goo

卯月つれづれ・・・六本木印象派

 

 

春であります。

ココロウキウキとまではいかないものの、初老の住職でさえ、なにげにココロ浮き立つ思いがします。

で、六本木の国立新美術館に「至上の印象派展 ビュールレコレクション」を見に行ってきました。

    

結構好きなんであります。絵画もの。特に印象派。

23年前、フランスのオランジェリエ美術館で見たモネの睡蓮の絵は、今でも忘れられません。

で、その「睡蓮」が来てるというのと、ルノワールの「可愛いイレーヌ」が来てますから、展覧中に一度は‥と思っていました。

いやあ、良かったです。すんごく良かった。

雨風強かったけど、いってよかった。

イレーヌのかわいいことといったら・・・もう抱きしめたいほどですし、睡蓮の光と緑の深さときたらもう・・。

写真撮っていいなんて、なんてすばらしいサービス!!ビックリ!

他の展示室ではこいのぼりの大群が泳いでいましたし、もう、国立新美術館は最高です (^^♪

   

こいのぼりを取り巻くように展示室の壁際にはたくさんのスピーカーがあって、そこからアンビエント効果で水の音などを流していました。

それがまたいい感じのリラックス効果。

展示室真ん中のソファには、ねころんでこいのぼりを見上げる人なども。

いいリフレッシュの時間を過ごさせてもらいました。

あ、合掌の郷もいい感じの緑になってきました。

これだけみると、どこかの山の中みたいです。

      

樹下にはマムシグサやスギナがたくさん。残り桜も、もう最後かな。

   

今日はここまで。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2018 桜つれづ... 人を気持ちよ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。