私とは何か?と問うことに気付いている「私」とは何か?

私とは何か?意識の起源とは何か?悟りとは何か?般若心経とは何か?これらの問いの答えを考える。

数学の力:加筆

2022年07月24日 | 意識と悟りの構造

こんにちは、領です。

昨日の記事『数学の力』で、書いておきたいことがあります。

アインシュタイン方程式のように、宇宙際タイヒミューラー理論によって、望月博士の想像を超える世界観が提示されて行くと良いなということです。

新しい数学を生み出した本人が、思いもしないような世界観の提示。
その本人が受け入れがたいような結果。

「意識が存在していることを認識する。」
「意識が存在していることを観ずることができる。」

数学の力で、認識というものの謎の解明に迫ることができます。きっと(*^-^*)
仏教が謎の答えはある、その智慧はある、と伝えてきているので、必ず、数学で謎の解明に至ることができます。

読んでくれて、ありがとうございます(*^-^*)

今日は、本を置いて鉄棒!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

数学の力

2022年07月23日 | 意識と悟りの構造

こんにちは、領です。

いつも書いていますが、私の願いは、

「全ては自分」という構造を数学で明らかにし、
「全ては自分」という思考が常識になる。

です。(*^-^*)

「全ては自分」と言う構造は、
自分の人生、誰かの人生、過去に生きた誰かの人生、未来に生きる誰かの人生という区別は仮の物で、全ての人生が「自分」ということです。
補足:仮の物はちょっと違います。人生を区別することも同一視することも等価です。

「今、自分が自分と感じている自分」を観ている。
⇒この感じは、唯一として存在する構造です。


自分は打ちたくないのに、他者には打つ。
自分は戦地に行きたくないのに、他者には戦地に行かせる。
騙した人より、騙されていない人を憎む、同調圧力をかける。
騙した人より、騙された人を軽蔑する。
騙したのか、仕方がなかったのか・・・。何か必要に迫られた大きな目標があるのか・・・。

「全ては自分」という思考は、他者に対して行動するとき、何か役に立つかもしれません。


最近、『宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃 加藤文元』を読みました。
NHKで放送された内容ほど、奇妙なことは書かれていなくてすんなり読むことはできました。理解できていないからこそ引っかからないのだと思いますが(;^^)ヘ..

それにしても、NHKの番組内の「Aと非A」の下りに出てくる「ある数学者」って誰なんだろう?

望月博士のブログも読んでみました。
なんだかNHKの番組の内容に非常に怒っていると感じました。

ここから望月博士のブログ引用
本論に進む前に、「後半」の「本筋」を復習しますと、数学では、ポワンカレ以来「同じものを同じと見做す」ことが基本であったのに対して、望月はその考え方を抜本的に覆し、「同じものを違うものと見做す」という考え方を導入したという主旨の主張を、クレタ人の矛盾めいた話や、(オウム真理教による、「ポア」の正当化等の「トンデモ系」説法を彷彿とさせられる)仏教的な思想に絡む石庭の話を援用しながら解説しています。
別の言い方をしますと、「AはAであって、同時に非Aでもある」という、自己矛盾していそうな、不思議な謎めいた考え方が望月の理論の基本となっていて、それが海外の研究者には受け入れ難い考え方であるという解説です。

また「AはAであって、同時に非Aでもある」と?いう、あからさまに自己矛盾するような主張は(当然、宇宙際タイヒミューラー理論も含め)
公理的集合論を基礎とする数学では断じてあり得ません。つまり、番組内でこのような解説が行なわれたことによって、一般の視聴者に対して、数学の研究とはどういう?ものであるかについてかなり著しい誤解・混乱を拡散したこと???になり、論理的な・数学的な思考の普及や数学教育の観点???から見ても極めて遺憾であります。

引用終わり

望月博士の仏教的な思想のイメージが悪すぎてちょっと悲しくなりました。肯定的に思っている部分もあるかもしれませんが・・・。

望月博士のブログ引用
一種の数学的な原理を(現代数学で用いられるような定式化の技術がなかったために)何とか後世に伝達できるように表現し、記述するための手段として創り出されたものが多いのではないでしょうか。
引用終わり

般若心経も「数学的な原理」「物理的な原理」を表現するための手段だと思います。
「仏教的な原理」は、特別な人にだけ気まぐれに当てはまるトンデモ系の神秘現象ではありません。普遍的な物理現象で、数学によって裏付けることができると思います!

IUT理論に「入れ子宇宙」の話が出てくるように、「A・非A」も人間の生活圏の話ではなくもっと抽象度の高い話だと思います。人間の観察可能な範囲で「A・非A」が同時(同じ時間と場所)ということは不可能です。

アインシュタインのことがピンときました。
「神はサイコロを振らない」
「だれも見ていないときには、月は存在しないのか?」
「EPRパラドックス」
光電効果など量子力学に寄与したのに、量子力学に不満を持っていたとか・・・。そしてそれが量子力学をさらに発展させる・・・。ベルの不等式、ベル実験によって量子もつれを実証するとか・・・。

あと、宇宙項のことも思いました。
アインシュタイン方程式から宇宙の膨張や収縮とかブラックホールを予言するとか、数学は、この世の真相を解明するもの凄い力があります。

あと、ゼータ関数の非自明なゼロ点の間隔と原子核のエネルギー準位の間隔の数式が一致する。多世界とマルチバースの数式が同じ物だった。
ブラックホールのエントロピーの式は、ブラックホールの量子情報が体積ではなく面積に比例することを示す。⇒ホログラムに似ている⇒二次元の情報が三次元に投影⇒この世界も同じと数学的に示唆⇒人間の意識や思考も同じ構造?

数学の力凄すぎる!!

数学は、このタンパク質だとか物質に過ぎない人間が、自分自身を認識するということの謎に答えを提示できると思います。

この謎の答えを知らないことが無知とか無明ということです。
「認識することができる自己」の究明です。

読んでくれた方、ありがとうございます。

『5億年ボタン』というアニメが面白そうです(*^-^*)
2話まで放送されました。これからどうなるのか楽しみです!

数学は凄い!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

悟り:全てが自分

2022年06月02日 | 意識と悟りの構造

こんにちは、領です。

「悟り」と「全てが自分」について、いろいろ書きました。

夏休みの宿題は、最後5日でやるタイプなので、清書していたら半年かかりそうなので下書きのままにします(;^^)ヘ..

139コマとちょっと長めです。思いつきのメモもあります。誤字もいくつか・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これまでの文明 これからの文明

2022年05月08日 | 意識と悟りの構造

こんにちは、領です。

『日経サイエンス 2022_06 特集 時空の起源 量子情報で挑む究極の問題』

P36 空間や時間は,自然界のもっと基本的な構成要素の構造と振る舞いから生じる,ということだ。
P38 しかし,ひも理論は理解するのが難しい。この理論が立脚している数学の世界を物理学者と数学者が何十年も調べているが,理論の構造のほとんどはわかっておらず、探索が続いているものの,全体の地図は未完成だ。探索の主たる方法は,あるシステムと別種のシステムの間に見られる「双対性」という数学的対応関係を利用することだ。 
 その一例が,冒頭で紹介した小さな次元と大きな次元の双対性だ。空間をある次元方向に縮めようとすると,最終的にそれが巨大になった世界と数学的に等価になる,ひも理論は語る。ひも理論によれば,この2つの状態は同一なのだ。
 ひも理論研究者の多くは、これとよく似た双対性によって空間自体が創発すると考えている。
 長年研究されてきた量子論の一種である共形場理論(CFT)と,一般相対論から導かれる反ド・ジッター空間(AdS)という特殊な時空間の双対性を明らかにしたのだ。
 奇妙なことに,AdS/CFT対応においては,AdS空間の次元のほうが量子力学のCFTより1つ多い。しかし物理学者は,むしろこの次元の不一致を喜んだ。
 「ホログラフィック原理」という別の対応関係にぴったり合う例となったためだ。
P39 空間の歪みを量子的に説明しようとするのではなく、空間自体が基本的な量子現象から創発すると考えるのだ。
P41 しかしその逆もまた真だとネイは言う。AdS/CFT対応は,量子力学のほうが創発的であって,基本は時空であることを意味しているのかもしれない。あるいはどちらも基本的ではなく,より深いレベルに,さらに基本的な理論が存在する可能性もある。
〈引用終わり〉

数学も物理も双対性による理解が盛り上がってます(。˃ ᵕ ˂ *)ワクワク

究極の双対性は、無次元の点「・」(ゼロ)と、全知(+∞□-∞)の双対性です。□は双対を表わす記号です。□はネッカーの立方体です。私が、勝手に□を使っています(*^-^*)

「・」□(+∞□-∞)
「・」□全知

「・」□全知、この双対性から、「今この世界の人は全て自分」が導かれます。


人間の体細胞を初期化して、さまざまな組織の細胞に分化する万能細胞にするiPS細胞の技術が参考になります。

人の体細胞⇔万能細胞

皮膚の細胞は、皮膚の細胞の遺伝子が発現しているけど、遺伝子情報は全て保持しているので、皮膚の細胞は初期化することができます。

人は個人として存在しているけど、この世の情報は全て所有しています(全知)。
もっというと、「・」はこの世の情報を全て所有しています。

「・」には、「有を有と認める作用」「在るものを在らしめる作用」となる物理構造を持ちます。「自己意識」という情報だけでは「無」と同等です。「自己意識」の情報の中心の「・」によって「有」と認めることができます。
全ての存在を「有」と認める唯一の焦点が「・」です。

現在・過去・未来、つまり全時空に存在する「人」は、「・」を介して繋がっています。
誰かのいつかの個人の「人」ではなく、全ての「人」は「自分」です。
誰かの前世・来世・現世ではなく、すべて繋がっています。全てが「自分」の前世・来世・現世です。

自己と他者を分別する見方
自己と他者を平等に見る

この思考は双対して存在します。どちらの思考も真偽優劣は確定しません。
(どちらかの思考の方が「真」として真偽優劣をつける思考も存在します。)

今の文明は、自己と他者を分別する見方が極限・・・とまではいかなくても、結構極端まで来ています。そろそろ自己と他者を平等に見る文明に変化するかもしれません。

無次元の点「・」を介して、全てが繋がっている。つまり、どこでも何でも繋がっている。
無次元の点「・」を介して、全ての人が繋がっていて同一人物という構造。

自己□全時空の他者
自己□全知
「・」□全知
どこでも何でも繋がっているなら、実は、両辺に何を入れても成立します。

たった今、全ての個人が自分という構造が可能なので、過去・未来はもちろん、現在地球上の全ての人は「自分」です。
自分も他人も、全てのシナリオを「自分」がただ覗く構造です。何らかの意思を持ってシナリオを操作することはできません。今、見たままの他者の人生も「自分」が生きます。

単純に、「全てが自分」故に、戦争は起きないほうが良いです。
ただ、徹底的に山火事が起きないようにしたら、とんでもない大きな山火事が起きたように、戦争という要素を徹底的に排除することは危険であり、不可能です。
それが縁起縁滅の法の性質です。双対して存在を顕すので平和だけを享受することは物理的に不可能です。

人を殺すことが嫌いな人もいれば、人を殺すことが楽しい人も必ず双対して存在します。

幼稚園児でも「明日、(私と)おそろいの靴下はいてきたら遊んであげる」(ほぼ不可能)なんて仲間はずれを楽しむ子がいたり。
内緒にしたいラインを暴露したり(そんなことラインに書く方もあれですが)、その暴露ラインを送信する瞬間が最高に快感だったり。

他者の生命を縮小することが快感になる人生は存在します。

宇宙存在からのメッセージは、愛・平和・精神的進化など見られますが、私は「なんかうさんくさい」と思ってしまいます。その価値観は、「今までの文明」と変わらないと思ってしまいます。
双対性の視点、物理としての「全てが自分」という視点。
これらが足りないと思います。この視点がなければ宇宙に出てはいけないと思います。


単純に痛いの苦しいのは嫌です。放射線障害で苦しむのは恐ろしいです。核兵器が頭上で炸裂するなんて許せません。虐殺されるのは嫌です。

唯一の焦点が全ての人生を覗きます。
善悪ではなく、損得のレベルで、戦争は起きない方が「得」です。

【双対性の視点、物理としての「全てが自分」という視点。】この思考を常識とする文明に移行できるといいな(*^-^*)

日本でそれなりに平和に暮らしてて、「文明」とか語るのはちょっと違和感あります。
本当の悲壮感のような感情は、持ち得てはいないと思います。覚悟が足りていない感じがします・・・。

何を選んでも良いこと悪いことは起きるので、最善の選択は存在しません・・・。どんな選択も後悔することは必ずあります。怖いです。
それでも、さらに先の、物理や数学、世界観の展開が見たいです。


自己は全知と双対して繋がっています。
逆に、全知と繋がっていない自己は存在しません。

全知の光との繋がりを思い出す。
唯一の焦点の光との繋がりを思い出す。

これが悟りです。

必ず繋がっていて、この光に至ります。

一段上の現実に復帰、復活します。
それはまさに覚醒です。

全ての人は「今」この光に繋がっていますが、気づいていません。
でも、この世を認識していると気づいているなら、唯一の焦点の光を使用しています。
ちゃんと繋がっています。距離ゼロで繋がっています。

個人の努力で悟るわけではなく、時空の関係性上、そこに悟りが決定論で起きるだけです。
悟りに無関心な人の存在も、悟りに否定的な人、悟りを求める人、というより全ての存在が関係します。

何が言いたいかというと、みんながみんな悟る必要がないということです。
【双対性の視点、物理としての「全てが自分」という視点。】
これらの視点が、物理、数学、科学で常識になってくれたら嬉しいです(*^-^*)

読んでくれた方、ありがとうございます

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

双対性の世界観

2022年04月29日 | 意識と悟りの構造

こんにちは、領です。

最近、相対性という言葉より双対性の方が何だかなじむ・・・と考えました。

最近考えたことを書きます。

「人類の精神性の進化が加速している時代」
「人類の精神性は全く進化していない」
この両方を目にします。
人類の精神性の進化、それが基本的に向上・進化すると思考すると見誤るかもしれません。

人類は、サルより賢い故にサルより愚かという構造です。
精神性の進化は両極が拡大する構造です。
精神性の進化という、行きたい方向だけで存在を顕すことは不可能です。
この世界は、双対性をまぬがれて存在を顕すことは不可能です。
人の賢さも愚かさも、今、地球が持ちうる最大に迫っているかもしれません。

今までの数学で万物の理論を求められると思っていました。
数学は、絶対的な力があると思っていました。
ABC予想の証明によって、今までの数学ですら絶対的なものではないということがわかりました。
ポアンカレは「違うものを同じと見なすことが大事」
望月新一博士「同じ物を違うと見なすことも重要」
行ったり来たりできる数学。
双対性を持った思考が必要になります。
片面だけでは、全知に至ることが無理なように、双対性の思考は必要です。
陰陽、世界反世界、相反する無限が必要です。

「双対性」という言葉が適切かはわかりません。
ネッカーの立方体のような関係性です。

「この世は錯覚だ」と言うとき、「間違って見ている」というニュアンスになると思いますが、そうではなく、そのまま本当に「錯覚」です。双対錯覚、多義錯覚。

ABC予想から一気に
自己□全ての他者  (□はネッカーの立方体です)
個□全て
つまり、この世の全ての人は同一人物という構造、無限一人芝居、自分と他人は同一だということに理解が行くといいな(*^-^*)

前回の記事で無次元の点が究極の多義図形と書きましたが、そう考えると無次元の点ですら双対性を持つといえます。「絶対」は、存在し得ないと考えました。
ここのブログで書かれていることも絶対の真理ではないと意識することは大切だと思います。

数学や物理だけが、双対性を持つ思考が必要なわけではありません。
人の思考・感情・行動も同じです。
嫌いな人がいないと好きな人もいません。
嫌いな人がいて好きな人が存在します。
好き嫌いだと子供っぽいかもしれません、共感や反発、受容や拒否でも良いです。
嫌ってもらわないと好かれもしません。

最近読んで面白かった本です。シマウマの話のネタバレ含みます。
『波紋と螺旋とフィボナッチ 近藤 滋』

第4章 シマウマがシマシマを持つ理由 解決編
P92 その答えに繋がる鍵が「模様を作っている原理」にあること、さらに、模様を作っているのは2種類の色素細胞のせめぎ合いであり、それは図1のようなネットワークで表せる、という事実にたどり着きました。
矛盾する制御回路の組み合わせが模様を生む
P99 ということは、もしかすると、皮膚の模様は波紋・・・・・・なのか?
P114 野生の動物の多くは中間色の均一な色合いだが、それを家畜化すると、ほとんどの場合、白黒(あるいは白茶)の不定形のまだら模様の個体が現れる。なぜか?
家畜化したことによって、「まだらを作る仕組みが進化した」というのはありえないから、「均一の色合いを保つ」仕組みが「壊れた」と解釈するのが妥当である。で、この均一中間色を作るネットワークに変異が起こり、相互排除効果だけ残るとどうなるか?そうです。白黒(あるいは白茶)のどちらかが一方的に優勢になるだけなので、ぶち模様ができる。目立ちすぎるので野生では生きられないが、家畜は人間が守ってくれるので、このような変異が起きても生存に問題はない。
P115 「ちょっと変異が起きて、均一中間色を失いシマシマになっちゃった。それでも、遠目に見れば灰色っぽく見えて、あまり困らなかったので、がんばってサバンナで生きてま~す」というわけ。
引用終わり

シマウマの話を読みながら思ったこと。

家畜・・・白黒模様の個体・・・
敵か味方か、全か無か、白か黒か・・・このような極端な思考と、支配者が一般市民を家畜と呼ぶのは関係している。
白黒思考は家畜化されている証拠?
シマウマのシマシマを作るネットワークと人の思考は同じ数式で表せる・・・
こんなことを考えました。
何でテレビの内容をそのまま受け入れることができるのか?
数式に従っているだけ・・・。白黒思考でも生存できる時代。
そして、どんな思考も双対して存在し、全ては自分という構造です。

「全ては自分」という構造は、この世に存在する苦痛と快楽は、「自分」が当事者として経験するということです。それが可能な構造です。
支配者とか一般市民とか、色々な人種とか、全て「自分」です。

これから先、核兵器で苦しむ人が存在する世界になりませんように。

 

読んでくれた方、ありがとうございます

 

作ってみました。四角のタイルは全て同じ色です。

いい人がちょっと悪いことをするとすごく攻められたり
悪い人がちょっと良いことをすると褒められたり
いい人が良いことしても印象が薄かったり
悪い人が悪いことしても印象が薄かったり
今なら、無茶苦茶な政治でもまかり通ったり・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする