FTS

ウスい方はお断りなディープワールド
おもちゃ遊びの濃いブログ
極めろ!玩具道!

バンダイ 言獣覚醒ワーディアン 第2章 ダークライジング PART3

2016-06-26 20:28:17 | 文字変形玩具










二回に分けてノーマルカラー版を紹介したワ―ディアンですが、最後に残りのレアカラー版をレビューします。






第一弾と同じレアカラーのナイトライズ版。

設定的にはノーマルカラー版の言獣のパワーアップ形態。

自分の買ったBOXでは「C」「N」「T」がナイトライズでした。







ナイトライズ版は蛍光色なので、ブラックライトを当てると発光しているかのように光ります。







最近はブラックライトもLED化して輝度の大きい物が多いようですが、昔の蛍光灯型でディスプレイすればより幻想的になりそうです。

まあ、個人的にラメは別に入れなくても良いだろうと思っちゃいますけど。














そして恐らく、今回の大本命と言う方も多いであろう「ダークワ―ディアン」!

こちらは「W」「G」「E」の三種でした。



つまり、アソートとしてはもう一種類のBOXがあり、それにはノーマルカラー6種に加え、W,G,Eのナイトライズ版、C,N,Tのダーク版が入っているはずです。








ダーク版の人気の理由は、単なる色違いではなく一部のパーツが別造形になっている事。

ワイバーンは、ノーマルが鰓部分が大きく造られているのに対し、ダークは角が強調されたデザインになっています。

鼻先の角も大きく印象を変える要素になってますね。







ゴーレムはノーマルがインディアンのモホーク族を思わせるデザインに対し、ダーク版は悪魔的というか鬼のような大きな角が目立つデザインです。







イフリートは、なんとなくイメージ的に正悪の逆転したようなデザインが素敵ですね。

ノーマルの方が一般のイメージするイフリートに近い二本角に対し、ダーク版は騎士を思わせるヘルメットスタイルの頭部になっています。










第一弾のダークバージョンがイオン限定で発売される様ですが、公式HPを見る限り、ドラゴンは明らかに別造形と分かるのですが、他の言獣は変わっていないような・・・


ダーク版は半透明の黒にホログラムの金という、ハズレの無いカラーリングも相成り人気が上昇するのは目に見えているので、このイオン限定版もすぐに無くなるかも知れませんね。



あまり安易なカラバリはファン離れを起こしかねませんが、今のところは入手方法も難しくはないので大丈夫そうですね。



第三弾にも期待しています。


































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ 言獣覚醒ワーディアン 第2章 ダークライジング PART2

2016-06-22 07:09:53 | 文字変形玩具







ワ―ディアンの紹介、続きです。

さっそく行きましょう。





「ナーガ」

知名度も高いし、様々な作品にも登場するモンスターですが、立体化は結構珍しいんじゃないでしょうか。

ましてや変形玩具となれば、もしかしたら世界初?






蛇のような長いだけの単純構造かと思ったら、結構良く出来ていて気に入っちゃいました。

背中の背びれ部分で首パーツと下半身パーツが連動して動いたり、口パーツが開閉したりと凝った作りになっています。






体はここまで伸ばすことが出来ます。

とにかく長い!














こちらは「イフリート」

線が太めで文字形態でも迫力があります。






モンスター形態ではちょっと手足のバランスが悪いですが、手の造形が独特の迫力を醸し出しています。







ゴーレムもこのイフリートも肘が曲がった状態で固定されているのでポージングには癖があります。

人型でヒロイックなデザインは人気が集まりそうですね。














そして最後は「ティラノ」

恐竜からもラインナップさせることで、空想動物だけに縛られないシリーズになる事が証明されました。

今後はSFチックなロボ系なんかも出るかも知れませんね。







世代的にTレックス玩具は直立させたくなるんですよねぇ。

プロポーションはかなり良好。

口部分は上あご、下あごのそれぞれが可動するので、ダイナミックな表情が付けられます。









言獣形態が素晴らしい反面、文字形態が一番犠牲になっている固体でもあります。

第一弾のM(ミノタウロス)に続いて、ちょっと無理矢理感がある文字になってますね。













二回に分けて、ワ―ディアン第二弾のノーマルカラーをレビューしました。

第一弾ではノーマルカラーの方が人気でしたが、第二弾はレアカラーが二色あるので、ノーマル人気が低下しそうですね。


しかし、やっぱりカラフルでクリア―の透明度を楽しめるノーマルカラーは非常にオススメです。




早くも第三段の噂に加え、イオン限定で第一弾のダークカラーの発売も決まった言獣覚醒ワーディアン。

もじバケるの様なロングランシリーズになって欲しいですね!












































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ 言獣覚醒ワーディアン 第2章 ダークライジング PART1

2016-06-20 06:53:45 | 文字変形玩具










期待していたバンダイの言獣覚醒ワーディアン第2章が発売されたので、さっそくレビュー。

第一弾で自分と同じように心を鷲掴みされた方も多いと思います。






前回はバラで購入してノーマルカラーを揃えるのに苦労したので、今回はネットで1BOXを予約購入。









中を開けるとこのように6種×2個が入っています。

もじバケるの時にはアソート内容を詳しく書きませんでしたが、ワ―ディアンでは左側の縦一列がノーマルカラー、右側がレアカラーとなっています。

今回はレアカラーがナイトライズ版とダークカラー版の二種あり、1BOXではそれそれ3個づつ入っています。

フルコンプするには最低2BOX買う必要がありますね。









個別パッケージ。

裏面にはレアカラーの写真も載っています。

箱の内側には説明書が載っていますが、自分の様にパッケージを解体しない派には、この外側の写真が説明書代わりだったりします。









中身についても第一弾と変わらず。

小さなガムと本体、そしてノーマルカラーにはオーロラフィルムのシールが付属します。










今回は3種のみ紹介。







まずは「ワイバーン」

文字形態でもモンスターの頭部分などが大胆に見えるデザインになっていますが、まあ、こういう種類のフォントだと思えばいいんでしょうね。






翼の形が、上手く文字の形を活かしていますね。






翼部分は付け根部分が可動するのでポージングもかなり自由に出来ます。

尻尾も長めで全体的なバランスは流石の主役ポジションですね。










「ケルベロス」

文字形態でも自立するように下側の部分に目立たないような突起があります。

もじバケるでもそうですが、ちゃんと立つって凄い事ですよね。

世の中の文字はそんな事を考えて発明されていませんから。







三つ首の地獄の番犬。

ちょっとそれぞれの頭部が薄すぎるのが気になりますが、これは仕方ないでしょう。







三つの顔はそれぞれ表情が違います。

口を開けている顔、閉じている顔、口角を開いた唸り顔となっています。












「ゴーレム」

文字形態でも中が透けて細かいディティールが楽しめるのは良いですね。







第一弾のミノタウロスに続き、人気の出そうな二足歩行型モンスター。

力強いフォルムが特徴的ですね。






手足がそれぞれ曲がった形で固定されているので、ポージングに少し難がありますが可動部分自体は悪くないですね。

工夫次第ではカッコいいポーズもとれます。






今回は写真の枚数も多めなので、残りの3種については次回に紹介します。







































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アガツマ 爆速救命ダイヤロボ DR-0029グランシルバ

2016-06-11 04:00:20 | ロボット玩具






レビューしようと写真撮ってたのに、すっかり放置してたのを発見しちゃいました。

良くやるパターンですね。


・・・気にしない。








シリーズ終了が非常に残念なアガツマ社の名玩具「ダイヤロボ」の最終ライン商品、グランシルバです。









ニッサンGT-Rのミニカーとしては非常に良い出来。

これは文句ありませんね。

フロント側から見ると分割線も目立ちません。






変形ギミックはスポーツエイトやプロトロイドと大きくは変わりません。








しかし、ロボット形態では、その進化が良く分かります。

頭部の大型化、胸のボンネットパーツの配置を変えることでプロポーションが向上してます。









可動部分も、上半身は今までと変わりませんが、下半身の可動範囲が広くなってますね。








頭部が大型化したおかげか、シリーズ中で一番複雑な形状になっています。

これはカッコいい!








シリーズ最初のフェアレディZから変形するプロトロイド、中盤に出たトヨタ86から変形するスポーツエイトと並べてみました。

個人的にダイヤロボが終了してしまった要因は、トカゲ型、トリケラトプス型、オオカミ型と、地味目の四足モチーフが連続してしまった事ではないかと思います。

もっといろんな人型を多くやっていれば・・・



とはいえ、まだ店頭でも見かける商品ですし、ここ最近の流れで言えば、ビルドアップトミカやダイアクロンとも親和性の高い玩具なので、持っていて損は無いと思います。

特にガソリンスタンド型の基地は、他の玩具と絡めて遊ぶのに丁度好さそうですね。



































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナーフ モジュラス フリップクリップ&ロングレンジ アップグレードキット

2016-06-01 09:17:13 | NERF -ナーフ-




国内のNERF正式販売を手掛けるタカラトミーの公式HPにて、来たる7月2日を「NERF DAY」と設定していますね。

そして、その7月、国内販売を諦めていた「ゾンビストライク」シリーズが、なんと大量リリース!!

ハンマーショットもスレッジファイアも、丸ノコ銃のクロスカットも出ますよ!!!

http://takaratomymall.jp/shop/category/category.aspx?category=Nerf






そんなわけで、盛り上がるNERF界隈ですが、最近になってやっとモジュラスのアップグレードキットが潤沢に在庫出てくるようになりましたね。

買い逃していたロングレンジキットを手に入れたので、レビューしていなかったフリップクリップと併せて紹介します。







モジュラスシリーズに合わせ、新たに発売されたフリップクリップ。

モジュラスカラーの白いダーツが大量に入っているのもポイントですね。








メインとなるクリップ(マガジン)は12発型。

これ、以前に紹介したSWストームトルーパーブラスターDXに白いバージョンが附属していましたが、弾数と大きさ、取り回しのし易さが非常にバランス良いんですよ。

18発クリップだとちょっと長すぎ、6発クリップだと弾数に不安が・・・と言う方には非常にオススメ!!


そして、この12発クリップを重ねるようにして固定しているのがフリップクリップ。








ストライフに装填してみました。

12発×2の、計24発という火力はゲームでの活躍が期待できます。


ただ、旧型のフリップクリップとは違い、クリップ同士の向きは固定化されてしまいます。

ダーツの向きが左右どちらのクリップも同じ向きの為、クリップを入れ替える際には横に回して装填するようになっています。

これが若干使いづらい・・・それぞれ逆向きなら、撃ち終わったクリップを抜いたら手首を返すように縦回転で再装填できればもっと早く入れ替え出来るんですけどねぇ。








フリップクリップ自体はかなり頑丈に固定されているので、旧型のようにゲームの最中にクリップの接続が外れる、と言う事はありません。

取り外すのに少しコツが要りますが、このように分解してそれぞれのクリップ単体で使う事も出来ます。







以前にみなきちさんから譲って頂いたシリコン製のクリップカバーが長さ的にジャストサイズ!

クリップのエンド部分がハンドルの様な形をしていますが、これがクッション代わりになるので、撃ち終わった後乱暴に床にクリップを抜き捨ててもクリップが痛まない、という見た目と機能が両立した素敵なアイテムです。














続いては、最初の発売開始時に店頭でも見かけることが無かった「ロングレンジキット」。

やっと手に入れる事が出来ました。







中身はバレル、スコープ、バイポットの三種です。










ロングバレルと名前は付いていますが、リタリエイターやロングショットなどのバレルに比べるとはるかに短いです。

しかし、機能はともかく、見た目の変化には非常に効果的なパーツです。






接続部分側には、ガイド用のポッチもあります。








せっかくなので久しぶりにリーコンを引っ張り出して来て装着してみました。











続いてはディスタンススコープ。

NERFのスコープとしては大型の部類に入りますね。






のぞいてみると、接眼側と対物側の両方に十字のガイドがあります。

写真だとピッタリ重ねすぎたのでちょっと分かりにくいですね・・・








手元にあったスコープとの比較。

ロングショット付属版と同じくらいのボリュームなので、ブラスターの見た目の変化度合も大きいですね。








リーコン本体に付けるとこのボリューム。

まあ、リーコンはアクセサリーレールがコッキングスライドの上にあるので、写真のように上部にアクセサリーを付けるとコッキングしづらくなるんですけどね・・・











お次はフォールディングバイポット。

名前の通り、足の部分は折り畳みが可能です。







高さ的には、ブレイジングバーストに付いていたバイポットグリップよりも低いです。

他のアクセサリーやブラスターによって高さを使い分けると良いんでしょうね。







収納状態のバイポットグリップと、モジュラスのフォールディンググリップとの比較。

フロント側にアクセサリーレールを持つブラスターは種類が少ないので、活躍の場が限られるのが欠点ですね・・・










キットの三点をストライフに取り付けてみました。

ロングレンジキットの名前の通り、気分はスナイパーですね。








ちなみにストライフにディスタンススコープとブラスターストックを両方装備すると、写真の様に干渉してしまうので注意が必要です。









と言う事で、モジュラスアップグレードパーツの勢ぞろい・・・ってフォールディンググリップ忘れてるよ・・・


手持ちのブラスターを個性化させ、自己満足度を高めるこのシリーズは本当に素晴らしいですね。

モジュラスシリーズは本体もイオンファイアやリーコンmar2などバリエーションも出て来たので、まだまだこれからも期待できますね。


さあ、皆さんも7月のゾンビウォーを前に、自身のブラスターをアップグレードさせましょう!!





































コメント
この記事をはてなブックマークに追加