


しかもねしかもね
一番始めに目に飛び込んできたのがね
花魁地獄太夫だったからね

 

 

あの時の光景が思い出され

 

 

 

 

 

本気で涙が零れおちました

 

 

 

 

 

 

 

 

アニサマに対して興味ないけど
ああ…この時に「愚民」の単語が出たのかと思うと、それを聞いたアニオタの皆さんが羨ましいです

 

 

殿がとてもダンディーで素敵です
さり気無く右腕に掲げられている日本が輝いています

 

 

V-FESの写真も上がっていたのだけれど
まさか、ドラァグの皆さんかしら?
V-FESにはアリカ様と片倉様だけかと思っていたのだけれど、四獣の皆さんも参加されていたのね!


V-FES行きたかったのに…本当に残念

 

禁書美しすぎです!
ああ!ギアスの曲だとか関係なく、ずっと憧れていたラスボス!!しかも白ver.!!
禁書だったのね!!!ああ!今更知るなんてアリプロfanとして失格よ!!

早く禁書と毒を購入したいわ!!
その為には早く自分の進路を決めなくちゃ!!!

 

 

 

あ、そうだわ
LIVE映像が某動画サイトで流されていたんだけれども
そんな俄かファン共が大嫌いです迷惑です何の想い入れもない何の信念もない人間が嫌いです。ってか動画サイトもとっとと削除しろよ
動画見ないで通報ボタン押してあげましたよちゃんと、ええ。
でも削除してくんないんです

それを見てファンが増えるなら良いんじゃないかという意見もあるんですが、認めたくないです。よりにもよってLIVE映像ですよ。曲とかPVだったらまだ分かるんですが、LIVEですよ。皆さんが涙を流した映像ですよ。ほんの一瞬ですけど、色んな感情を込めた考えた、あの大切な瞬間をこんなあっさり流されてるんですよ?ファンが増えるならって、じゃぁ曲だけ聞けば良いじゃん。映像見ないとファンにならない奴なんてどんだけ鈍いんですか。曲聴かないで映像見るなんて、じゃぁ買えよ。そして見るんだったら絶対買えよ。

 

 


本当にごめんなさい。

PVと曲はそんな風に不快には思ってない………と、思うんですが多分、LIVE映像だけは本当に感情が抑えられないんです
矛盾してますが、だけど本当に許せないんです


もしかしたらこのブログを見た、ファンの皆さんも
恐らく私自体が俄かファンの一人だと感じたり、これはファンとして違うのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、私は私なりに信念や想いを持っています。
自分のそれを曲げる気は一切ありません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加