シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

[新]女王ヴィクトリア シーズン2 #1「新たな船出」

2019年05月14日 22時25分48秒 | Victoria
Victoria Series 2/ 女王ヴィクトリア 愛に生きる シリーズ2(英語のみ) [PAL-UK] [DVD][Import]
ジェナ・コールマン,トム・ヒューズ
メーカー情報なし


Victoria Season 2 #1 A Soldier's Daughter

 出産後、休暇をとっていたヴィクトリアだが、あまりにも退屈ですぐに公務に復帰する。連隊の閲兵に女王が参列し活気付くが、アルバートはアフガン戦争の戦況が悪化したことをヴィクトリアに伏せていた。アルバートは華やかな軍服が戦場には向いていないと考えていた。ハリエットが夫の元に行くにあたり、ヴィクトリアは新しい女官長にバクルー公爵夫人を選ぶ。彼女はかつてアデレード王妃に仕えていた古い考えの人物だった。
▼以下、ネタバレあらすじです

 ヴィクトリアは軍がカブールから撤退したことを伏せていたアルバートにいらだちを隠せない。そればかりかアルバートは軍の改革案をピールに提案して評価されたと誇らしげに話す。ヴィクトリアは密かにウェリントン公爵からアフガニスタンの戦況を聞く。だが、同胞4000人の生還を祈るしかなかった。対等に扱わないアルバートに怒りをぶつけるヴィクトリア。そんな中、王女の洗礼式に参列するため訪れたエルンストは、ヴィクトリアの女官長が変わったことにショックを受ける。

 スケレットは衣装係の主任に昇格する。フランカテリに宮殿に戻るよう伝えに行くが、冷たくあしらわれてしまう。王女の洗礼式が行われる。エルンストはそこでハリエットと再会を果たす。そんな中、アフガニスタンの残存部隊が待ち伏せされ壊滅したと報告を受ける。生き残ったのは軍医のブライドンただ一人で、ジャララバードの駐屯地にたどり着き、ロンドンに帰国したと言う。ヴィクトリアはすぐさま彼に会いに向かう。ピールは軍が犠牲になったのは前政権のメルバーンとパーマストンのせいだと責任転嫁する。

 ヴィクトリアは敗北を悲しむよりも、国民の士気を上げようとトラファルガー号の就役式への出席を決意。カブールでの悲痛な惨劇に直面しているが、軍人の娘としてこの国の軍隊が世界一であると知っていると示す。結果、国民の士気は上がり大成功を収める。一方、アルフレッド卿の口添えでフランカテリが宮殿に戻り、クリアリーという少女が衣装係として雇われる。ヴィクトリアとアルバートも仲直りし、互いを尊重し合うのだった。

<新キャラクター>
◆ドラモンド(レオ・ズーター)/サー・ロバート・ピールの秘書官
◇バクルー公爵夫人(ダイアナ・リグ)/新しい女官長
◇ウィレミーナ/バクルー公爵夫人の姪で女官
◇クリアリー/新しい衣装係

ようやくシーズン2の放送が始まりましたが、だいぶ待たされましたね。本国ではシーズン3の放送を終えたところなので続けて放送してほしいな。
アルバートは良かれと思ってしていたことも、ヴィクトリアからしたら支配されていると感じちゃうんでしょうね。しばらく公務から離れていたら、立場を奪われるようなそんな気分になる。でもアルバートが拘っていたヘルメットには同意。ヘルメットを華やかにする意味が分からない。
これまではメル卿を頼りにしてたけど、ウェリントン公爵もなかなか頼りになる人だわ。戦況を教えてくれ、ここぞという時に同意してくれて心強い。
しかし新しく選んだ女官長、老害もいいところ!候補者の一番最後だけあってとんでもない人だわ。それもそもはずGOTのオレナ・タイレル役のダイアナ・リグだった。ハリエットは旦那さんについて行くそうだけどエルンストとのロマンスがあった方が盛り上がるのになぁ。
新しい料理長の食事相当不味かった模様wトサカまで入ったスープなんか出すなー!

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

Masterpiece: Victoria ? Seasons 1 & 2 DVD Set With Bonus Self-Portrait Postcard [並行輸入品]
20th Century Fox
20th Century Fox


視聴環境:NHK



©︎2009 シーサイド発

コメント   この記事についてブログを書く
« ゲーム・オブ・スローンズ シ... | トップ | レジェンド・オブ・トゥモロ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。