琳派墨絵クラブ・部誌 「なてし子」

江戸琳派の祖、酒井抱一家に伝わる、本格的な琳派の画法を継承する「琳派墨絵クラブ」の活動日誌ブログです。

詩文と画

2018年12月27日 | 教室案内

 

絵の上に、詩文を

書き散らしてみたい、

と思うようになってから、

 

とうとう

詩人のkotoriさんに

機会をいただくようになりました。

 

*****

 

「何の気なしに、

写真を撮ってもらったら
自分が輝いているじゃないか

輝くという 奇跡」

 

*****

Kotoriさんの詩から
つくってみました。

深い悩みの中にあったkotoriさんが、

ふとした時に撮ってもらった写真に

写っていた、自分自身の生きる力を発見して

その喜びを素直に表現した詩で、

原文はもっと力強く盛り上がっていきます。

 

(原文下記)

ーーーーーーーーーーーーーー

 

「どんな人も輝ける!輝いている!」
Kotori



なんの気なしに、写真を撮ってもらったら、

自分が輝いているじゃないか。

 

輝く、という奇跡。

 

どんなに心にふたをしても、

ふたで押さえつけ、押さえつけ、

何年、何十年そうしたとしても

絶対にそれに負けないもの。

めげることのない強さ。

 

人間って輝いていたいんだ、

輝きたいんだ、

輝きたかったんだ!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 ※kotoriさんとお渡しした作品

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

来年も 皆さんが輝ける一年でありますように。

お教室に来て頂いている皆さんが、

輝ける場所で ありますように。

 

今年も一年間、どうもありがとうございました。

 

琳派墨絵クラブ

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 干支の作品―生徒さん達の奮闘記 | トップ | 2019年 新年のご挨拶 »
最近の画像もっと見る