ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

白いパラソル 松田聖子

2009年07月25日 | 音楽
まだ二度ネタだったらごめんなさい。

81年・・・昭和56年・・・・私は小学4年生でした。
そして、クラスでは有名な「聖子ちゃん好き」となっていました。
本当は悪ふざけで、給食の時間に松田聖子の曲が流れていた時
冗談で「しびれる~」と言ったら、関西パワーか?
担任の先生がクラス児童全員の前で、暴露していまったんですね。
「太郎君、松田聖子、大好きなんだって~!!!」

暫く、聖子好きを演じていたら、本当に好きになってしまった・・
という、オチです。
(以前、書いた事、ありますな)

この頃は兵庫県伊丹市に住んでおりました。

私、この頃の夏休みが今までの人生の中で一番爽やかな思い出です。
8月には友人を連れて行った鳥取で、水ぼうそうにかかり
10日位、高熱とかゆみで唸る事になるのですが・・・

と、私、4年生でクソ生意気に、人生のモテ期、絶頂を迎えていたのです。
ハーレムだわ・・・彼女は3号さんまで居るわ・・・・。

ただ、言い換えれば、人生モテ期を僅か10歳で迎えた事もあり
その後の青春時代は、もう、見事に悲惨でした
もう・・・悲し過ぎる程・・・・。
20代中盤に差し掛かるまで、もう、他人が羨ましくて・・・。

その、人生モテ期のハイライト的、楽曲が、この松田聖子なんです。
特に、「恋は秋色」と「白いパラソル」が大好きでした。

この「白いパラソル」は本当に爽やかな夏、日傘か、夏の海、
又はプールサイドという感覚で。


松田聖子 白いパラソル


この曲を聴くと、今でも心に爽やかな風が吹きます。
松本隆作詞、財津和夫作曲ですね。

いやぁ~この頃の夏休みは良かった・・・・。

関東に来てからは、特に中学、高校に上がったら
むさくるしく上下関係が相当酷い、イジメ&シゴキの剣道部の練習がほぼ毎日、
そしてやっと部活を引退出来たら
今度は、受験勉強で、塾、予備校、図書館に缶詰でした・・・

聖子ちゃんを聞いて、神戸、六甲のスカイラインの何処かにある
父の銀行の保養所に泊まっていた頃が懐かしいです・・・(はぁ・・)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ヴァンザント | トップ | ギブソンリミテッドランシリ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミルクマン)
2009-07-25 22:35:24
この曲マジ好きです。

なぜかサビに入ってから、
ベースのラインに気が

いってしまいます。
ミルクマンさん (太郎)
2009-07-25 22:41:46
ですよねぇ!
ダーンダダーンという感じかな?
(昔、団田段っていましたな)

57年頭位までの松田聖子の歌が好きです。
懐かしい* (momosuke)
2009-07-26 00:05:50
こんにちは*
懐かしいですねー
改めて聴くと爽やかですね。
聖子さんは今も若いと思うけど、やっぱりこの頃はフレッシュでかわいいです

太郎さんは伊丹の小学校だったんですね。
全然関西弁が出ないから、お会いして関西のイメージはあまり感じないです。

六甲の保養所の響きも懐かしいです。
涼しいからたくさん会社の保養所がありましたよね。
今どうなっているんでしょうね!?
momosukeさん (太郎)
2009-07-26 00:59:24
懐かしいし、他の曲もブリッコキャラに合わせて
爽やかな曲が多いですよね。

1年生の秋に和歌山市から伊丹市に転校してきて
5年生の夏休み中に、突然東京転勤になったんです。
ウチの系統が関西人なのに関西弁を話さない家だったので、
あっという間に関西弁抜けました。
今は逆に、たまに出ますが。

六甲も、ケーブルカーとバスに乗って登ったりで。
因みに父の所の会社・・・ご存知だと思いますが、
あの会社のは潰れました。

あの六甲の景色をまた見てみたいのですがねぇ。
特に、夜景ですね。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事