【改題】ひとり公論(IT公論)

アラフィフとなりIT土方卒業したのでタイトル変更しました
ブログを一本化したのでビジネス周辺だけでなく徒然なるままに

「うちはサービス残業なんかないですよ」

2008-10-15 05:36:19 | IT土方(「ITセコム」 運用について)
きたみりゅうじ氏と、現役エンジニアの座談会、みたいなのを読んで、なんだかあたりさわりないこといってやがんなあ、とか思ったんだけど、プロフィールみたらさ、みんな一部上場企業の正社員なわけね。
「清く正しく。。」

「うちはサービス残業なんかないですよ」って言うにきまってるよなあ。だってこれ、適職フェアだもん。

なんだかすごく、恣意的だ。この企画自体が。

このギョーカイの最底辺層は、「上場企業」には縁遠い零細企業に所属してるヤツとか、オイラみたいなフリーとか、水商売出身とかなんだかよくわからない出自のヤツとか、そういうヤツらが支えてるんだよ。
特に、単調労働部分。

そういうところにスポットをあてるのを最初っからあきらめて、「ギョーカイは健全に変わってきている」なんてまとめをされちゃってもなあ。。


ギョーカイの暗部を包み隠してるのも問題なんだけどさ(いや、そもそも健全な上流工程ばっか経験してるから、暗部自体を知らねんじゃねーか?)、そもそもシステムにおける単調労働が発生しないような、情シスのサラリーマンたちでも運用できるような、そういうシステムをつくっていただきたいですなあ!
若手のSEクンたちには。

なんでもかんでも「運用でカバー」じゃなくてな。
運用設計をないがしろにして、なんでもかんでも運用に申し送りすんなよ。

そうすりゃギョーカイも「健全に」変わるだろうよ。「クリエイティビティ」とやらを思う存分発揮できる! オサレなギョーカイになるのがお望みなんだろ?


この記事についてブログを書く
« 運用のハナシ | トップ | ■ひとり公論・30代男子成長... »

IT土方(「ITセコム」 運用について)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事