ぶうけがるに

gallery展覧会のご案内と日常のできごとを綴っています
www.noivoi.com

アートを「買う」という楽しみ方

2022-11-10 17:34:00 | 日記
ご紹介が遅くなってしまいましたが、
美術評論家・キュレイターの山内舞子氏執筆のウェブマガジン、

『 NEW ME,
NEW LIFE.MAG 』

にギャラリーの展示風景として掲載していただきました。
どうぞご覧下さい!

CULTURE  2022.04.25
アートを「買う」という、新しい楽しみ方





ギャラリーノイボイ10周年記念展の様子↓



現在は、『吉田葵展』開催中です。



















コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

吉田葵展のご案内

2022-11-07 19:27:00 | 日記
展覧会が始まっています。

envelope
吉田葵 Aoi yoshida











近年、コロナ禍での生活や子育てをするようになり自宅で過ごす時間が増え、人との関わり、距離感をより考えるようになりました。
人と会うことが容易でなくなった為、手紙や贈り物の交換も増えました。
手紙にはメールやSNSのような即効性や利便性はありません。
気持ちを書き綴る、封筒に入れる、切手を貼る、ポストへ出す、手間と時間を経て相手へ想いを届ける手段です。
手紙を書くことと、四角い枠の中に絵を描くことが重なりました。

envelopeという展覧会や作品のタイトルにした単語の意味は封筒、包むもの、覆い、膜、などの意味があります。

手紙の封筒を開ける瞬間。
プレゼントのリボンをほどく瞬間。

その時流れる緊張感や高揚感を描きました。
私の絵には具体的な言葉やプレゼントはありませんが、封筒や包み紙のような役割を持たせながら描き続けたいと思います。

吉田葵


会期など詳細はHPをご覧下さい。

皆さんのお越しをお待ちしております。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バスが来ないバス停

2022-10-29 11:39:00 | 日記
一人、静かな朝。
(最近新聞読んでる?とつれあいに指摘され悶々としていた)
新聞を読んだ、というより見た。


何にも頭に残らない。
日経だからか、いや、
今までなら何らか興味ある記事を探すのが私だったはずなのに・・

目が止まったページがあった。
ほとんど文字がないページ、





ACジャパンの広告だった。
文字が少ないので読んでみた。
認知症の高齢者のことだった。
(読めたら読んでみて下さい)


私の母がこの春、老人ホームに入居し、対応に苦慮しています。
少し前、ホームでコロナのクラスターが起こり今でも面会が制限されています。
母も感染し微熱だけでしたが少し怖かったのでしょうか、身体のあちこちが痛いとか、痒いとか、実際に足が腫れてきたりして次々に身体の変化を訴えてきます。
もうすぐ93歳なので、当たり前と言えば当たり前なのです。
老いることを受け入れられず、恐らく閉鎖された施設の中に入れられてこのままでは自分はここで最期を迎えるのだと不安なのでしょう。



この広告は、ドイツの施設で実際にあったことだと書いています。
「バスの来ないバス停」の意味は今の私を惑わせます。

認知症になる可能性は誰にでもあり、老人ホームの必要性はどんどん高まります。
今お世話になっているホームでは、スタッフの皆さんに大変よくしてもらい、入居する前より母の為になっているはずですが、私の心はずっしりと重く、他に方法はないのだと自分に言いかせるしかありません。


ACジャパンの広告は、普通に生きることが罪なのだと脅かされているように感じるのは、不器用な私だけ?








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋深し・・

2022-10-18 19:22:00 | 日記
リビングから西の空を眺めています。
こんな夕焼けは滅多にないのですが。






ほんの15分くらい・・
あっという間に陽が沈み、オレンジ色が消えてしまいました。





もちろん、同じ日です、これ。





空を眺めることが好きです。。



作家に乗せられて、久しぶりに夫婦で笑ったあ〜藤原更展最終日に。






夕方、ギャラリーを外から見る。





みなさまのお越しをお待ちしております。
展覧会情報は、HPをご覧下さい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤原更展 始まりました!

2022-09-30 19:39:00 | 日記
本日より
『Sarah Fujiwara exhibition
Melting Petals』始まりました。

藤原更が2007年、フランスで出会った芥子の花畑に魅せられ撮影し続けた15年を、インスタレーションも交えながら迫力ある大型作品を中心に展示しています。














芥子の花が一面に続く風景を再現するかのように、同作品をプリントした10mの布が揺らぐあいだを歩いてみて下さい。




今展を記念して、初めてのアートブックを予約販売します。
詳しくは次回このブログでご案内します。
また、ギャラリーにお問合せ下さい。

展覧会は、10月10日まで。
(月曜休廊)


みなさまのお越しをお待ちしております。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする