FTS

ウスい方はお断りなディープワールド
おもちゃ遊びの濃いブログ
極めろ!玩具道!

4月15日 NERFイベント「トカゲ会」に参加してきました。

2017-04-19 04:49:08 | NERF -ナーフ-






4月15日にNERFイベント「トカゲ会」に参加してきました。

このイベントは、主催であるトカゲさんがツイッターを中心に告知して毎月開催されており、今や都内では最大級のNERFイベントとなっています。

すでに一年近く続くこのイベント、なかなかスケジュールが合わず参加出来ていなかったのですが、ようやく行って参りました。


会場は葛飾区にあるインドアフィールド「ラム・ラム」さん

https://lamb-lamb-peacebridge.jimdo.com/





朝から夕方まで、更には延長戦で19時まで、ひたすら対人戦ゲームが行われました!







既に何度も行われているだけあって、ゲームルールも非常に練られたものが多く、戦力バランスや参加者を飽きさせない工夫が随所に感じられました。






その中で、トカゲ会を象徴するゲームと感じたのが「村人vsヒャッハー軍」のゲーム。

これは多人数の村人役の参加者はブラスターを持たず、近接武器だけを装備、対する少数のヒャッハー軍はブラスター制限無しで戦うというルール。

よくディストピア映画などであるシチュエーションをゲーム化している訳ですね。







NERFには、Nフォースシリーズを始め、柔らかなウレタン素材を使った剣、斧、戦鎚など、近接武器が多数リリースされています。

最近ではゾンビストライクシリーズでバットやマチェットなんかも出ていますね。

今までのNERFイベントでは、これら近接武器は正式にゲームルールで使用されて居ませんでしたが、トカゲ会では大胆にルールに組み込み、ただのアクセサリーではなく実際にゲームで使う事が出来ます。

NERFの純正品は入手難易度が高いのが問題ですが、トカゲ会では一部制限付きではありますが、100均のダイソーやトイザらスで売られているウレタン武器の使用もOKとし、初心者でも参戦しやすい工夫がなされています。

・・・しかしこの集合写真、本来は刈られる側の村人チームにも関わらず、みなさんヤル気満々ですね。







対するヒャッハー軍はブラスター制限無し。

ゲームルール自体はヒットされたら復活無しの殲滅戦です。

村人が十数名に対し、こちらは僅かに五名程度。

この辺の人数バランスも丁度よく調整されていました。







ルール説明だけ聞くとヒャッハー軍が圧倒的有利に思えますが、フィールドには障害物が多数あり、ヒャッハー軍側も簡単には勝てません。

村人側は物陰に潜んだり、弾切れの一瞬を狙ってダッシュ攻撃を仕掛けて行きます。

現に、数回ゲームを行いましたが、どちらのチームも五分五分くらいの勝率でした。










その他にも

・ブラスター自由でのペットボトルを使ったフラッグ戦

・単発ブラスター、もしくは近接武器だけの制限戦

・ヒットしても5秒で復活、一定時間内にチーム全体で何回ヒットされたかを競うデスカウント戦

・装填8発以下のブラスター限定戦

など、様々なルールでゲームが行われました。


NERFestやブラスターガールズのイベントでは射的競技などもあり、参加者が自分の順番が来るまで待つ時間が発生しますが、トカゲ会では常に全員参加でゲームが楽しめるので、飽きることがありません。

対人戦をやりたい方、目いっぱい撃ちまくりたい方、近接武器を含め色々なブラスターで戦ってみたいという方には最高のイベントです。






また、NERFイベントのお約束、頒布会でも国内ではなかなか手に入らない貴重なブラスターが大量に出ていました。

・・・残念ながら写真が無いのですが。

特に今回は元祖武器商人:アイアンマン社長こと尚さんも参加され、3Dプリンターで作成したMODパーツなど希少な品が多数出ていました。









またMOD系、自作系のブラスターで参加されている方も多数居らっしゃいました。

写真はフロストさんが作成したチャクラム。

ウレタンソードやエヴァボードで自作された投擲可能な近接武器です。

工作精度が非常に高く、手書きで施されたNERFロゴの効果も高く、言われなければ「こんなの公式で発売されてたんだ!」と思っちゃう出来です!

・・・これにも何度かヒット取られたなぁ。



自分も今回、新たなNERFガンブレードで参戦し、使い心地を試してみました。

結果はなかなか良かったのですが、今は試作段階なのでもっと綺麗に造れたらまた披露したいと思っています。(ちゃんと造るかは・・・)










今回のトカゲ会にはブラスターガールズの新メンバー、おおさわさきさんも参加されゲームを楽しまれていました。

一見、サバゲ―場でNERFのベテラン勢が多そうで、初心者には・・・と思われるかも知れませんが、正直、女性や子供でも(年齢制限成り)楽しめる初心者向きのイベントでした。




告知や募集は主にツイッターで行われていますので、興味のある方は下記をチェック!

主催のトカゲさんのツイッターアカウント

@negativetokage

次回は5月3日に行われるそうです。

募集要項はコチラ
http://twipla.jp/events/250203



また、ラムラムさんのFasebookでもトカゲ会の様子が見れます。



せっかく買ったディスラプターやアキュストライクの性能を対人戦で試したい方、是非参加してみてはいかがでしょうか?



































[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナーフエヌストライクアメリカ NERF N-Force Klaw Hatchet
価格:8420円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナーフゾンビストライクアメリカ Nerf Zombie Strike Strike Blade Toy
価格:6200円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Combi トレーニングトイ タワーがさね

2017-03-24 23:11:59 | 知育玩具










こちらは前回の電波塔ロボのオマケレビュー。








久しぶりの知育玩具レビュー。

いや、娘が成長してからは流石にこの手の玩具も買わなくなりましたからねぇ。


で、小さなお子様のいる家庭では一つは買っているだろうというほどメジャーな育児用品メーカー、コンビ社の製品から「タワーがさね」。

そう、前回に続き、電波塔玩具です。





肝心の育児的な効能とか教育的な意味とかは置いておいて・・・








組み立てると60センチ以上の大型タワーが完成します!

もうね、デカすぎて撮影台に収まらないし、ライトも上手く当たらないくらいデカイ!


「でもこういう大きなタワー玩具なんて他にもあるじゃん?」って思いますよね。

こいつを買った理由は・・・価格の安さです。

実売価格で2k以下、自分が買ったのはセール品で1000円程度でした。








本来の使い方として、組立後も元の分解状態にして重ねて収納できます。

さすがにタワーのままでは邪魔すぎますからね。

でも何故か展望台部分のパーツだけ綺麗に重ねられないんですよね・・・

ここは何とかして欲しかったな。








電波塔ロボとのツーショット!

このサイズ差!







ロボット形態でも基地遊び的に楽しめるサイズ差ですね!






電波塔ロボの基地と考えると、ふさわしい格納場所は・・・やっぱりこの先端部分かな?











もちろん、他にもいろいろな玩具と絡めて遊ぶと楽しいです!

怪獣ソフビと組み合わせるのがベタですかね?

レッドキングは体長45mなので、これでもかなりのオーバースケールですが。


意外と怪獣が東京タワーを壊すシーンが無いのって、333mものサイズを相手にすると怪獣の大きさが目立たなくなるからなんですね。







ちなみに、各パーツを重ねてしまえるので、タワー状態では中が空っぽになっています。

中の空間を利用すると、このように秘密基地的な格納庫に見立てる事も可能です。







一つ一つのパーツは半透明素材でできています。

このように中に物を入れると透けて見る事が出来ます。

タワー内を徘徊する謎の忍者集団!



凄くシンプルで簡単な玩具だけに、工夫次第で様々な遊びが生み出せます。

ちなみに、もう販売されていないようですが、同じ商品が以前はスマイルラボシリーズという名称で発売されており、その際の色の組み合わせは赤と白だったそうです。

うーん、やっぱそっちの色も欲しいなぁ!



































[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セガトイズ 東京タワー 2007価格:98800円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PLM ガーガメルの空想変形シリーズ 昭和型 電波塔ロボ 赤×白Ver

2017-03-23 09:37:45 | チープトイ







公開しようと思って書いていた記事を見つけたので手直ししてアップ。






もう大分以前ですが、気になっていた電波塔ロボを入手しました。

ソフビで有名なガーガメルのデザインで、PLMから発売されているミニプラモです。

以前にワンフェスで発売され、今はPLMのオンラインショップをメインに販売されています。








箱の側面、裏面は説明書になっています。








ランナーは3枚。

非常に小さなモデルで、昔に駄菓子屋などで売っていたミニプラモを彷彿させる懐かしさに溢れたデザイン。

後ろの海洋堂ドクロマンと比較すると大きさが分かって頂けるかと思います。








組み立ては5分もあれば完成します。

タワーと言えばスカイツリーをイメージするこの時代に、こんな東京タワーチックなレトロな電波塔!

昭和型と名乗るだけはあります。

プラモとしてもかなり作りはしっかりしてるんですが、電波塔の先端部分にスキマが出来やすいので、ここにはタボとか付けて欲しかったですね。







塔の先端を開き、ロボットの足を伸ばして変形!








ちょっと短足ですが、味わいのあるロボットが完成します。








このレトロでチープな味わいが、なんともカッコいいです。

「空想変形シリーズ」となっているので、今後の展開に期待したいですね。

巨大建築物からの変形ロボや、富士山に変形するロボなんかが見たいです!


































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マテル BOOMco フリップブラスト

2017-03-19 02:44:34 | NERF -ナーフ-











数年前に国内でも販売されたブラスタートイ、マテル社のBOOMco(ブンコ)。

世界最大の玩具メーカーから発売されたという事もあり、当時は話題になりましたが、残念ながらNERFほどは定着しませんでした。

先日に参加したNERFイベントで使用されている方がおり、その後、たまたま安く手に入ったので一機種を紹介したいと思います。







「フリップブラスト」

国内で発売されたブンコブラスターの中では中級モデルの扱いでしょうか?

ナーフ以上の派手なカラーリングと、パッケージなどのアーティスティックなデザインが目を引きます。








内容物はブラスター本体、専用のダーツ4本、そして専用ターゲットが一枚入っています。








ブンコの最大の特徴がこのダーツ。

NERFと違い、材質は固いプラスチックで弾頭部分がゴムになっています。

胴体部分は中空なので、かなり軽いです。








NERFのダーツとの比較。

長さはさほど変わりませんが、かなり細く、互換性は全く有りません。

この辺はエアゾーン、バズビーなどと違いマテルとしての意地が垣間見えます。








そしてもう一つの特徴が、専用ターゲットに張り付く謎の弾頭。

吸盤などではないので、ペタっと張り付く感じです。

ターゲット以外のところにはくっ付かないのが面白いですね。









ブラスター本体は、上部にアクセサリーレールがありますが、残念ながらオプションパーツなどが無いので何も付けられません。

実用と言うより見た目のカッコよさで付けられている気がします。









銃口部分。

NERFのトライアドのように4連発できるように感じますが・・・

発射されるのは一番上の銃口のみ。

下の三発はただのホルダーで差し込んでいるだけです。

この大きさで単発式なんて・・・









グリップ部分。

ぐるっとグリップを囲うガード部分が特徴的です。

グリップにトリガーは二つ。

普通のトリガーと、その下の握り部分にも青いサブトリガーが見えます。










なんとこのブラスター、サブトリガーを押したままにすると本体がガード部分のレールに従ってグルリと回転します!

この動きでコッキングをしているんですね!!

フリップブラスターと言う名前の通り、慣れればワンハンドの手首の返しだけでコッキングできます。

これが非常にキモチイイ!!

ついついコッキングを繰り返してしまいます。

・・・しかし残念ながら単発式のため、コッキング→発射!→再びワンハンドでコッキング!とやっても、ダーツ込めが必要なんですよねぇ・・・

連発式にしていれば最高に楽しいブラスターだったのに。









そして本体を覆うカバー部分は、シールドとして展開が可能です。

ブラスター後ろ側に接続されており、回転して向きを変える事が出来ます。

シールドの内側の白い部分はターゲットと同じ素材なので、ダーツがくっつきます!









つまり対戦中に弾切れをおこしたら、このようにシールドを展開し、逆手にブラスターを握り相手に付き出せばいいのです。

諸葛孔明が曹操軍から10万本の矢を集めるがごとく、シールドは敵のダーツでいっぱいになる事でしょ!





今まではNERFダーツとの互換性の無さから「食わず嫌い」で手を出さなかったブンコですが、触ってみるとまたNERFとは違う魅力に溢れたブラスターでした。

アメリカでは人気ゲームタイトルや映画などのブラスターも出ているようなので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?






























[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOOMco. HALO UNSC M6 ブラスター (海外取寄せ品)価格:7862円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOOMco. HALO UNSC MA5 ブラスター (海外取寄せ品)価格:14763円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナーフ ゾンビストライク ダブルストライク

2017-02-07 06:48:42 | NERF -ナーフ-







ブラスターガールズのあどさんがカスタマイズしたブラスターを見て「そういえば自分も持ってるしブログに上げようと思って写真も撮ったな」と思い出しました。


なので何故かいまさらレビューですが、NERFゾンビストライクのダブルストライクです。




ゾンビストライクシリーズは、海外版と同じパッケージに日本語シールを張り付けてあります。

この裏のイラストがまたカッコイイですよね!










ブラスターとしては単発式に分類される比較的小型のブラスター。

ハンマーコッキングを採用している事もあり、実銃っぽいスタイルが魅力です。









ストロングアームとの比較。

小さいというか、正確には薄くて短い、といった感じですね。









女児向けのレベルシリーズ、そしてこのゾンビストライクシリーズから採用されたハンマーコッキング。

これのお陰で片手操作で連発できるんですね。

そしてグリップはお約束の布巻きディティール。







先端は上下二連式のバレルになっています。

少しだけ上のバレルの方が長く作られていますね。








ダーツ装填は先込め式。

EX系IX系と同じです。

結構バレルが短めのせいか、ダーツが飛びだしている部分が大きいです。

せっかく見た目が良いのにダーツ装填するとカッコよさが半減してしまいますね。

プラパイプなどで目隠しカバーを作ると良いかもしれません。










丈夫にはアクセサリーレールも付いているので、モジュラスシリーズや他のブラスターアクセサリーを取り付ける事が可能です。

が、これも拳銃タイプに似合うアクセサリーが少なくて・・・







グレートリガーですが、飛距離も悪くなく、充分ゲームでも使えるブラスターです。

もともと自分はコレをファストドロウで使うつもりで購入しました。

ハンマーコッキングを利用したファニングショットをする為です。


ただし、他のハンマーコッキングを使ったブラスターもそうですが、コッキングの際に少しでもトリガーにテンションが掛っているとコッキング後のロックが掛らず、暴発してしまいます。

また、ダブルストライクに関しては、ハンマーコックを一番後ろまで引ききった際、ロックのかかる位置まで僅かな距離(1mmにも満たない)シリンダーが動きます。

この少しの空気漏れでも、装填したダーツが飛び出す事例も聞いています。

まあ、恐らく個体差もあるんだと思うのですが・・・自分の購入したものは大丈夫でした。


また、ハンマーが上がった位置は女性や子供にはワンハンドでの操作はちょっとやりにくい距離かも知れません。

逆に、男性の場合、グリップが短く、エンドがしっかり握れません。

そんなに手の大きくない自分でも、写真の通りです。



二連とはいえ単発モデルなので、サバゲ的な遊びではメインにはしにくいブラスターなので、上記の欠点もセカンドブラスターとしては気にならないレベルです。

何より価格も安いので、入門用かあどさんのように改造のベースにするのが向いているブラスターでしょう。





2017年もNERFは新商品ラッシュですね。

どこまで国内販売がされるのか楽しみです!






























[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナーフ アキュストライク アルファホーク
価格:4860円(税込、送料別) (2017/2/7時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナーフ アキュストライク ファルコンファイア
価格:2138円(税込、送料別) (2017/2/7時点)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加