いするぎ便り

歴史を求めて季節を感じて…
www.shokoren-toyama.or.jp/~oyabe/    

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いするぎ寺子屋 Vol.7 満員御礼

2014-10-01 | 日記

 日が落ち秋の夜風が心地よく感じる頃、

本堂前に吊り下げられた提灯の灯りに、参道の階段を昇る人影が一人また一人と映し出されます。

やがて、本行寺本堂は「いするぎ寺子屋 Vol.7」の開演を待つ人で満員に・・・


  コンサートを前に、 本行寺31世・櫻栄優一住職 の講和がありました。

住職からは、本行寺(前田利秀菩提寺)の起源(天正5年 1536年 能登国七尾にて創建)と変遷、

今石動城築城と佐々成政との今石動合戦、大正地震による木舟城崩壊、弱冠19歳の今石動城主、石動の開祖 前田利秀による町立て、旧町名の由

来など、住職の広い見識と明瞭なお話に、しばし歴史のロマンに想いをはせました。

前田秀継公夫妻・利秀公御廟<今石動の町立て>

今石動城址

前田利秀公・阿曽三右衛門翁 感謝祭

  

 本行寺は2004年、台風で倒れた樹齢400年以上のスギの大木が、本行寺山門と本堂を直撃し、廃寺の危機に陥ったそうです。

不安に押しつぶされそうになりながらも、乗り越え、再建され、

本堂にきていただいた大勢の方を前に、「奇跡です。信じれば願いは叶う。」と話される住職の言葉に胸が熱くなりました。

 

津軽三味線 コンサート

演奏曲目

曲弾き 一段~三段

嘉瀬の奴踊り

りんご節

寿楽

スーパーよされ節

あいや節

 

出演者

加藤訓政<加藤流三絃道藤秋会大師範・高岡藤秋会会主>

加藤政佳<同派師範>

加藤政悠<同派準師範>

津軽三味線奏者3人による共演は、圧巻の迫力でした。

魂を揺さぶる撥の音、時に繊細に響く音色、人生の喜怒哀楽を刻むリズム。

生きる力をもらいました。

 

  コンサートの途中には津軽三味線の楽器の特徴の説明、三味線との聴き比べ、こきりこ節の合唱も 

 

 末筆ではございますが

「いするぎ寺子屋 Vol.7」に参加していただいた方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« いするぎ寺子屋 vol.7 | トップ | 新 小矢部市商工会広告塔 ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事