シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

キリング・イヴ シーズン1 #7「自由はイヤ」

2019年03月22日 22時28分01秒 | Killing Eve
Codename Villanelle: The basis for Killing Eve, now a major BBC TV series (Killing Eve series)
Luke Jennings
John Murray Publishers Ltd


Killing Eve Season 1 #7 I Don't Want to Be Free

 イヴはナディアの身柄引き渡しの許可が出て喜ぶが、それもつかの間、ナディアが殺害されたとの知らせが入る。不審に思ったイヴはヴィラネルの仕業ではないかと推測。ナディアによればアンナの夫を殺したのが原因でヴィラネルが刑務所送りになったからとアンナに会う必要があると主張する。しかし、キャロリンからロシアでの捜査を終えると告げられる。
▼以下、ネタバレあらすじです

 キャロリン宛の手紙を発見したケニーはそれをイヴに見せる。淫らな言葉だらけで、昔コンスタンティンと写っている写真もあった。イヴは指示に従わず、ヴィラネルの過去を探るため、アンナに会いに行く。一方、ヴィラネルはインガという囚人と共に刑務所の懲罰房に入れられる。全く動かなかったインガだがヴィラネルが眠ると殺そうとしてくる。インガの首に噛みつき身を守る。移送されることになったヴィラネルは看守の手引きで脱獄。

 待っていたのはコンスタンティンではなくアントンで、彼の後を引き継いだと告げる。次の仕事の指示を受けるが、標的はコンスタンティンだった。銃を渡されたヴィラネルはアントンを殺してしまう。コンスタンティンが帰宅するとヴィラネルが待っていて衝撃を受ける。ヴィラネルは彼の殺害の指示があったことを話し、妻と娘は別の場所に監禁していると告げる。

 コンスタンティンはヴィラネルを置き去りにしろと指示されたが、イギリスに協力して出所させようとしたことがバレたから消されるんだと説明する。ヴィラネルに死ぬための薬を飲むよう強要されたコンスタンティンは、管理者の名前も知らないと言う。ヴィラネルへの愛情を語り、偽の薬を飲んでヴィラネルを薪で殴って逃げる。ボートで逃げられヴィラネルにはどうすることもできない。

 アンナからオクサナの手紙を見せてもらったイヴは、オクサナが彼女に恋をして執着していたことを知る。オクサナはアンナにフランス製の服や香水も贈っていた。オクサナから「ペニスがあるから夫を愛しているんだろう」と言われ「そうかも」と答えると、切り取ったペニスを見せ、良いことをしたと思っている様だったという。刑務所からも手紙を送ってきていて訃報を聞いたと言うアンナに、オクサナが生きていることを明かす。オクサナの訃報を伝えに来たのはコンスタンティンだったと判明する。

 オクサナの訃報を聞いた後に届いたフランス製のコートの中から偽名のパスポートと現金を発見するイヴ。アンナはもう一度オクサナに会って許し、一区切りつけたいとイヴに頼む。そしてあなたもタイプだから気をつけてと警告される。一方、ケニーが刑務所の映像をハッキングしヴィラネルの姿を発見する。ヴィラネルと面会していたのはキャロリンだった。

まさかのコンスタンティン殺害命令で、後任を殺しちゃうヴィラネル。それでもコンスタンティンを殺そうとしたけど、結局は逃げられた。
アンナに会ったことでヴィラネルの執着ぶりも分かりましたが、嫉妬心から股間を切り落として殺したとは!更にイヴもタイプだったか。そういや服と香水贈られてたしw
そしてキャロリンがヴィラネルに面会していたことで事態は一変。キャロリンも組織の一員なんだろうなぁ

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

No Tomorrow: The basis for Killing Eve, now a major BBC TV series (Killing Eve series)
Luke Jennings
John Murray Publishers Ltd


視聴環境:WOWOW





©︎2009 シーサイド発
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« メディチ シーズン1 #7「煉獄」 | トップ | GOTHAM/ゴッサム シーズン4 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。