福岡 モンコレメモ

モンスターコレクションTCGのブログ。活動地域は福岡市周辺なので地方ネタも稀に書きます。ドレノ・モンハン・ドラクエなども

モンコレの世界(26)

2010-03-28 17:21:23 | モンコレの世界
■緑の風の王国 【古き森の種族】 世界の北部には、ジオテランの森をはじめ、広大な森林地帯が広がっている。 ここには様々な生物が生息しており、中でも気高く誇り高い種族として知られるのが、エルフである。 多くの人間は、エルフが人間に対して友好的な種族であり、共存共栄してきた仲間であると認識している。 その見解は大枠において間違えてはいない。 例えば「調和の街」の異名でも知られる森の都タシエルのエル . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(25)

2010-03-28 16:47:18 | モンコレの世界
■ヴラドの一族 【嘆きの街アゾール】 ミキア山脈を越えたサーガランドの南西端に、「嘆きの街」ことアゾールは存在する。 サーガランド連合国の首都バルティスと隣り合う位置に存在するこの街はしかし、独立時点からバルティスの支配者「雪の女王」の手から離れた場所でもあった。 アゾールの成立はBR250年頃といわれ、約600年もの歴史を誇る古い街である。 しかしその人口は町の成立の頃から少なく、バルティス . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(24)

2010-03-28 16:41:58 | モンコレの世界
■黄昏のワルキュリア 【黄昏の園】 「勇敢なる戦士」の魂が召される楽園が、天上には存在するという。 そこは戦と饗宴に明け暮れることのできる、勇敢なる男たちの理想郷である。 人はそれを「黄昏の園」と呼ぶ。 ワルキュリアは〈聖〉に属する者たちでありながら、「戦乙女」という呼び名からもわかるとおり、「戦争」と「死」を強く意識させる存在でもある。 彼女たちは死を尊ぶ――それが己のものであろうと、他者の . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(23)

2010-03-28 16:41:33 | モンコレの世界
■豪天城の戦鬼 【鬼族と呼ばれるものたち】 自らを「鬼族」と呼ぶ亜人種がいる。 人間よりふたまわり以上大きな体格、赤みを帯びた肌、そして額あたりからのびる2本の角。 多くの人間は「鬼族」をオーガやハイオーガと呼ぶが、外見においても文化においても、「鬼族」は一般に知られるオーガとは異なる点が見受けられる。 外見でのわかりやすい相違点といえば、その犬歯が世間で知られるところのオーガよりも目立たぬこ . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(22)

2010-03-28 16:40:57 | モンコレの世界
■平原の悪魔 【はぐれ召喚術師の偉業】 かつて聖都サザンの闘技場において、“平原の悪魔”と呼ばれる奴隷闘士がいた。 その男は、顔面の左半分が網目模様の赤い入れ墨で覆われていたという。 イエル・チェトケル――東方モーングロシアの古語で“平原の悪魔”を意味する――この名を知らぬ召喚術師や歴史家は存在しないだろう。 ことに東方地方においては英雄としてたたえられる、伝説的な召喚術師である。 彼が活躍し . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(21)

2010-03-28 16:40:20 | モンコレの世界
■フィシルマの燃える山 【燃え盛る地】 世界の「奇観を呈する地域」といえば、「東の浮島」と並び称されるのが「南の火炎樹の森」であろう。 南部地方をさらに南下すると、赤峰連山と呼ばれる山々があり、その斜面には見る者を圧倒する光景が広がっている。 「火炎樹の森」――それは文字どおり、燃える木々が立ち並ぶ空間である。 火炎樹は他の植物に例えるなら、常緑の針葉樹のような見た目をしている。 ただその葉は . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(20)

2010-03-28 16:39:26 | モンコレの世界
■不滅なる聖騎士 【魔法帝国の興亡】 今や古代帝国と称され、その名を知らぬ者も増えてきた、魔法帝国オーリリア。 百代を越えその威光を残すこの大国には、後世に『白狼アーヴィン』と称される聖騎士がいたという。 ナッシュとも呼ばれるこの聖騎士はその心身を帝国に捧げ、甘んじて人体強化の秘術を受けることで、人間でありながら〈魔〉の因子をその身に宿していた。 彼とその愛する女性は、互いの立場を違え、帝国末 . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(19)

2010-03-28 16:39:03 | モンコレの世界
■ホーリィの手記 【暗黒時代の伝承】 栄華を極めていた古代帝国。 天変地異に襲われたのか、あるいは人のおごりが招いたのか、崩壊の原因には諸説あるものの、その終焉は突然にやってきた。 そして世界に訪れたのが、混乱と戦乱の時代である。 この時代の記録や史跡はほとんど見つかっておらず、後に「暗黒時代」と名づけられることとなる。 確かにわかっていることといえば、この時代には古代帝国期に洗練された、魔法 . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(18)

2010-03-28 16:38:36 | モンコレの世界
■秘密の花園 【世界樹の森】 ジオテラン――それは北部地方に広がる世界最大の森林地帯を指す言葉である。 単なる森と形容するにはあまりに広大な地域であり、その中には数々の集落や産地などが存在している。 ジオテランの森には、草花や木々の他にも数え切れぬほど数多くの生物が生息しており、その中にはゴブリンやコボルドといった、知能を持った種族も少なくない。 北部地方において人間と同等の勢力を誇るといわれ . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(17)

2010-03-28 16:38:22 | モンコレの世界
■ゾルドイルの黒い沼 【ゾルドイル城砦】 オルクス軍の各地への進出を食い止めるべく、中原南部に築かれた急造要塞、それがゾルドイル城砦である。 「ゾルドイル」とは、古代帝国時代の魔導師ゾルドイルの術式を指す言葉で、かの魔導師は黒曜石を触媒とした技術を培ったことで知られる。 ゾルドイル城砦は、サザン帝国と大学院が巨額を投じてゾルドイルの術式に沿って建造したことにより、短期間で築かれたにもかかわらず堅 . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(16)

2010-03-28 16:35:35 | モンコレの世界
■空中庭園エリュシオン 【空中庭園の降臨】 東部地方に浮かぶ、巨大な空中都市タージケント。 この不思議な空の街には、ある言い伝えがある。 それは二百数十年に一度の周期で訪れるという、「空中庭園の降臨」である。 そもそも東部地方には、空中に浮かぶ無数の「浮島」が存在しており、タージケントもそのひとつである。 タージケントはひとつ所に留まることなく、常に移動し続けている。 そして俗に「空中庭園」と . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(15)

2010-03-28 16:35:02 | モンコレの世界
■煉獄のディアブロ 【黒い竜巻】 エレメンタルストームの顕現――それは世界の各所で発見される、世界崩壊の兆しとしか思えない超自然的な現象。 カラマン砂漠で見かけられる「黒い竜巻」も、そのひとつだ。 その巨大な「黒い竜巻」は、あるとき突然に姿を現した。 遠く離れても、天まで貫くその威容を見失うことはない。 この竜巻は町ひとつを覆い尽くすほどの規模であり、もしこれが砂漠から飛び出すようなことがあれ . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(14)

2010-03-28 16:34:30 | モンコレの世界
■黄金の獅子宮 【蜃気楼の向こう】 はるかなる昔日、宮殿が築かれた。 その煌めく黄金色の建築物の数々は、人目につかぬとある場所に、秘密裏に造られたのだった。 世界の南東、火と風のエレメントの強さゆえに大きく広がった砂と乾燥の広がる場所、カラマン砂漠。 そこには古代帝国期より、「最後の皇帝」が築いた帝国があったと言い伝えられる。 しかし、その「最後の皇帝」の配下にはない、異なる王国が密かに存在し . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(13)

2010-03-28 16:33:48 | モンコレの世界
■光明の戦天使たち 【勝者の務め】 古代帝国期、想像を絶する争いの末、勝者による大粛清が行われた。 「聖魔判定」と呼ばれるこの出来事の際、世界の力を持つ精霊たちの多くが、「聖」として聖別されるか、「魔」としての烙印を捺されたのである。 「聖魔判定」における勝者たる「聖」は、「法」や「光」を尊ぶ。 その中で自ら、あるいは大義名分のために人間などに乞われることで、「正義」を掲げる者たちが現れた。 . . . 本文を読む
コメント

モンコレの世界(12)

2010-03-28 16:32:56 | モンコレの世界
■真珠竜の秘宝 【海底の都】 地上においては、我が物顔で世界の支配者を気取る人間たち。 だが有史以来、その人間どもがほとんど足を踏み入れたことのない、巨大な建築物の数々が存在する。 暖かで穏やかな海流が流れる、珊瑚に囲まれた海の底に、その都はあった。 この水中都市を築き、代々受け継いできたのは、美しき人魚族である。 人魚族は穏やかな気性と、高い知性で知られる。 文字や文章は介するものの、紙や筆 . . . 本文を読む
コメント