将棋ソフト生活

将棋ソフト・コンピュータ将棋の話題

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第22回コンピュータ将棋選手権はGPSが優勝

2012-05-08 05:01:03 | コンピュータ将棋選手権
ゴールデンウィークといえばコンピュータ将棋選手権です。
(今年もあっという間に五月です。早い・・・)

今年はGPSが優勝。
GPSは、2009年に優勝している競合です。

GPS将棋(将棋ソフト列伝)

結果はこうなりました。

優勝:GPS
2位:Puella α
3位:ツツカナ
4位:ponanza
5位:習甦
6位:劇指
7位:YSS
8位:Blunder


コンピュータ将棋選手権の結果ページはこちら
第22回コンピュータ選手権 結果(コンピュータ将棋協会)


今年の結果についていくつか印象に残ったポイント。


■GPSは、将棋ソフト列伝でもご紹介していますが、東京大学院の研究者たちが取り組んでいるソフトです。複数の研究者が研究テーマ(の一つ)として取り組んでいるので、今後も強豪であり続けるでしょう。(他のソフトは個人の趣味として開発されているようですから、好対照です。劇指やYSSのように販売されているソフトでも開発態勢は個人だと推測します)

■2位の「Puella α」は、今年1月に米長会長を破った「ボンクラーズ」です。なぜ素敵な名前を変えてしまったのでしょうか。それはともかく、やはり強い!

■ツツカナと習甦は情報が少ないソフトです。おそらく個人の方で、オープンソースのBonanzaやGPSを参考に開発されているのでしょうか。ネットで詳細が分かれば、このブログでも紹介したいです。

■劇指、YSSという老舗が決勝まで残ったのはさすがです。あのBonanzaが予選落ちしたほどですから、昨今のコンピュータ将棋のレベルがいかに高いか予想がつきます。

■昨年からニコニコ動画(ドワンゴ)が協賛に入って、中継で活躍しています。
ニコニコ動画は名人戦の完全中継をしているほどで、将棋とは切っても切れない仲になりました。

■1位~5位のソフトが来年の電脳戦でプロ棋士5人と対戦するようです。これは楽しみ。

■上記のコンピュータ将棋協会のサイトには、各ソフトに関連したサイトにリンクがあります。個人の開発者の方へのブログなども多くて、読んでいて楽しいですね。プログラマーの方などは読んでみると刺激を得られると思いますよ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 人間よりコンピュータが強い... | トップ | われ破れたり »

コメントを投稿

コンピュータ将棋選手権」カテゴリの最新記事