蒼莱ブログ

天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

↑天皇陛下がスピーチ中にも関わず、着席したままの菅義偉と小池百合子

>「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」

天皇陛下は御自身の出来る範囲の中で、最後迄東京五輪開催には反対の立場をお示しになられました。陛下が東京五輪開催に賛成しているのであれば、『祝い』をお使いになられます。

 

陛下がスピーチ中にも関わらず、菅義偉偽首相、東京都の小池百合子知事が不敬な態度を取りました。これも、陛下ご自身から見れば想定内。陛下は、菅義偉、小池百合子等は日本人ではない。彼等は反社会的勢力の仲間であり日本国並びに日本人の敵である事を全国民にお伝えしたかったと考えるのが妥当。天皇陛下の御行動は決して無駄ではなかったのです。

◆天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e53f3b9cff66f3a63289d632816a33985a5a300

7/24(土) 6:56配信

「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」

7月23日におこなわれた東京五輪の開会式。206に及ぶ国と地域の選手団が入場。組織委員会の橋本聖子会長(56)やIOCのバッハ会長(67)がスピーチした後、冒頭のように開会を宣言されたのは天皇陛下だった。

「天皇陛下が開会を宣言される様子は、しっかりと中継で放送されました。しかし、その際に隣で座っていた菅義偉首相(72)と小池百合子都知事(69)のふるまいに、批判が集まっているのです」(スポーツ紙記者)

 実は菅首相と小池都知事、天皇陛下の開会宣言が始まっても着席したままだったのだ。

 その後、小池都知事が菅首相に目配せすると、いそいそと立ち上がった2人。このことにネットで厳しい声が上がっている。

《陛下が話し始めてから起立する小池氏と菅総理不敬にも程がある》

《天皇陛下が席をお立ちになったらすぐ立つべき。恥ずべき映像を世界に流してしまった》

《陛下の開会宣言のVTRが流れるたびに、菅が座ってたところも映るのか……あまりに不敬》

 6月25日、宮内庁の西村泰彦長官(65)が天皇陛下のご懸念について「オリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないかご懸念されている、ご心配であると拝察をいたします」と語り、波紋を呼んでいた。

 だが当時、菅首相はそんな異例の「拝察」発言にも「長官ご本人の見解を述べたと理解している」と語るのみだった。

 はたして天皇陛下の開会宣言は、菅首相に届いていたのだろうか――。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「東京オリンピック」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事