株式会社プライムネットワーク公式ブログ!

株式会社プライムネットワークがお送りする公式ブログ!業務以外の出来事やニュースなどについて色々書いていきます!

colorfulがサービス提供開始

2021年12月22日 | デザイン

イラスト・デザイン専門スキルマーケット「colorful」が2021年10月13日(水)にリリースされています。

このサイトは、個人で活動しているクリエイター様に簡単にイラストやデザイン制作を依頼できるサービスで、企業に依頼するよりも格安で高クオリティのイラスト・デザインを依頼することができます。

購入者様は購入手数料等はなく、商品代金のみで取引することができ、作りたいイラストやデザインを依頼することにより、複数のクリエイターが応募してくれます!!!

サービス開発の背景

私は元々Webサイトディレクターとしてフリーランスをしており、デザイナーとして活動していた経歴もあります。

フリーランス時代に多数のクリエイターの方々とお話させていただく中で、世の中には素敵なデザイン・イラストを作っているのに世に出回る機会が少なかったり、営業が苦手なクリエイターが多いのではないかと考えるようになりました。

そんな時に、もっと個人が活躍できる場所を作りたいと思いサービス立ち上げを決意しました。

今後はもっとクリエイター様やパートナーの方々へ寄り添ったサービスを提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 


ザハ・ハディドの精神を込めたカリモク家具

2021年10月08日 | デザイン

〈カリモク家具〉とロンドンのザハ・ハディド・デザインとの奇跡の協業によって生まれた新次元の木の椅子。

SEYUN Chair

左側の背もたれと左の後脚、右側の背もたれと右の後脚、前脚と座面という3つのアシンメトリーなピースで構成。大胆なシルエットと共にディテールのカーブも美しい「SEYUN」は星雲をモチーフに名づけられています。

躍動するように美しい曲線と、高度なバランスをきわめたアシンメトリーなフォルムで、これほどダイナミズムを感じさせる椅子が、すべて木でできているなんて驚きですよね。

このセイユン チェアをデザインしたのは、ザハ・ハディド・デザインでカリモク家具が製作しています。

ザハ・ハディドと言えば、新国立競技場の旧デザイン案を手掛けたイラク出身の女性建築家で、前衛的なデザインが注目を集める一方、実現不可能な設計も多いことから「アンビルドの女王」の異名で知られていました。

残念ながら、2016年、心臓発作により65歳で亡くなってしまったのですが、その彼女の作風がザハ・ハディド・デザインには、いまもなお、脈々と受け継がれているデザインですよね。

「それらの接合が目立つことなく、人間工学に基づいた滑らかな表層により快適さを高めることを目指しました。座面、脚、背で構成する従来の椅子を超えた、まったく新しいものです」とデザイナーは語っており、この形に木という素材は最適だったのだそうですよ。

しかし、みればみるほど気には見えない質感で、これ、国立競技場も彼女のデザインで見たかったですね。


ビクトリノックス直営店でキャンペーン

2020年10月30日 | ニュース

11月6日から12月31日の間、全国のビクトリノックス直営店でホリデーキャンペーンが開催されるのだそうです。

なんでも対象期間中、総額20,000円(税抜)以上購入したお客様に、スモールトラベルケースをプレゼントするのだそうで、さらに対象のマルチツールやウォッチを購入すると、マルチツールのハンドルやウォッチの裏蓋に無料で名入れできるサービスも実施するのだとか!!

店頭には、ウィンターシーズンおすすめの雪の結晶をモチーフにしたハンドルデザインのマルチツールや、キッチン、リビングで華やかさをもたらすキッチンナイフとカトラリー、高品質なウォッチや機能性豊かなビジネス・トラベルバッグなど、ホリデーギフトに最適な商品が取り揃えられているのだとか

【ホリデーキャンペーン概要】

  • 期間:11月6日(金)~12月31日(木)
  • 場所:全国のビクトリノックス直営店(アウトレット店除く)
  • 特典:総額20,000円(税抜)以上購入で、スモールトラベルケースをプレゼント。

※なくなり次第終了

 

 


折りたためるワイヤレスキーボードって・・・

2020年07月03日 | ニュース

オウルテックからワイヤレスキーボード「OWL-BTKB6501」が発売されるのですが、折り畳みのキーボードって、どうなんでしょうね?

実は、iPadやiPhone用に、持ち運べていつでも使えるようなキーボードが欲しいとは思っているのですが、実はキーボードってその配列や使い勝手などがとても重要なので、このように折りたためるものって、使いやすいのでしょうかね?

気にはなっているんですけどね・・・。

さて、今回登場する折りたためるキーボードは、Bluetoothで接続するタイプのもので、2つ折りでコンパクトになるのが特徴となっていて、重さが130gと軽量で、折りたたんでも厚さは約14mmとバッグの中でもかさばらずに持ち運ぶことができるのだとか。

キー配列は独自配列となっていて、英語表記なのはちょっとうれしいですよね。

日本語もあるほうが便利な人もいるのでしょうけど、ちょっとキーボードがごちゃついてしまいますよね。

キー数は67、キーピッチが約18mm、打鍵耐久回数が約300万回となっているようで、残念なのが、Bluetoothのバージョンは3.0だというところ。

対応OSは、iOS 6.0以降、Windows 8.1以降、Android 4.1以降となり、バッテリー容量は110mAhで、連続使用時間が約40時間で充電はmicro USB。

折りたたみ時の本体サイズは156(幅)×93(奥行)×14(高さ)mm、使用時の本体サイズは313(幅)×93(奥行)×7(高さ)mm。

重量は約130g(本体)となっており、市場想定価格は4,380円となりそうなのだとか。


原価マスクがあっという間に

2020年05月01日 | ニュース

サムライワークスが販売した「原価販売 不織布マスク 50枚入り(普通サイズ/3層構造)」は、18万5000枚の初回販売(5月11日発送開始分)はすでに4月29日に実施しており、「約3時間で完売した」のだそうですね。



第2弾として4月30日より、追加販売(5月20日の発送開始分)を開始するようですけど、このマスク、一体いつになったら店頭で購入できるようになるのでしょうね・・・。


かれこれ、2か月くらい前からマスクの購入ができない日々が続いているのですが、こんな状況いつまで続くのでしょうかね?


サムライワークスだけに限らず、様々な企業がマスクの販売に乗り出しているわけですが、そんな状況下においても一般では手に入りにくいものなのでしょうかね?


人の足元を見る、バカな転売屋のせいで供給が間に合っていないのでしょうけど、正直、ここまで日本がぐずぐずだとは思ってもいませんでしたね。


各国首相の対応をみていても、日本って先進国か?って思えれるほど、政府の対応はやばいですよね。


国民からの税金で食べてるんだから、平時には国会で居眠りしてちてもいいけど、国民がピンチになったときくらい、せめてしっかりと仕事してほしいですよね。