理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

千葉県大規模停電長期化「こんなときに、増税してもいいのか!」

2019年09月16日 01時21分30秒 | お友達ブログ.SNS.土佐のくじらさん他

関連画像

千葉県大規模停電長期化「こんなときに、増税してもいいのか!」

幸福の科学高知 なかまのぶろぐ ばくちゃんより

先週日本を襲った台風15号の影響で、まだ千葉県で大規模な転電が続いています。

まだ完全復旧には2週間かかると言われていますので、この電気文明の日本において、

長期間に渡り電力が途絶えることの影響を考えると、胸が痛まずにはいられません。

しかしここに来て気になるのが、マスコミの報道です。

不眠不休で復旧作業に取り組む、東京電力への、「復旧が遅すぎる」という内容の批判です。

私は個人的には、その批判は的外れだと思います。

というのも、被害地域が千葉県全域と広く、また被災状況を画像等で見る限り、電柱や鉄塔の倒壊など、

電力供給インフラの被災が大きいからです。

被害地域が広ければ、被害の確認作業も膨大になりますし、その情報から復旧の戦略を立てるのにも

時間と労力が必要なのは当たり前です。

また、通常の台風での停電なら、切れた電線を交換するのが常でしょうけれども、電柱や鉄塔の倒壊があれば、

それらを建て替えなければ復旧しないのは明白です。

電柱や鉄塔がどれだけの期間で建てられるものか、また資材などがストックが、どれだけの期間で揃うかなど、

詳しいことは存じませんが、少なくとも、新品を建てる時間以上の時間が必要なことは、素人の私でも理解できることです。

ですので、画像を見る限り、完全復旧には、相当な期間が必要だということで、

つまりは、復旧が遅れているのではなく、「被害そのものが甚大であった。」ということではないかと考えます。

となると、「15号台風は、千葉県を中心に、激甚災害指定が必要なレベルの被害をもたらした。」と

考えるのが筋ではないかと思うのです。

倒れた送電線の鉄塔(9日午後、千葉県君津市)=共同

それをマスコミは、まるで「東京電力の仕事が遅い。」とばかりに避難し続けていて、

「台風15号の被害は東京電力の仕事の遅さのせい。」という論調なのですが、これだと、

災害の規模自体が甚大であったことが千葉県以外の人たちのはピンと来ないですね。

何が言いたいかと申しますと、マスコミが今回のように、単一価値で、何度も同じことを放送し続けるときには、

他に何か、国民には知らせたくないことがあるときなんです。

たいていの場合、それは国会で、新税導入が議論されていたりするときです。

こと税金に関しては、今の政府とマスコミは、結託し癒合していると断言できます。

それは、マスコミが軽減税率対象となっているからです。

事実、米中両経済大国がの経済戦争報道においては、両国の関税合戦は報道されても、

米中同時に行われている減税も、そしてその減税方針に、イギリスやオーストラリアが追随する方向で

あることなどが報道されることはありません。

これが報道されれば、良識ある人ならば、「米中が減税している中、日本だけが増税するのは危険」という、

至極真っ当な判断がなされるはずだからです。

となると、千葉県の停電復旧関連情報には、来月10月から導入がほぼ決定している10%消費税、

これが絡んでいるべきかと思います。

「現地の被害が甚大で、とてもじゃないが復旧が追い付かない。」という現状が多くの国民に知られてしまえば、

「政府よ、今増税どころではないぜョ!」という議論が出てくる可能性が高いですからです。

古来より、今よりも民主主義的な発想が弱かったと思われる時代から、日本の政治は、

災害時に年貢を上げる(増税)ということはしませんでした。

通常ですと、災害時には、税金を下げるか、財政出動をするか、またはその両方が鉄則です。

甚大な災害の直後に増税⁉

東日本大震災のときにも、復興増税をこの国の政府は行いましたけれども、

もしも今回、またそれがなされるとするならば、「この国は鬼に支配された国になった。」ということになると思います。

とても悲しいですけれども。

ということで本日は、日本の主催神天照大神神示経典『天照大神のお怒りについて』(大川隆法著 幸福の科学出版)より、

一部抜粋をご紹介させていただきます。

また関連記事として、エネルギー関連に詳しい姉妹ブログ「幸福の科学 神奈川 仲間のブログ』より、

英編集長の記事をご紹介いたします。

          続き(ばく) https://blog.goo.ne.jp/rokochifukyosho/e/78b986c0710c48fcbefc47a857e4b3c3

 

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190915002010.html?ref=yahoo

 

 

 

 

 

・                                 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 今回の電力インフラの遅れの... | トップ | 呉外相、国交黄信号のソロモ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新内閣は大丈夫? (はっちょ)
2019-09-16 06:45:02
今回の台風被害で報道を見ている限りでは自衛隊の出動があったのでしょうか。
千葉県の森田知事は自衛隊の出動要請をされたのでしょうか。
安倍総理は新内閣の組閣に手をとられて防衛大臣が交代している事で初動に影響しているということも考えられる。
今度の台風は水害よりも強風の被害が大きいので自衛隊の救援が要らないのでしょうか。

災害復旧第一である大事な時に増税延長の政府見解を伺いたい。
被害にあわれた皆様に お見舞申し上げます。
Unknown (はっちょ)
2019-09-17 18:34:21
災害派遣は要請していたようですね。
しかし、対応が遅かったようです。知事は「災害状況を調べてから、、、、、まだ状況の把握が出来ていないため」とのコメントをしたそうです。

内閣の組閣が11日に集中したのでマスコミは台風の被害よりも小泉の報道に時間をさいていた。
政府の災害対策本部設置も遅れていたようですね。

ネット情報で調べるまでわかりませんでした。

あきれるばかりです。
Unknown (さうざんと)
2019-09-21 18:25:23
千葉県の停電。東京電力の初動の遅さを指摘されていますが、『分社化』も影響していると思います。電力自由化で、エンドユーザーが『東京電力』では無いかもしれませんし(其が故に東京電力の責任が無い訳では有りません)、対応に当たって居るのは東京電力の子会社。他の電力会社への応援要請も行っておりますし、政府に有っては、内閣改造で、大臣、副大臣、政務官に『ブリーフィング』をしないといけない。指揮官不在、情報収集と連繋にもたつきが有ったのでは無いでしょうか?率直な感想です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お友達ブログ.SNS.土佐のくじらさん他」カテゴリの最新記事