管理人はアクションフィギュアコレクターからプラモデラーへ転身しました。
SILVER SURFER BLOG



マーベルがゾクゾク映画を製作していくなか
2005年以降の予定を発表したようです。
今年はなんと言っても「ファンタスティックフォー」
2006年は「X-MEN3」「ゴーストライダー」「パニッシャー2」
2007年は悪役が気になる「スパイダーマン3」

公開は未定だが
「ハルク2」「ウルヴァリン」「Deathlok」「アイアンマン」は
配給会社が決まっています。

製作するであろうラインナップ。
「キャプテンアメリカ」「ソー」「ブラックパンサー」
そして「シルバーサーファー」
映画は、脚本や監督、配役などが難航して
公開時期が早まったり、遅くなったりしますが
ここまでくればもう映画化は決まったも同然です。
「ゴーストライダー」は本当に時間かかりましたからね~。

4/11の記事ですでに
シルバーサーファーの主役はザ・ロックで決まり?です。
ストーリーに関しては、おそらくファンタスティックフォーでは
からまないハズなのでオリジナルで行くでしょう。
もう一人の主役
ギャラクタス

私を演じるのは誰だ~!
おそらくフルCGになるでしょうけど。
もし配役があるとすればベテラン俳優&かぶりモノが
似合いそうな。。。
シュワちゃん?スタローン?

まぁとにかく、この勢いで明日は
シルバーサーファーアニメ#2紹介します!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




昨日今日と記録的な暑さなので、
見た目涼しそうな、この方。
シルバーサーファーによ~く似た
「ICE MAN」
X-MENのメンバーです。
この画像はおそらくファンアートだと思います。
手からは氷が飛び出してます。

こちらは

初代アイスマン。氷をマグニートに投げつけてます。
顔がありません。。。

これが実写映画版のアイスマン。

変わるもんですね~。

少しでも涼しくなっていただけましたでしょうか?

今日開催のスーパーフェスティバルは
どうなったかなぁ~?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4/8の記事で
ハルクは始めはグレーでした。を書きましたが。
今日はデアデビル。左が1964年第1号の表紙。
黄色です。右が第7号の表紙。赤に変更されています。
(原作はもちろんスタン・リー)
実写映画化の際もコスチュームは赤でした。
デアデビル=赤のイメージですよね。
ヒーローのコスチュームは年代でマイナーチェンジ
していくものですが、黄色からいきなり赤に変わってしまうのも
珍しいです。

フィギュアも黄色バージョンが発売されてレアなものになってたりします。

スタチューの世界でも旧新存在します。
[Thanks! ザ・ピットさん]

確かに黄色のコスチュームだとあまり強そうじゃないですね。
変更して正解かも知れません。。。

デアデビルのコミックは80年代から
あのフランク・ミラーが手がけてるんですよね。
そう最近映画化になった「シン・シティ」でも有名です。
バットマンのダークナイトなども手がけてます。
映画ではデアデビルやロボコップも製作しています。
どうやらこのオヤジもカメオ出演してるらしい。
くわしくはコチラ

なぜ黄色から赤になったと言いますと、
お父さんがボクサーでそのリング衣装(黄にDひとつ)を
拝借していたのですが、活躍しているうちに
その衣装が世間にバレはじめて、全く異なるカラー赤にDふたつの
コスチュームになったようです。
このあたりはスタン・リーもかなり
お悩みになったようです。

我らがシルバーサーファーは創刊号から
全く変わりなし。
オール銀色だから変える必要ないか~。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




アクションフィギュアの魅力に取り付かれて、
長いことになりますが、最近はこのブログを
始めてからマーベル、トイビズにハマりまくりです。
マーベルのアクションフィギュアの老舗はトイビズ社ですが、

近年Diamond Select Toysの
マーベルセレクトシリーズはカッコイイ!
このメーカーはフィギュア以外にも、スタチューや
スノーグローブ、PLUSH/ぬいぐるみなど扱っています。

これエイリアンのぬいぐるみ。

トイビズ社が遊び感覚満載のフィギュアに対して
大人なフィギュアをリリースしています。
最近購入したのがこちら。

「スパイディVSドックオク」
ドックオクが渋い。

そんでもって即買いしてしまった。
フェニックス。

クリアーバージョン。ノーマルバージョンも存在します。

フィギュア好きとしましては、スーパーヒーローが
かっこよく立体化されれば、うれしい限りなんです。

ぜひシルバーサーファーも作ってちょうだい!

Diamond Select Toysオフィシャルサイト


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




コズミックブラスター放出中の
シルバーサーファー。かなりいい感じ。
おそらくフォトショップで製作したに違いない。

海外のサイトで面白い所発見しました。
そのサイトのカテゴリーでフォトショップコンテストと言うもので、
画像を面白く加工したものを紹介していました。
沢山ある中で「Superhero Dayjobs」なるコーナー有り。
スーパーヒーローの日ごろの仕事というお題で
掲載されていました。ちょこっと紹介します。

まずスパイディの仕事。

映画スパイダーマン2の冒頭シーンみたいな感じ。
加工が上手。

お次はデアデビルの仕事。

ホテルの荷物持ちなんですね。
これも加工がうまいです。

我らがシルバーサーファーもありました。

サーフィンインストラクター。
シルバーサーファーは宇宙を駆けますが、
実際のところ波乗りはうまいのか?

とにかく他にも色んなキャラが登場していて
楽しめました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4/4に1回目紹介しました。
DVD「スパイダーマン誕生の秘密。スタン・リーの世界」
今回2回目の紹介です。

ここ何日かシルバーサーファーを知る上で
ファンタスティックフォーは重要ポイントという事で
紹介してきました。「スタン・リーの世界」の2部で
ファンタスティックフォーの誕生について
コメントがありました。

60年代にDCコミックの編集者とマーベルの人がゴルフをしながら
話しをした時にDCはヒーローの共演をしてるんだ。
「ジャスティス・リーグというやつで売れてるよ。」
と言ったそうです。後にスタン・リーがその話を聞きましたが。

その時スタン・リーは
40歳でマーベルを退社しようと考えていたそうです。
理由は大人のやる仕事じゃない。コミックは子供や若い考えをもった大人だけが
読むもの、前の月のストーリーも覚えてないから連載も無理などなど。。
そこで
奥様に相談したところ、奥様は「どうせ辞めるなら、好きなようにやっちゃえば!」
そしたら「クビになっても未練はないでしょう?」
そしてファンタスティックフォーを誕生させたそうです。

これが記念すべき第1号。

宇宙放射能を浴びて特殊な能力をもった4人。
そして悪玉のDr.ドゥーム。
Dr.ドゥームは王国のキングで外交特権を持っており世界制服を
企んでいるキャラなのです。
相方のジャック・カービーがふざけて言ったそうです。

マスクを取ったときの Dr.ドゥームの顔はスタン・リーに
そっくりなんだよ~。

そのファンタスティックフォーが
バカ売れしちゃったそうなんです。
そしてスタン・リーはマーベルにとどまる事になったのは
言うまでもない。

奥様の一言がなかったら
ファンタスティックフォーは
生まれてなかったかも知れませんね。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




こちらの画像がかっこよかったのでトップで使用。
よ~く見ていただくと、ギャラクタスに
シルバーサーファーが攻撃しており、
その下にはファンタスティックフォーの
メンバーがいますよ。
おそらくギャラクタスとシルバーサーファーが
始めて地球に来た時のイメージカットでしょう。

3/19の記事
ファンタスティックフォー#48に初登場の
シルバーサーファーとギャラクタスのコミックを
紹介しまして、その表紙にあったハゲおやじが
まさに「ウォッチャー」なのですね。
このお方はマーベル界に起きるすべての出来事を観察し、
記録する者とあります。

こんなお姿です。

[Thanks! ザ・ピットさん]

なんかとてもエライお方のようです。
坊さんみたいな感じです。

人間位の大きさかと思いきや
こ~んなにデカイんですよ。

ギャラクタスとほぼ同じ。。。
下にファンタスティックフォーがいますので
このカットは地球に来たギャラクタスに
説教しているところだと思います。

推測会話
ウォッチャー「ギャラクタスよ、そんなデカイ図体で地球に来たら迷惑だぞ。」
ギャラクタス「そんな、あんたもデカイじゃね~かよ~。」

あれ~監視するだけじゃないの~

時と場合によっては説教もするようです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




画像は2006年6月公開予定の
スーパーマン・リターンズのスーパーマン!
いまだにクリストファー・リーヴ氏の
イメージが頭に焼き付いていますが
どうでしょう。若干カラーが渋めですね。
楽しみな映画のひとつではあります。

4/12の記事で紹介しました。
しびれる「ゴーストライダー」のバイクですが。
人間の時はジョニー・ブレイズでバイクのスタントマン。
こちら。ニコラス演じるジョニーです。

ゴーストライダー役がニコラスに決まった時に
やはりファンとしましては年齢や髪の薄まり具合が
気になっていましたが、問題ないようです。
頬がすこしこけて、いい感じじゃないですか~。

また悪役の大魔王を演じるのがピーター・フォンダ。
そう「イージーライダー」で有名です。
ゴーストライダーではバイクがかなりポイント。
優秀なバイクスペシャリストを集結させて撮影しているとの事です。

映画公開が2006年の8月ですから、
スーパーマン・リターンズの2ヶ月後、
ゴーストライダーのお姿が見れるのは
時間の問題であります。

おそらく、こんな感じには

ならないと思います。

また詳しい情報が入り次第お伝えします。
以上現場からでした。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




昨日いつもフィギュアを買わせていただいています、
豆魚雷さんに立ち寄りました。
店長さんにマーベルユニバースという代物を見せていただきました。
いわゆるコミックではなくマーベルヒーローの
図鑑なんです。

正式名は「OFFICIAL HANDBOOK OF THE MARVEL UNIVERSE」
キャラクターデザインはもとより、
キャラによっては武器の細かい紹介や
こんな表記もあります。

ウルヴァリンの解体図。
昔あった怪獣図鑑を思い出します。
けっこう古くからあったようで
マイナーチェンジしながら発行していたようです。

われらがシルバーサーファーも
もちろん紹介されています。

おそらく年に何冊かの発行で
(表紙の絵が切れてますよね)
全部そろえると

大絵巻が完成するのです。
マーベルキャラを極めるには必須の図鑑でございます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ファンタスティックフォーに
ギャラクタスが初登場したのは
コミック#48。画像のように
ファンタスティックフォーのアニメも
存在したようです。
ちゃんとギャラクタスも出演なさっておりますね。
おそらくシルバーサーファーも登場したでしょう。

シルバーサーファーを知っていく上で
やはり重要なのは初登場の仕方。
ギャラクタスのシモベであり、水先案内役の
シルバーサーファーが
地球に飛来し、ファンタスティックフォーとの
戦い、苦悩、地球になぜ留まることになったか
など知っておく必要があります。
シルバーサーファーのコミックの日本語版が
存在するのは、以前紹介しました。
ならばファンタスティックフォーもあるに
違いない!

あったぞ~!光文社!

しかも、特集シルバーサーファー!の文字!
きっとこれを読めば必ず解明される。

ファンタスティックフォーは
スタン・リー&ジャック・カービーの
黄金コンビの作品でもあるので
ぜひとも入手したい!
してみせる!

しないと先に進まないゾ~。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




4/16にヒロインの存在の記事書きましたが、
今日はシルバーサーファーのヒロイン紹介します。
画像は最愛の恋人シャラ・バル。
ノリン・ラッドがシルバーサーファーになってから
悲しいお別れをしますが、後に
シルバーサーファーを探しに地球まで来る話もあるようです。

こちらが「NOVA」

シルバーサーファーのように
宇宙をさまよっているようで、
ギャラクタス様が創造したようです。
アニメでもNOVAは出てきますし、
フィギュアにもなってますので、重要キャラです。

そして
4/10の記事で紹介した。
70年代にスタン・リーとジャック・カービーの黄金コンビで
作られたシルバーサーファーに登場のヒロインが
「アーディナ」

ギャラクタスに反抗するシルバーサーファーを
手なづけるために彼女を創造し
与えたようです。

コミックの中で
シルバーサーファーはわりと
女性を助けるシーンが多いんです。
お姫様ダッコしてボードに乗って
悪の手から救出。みたいな。
意外と女好き?

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




トイビズ社製。トーキング機能付き。
ビッグなフィギュアです。高さ約40センチ。
迫力満点ですよ。
しか~し!肝心のサーフボードが付いてな~い。
ボックスにサーフボードのイラストはある。
悲しい。。。
この大きさでサーフボード付けたら、
コストがかかるしな~と思いながら、
トーキング機能を確認してみた。

ボックスには
「4 COSMIC POWER PHRASES」
(4種類のコズミックパワーのフレーズ)
と書いてある。

1回目押す。
「ブ~~~~~~~。」
終了。意味不明。

2回目押す。
「TO ME MY BOARD」
(来たれ!私のボードよ!)
終了。

3回目は何だかギャラクタス様に物申す感じ。
4回目は恋人シャラ・バルへのメッセージ。

そうか!2回目のトーキングで「TO ME MY BOARD」だからサーフボード付いてないのだ。
納得。

しか~し!箱のイラストには

「来たれ!私のボードよ!」のフキダシですが、
サーフボードに乗ってるじゃん!

ちょっとしたツッコミでした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




お待たせいたしました。
シルバーサーファーアニメ紹介いたします。
4/5の記事で少し紹介しました。
海外からの購入でもあり、若干不安でしたが
ちゃんと届きました。
出品者が自分でDVDに焼いたもので
かなりあやしい3枚組セット。ですが、
パソコンでは問題なく再生できました。
画質は良くありませんが
ちゃんとメニュー画面もあるし、コマーシャルもカットしています。
1997年放送なのでそれほど古い作品ではない。
タイトルロゴがジャ~ンと出てきた後、
クレジットが流れる。
まずここで発見!
エグゼクティブプロデューサーが
スタン・リー&アヴィ・アラッド
(マーベル映画の製作総指揮のゴールデンコンビ)
そして!
シルバーサーファー/クリエイテッドby
スタン・リー&ジャック・カービー
(アメコミの原作者とライターのゴールデンコンビ)
オヤジ3人衆集結だ~!
のっけからエライこっちゃですよ。

そして、出てくるスターシップが全部3D~


ア~ンド。ギャラクタス様も3D~


星を食らうギャラクタス様ご搭乗のスターシップも、
もちろん3D~

こんな感じで船の下から何本も触手が伸びて
惑星にズド~ンと潜り込んで
おいしいエキスをチュウチュウするわけです。

正式なタイトルが
「THE ORIGIN OF THE SILVER SURFER」となっていますので
スタン・リー、アヴィ・アラッド、ジャック・カービーが
オリジナルでこのアニメを製作したものと思われます。

それでは次回をお楽しみに~

引っぱるな~。。。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




当ホームページにて大好評のフィギュアを使ったコミック。
「フィギュアdeコミック」
おかげさまで10作品目の公開となりました。

そもそも、友人からいただいたスターウォーズの
2体のフィギュアを何か使えないかと考え、
思いついたのが「フィギュアdeコミック」です。

もともとは4コマ完結で行こうと思ってましたが
ネタを考えているうちに長~くなってしまい、
10回作品目はなんと、40コマ以上になってしまいました。

毎回脚本、撮影、グラフィック処理、ページ製作を
一人でこなしているわけですが、一番重要なのは
絵コンテなんです。フキダシ付きのラフなものですが
撮影もそれに沿って行います。撮影枚数は200カットから300カット位。

主役となりますフィギュアですが、持っていないのは
当然買いに走る。ネットで探すわけです。

ネタがとても良く出来上がっても
フィギュアがダメダメで出演断念の方が
今回のウルヴァリンだ~!
大きいくせに可動しない!

なんだ~この巨乳は!


なんだ~この丸い爪は!ブーツデカ過ぎ!

取り乱してしまい。スマソ。

と言うわけで「フィギュアdeコミック」次回作を予定していたネタは
無期延期ですわ~。

このウルヴァリンの里親募集!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヒーローが数多く存在する中で
やはり気になるのはヒロインの存在です。
ヒーローの恋人だったり、超人的パーワーを持つ女性キャラは
アメコミでは沢山います。画像はフェニックス。
かなりSEXYでございます。なぜトップ画像を
これにしたかって?最近マーベル系のフィギュアが
あふれかえって来たところで、よ~く見ると
「みんなメンズじゃん。華が欲しい。。。」
という事で買ったのがフェニックスのクリアバージョン。
満足。

それが映画化されたらヒロイン役は
かなり気になりますよね。
・スパイダーマン/メアリーMJジェーン(キルステン・ダンスト)
・ハルク/ベティ・ロス(ジェニファー・コネリー)
・デアデビル/エレクトラ(ジェニファー・ガーナー)
・X-メン/ストーム(ハル・ベリー)ジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)
 ローグ(アンナ・パキン)ミスティーク(レベッカ・ローミン)
・ヘルボーイ/リズ・シャーマン(セルマ・ブレア)
・キャシャーン/上月ルナ(麻生久美子)
・ファンタスティックフォー/インビジブルウーマン(ジェシカちゃん)


ジェシカ・アルバちゃんはSIN CITYにも出演してますね。

ヒロインや女性キャラの配役に関しては賛否両論があると思いますが、
とっても重要な要素ではあります。

あのヒロイン役はあかんとか
あのヒロインはクリソツ~とか
あのヒロインはあの人にやって欲しいとか

コメント頂戴!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ