すーぴーあのね・・・

お空のすーぴーに語りかけるかーさんのゆる~い日常

お詫び

2013-02-25 20:08:12 | Weblog
 ご心配をおかけしてしまい 申し訳ございません

 
 少し時間を下さい
コメント

神様のとけい 3

2013-02-23 20:31:59 | Weblog
 すーぴーあのね・・・


 神様の下さった時計は 相変わらず進むことなく

 休日の朝寝坊に付き合ってくれた

 2度寝、3度寝までしても 目覚めた時はいつも同じ

 あの日の朝だ

 これは何かの罰なのだろう

 時を刻まないのに 神様の下さった時計は 週末を知っている

 もう週末の予定なんて必要はない

 ただ 眠り続ければいいのだ

 何も考えない 考えなくていいからね
コメント

神様のとけい 2

2013-02-22 20:36:39 | Weblog
 すーぴーあのね・・・

 そっちはどう?


 神様の下さった時計は 今朝も1秒たりとも進んでいなかった

 代わりに ほんの数g重くなった

 ちょうど昨日飲んだ薬の重さ分だ

 あか おれんじ みどり・・・

 キボウとキタイというフィルムに包まれた薬は 蛍光灯の下でとてもきれいだ

 なのに 掌にのせると安っぽいラムネ菓子のように コロコロと転がる

 時を刻まないのに 神様の下さった時計は 薬の時間だけ几帳面に教える

 でも いつか飲むことも忘れてしまうのだろう

 そんなに信じていない 信じてはいないからね
コメント

神様のとけい

2013-02-21 20:07:47 | Weblog
 すーぴーあのね・・・

 そっちはどう? 


  ある朝 神様が時計を下さった

  何の前触れもなく それは突然のことだった

  手にした時計は 追いつけないほどの速さでめまぐるしく動き

  やがて ぴたりと止まった

  セットしてあったアラームは その時をとうに過ぎたのに鳴らない

  時を刻まないのに 神様の下さった時計は日に日に大きく重くなって

  もう 片手では持ちきれないほどだ

  きっとそのうち押しつぶされてしまうのだろう

  そんなに強くはない 強くはないからね  
コメント

まちぼうけ

2013-02-20 21:03:28 | Weblog
 すーぴーあのね・・・

 そっちはどう? 

 いいかげん 待ちくたびれたでしょ

       

 アタシもね ずーっと待ってるの

 明日も 明後日も ずーっと待ってる
コメント