gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

新型コロナウイルスと釣り

2020-05-13 11:45:35 | ブログ
今年1月末、大阪で開催された釣具問屋主催の展示受注会
マスク姿が、多く見られた
外国からのバイヤーが、毎年多く参加する
多くは中国、韓国、台湾・・・
もちろん地方問屋さん、小売店さんも来場する
場内は特別価格を提示している関係上、写真撮影を禁止している
それにも関わらず、バチバチと海外の方は写真を撮って会場内を回る
今年は、その姿がほとんど見られなかった
私自身は、マスク+ウイルス除去薬発生(クレベリン)を付けての対応だったが・・・
額にヘルペスが出始めで、体がだるい
尚且つ、椅子無しの立っての売り込み
しかし、来場者が少ない!
小売店では、高齢の釣具店主が多い
多店舗展開の釣具店関係者もお客商売
感染を恐れての対応だろう
2月からの展示会は、ほとんど中止になった
小売店での展示会・釣り教室も必然的に中止になった
また、小売店への営業活動も自粛・禁止・・
全く売り込みもできない状態になった
4月末から始まる大型連休
何時もなら注文が集中する・・例年なら
連休中は、関西方面の釣具店の売り上げはUPしている
天気も良いし、自宅でのお籠りもストレスになって出歩くより
海や川を前にする釣りは、大丈夫とする自己判断
多分、大丈夫だろう・・
家族連れだから・・
だが、マスコミは釣り人が集中しているシーンを、強調して放映する
トイレットペーパーが不足していた際、スーパーの空の棚を放映するのと同じ
悲しい性、捏造ではないけど、煽っている感を感じないのだろうか?
さて釣具の世界では、中国から部品が入ってこない
一部の部品が無いと、製品ができない
注文があっても、納品もできない状況にある
オキアミにしてもサイズ選別は、中国・韓国で行われている・・・
鮎釣りで解禁した河川では、他県ナンバーに対する苦情?の報道があった
でも漁協も入漁券販売が、主な収入源
15日解禁、30日解禁、6月1日解禁と今から続々と解禁する
広島では、囮販売が太田川漁協が行う
河川沿いのオトリ屋さんは、買取も含めて囮の販売を止めると聞いた
料亭など閉店しているので、仲買いが鮎を買わないからだそうだ
厳しいね・・悔しいね
我慢、我慢、我慢
一人、川に立ちこみ、早く鮎と対峙したい

コメント

釣りの醍醐味を味わう③

2020-05-07 17:07:07 | ブログ
釣魚を美味しく食すこだわり
魚が嫌いだった少年期
味が美味い美味くないなんて、比べていないから判らない
というか、時代はまだ昭和30年代
高度成長期に入る前
魚と云えば、メバル
冷蔵庫は、上の段に氷の塊が入っていた
その冷気で冷やしていた
銅板で囲った木箱が、あの当時の冷蔵庫
ゆえに買いだめはできない
良かったのか悪かったのか・・・
父親がスズキを釣ってきて刺身・焼きで
そのスズキは、狙って釣り上げたものではない
夜釣りでアナゴを釣っていてサンマの切り身に食らいついた釣魚
たまたま釣れたのだから、タモも小さいのしか持っていない
手釣りで、竹ひごの先に鈴を付け当たりをとっていた
1m近いスズキを引き上げるのだから、さぞや堪能したはずだ
タモが使えないので、口の中にてを入れて引き上げたと聞いた
その後、すぐに大きなタモを買っていたが、出番はなかったようだ
産卵に集まってきたクサフグを、バケツですくって持って帰り
フグの調理は免許がいるが、当時は???
皮を剥ぎ、内臓を取り、背骨の血合いを水で流しながら指で取り除く
クサフグは猛毒フグ
血や内臓に毒がある
それさえ取れば・・・唐揚げが美味い
ただ、少し舌先が痺れると言ったら
二度と食卓に上がることは無かった
今、思えば
毎日のようにフグの唐揚げを食べるのが、嫌で言ったのかも
メバルは、煮つけ
食べ終わっても出汁の付いた骨に、湯を掛けて飲んでいた
お茶碗に付いたご飯も、お茶や白湯で溶いて飲んでいた
修行僧が行う作法なのか、厳しくお婆さんに躾けられた
小学校3年生までは、ズボンや靴下などは継ぎはぎだらけ
生地自体が粗悪で、すぐに破れた時代だった
釣りを覚えたのは、その頃から
近くの釣具屋さんが1本竹で、のべ竿を造っていた
火入れで曲がった竹を、真っすぐにする工程を見ていたのだろう
当時のハリスはナイロン
ハリとオモリと棒ウキが小物
エサは、下水マスの近くを掘れば、ミミズが沢山いた
マスの中には、金魚の餌になる赤ミミズがいたが、ハリに刺すサイズではない
竿先にハリスを取り付け竿尻より少し長い所でカット
ゴム管を取り付け、セルロイドの棒ウキを刺す
ハリを結んで、少し上にオモリを付ける
仕掛を、竿に巻き付けてハリを竿尻に引っ掛けて完成
トタンバケツとミミズを新聞紙に包み、三滝方面の太田川に行っていた
まだ太田川放水路が完成する前で、鮒や鯉が沢山釣れた
釣った魚は、セメント製の防火槽(戦時中のもの)に入れ飼っていた
しかし、工業化が進み地下水の汲み上げが多くなった理由なのか・・・
突然?川に海水が、上がってきた
結果は、大量の鮒や鯉が浮いた・・・
近くの住民は、バケツですくい持ち帰っていた
私の釣りは、その時点でストップした
その後は、会社に入ってからアユ釣りを覚えることになる
最初のアユ釣りは、ハリス0.8号の通し
目印は、赤く染めた鳥の羽
ハナカンはフック式
サカサバリは無い
ハリは、狐形や矢島型の9号を錨バリにして使った
竿は、グラス竿・・・重かった
師匠は、問屋さんに紹介してもらったレントゲン技師の先生
その後の師匠は、某メーカーの営業マン
今は、JFT支部長として頑張っておられる
永い永いお付き合いです
さて、あと少しで2020年解禁
覚え始めた当時から物凄く道具は進歩した
数釣りの選手から、美味い鮎を求める釣師と変貌した
体型も大きく変貌したので、動き回らなく・・でなく、動けないので
知識は豊富になったが、身体まで豊満に
さて、そろそろ仕掛け造りに入りましょうか
老化防止には、指先を使うのが良いらしい・・・
食の醍醐味に変貌した事を嬉しく思うのは、俺だけかな?

コメント

釣りの醍醐味を味わう②

2020-03-06 17:29:45 | ブログ
さて、一人だけ竿を曲げているのは?
周りの釣人より違う何かを持っている?
いや、試みている
周りと違うのは、最初に書いたエサの違い
色?香り?何かに引き寄せられて魚が集まってくる
その何かは、
エサが新鮮
香りが強い
目立つ色合い
旨味成分・・
全て合わせれば最高のウェポン
簡単に済ませたいなら新鮮なエサに味の素を振りかける
味の素??
小さじ一杯で、小学校のプール全体に旨味成分が漂う
量は、沢山はいらない
では、サビキ釣りなどでは?
確実に魚のいる棚に合わせているか
魚の興味を演出しているサビキカラーだろうか
誘いの上下のスピードと止の時間だろうか
底取りし仕掛けをタルマセ気味にした方が良いのだろうか
などなど、色々と対策を巡らせる
広島での船釣りは、撒餌が使えない
山口はOKなのだが
その為、下錘のサビキ釣りとなる
撒餌で魚を集めないのだから、サビキの色や長さ
ハリスの太さやハリの大きさも影響する
今月予約している船釣りは、大メバル狙い
30cm以上がターゲット
もちろん、サビキだけ
小魚が漂っている演出のため、ハリは極端に小さい
昔の餌釣りでは、9号は小さく、10号が普通サイズだった
それでも釣れたが、今のメバルにはすこぶる反応が悪い
この小さいハリを使ったサビキ釣りを考案した方は、素晴らしい
漂うサビキが小魚に見えるのだ!
ただ欠点は、引きに合わせて合わせを入れてはいけない
また、ゆっくりと巻き上げないといけない
サビキの皮が縮れたりしたら、すぐに仕掛交換
サビキの漂う方が無くなり小魚に見えないのだろう
ハリスは、0.8号
再々切られる
一気に竿先が水の中に入って、わぉと思ったら竿が戻る
ハリスを切って逃げられた
逃げた魚は大きいというが、30cmは釣り上げているのだから
それ以上なのか?
ハリス1号に上げれば、少しは耐えれるのだろうが・・
メバルの細仕掛では、太くすると釣果が落ちるというイメージがある
ハリスが見えるのではなく、サビキの漂い方が異なってくるのだろう
続く・・・
コメント

釣りの醍醐味を味わう①

2020-02-18 09:18:01 | ブログ
鮎釣りが大好きだから、鮎釣りしかしない
そんな釣人は、少ない
シーズン終了後は、磯釣り、船釣りと釣りを忘れていない
あくまで夏の鮎シーズンは、川に行っている
こちらの川が増水でダメなら・・彼方へと
SNSを駆使して釣れる川を探す
好きこそものの上手なり・・とはよく言われるが
好きだったら上手くなれるのだろうか?
いや、そうではない
頭の中では、川の中には魚がいる・・海の中には魚がいる
としか思ってない方が多い
10年近く請われて毎週火曜日に広島では大手の専門学校で、商品知識、実釣の講義を行っていた
H19年3月末をもって退職というか、フィッシングの募集停止でクラスが無くなって卒業
最後の生徒は、一人きり・・・一人の生徒に講師料時給4,000円90分授業で6,000円はキツイ
(生徒減により全ての講師全員途中から時給が1割減になった)
その最後の生徒を2年間、鍛え上げたとは言えないが、『考える釣り』にはなったようだ!
卒業生の多くは、彼方此方の釣具店や釣具メーカーに就職した
釣り好きな生徒ばかりだから、講義よりも実釣に行きたがる
だから、実釣は後期の授業日程でしか組んでいない
前半で仕込んでいないと、『考える釣り』を実践しない
実釣では、授業には少し遅刻する生徒も、06時学校前集合では15分前には来ている
毎回、06時集合が、出発時刻となる
何時もなら良いと思うが・・・
さて、最初の講義で必ず尋ねる事がある
『釣り場で魚は何故釣れる?何を見てる?』
答えは、エサ
高い竿やリールではない
ラインやハリでもない
ハリに付いたエサを見て食らいつく
では、『魚は何処にいる?』
オレンジ文字の『水の中』確かにそうだ
では、『水の中の何処にいる?』
そこで初めて考える生徒が多い
来社の営業の方で釣り好きな方も、まったく同じ
水中には、①警察も②病院も、③コンビニもない
魚は、自らを守り健康を保ちエサを確保し、遺伝子を残す努力をする
事例で『小学校の講堂に一人で居なさい』と言われて何処に居ますか?
広々とした講堂の真ん中に居ますか?
入り口を見回せる壁際ですよね!
魚も同じ本能をもって行動してます!
弱い魚は、集団行動で敵に対峙しながらエサを食べている
安全を考えなくてもよいくらいの大魚は、ゆったりと海原を泳ぎ捕食活動をする
釣魚サイズだと・・
①身の安全確保で何時でも逃げ隠れる場所
②健康維持のため潮通しの良い水質の良い場所
③総じてそのような場所は、餌となる小魚も好む場所
渓流魚に例えると、目でも確認できるのですぐに理解できる
さて、沢山の釣人がいる中で、一人だけ竿を曲げている釣人がいる
なぜか?
こういった問答は、時には思いがけない答えを見出す
人の性は絶えず他人より抜きんでいたい・・という思いがある
大昔から三高??背が高く体力も、裕福な家庭で、高学歴の知性がある
女性が望む希望の星?
太古の昔、人は食料を求め野山を駆けて家族を養っていった
そこには、人並み以上の体力、経験知識を持ち合わせた男が求められた
そういった男性を求めるのは
我が子にも同じように強い・賢い子になってほしいという本能の遺伝子として残った
男性は、自分の遺伝子を限りなく残していきたい本能
女性は、自分を守ってくれる『衣食住』男性を求める本能
今日の男性に、欠如するものかもしれない
半面、女性は自活し、さしてそんな男性を必要としなくなったのかもしれない
さて、一人だけ竿を曲げている釣人は・・・女性だったから・・
と、チコちゃんがチコってたら?
納得?
続く・・・・
コメント

現場は動いている!生きている、教科書通りには事は進まない!

2019-06-10 17:54:18 | ブログ
解禁から一週間
遅い遡上の影響か?
鮎は見えてるが、小さい!
広島だけでなく彼方此方から同じような話が聞ける
何故・・地球温暖化?
流下仔魚が河口にたどり着いた際、海水温が高くて、初期の仔魚が死んだから・・・
それとも、何かの病気????
解禁日すぐに何処何処はダメや!冷水病で掛からん!
という電話があった
昨今の冷水病はほんの僅かだけど耐性が出来たのではと思われる節がある
釣れなかったら、スグサマ『冷水病!』
簡単な答えは無い
簡単に『冷水病』だと決めつけてはダメ
鮎の病気で、ヤバイのは
①冷水病
②ビブリオ病
③細菌性鰓病
④細菌性出血性腹水症
⑤エロモナス症
⑥エドワジエラ・イクタルリ感染症
⑦真菌性肉芽腫症
⑧ボケ病
それぞれ、特徴が異なる
何でもかんでも決めつけは良くない
ワクチンを作れば、また菌の耐性菌が現れる
いたちごっこ
原因究明は、組合員や釣人ではできない
しかし、調査してと言ってもタダではない
ダムから出てくる水質を調べてと言ったら
ご自分で調査してこの水質だから悪い
悪い水だからどうにかしてと、頼みなさいみたいなことを言ってのけた
若い職員がいた・・・京大出身の方だった
偉いとますます頭を垂れるのが偉人だが、逆の場合は異人となるのだろう

コメント