新潟大学アパート情報2018(新潟大学生協登録物件多数掲載)

新潟大学学生アパート紹介所が地元不動産会社のご協力の下、たくさんの物件をご紹介します。(新潟大学生協登録物件多数含む)

新潟大学の志賀 受験勉強 各教科の本質編 国語 ④

2018-06-25 10:15:06 | スタッフブログ(学生)

 

~筆者との対話~

 

いつもお読みいただきありがとうございます!

それでは、今日も国語について語っていきたいと思います(笑)

参考程度にお読みいただければ幸いです!^^

 

さて、全回のブログでは、

筆者との対話

問題作成者との対話

が大事だということをお話しました。

 

今回は、まず筆者との対話についてお話していきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、

文章を読むということは

筆者が伝えようとしていることを丁寧に追っていく作業です。

この作業を私は勝手に「筆者との対話」とよんでいます^^

 

国語で大事なことは

いかに筆者の主張をつかめるか?

無心になり、筆者の気持ちになり、

筆者が何を言おうとしているかを推測できるか?

にあります。

 

そして筆者も私たちが理解しやすいよう

文章の構成を考えて書いてくれています。

 

現代文だったら、

序論・本論・結論というように段落構成を理解し、

「しかし」「つまり」などの接続後などを手掛かりとして

筆者の主張を追っていくことができます。

 

古文・漢文だったら、

古語や漢文の単語、文法を覚える必要がありますが、

現代文と同じように筆者の主張を追っていくことができます。

むしろ文章の構成の難易度は現代文よりもはるかに低いので

単語・文法さえ覚えれば筆者の思いは伝わりやすく、点数が入りやすい科目だといえます。

 

小説だったら、

登場人物の心情や言動の理由などを

小説中の登場人物の言動などから様々なヒントを見つけてつかみます。

(小説の場合は筆者との対話というよりは

登場人物との対話という感覚に近いかもしれませんね^^)

 

 

国語の問題を解くために問題文を読むとき、

私はずっと、自分の主観を入れて読んでいました。

 

筆者が言いたいことは(私がこれこれこう思ったから)こうなのではないか?

 

と考えていました。

 

しかし、それではなく、

徹底的に筆者目線になって、筆者が言いたいことを考えるのです。

 

筆者はこの表現で何を伝えたかったのだろう?

筆者はこの文章を通して、何を伝えたかったのだろう?

 

自分の主観や思いを入れることなく、

筆者の立場になり切って、筆者の思いを汲んでいくのです。

 

そうすると、今までわからなかったこと、

読み取れなかったことが読み取れるようになります。

 

筆者が伝えたかったことを推測して読む。

そこに自分の思いをなるべく入れないようにして

筆者になりきる。

 

 

そうすることでより文章が読み取りやすくなるとおもいます^^

文章でうまく伝わっているかどうか不安なのですが、

この気づきは本当に私の受験勉強の中で大きな働きをしました。

 

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです!

 

 

さて、次回は

問題作成者との対話、についてみていきたいと思います!

国語シリーズが続きますが、どうぞよろしくお願いします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟大学の志賀 受験勉強 各教科の本質編 国語 ③

2018-06-23 08:58:43 | スタッフブログ(学生)

~対話が大事~

 

いつもお読みいただきありがとうございます!

さて、前回は国語のロジックについてお話しました。

 

今回も国語で問題を解くうえで大事になってくることをお話していこうと思います。

(※あくまでも私の個人的な見解です、参考程度によろしくお願いします(笑))

 

それは、

筆者との対話

問題作成者との対話

 

です。

 

私は受験勉強の早い段階から

国語がセンスではなくてロジックだ、とわかりました。

 

しかし、それがわかってもなかなか点数を

安定的にとり続けることができませんでした。

 

きちんと筋道を立てて考え、答えを書き、

間違ったところもちゃんと復習しているのに

どうして点数が取れないんだろう。

 

ずっとそう思っていました。

 

しかし、

筆者との対話

問題作成者との対話

を意識し始めてから国語への見方が変わり、

得点を取れるようになりました。

 

まあ、それを意識できるようになったのは

私が国語をずーっと受験勉強をしてて最後の最後でしたが・・(笑)

 

で、

対話って何ぞや、と思った方も多いと思います(笑)

でも、対話という表現が一番私の中でしっくりくるんですね^^

 

 

国語の問題を解くという行為は3つに分けられます。

①     問題の文章を読む。

②     設問に対する答えを考える

③     答えを書く

 

書いてみるとなんだか当たり前ですね・・・(笑)

しかし、この区分けをわかり、

 

①     のとき、筆者と対話する。

②     ③のとき、問題作成者と対話する。

 

という意識をもてると

従来の国語への見方が変わり、

国語の問題が解きやすくなると思っています。

 

それでは次回、筆者との対話から順に見ていきましょう!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟大学前期試験2018当日の心境

2018-04-23 17:41:38 | スタッフブログ(学生)

・受験当日直前

 私は土曜から始まる前期試験に向けて二日前に新潟入りしました。実家が秋田なので、新潟へは日本海側を通る特急列車で行きます。冬場、風の影響で遅延や運休が多くなることと、前日の下見を考慮して早めに新潟へ着くように計画しました。同じ新潟を受ける同級生には前日に新潟へ行く人もいましたが、予想通り遅延が見られました。少し焦ったのではないかなと思います。

【新潟1日目】

二日前の夕方に新潟駅に着き、新潟駅付近のホテルに泊まりました。私は母が付き添いで来てくれました。心強かったです!男子はよくわかりませんが、女子の友達の多くはお母さんと受験に向かったようですよ。センター試験が終わってから志望校の変更等あったため出願が遅くなり、ホテルがとれず母とダブルベットで寝る羽目に(笑)。初日はあまり熟睡できなかったような...新潟へは初めて来たのでホテルまで少し迷ってしまいました。しっかり地図を確認してから歩き出した方がいいです!迷って長く歩いたせいで少し足がだるくなっちゃいました。ちなみに平成30年の春に新潟駅は改装したため、駅構内が入り組んでいます。気をつけて!ホテルによると思いますが、私はフロントのスタッフさんに話して卓上ライトを貸してもらいました。おかげでとても勉強しやすかったです。他にも加湿器などの貸し出しもあるので活用するといいかも。

【新潟2日目】

 受験当日を想定して新潟駅から電車で新潟大学へ向かいました。越後線の上り列車で6駅目が新潟大学前駅です。秋田と違って電車の本数が多く、田舎者の私はなんと間違えて逆方向の電車に乗ってしまいました!気がついて動く前に降りられましたがかなり焦りました。越後線は遅延が多く、私は初めての越後線でまさかの遅延と途中駅での乗り換えを経験することに。当日なら確実にプチパニックですね。大学の最寄り駅に到着しても安心はできません。新潟大学前駅といっても大学の目の前にあるわけではないので注意が必要です。降りたらすぐ地下道を通って、その後は案内板の通りに進めばつきます。大体駅から大学正門まで15分くらいかな?初めてだとかなり長く感じました。私は理学部棟が試験会場だったので、正門からさらに10分少しかかってやっと到着しました。キャンパス内がとても広いので迷わないように注意です!下見後はホテルに戻って軽く復習程度の勉強をしました。よく聞くと思いますが新しい問題は解かないようにした方がいいです。そして早めに寝ました~

【受験1日目】←理学部は試験日程が2日間

 午後からの試験でしたが、お昼頃着くように早めにいきました。早めに着いたので控え室になっていた学食で軽くご飯を食べながら最終確認をしました。

 試験会場の教室に入ってまず、結構私服来ている人がいる!と少し驚きました。私の高校は私服OKの高校ではあったのですが、受験だから真面目にいこう!と制服を着ていきました。(センター試験はジャージでいきました笑)制服着用が義務づけられている高校の子は少し動揺するかも。席に着くと目の前の人が茶髪だったので、浪人生かなぁと思いましたがそこまで私は気にはしませんでした。(塾に浪人生がいたから慣れていた?)

試験中の感想としては、教室にもよりますが解答用紙の割に机が小さく、受験票や筆記用具も置くのに不便だなと思いました。シャーペンや消しゴムは少し多めにもっていった方がいいかもです。そして理科は選択制で一人一人選択教科がバラバラなので、解答用紙の回収に思ったより時間がかかったかなと思いました。待っている間暇で動きたくなりますが、じっとしていましょう笑。赤本で問題訂正を度々見てはいても、実際自分の受験中に訂正があると気になってしまいました。実は試験中、問題訂正が多く少しいらっとしてしまいました笑。

一日目が終わったら、その日のことは忘れて最終日の教科について考えました!あとはリラックスして早めに寝た方がいいですよ~

【受験2日目】

 二日目は一度会場を体験していることと一教科だけということもあり、余裕があったかなと思います。落ち着いて受けることができたと思います。全員英語の受験なので一日目よりかなりスムーズでした。

 帰りは時間がちょうどよかったので、電車ではなく大学西門発新潟駅行きのバスに乗りました。大体40分くらいで新潟駅万代口付近に到着しました!到着するまで新潟の町の風景が見られて楽しかったです。(かなりバスの中ぎゅうぎゅうだったけど)

 秋田へ帰る電車の時間までお土産を買ったり、お買い物したりぶらぶらしていました。新潟駅楽しいですよ~

 夜に秋田に到着。とても疲れましたが、受験が終わった開放感が気持ちよかったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加