私が死んだあとであなたが読む物語

基本的には「過食症患者の闘病記」、と言っていいでしょう。

伊豆旅行

2022年07月31日 16時20分28秒 | Weblog

4年ぶりに家族で創価学会の夏季フリー研修に行ってきました。

静岡県は伊豆半島へと、一泊二日の小旅行です。

まずは新幹線で静岡県三島市へと向かいます。

そこから在来線に乗り換えて熱海市へと向かいます。

新幹線だけで熱海まで行くこともできるんですが、せっかくなので在来線にも乗ってみます。

在来線の中の風景も旅の思い出になります。

熱海駅に着いたのがお昼の12時半前。

そこからレンタカーに乗って伊豆半島を東側の海岸線沿いに南下します。

その車内にてコンビニのサンドウィッチで昼飯を済ませます。

天気が良く、車窓から見える海の景色はそれだけで奇麗でした。

下田市まで2時間半以上のドライブとなりました。

このままホテルに直行して何もせずに一日を終えるのはもったいないので、どこか観光することにします。

それで「龍宮窟」という場所に行ってきました。

海岸沿いにある岩壁が長い年月をかけて波に侵食されて「海食洞」といわれる洞窟を形成することがあるそうです。

龍宮窟もそんな場所でした。

決して足元は歩きやすい場所ではなかったので、両親らが転んだりしないか、あるいは体力的に大丈夫なのかと、少し心配になりました。

30分ほどで龍宮窟の観光を終え、それでもまだ17時前だったので、他にもどこか巡ってみたい気もしました。

ロープウェイに乗って寝姿山という山の山頂から景色を眺めることが出来るので、それに行ってみようかと思いましたが、ロープウェイの時間が終わっていたようです。

それに親父がはやくホテルに行きたがっていたので、今日はこの辺までとします。

ホテルにチェックインしたのが17時過ぎ、18時30分から夕食。

部屋からは海が見えます。

夕食は70分制限のバイキング形式です。

ホテルのバイキングとなるとさぞ豪勢な食事をしたのだろうと思われるかもしれませんが、別にそんなことはありませんでした。

リーズナブルなお手軽バイキングって感じです。

母や叔母らはもっと豪勢なものが食べたかったと不満気味でしたが、父はお酒が飲み放題で満足だったようです。

22時半ごろ、大浴場に行ってみたらほぼ貸し切りに近い状況でした。

風呂上がりに脱衣所の体重計で体重を測ってみたら60.65kgでした。

足裏マッサージ機を堪能して部屋に戻ります。

部屋に戻っても特にすることはありません。

ホテルには娯楽として、予約制のカラオケBOXがあったり、ちっちゃなゲームセンターがあったり、卓球もすることが出来るみたいでしたが、友達と来ている人なんかはそんなことをしたりして遊んだりもするんでしょう。

4年前、横浜を旅行した時には、夜中の街を一人ぶらぶら歩いて、それもいい思い出でした。

ただそれは横浜という街中で、夜景もきれいだから、夜の散歩も楽しめたわけです。

街灯もままならない海岸沿いを歩いても楽しめる気がしなかったので、今回は夜の散歩をしようという発想がなかった。

でも今にして思えば、海岸沿いじゃなく、街の方まで行ってちょっとくらいブラブラしてもよかったかなって思います。

 

0時過ぎに寝床について、碌に眠れた気もしないまま、カーテンの向こうが明るくなったのに気づきます。

4時47分、日の出。

朝食は7時から。

やはりバイキング形式で、サラダ、しらす、サバ、きんぴら、ひじき、ウインナー入りのポトフ、ヨーグルト、ライチ、などを食べました。

8時ごろ、弟が合流。

もともと一緒に旅行するつもりだったんですが、仕事の都合上どうしても午前中に出発することが出来ず、我々よりも遅れて出発し、昨日は熱海で一泊し、今朝の始発で下田市まで来て合流するという手筈となったのです。

 

旅の二日目はまず水族館へと向かいました。

イルカショーやらアシカショーやら、色々と満喫できました。

そのあと、ペリーロードという、黒船でやってきたペリー提督が条約締結のために訪れて歩いたと言われている通りを訪れます。

ただ照りつける太陽の下を歩くのは、なかなかに大変で、レトロな風景を楽しむ余裕はありませんでした。

夕方や、それこそ夜に歩いた方がよかったのかもしれません。

その後は戸田記念館へと向かいます。

フリー研修を終えて会館を後にすると、お昼をとることにしました。

これまでの食事は、ホテルのバイキングを含め、あまり贅沢な食事をしてないので、今日のお昼はいいものを食べようというのは、昨日の時点から話していました。

それで観光案内の本に載っていた「金目亭」という金目鯛のお店に行くことにしました。

金目の三食丼を頂きました。

食券形式のお店でしたが、食事そのものが美味しくて満足できました。

食事を終えたのが13時過ぎ、そのあと、近くに道の駅があるので、そこでお土産などを買います。

さてそれからどこへ行こうか。

せっかくの旅行なんだからお金を惜しまずに旅した方が満喫できるんですが、私は連れてきてもらっている身で、どうもそう簡単にお金がかかるような場所を提案するのは憚れる。

観光案内の本とにらめっこをし、伊東市の城ケ崎海岸に行くことにしました。

ここは下田市と熱海市との間にあるので、まあいわば帰り道の途中にあります。

吊り橋は、渡るのが怖すぎるって程じゃないけど、それなりにスリルもあるって感じした。

城ケ崎海岸を後にすると、そこからはさてどうしたものか。

18時にはレンタカーを返さないといけない。

今熱海にまっすぐ向かうと少し早すぎる。

かといって、どこか丁度いい観光スポットを見つけるのも難しいので、おとなしく熱海に帰ることにしました。

17時40分ごろに熱海に到着。

あとはもう18時40分発のひかりに乗って帰るだけ。

新幹線に乗る前に駅弁を買って新幹線の中で夕食を取ろうってことになってたんですが、駅弁の品ぞろえが悪く、これならもういいやと、コンビニでサンドウィッチを買いました。

というか、買ってもらいました。

18時40分発のひかりは混んでおり、みんなでまとまって座ることはできませんでした。

ただ次の駅で、客が結構降りたみたいで、家族の近くに席を移動しました。

19時過ぎ、サンドウィッチを頬張ります。

すると腹が満たされたからか、眠気に襲われます。

電子書籍のkindleを持って行ってたので、それで本を読もうとしたんですが、睡魔で集中できず。

かといって新幹線で熟睡できるような人間でもないので、ちょっと数分まどろむ程度です。

夜なので窓の外は暗く、街中を走っているときだけ街の灯が見えます。

短かった夏の旅行もこれで終わります。

少し感傷的な気分に浸る。

こうやって家族で両行に出かけるのも、あと何回くらいなんだろう。

目的の駅について、三々五々そこで解散。

最寄りの駅から一人で暮らす自宅までは、歩いて20分くらいかかる。

見慣れた街の通り慣れた道も、まだ旅行気分を引きづって歩くと、いつもと違うように思える。

家に帰るまでが旅行です。

 

4年前、横浜を旅行した時は、帰り道に過食衝動がうずいたような記憶がある。

あのときは完全なる通常状態だった。

今回の旅行も別に過食状態での参加というわけではないが、かといって通常状態と言えるかどうか、といった感じだった。

それでも旅行中は、食べる過ぎることなく普通に食事ができた。

バイキング形式だったにもかかわらず、夕食も朝食も2週目に入らずに終わった。

カロリーやら何やらを、そこまで気にするでもなく、普通に食事をして普通に旅行をしたって感じがする。

だからだろうか、帰り道も晴れ晴れしく元気に歩いて家に帰った。

翌朝、たっぷり水を飲んだ後ではあるが、体重を測ってみたら、61.35kgだった。

一昨日の夜、ホテルの大浴場で測った時より0.7kg増えてるが、別にどうでもよかった。

体重なんかより、神経質にならずに普通に食事をして、普通に旅行をできたことの方がよっぽど意味が大きい。

もどったんだろうか。

私は普通に戻ったんだろうか。


kindle paperwhite

2022年07月14日 04時34分00秒 | Weblog

私は元々読書が好きだった。

最後に本を読んだのはいつだろう。

電子書籍は持っていない。

何も紙の本にこだわっているわけじゃない。

欲しい気もある。

前にamazonのkindleが安くなっていることがあって、買おうかどうか迷って買わなかった。

そして先日、7月の12日と13日の二日にわたって、また年に一度のセールを開催している。

kindleが安くなっている。

欲しい。

でも本当に必要だろうか。

今の私は英語の勉強に注力している。

小説を読んで楽しんでいる時間なんてあるのか。

でもまあ英語の本も読んだりはできる。

でも紙の本で十分な気もする。

1万円以上消費してまで買う意味あるのか。

でも、kindle購入と同時にkindle umlimitedという読み放題サービスを無料で3か月受けることが出来る。

その中には英語の本もたくさんある。

読んでみたい、でも本当に電子書籍なんて要るのか、その狭間に揺れて、この二日間まともに英語の勉強ができなかった。

結局は購入した。

元々は本好きだ、持ってしかるべきだろう。


光陰矢の如し

2022年07月12日 19時07分06秒 | Weblog

先月末、6月27日の月曜のことかと思う、参院選の期日前投票に行ってきた。

そのあとで母親に遮光カーテンを買ってもらった。

遮光カーテンを取り付けて以降、毎日部屋を換気するようになった。

遮光カーテンを買ってもらったあとで母親が何か食べに行くかと誘ってくれたが、お腹が空いていないと断った。

過食状態みたいなもんだから、断る理由なんてないはずなんだけど。

その日以降、わりと通常状態に戻った。

 

それと今日、歯医者にってきた。

そしたら、2年振りだと言われた。

そんな馬鹿な、去年の夏から年末まで10回くらいに亘って通わされたはずだが。

と思ってこのブログで確認したら、たしかに去年は丸1年は医者には行ってないことになっている。

時の流れに対する感覚が馬鹿になってきている気がする。


腰痛

2022年03月18日 15時33分48秒 | 過食症

一昨日くらいからやたらと腰が痛い。

昨日は結構身動き取れないレベルに痛かったけど、寝て起きたらマシになった。

でも今また徐々に痛くなってきてる。

姿勢が悪いんだろうか。

一時的なものならいいけど。

過食を繰り返して体にガタが来てるのかもしれない。


英語ブログはじめました

2022年03月13日 19時22分50秒 | Weblog

相も変わらず過食状態の最中だが、それでもゲームじゃなくて英語の勉強をしている。

英語学習に特化したブログを始めることにした。

自分の英語への理解を深めるために。

 

https://seven-rock.hatenadiary.jp/


What's wrong with you?

2022年03月10日 10時37分26秒 | 英語

What is wrong?

直訳すると「何が悪いんですか」とか、「何がまずいんですか」とか、「何がダメなの」など。

「いや~しまったなあ」と何かやらかした風な友人や、あからさまに落ち込んでいる友人に一言。

「What's wrong?」

日本語だと「どうしたの?」って訳されることもありますが、英語の「what's wrong?」は日本語の「どうしたの?」ほど汎用性の高い言い回しではない。

日本語の「どうしたの?」は、ヤッター!っと飛び跳ね喜んでいる友人に対しても使いうことができます。

いわば「right」と「wrong」の両面を持っているわけですが、それに対し英語の「what's wrong?」は、あくまでも何かしらの「wrong」が発生していると思わしきときに、心配な気持ちを込めて使うフレーズです。

 

What's wrong with you?

うしろに「with you」がつくとどうなるのか。

この「with you」は「wrong」に掛かっている。

つまり、ただ「wrong」ではなく、「with you な wrong」という風に限定しているわけです。

withという前置詞には色んな意味がありますが、基本的には「付随して一緒にある」というニュアンスです。

辞書には「状態の帰属先」ともあります。

「wrong」という状態が他の誰でもない「you」に帰属している、つまり「you」が抱えている「wrong」、それが「wrong with you」。

あなたが抱えている不具合は何ですか、あなたの間違いは何ですか。

「What's wrong with you?」っていうのは、いわば「you are wrong」という事実の上に成り立っている。

場合によってはもっと踏み込むんで、「あなたの頭の中の不具合」みたいなニュアンスが込められることも。

本当に「あなたの何がおかしくなっているのか」を知りたいわけじゃなく、相手の間違いを非難したり指摘したい意味合いを込めて言うこともある。

もちろん「with」のあとが「you」じゃなければ、文字通りに普通の疑問文となることもよくある。

ケータイが故障して調子が悪くなったときに「What's wrong with my phone?」と言ったりしますが、この場合は、本当にどこが悪いのかを知りたくて店員さんにそう尋ねています。

この文と比較すると、「my phone」の部分が「you」になっているわけですから、「What is wrong with you」は「you」を故障した扱いしているのがよくわかると思います。


変えるための道具はある

2022年02月12日 02時13分03秒 | 過食症

気づけば一年近くずっと過食状態。

もはや再起不能か。

去年あたりから英語学習に目覚めた。

昔から基本的には好きだった英語。

本格的に心動かされるものがあった。

これまでは過食状態の時はたいていゲームをやって過ごしていたけど、去年は一時期ゲームもほったらかして英語の勉強をしてた。

そんなあるとき、品薄状態で入手困難なPS4のコントローラーが正規の値段で売られているのを知り、ソワソワする。

そして気づけば購入していた。

それをきっかけにまたゲームを再開した。

でもここ最近、やっぱりまた英語に向き合いだしてる。

もう私も若くない。

親もいい年齢だ。

兄弟が両親の終活について考え動いている。

私もその余波を受ける。

もっともっと英語の世界にどっぷり漬かっていきたい。

そして英語で自分の人生を変えたい。

英語にこれまでにない可能性を感じている。

生半可ではいけない。

今年が勝負だ。


体重と過食

2021年02月21日 18時51分04秒 | 過食症

通常状態47日目。

あれは十日ほど前だったろうか、猛烈に過食しそうになったことがあった。

普通の食事を終えた後に、そのまま過食に流れ込みそうになる。

そう、いつものパターン。

半ば強引に食器を洗って食事を終えた。

過食の方に流れようとする脳を、押し殺すように、噛み殺すように。

そこを乗り越えて食事を完全に終えてしまえば、意外とどうってことなかった。

ほかにも、過食がチラつくことはあった。

ただこちらとしても、その程度の疼きじゃあ過食することもできない。

でも、そんなのが度々起これば、ボディブローのように効いてきて崩壊することだってある。

 

過食が起きない安全な減量ペースは、1ヶ月にマイナス5%以内。

しかし今のところ、体重を測れば常にそのペースを上回ってしまっている。

安全圏に抜け出すためにも、3日後の水曜日の測定までに0.8キロは増やさないといけない。

今は減り過ぎないようにと、だいたい日に800カロリーくらいは摂取するようにしている。

そんななか、数日前、アルバイトもして体も動かしてるし、減り過ぎには注意したいからと、1000キロカロリー以上摂取した。

すると少し気分が安定した気がする。

確かに体重の減少を抑えることと、過食衝動の安定は関係しているのかもしれない。


428~封鎖された渋谷で~

2021年02月12日 12時04分06秒 | ゲーム

「428~封鎖された渋谷で~」は、サウンドノベルとよばれるゲームで、キャラクターを操作したりするのではなく、その名の通り文章を読むゲームです。

サウンドノベルゲーム自体が初めてのプレイでした。

都会のど真ん中で国際的な犯罪が繰り広げられる感じが、ハードボイルドっぽくってよかった。

プレイヤーの選択肢次第でストーリーが分岐したり、ストーリーチャートがあったりという点では、「デトロイトビカムヒューマン」と似ていますが、個人的にはデトロイトの方が面白かったように思う。

「428」では、選択肢を変えるとどうストーリーが変化するのかを見るのがおもしろかったです。

攻略サイトを見ずにクリアしたかったですが、陰謀編はもちろん、真エンドですら自力ではクリアできませんでした。

あと、出演している役者が無名の人が多いのも、ストーリーに入っていきやすくて個人的にはよかったです。

ヒロインの大沢ひとみが、ストーリーが進むにつれ魅力的に見えてきました。


合言葉

2021年02月07日 04時23分52秒 | Weblog

通常状態32日目。

前回の通常状態は25日目に崩壊しました。

少なくともそれを越えたいと頑張って来ました。

2週間程度が経った頃、すこし不安定な自分を感じました。

もうこんな早くに揺らいでしまうのか。

そう思いながらも、過食をしない日々を次へ次へとつなげました。

「引き連れていこう」

そんな言葉を合言葉にして。

今では少し安定期に入った感じはします。

それでも昨夜は過食する夢を見た。