サイパン空模様 Part2

北マリアナ諸島サイパン島の西空の画像をば。
ほぼ毎日、天気情報を更新中。
バックナンバーはブックマークからどうぞ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

04月20日@サイパンの西空'18

2018-04-20 | 
東風やや強し、青空のち薄曇り時々シャワー~
気温:31度 体感湿度:普通~
       
ただ今の屋外湿度76%也…

午後になると風が南よりとなり、
筆者宅の東の家が現在リノベー
ション中だが、そこで廃棄ゴミ
を燃やしたらしく、怪しい臭い
が辺り一面立ち込めた昨日。

しかし煙は直ぐに東南東の風に
運ばれ、こちらの窓には臭気の
みとなった。

その後、たまに雨音が響く時も
あったが、強い日差しが既に地
面の湿気を取り払っていた模様。

さて本日のサイパン島、朝から
爽やかな青空が広がり、湿度も
随分と落ち着いていた。

しかし午後に向かうにつれ、再
び薄雲が流れ込み始める。
    あらら 

先ず天気図を確認してみると、
マリアナ諸島の北には前線が、
時間を掛けながら東へ移動中。

サイパン島周辺を東西に延びる
等圧線は、南のそれとは尚も距
離を開けたままだが、そちらが
やや山型になっていた。

どうやら北東方面にある高気圧
が停滞していた為、その北側の
縁沿いを移動する前線は、鈍足
になってしまったらしい。

予想では今後、前線の西にある
新たな高気圧のプッシュがある
のか、全体が動き出す模様。

前線の尾も、北部諸島を覆う事
なく西へ移動かな。
 すんなり、を希望! 

次に雲画像動画を観てみると、
マリアナ諸島全域には東から、
東風に乗った薄雲の群れが次々
と来襲中。

これが曇り空の原因なのか…

北や南には分厚い雲帯が各々あ
り、特に東側のそれは東を目指
しているようだ。

フィリピン諸島との間の雲は、
西へ向かって移動中。

今後も薄雲の群れはサイパン島
を順次通過するようだが、次第
に雲自体が消滅傾向だ。

気になる今週末の天候は、ジャ
ジャ降りにこそならないだろう
が、たまに降るかもね。

しかし雲は接近するにつれ、消
滅しているパターンもある。

それでも晴れたり曇ったりを繰
り返し、結果的には大きく天候
が荒れる事なく済みそうですよ。

今後は海も静かでいて欲しいな。

      
湿ってそうで爽やかな週末も、
  人気ブログランキング
     ポチっとヨロシク♪

blogramランキング参加中!です♪


最近、夕方に近所某所を通り過
ぎる時、見掛けるダンスの練習。

そうか、あれか!と、忘れてい
たイベントを思い出した。

今月26〜29日、ススペのシビッ
クセンター、つまりワールド・
リゾートの隣で、島の文化祭が
開催されますよ♪

第37回 フレームツリー・アー
トフェスティバルは、来週末。

では皆さま、良き週末を! 


ドル、やや買われて小幅高
東京外為〕(20日午前9時) 107円44~45銭

WTI、3日ぶり反落
NY石油〕(19日) 1バレル=$68.29

霧島連山・硫黄山の噴火停止=気象庁

霧島連山・硫黄山で噴火=警戒レベル3に上げ―250年ぶり・気象庁

プリンスさん急死、立件見送り=薬物入手経路分からず―米

絶滅危惧サル、かつては広く生息、古代文献で解明

隕石中のダイヤモンド、原始太陽系の残骸だった

二十四節気「穀雨」。すべての生命がみずみずしく輝く季節

花粉はどのように観測されているの?

早くも夏!? 暑い5月に 1か月予報

霧島連山 硫黄山 警戒レベル3に引き上げ

19日の地震情報まとめ 有感地震は4回


海情報は海日記から♪

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 04月19日@サイパンの西空'18 | トップ | 04月23日@サイパンの西空'18 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
帰国 (恵美ちゃん)
2018-04-21 05:09:08
4月に行く事が多かったサイパンで、あんなに雨が降った事がなかったです!が、行きの飛行機の中からサイパン好きな人と出会い楽しい旅になりました!もしかしたら最後のサイパン⁉︎なんて思いましたが行ったら、やっぱり又来たいよ〜って。直行便復活、心から願ってます!
Unknown (saipan-sky)
2018-04-23 13:02:16
恵美ちゃんさん、
丁度、まとまって降った時だったんですね…
その分、植物は育つので恵みの雨としておいてください。
それでも楽しんでいただけたようで嬉しいです。

昨夜、ガラパンのスーパーマーケット内を歩いていると、日本語を多く聞きました。
ここ最近では珍しい現象ですが、GWだけでなくラストフライト前の駆け込み来島の方も多いのでしょうかね。
コンパクトでど田舎、長閑なこの島が、このまま日本からとてつもなく遠い島にならないでいて欲しいと願います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事