陰陽師 新井健一郎 御祓い・祈願・供養・悪因解消

安部清明系陰陽師として日々のこと、日々思うことを綴ってまいります。
30分無料相談受付中 0805‐093‐4402

陰陽師新井健一郎のホームページ

http://onmyousya.jp

受付時間 13時~21時

現在の自分を過去の自分が苦しめている?

2019年07月06日 | 陰陽師新井健一郎の日々

良く因果応報と言うことを言われますが、それとは少し違うと思うところですが、似ている所もあります。過去に於いて自分で自分の事を抹殺していると言っても過言ではない人がいます。人により事情は色々あると思うのですが、それにしても馬鹿げたことです。

それは過去世で自分に対し色々なことをしてしまっています。たとえば自分に対し最悪とも言えることを祈願していたり、術をかけたり、その様な依頼したりしています。その内容の一部ですが、生まれかわったら子供が出来ない様にとか、これはまだましな方です。

人生に於いて何もかも失敗する様にしている場合があります。自分で自分の人生の最悪のシナリオを予約している様なことです。それが現在高じて来ている場合は、自分の思い通りになっているので良いと思うのですが、今になって助けて下さいは無いでしょうと思います。

今生で自分の人生のシナリオが嫌な場合にはそれと戦い続ける他に有りませんね。勝っても負けても自分だけならともかく結婚して子供がいる場合は子供や配偶者も当然巻き込まれて行きます。知らずしらずのうちに自分自身にかけたものが徐々に発動して行きある年齢でピークに達することでしょう。

この様な人は誰か自分を邪魔しているとか自分のことを落とし込もうとしているとか言っています。また今生での過去に異常な位とらわれています。立場が変われば言うことが違います。そんな馬鹿なことが有るのかと思う人もいると思いますが、現実に私のお客さんも数は少ないですが数名いました。

結果はずしましたけれど、人は自分勝手で厄介すね、あなたはどう思いますか?自分自身の過去が自分で解れば良いのですが、解る人もいますが多数の人は解りません。前世のことは解らない。これが何度も同じことを繰り返す原因の一つにもなってしまっているのでしょうか?因果応報とは現在している事に応じて、未来にその果報が生じること。自分が希望しても希望しなくとも。


霊的障害を引き起す真実は悪い先祖霊が根元だ。

2019年01月22日 | 陰陽師新井健一郎の日々

皆さんは先祖霊と言うと供養を連想する事が多いと思います。一般的にはその霊が思い残したことや、やり残したことが原因であることが多いと思います。それらを供養していく内にその様なことから離れて行くことでしょう。これは一般的な話で、私の言う先祖霊はこれとは違います。信じられないかも知れませんが悪い先祖霊は存在しています。

性格などは生きている時と何ら変わりません。変わったことはと言えば霊になり身体が無くなったこと位です。ですがこれが基で、人の身体のどの様な個所にでも憑依することが可能になり、また離れた距離を一瞬で移動出来るようになります。一般的に霊は皆そういうものですが、悪い先祖霊になると先祖霊達が子孫の家族に憑依する事は勿論です。瞬時に移動する為にその移動先として家族の一人だけに憑依することなどあり得ませんので、家族全員に対して同時に祓わなければなりません。

またその様な先祖霊は子孫に対して様々なことをしています。その理由の一例として、自分の人生を振り返り私は生前こんなに苦労して苦しんだお前達も私と同様に苦しめと言うようなことであったりします。その様な悪い先祖霊達の最近の傾向としては、憑依する他にも色々と手を込んだことをしています。祓えるものなら祓ってみろと自信もって言って来る霊もいるくらいです。これは過去に何人もの霊能者が祓うことが出来なかった生残りだと思います。

話は戻り、悪い先祖霊の最近の多く目立つ手法の一つとして、子孫に対してトラップを仕掛けてあることが多くあります。どの様なことかと言うと、動作や行動、また話をしたり、食事をしたり、人の生理的現象など様々です例えば、朝起きて歯を磨いたり、トイレに行ったり、すると頭が痛くなったりするように仕掛けてあれば、その行為をすると仕掛けたことが有効になるといった具合です。

実際はこんな簡単なことでは無くもっと複雑で、信じられない様なことが仕込まれています。家により違いはありますが、この様なトラップが数百~仕込まれています。また、このトラップは再生される場合が多々ありますのでそのことを最初から考慮しておかなければなりません。その霊自体も再生される場合もあります。この場合の霊は、神仏の粒子や悪魔の粒子と結合しています。

それから隠れることに関しては優れている一面があります。他にも悪霊を呼んで来たりして悪の限りをつくします。私の場合墓参りや先祖供養しているから大丈夫ということなどありえません。過去に佛という存在が何もしていなかったこと物語っている結果なのではないのでしょうか?というよりは出来なかった結果ではないのでしょうか?何れにせよこんな先祖霊達にやられている子孫達は、苦しみや誘導により人生が変わってしまうかも知れません。

良く守護霊等と言われている霊は人により存在していますが、この様な件に関しては糞の役にも立ちません。また霊は時間的な観念はありませんので二十四時間三百六十日営業です。自分の人生は自分で考え自分で努力し決めるものです。それらを邪魔し尽す身近な存在は悪い先祖霊達です。

私の所に頼まれたお客さんの話になりますが、家族中が霊的障害状態でした。ひも解いて行くとお客さんが以前に頼んでいた霊能者とその仲間達が取除くことより此処の先祖霊達と同様に取除くことは無く反対に色々と抜けない様にしたり、トラップを仕込んだりしていました。それ等により子供たちは病院に幼い時から行く回数は多く病気や怪我続きだったそうです。また、寺社仏閣にも多々足をはこんでいたそうでが、なかなか霊的障害から解放されなかった現実に一体全体佛とは何だという気持ちになっていたそうです。

霊的障害を受けている人に良く霊能者や寺の坊さんが精神論を持ち出しあーだこーだ言う人がいますが、それで何か変わるものが有るのでしょうか?何でもない人ならその時だけは有り難いと思うかもしれませんが?そんなものでは解決しないのが現実でしょう。言うのであれば悪霊や悪神、悪魔に対して言えば良いことだとだと思います。

私のお客さんで、源氏と平氏に関わる霊的障害を持つ人がいました。この人は源氏、平氏両方の怨念を蓄積していました。それに先祖霊がつぶしにかかっている状態です。それもそのはずです平氏の家系に源氏の家系の人が嫁に行ってしまったのが原因です。幸運にも子供には恵まれましたが病気がちでした。チャンスも何回も逃したそうです。自分でも何がそうするのか分からなかったそうです。

本人の過去世を見たところ私もビックリ驚きました。何回も時間を空けて見ましたが結果は同じでした。それを本人は聞きたかったようなので、話をしたところ本人より源氏と平氏の怨念が吹き出しました。その時私は影響を受けフルボッコ状態です。先祖霊も出て来て私に対しお前に何が分かると言い捨てて行きました。この様な先祖霊も現実として存在していて聞く耳持たず。この人の残りの人生を邪魔されないためにも、後は力ずくでしか解決出来ません。


失敗を反省しても後悔し過ぎないこと。次に生かして行くしか他は無い。

2018年11月27日 | 陰陽師新井健一郎の日々

この世に悩まない人など存在しないだろう。大なり小なり思い悩んだことはあるはずですが、あなたの場合はどうですか?

霊的な障害が起きている人の場合の悩み方と言うと、失敗したこと等、過ぎ去った過去に対して異常な程執着してその思いや意識を手放すことが出来ない。

またトラウマ化している場合もある。そうなると潜在意識に知らず内に擦り込んでいまっていて無意識状態に於いてもそれが作用している。またその間、ネガティブのエネルギーを出し続け、勿論その一部のエネルギーは自分にも蓄積される。そして負のスパイラルの深みにはまり病んでいく。

こうなってしまうと自分ではどうにもならないでことでしょう?これには物事の捉え方、思考パターン、好き嫌いや性格も関係していると思いますが、それを本人が頭で理解出来ないのです。何度言っても堂々巡りです。単一思考しか出来なくなっているようなことが多いです。

主な霊的な障害の原因は、先祖霊や水子霊、カルマ、人からの想念、思念、わざと人に入れられた残留思念、生霊、自分で作り上げたもの、祈願されたもの、等が有りますがこの場合は、自分で作り上げたものになります。

 


思うことが上手く行かないその理由は?

2018年06月09日 | 陰陽師新井健一郎の日々

自分の自信を持ち確信した事は実現すると言う事が量子学的に実証されていますが、何もかもうまく行くとは限りませんね。それはどうしてでしょうか?ここからは私の見解ですが、前記ブログでも少し書きましたが、それにはそれなりの訳があります。

これらは全てこれから話す事を含めてエネルギーが作用する事で決定されます。①カルマ、②邪魔をする人や霊の思念や想念、③過去にかけられた術や封印されているもの、④自分の思い込みや恐怖感、⑤潜在意識、等があげられますが、これらは代表的なものです。

このようなエネルギーが貴方に蓄積されているからです。私のお客様達は事実これらを除去(分解)することで霊的障害から脱出しています。私の経験ですがここで一番厄介なものは自分の思い込みや、トラウマ、何かに対する恐怖感、自分の独断と偏見、これらを潜在意識にすりこんだものです。これを除去するのには時間が掛かります。何故なら何回でも癖の様に繰り返し作り出し再度潜在意識にすりこみます。現在意識10%に対して無意識状態で90%近くの思いが結果を左右する潜在意識とはそれ程厄介なものです。

良い潜在意識の使い方としては、アスリート達のするイメージトレーニング等があります。より具体的なイメージをしてトレーニングを繰り返すことで、それを自信に変化させて行き最終的に確信にかえます。

また、幼少期に欲しいものがあり、そのことを四六時中思い描き絶対にそれを手に入れると信じて疑わない。このような場合、それは既に手に入れていることがあるでしょう。


現れた現象は貴方自身が決めている。

2018年05月27日 | 陰陽師新井健一郎の日々

宇宙の万物は素粒子の塊でありエネルギー体である。又、この世に存在するもの全て約百数種類の原子があらゆる組み合わせによって物質を作っている。原子を分解すると中性子、陽子、電子で構成されていて、現在クウォークが最小単位でありこれ以上分解出来ない。

人間とて例外ではないエネルギー体です。

 

量子力学の観測問題=人間や測定器が観測していない場合は粒子であり波動であり、観測している時は物質になる。

量子重ね合わせの法則=確率50%ある事は、合否は50%同時に存在する。

 

簡単に言うと人間の観察意識が注がれた時に(見ている時に)物質化し、(見ていない時には)観察意識が注がれていない時には波動であり(粒子)非物質言う事になる。これを考えると貴方自身が万物に対して現象を確定している事になる。思念や想念なども貴方の思い次第ということです。


量子ゼノ効果=何回も何回も観測測定していると(見ていると)不安定原子は消滅してどちらか一方に(決定)固定される。

 

それには条件があります。

引き寄せの法則=考えた事が現実になる法則。発動させる条件とは観念と確信が前提となる。簡単でしょう?・・・頭で分かっているつもりでも中々出来ない事でしょう。


なかなかうまく行かない原因は?

人の想念、意識、思いなども非物質であるこれらも素粒子であり全てエネルギー体です。

他人から邪魔をされている場合(量子もつれ=貴方の電子と邪魔をしている者の電子が繋がりを持ち影響を及ぼす)や潜在意識の中に自分が生きてきて独断と偏見等すりこまれている場合には、なかなかうまく行くことは不可能でしょう。

現在意識10%に対して潜在意識は90%です。無意識状態で貴方は潜在意識の影響を受けています。他にカルマや現在の常識、社会通念、など色々考えられます。

普通に考えても1対9では叶いませんね。

 

私のお祓いと量子力学とは重なる点が多々あります。


会社を辞めたいと言い霊的にも病んでいる人が多い。

2018年04月19日 | 陰陽師新井健一郎の日々

人間関係や現在の仕事に対して納得が行かない等と色々あるが、ああだこうだ愚痴ばかり言っていて結論の出せない人たちが多い。

会社にとって見ればこのような人はいなくとも困る事はないだろうと思う。

もし、会社が困ると思えるならば、自意識が過剰である。あなたは会社と言う組織の中の歯車であり一員にすぎない。

それに、そんなに嫌で病む位なら辞めてしまえば良いと思うがそうは言え辞められない理由があるのだろう。

会社を辞めれば明日からの生活はどうなるのだろうか?とか考え込んでしまい結論出ずに終わる。

また、そんな事を考えるのが面倒で、本当は辞めたくは無いのに辞めたいと言っているだけのただの愚痴にすぎない。

その様な人は自分を他人と、常に比較し自分の理想を描いている。あの人はやりがいのある仕事に付いていて良いな。それと比べて自分はどうなのか?

そもそもやりがいなど自分で作らなければそこら辺に転がっているものではありえ無い。

また、自分と他人の才能を比較し落ち込んでしまう時には既に自分は負けている。

その時に何らかの行動に出なければ、自分の理想をただ単に言っているだけで変わる事などありえ無いことだ。

愚痴る前にその人自身の裏側を見る事が必要だ、良い結果や良い所にばかりに目が行きそこに行着くプロセスを見ていない現状がある。

世の中には秀才や天才は存在するが、一般的に見てその多くは失敗の連続の上に成り立っていることを見ていない。

過去においては、ああだった、こうだったと過去に拘り過ぎ去ったものを手放そうとはしない。

過去に生きる人である。過ぎ去った過去より今現在が重要なことにきがつきもしない。

上手くやっている者の真似をして見ることも、方法の一つだ。

自分のプライドが許さないだとかいう人もいるが、そんなプライドなんか要らない糞位だ。

これらのプロセスが解り、行動しない限り、堂々巡りで改善は望めない。

仕事とは、限られた人生の時間を労働や能力に変え売っているもので、意識し効率的に考え行動するべきだと思う。

霊的に関して言えることは。

何故自分だけが、この様な羽目になっているのか?他の人と比べて何処がどう違うのか?

自分自身どうして行けば良いのか良く分からない?

まず、人と比べても何の解決にはならない。それはその人が、過去にやってきたことに違いがあるし先祖も違う。

人と比べること自体間違えている。人と比べやっかんだり、ひがんだりしているのが関の山だ。愚痴も同様である。

そして不調和のエネルギーを作り発散する場合が一般的だ。こうして自分自身にも不調和のエネルギーが蓄積して行く。

霊的障害の内部的要因や原因と外部的な要因や原因

貴方にしか出来ないこと・ネガティブ思考や言動、行動は要注意!

現代の霊的障害は人工的に作られている場合もある。

ここには書けないのでアメブロに書きます。

 


自分自身の作り出す仮想世界、依存の危険性

2018年03月31日 | 陰陽師新井健一郎の日々

あなたは、よく想像性豊が豊かな人が陥る世界だと思っているかも知れませんが、果たしてそうなのでしょうか?

私には、そうとばかりは思えません。人間は何かを信じて行動しますが、その時に自分の気持ちや思いを入れてしまいます。それが上手いった場合は良いのですが、上手くいかなかった場合にはどうでしょうか?多くの人はその原因をつきとめにかかり、そして自分自身に、原因があった場合それを反省し次回は失敗しないようにすれば良いのです。また相手が有る場合は話し合い解決策を考える事でしょう。これは一般的だと思います。また、私は信用していた人に裏切られた、騙されたと言う人もいますが、これが問題となる部分です。例えば恋人に裏切られた、騙された等と言う事を良く聞くことがありますが、その相手の人に対して自分の思いを依存して自分自身の仮想現実に浸っている場合があるのではないのでしょうか?これが自分の思い描いていた事と、現実のギャップの差の現れです。ポジティブに仮想する場合は良いのですが、ネガティブに仮想するいわゆる心配性や依存性などはやめた方が良いですね。依存性の度が過ぎると依存症というもはや病気です。

ここからは先は、私自身の見解です。

神仏に100パーセント依存している人達も多くいますが、100パーセントは有りません。人間の世界は人間が優先され、貴方自身が主体なのです。私自身、お祓いはしますが、宗教、神道をしている訳では有りませんし現在神仏の力は借りてはいません。神仏依存からは脱却しています。何故かと言うと堂々巡りになったからで、そして神に言われた事は「神とて全知全能では無い」でした。その時に私の思い描いて信じていたもの(仮想自分自身の世界)が崩れ去った瞬間でした。よく霊的な障害を受けている人が寺社仏閣のお札やお守りを沢山持っている人がいますが、障害のひどい人ほど神仏に依存度が高く神仏依存症ではないのでしょうか?もはやそうなると自分と言う主体は何処にあるのでしょうか?神仏無にして正しく生きて行けないからなのでしょうか?ただ単に神仏に頼んでさえいれば如何にかなる時代では有りません。

また、自分の過去にこだわる人がいますが、過去がそんなに大事なのでしょうか?

過去自分は、人こうされた、ああされたとか、憑依されてとんでもない目にあっってまたそうなるのではないだろうか?という仮想自分自身の世界をつくり恐れている人もいます。こうなると自分自身でマイナスのエネルギーを生産して身体に蓄積して自分の気のエネルギーに乗せ発信し続けます。分かる人はこの様な人に近よると肩や首筋など痛くなり、吐き気を催す事や体がぐったり疲れたりする事もあります。このように人に迷惑を及ぼしますこれは本人に対しても同じことが言えます。そして、同類を呼び負のスパイラルに陥ります。早くそこから脱却しなければ如何することも出来ません。

カルマや悪霊も過去のものです。過去から現在に影響を及ぼします。過去ってそんなに良いものなのでしょうか?大切なのは過去ではなく今でしょうと言いたい。

 

根暗な人に多い霊的現象の奥にあるものは?

 


霊的障害の内部的要因や原因と外部的な要因や原因

2018年02月24日 | 陰陽師新井健一郎の日々

内部的な要因、原因

1、代表的なものは、やはり先祖霊や先祖の水子霊の憑依。

先祖霊が憑依する目的が助けを求めて来る場合もありますが、最近の傾向では自分はこうして

苦しんだのだから、お前達も苦しめと言うように。また、成功を邪魔し失敗を喜ぶ傾向があります。


2、自分自身にまつわるカルマと、その家代々にまつわるカルマ。

因果応報とか自業自得と言われるもの。

カルマ=因果応報による霊的障害とはどのようなものなのか?


3、自分自身で作り出し自分自身に蓄積しているもの。

人から何か気に障る事を言われ、自分自身がもんもんとした気持ちになりその時に何とも

言えない腹立たしさ、気持ちが作り出し自分自身に無意識で蓄積したもの。多く蓄積すると憑依の要因になります。


外部的な要因、原因

1、ありとあらゆる霊憑依

自分の先祖霊以外、不成仏霊、自縛霊、動物霊、妖怪、生霊etc.の憑依によるもの。

直接憑依の場合が多いですが、他にリンクしている場合や同期、結合している場合もあります。

この場合はターゲットにされていることでしょう。


2、荒れた磁場の影響を受けたもの。

土地、建物、道路、乗り物、パソコン、スマホなどから受けた邪気のようなもので、人によりますが

敏感な場合は吐き気や頭痛を催す事もあります。

邪気と言う生きていれば誰もが免れぬ厄介なものその正体は


3、人から受けた思念、想念、残留思念、怨念これらを蓄積したもの。これが多く蓄積すると

人にも寄りますが体の怠さや痛みを生じます。霊に憑依される要因にも繋がります。


4、術、祈願、プログラム

何かの障害を起こす為にかけた術や祈願、プログラムの発動によるもの。

一例ですが、日常生活で自分の良く行く店に行ったら術がかかり発動するようにされていたり、

日常生活で通勤する為に電車に乗ったら術がかかり発動するようにされていたりされているケースもあります。

実際にはもっと複雑に何重にもトラップが施されています。

この場合、術を外してもトラップに掛かれば何度でも術がかかり発動します。


5、霊や誰かに長期間、攻撃されている。

(怨念想念・呪詛)想念や意識とは何か?それは量子もつれ


根暗な人に多い霊的現象の奥にあるものは?

2018年01月27日 | 陰陽師新井健一郎の日々

人は、生まれてこのかた人の言動により傷つき時には反発するが自分の内におさめてしまう。でも納得はしていない。

このような事が長い間続き発散することをしないでいると自分自身でその思いのエネルギーを記憶と共に、脳や体に滞留させてしまう。比較的根暗な人に多くその数が増すにつれ、やがてそれらは不安感や不信感、裏切り感、自己嫌悪などその他、などになり自分自身と交流し負のスパイラルを起こす。

それがひどくなると人を嫌う事は勿論、人にもよるが片頭痛や体の各所の痛みなどが生じることもある。痛みの場合は同じ場所に止まらず、動き回ることも有ります。一見霊的な憑依にも見えますがそうでは有りません。

勿論このような人は憑依され易く憑依を取り除いても、これらを解決しない限り根元は取れません。波は有る事、何度でも繰り返すことでしょう。

人間って面倒くさいですね。


2018年1月の霊的動向 先祖霊と悪霊との関係

2018年01月23日 | 陰陽師新井健一郎の日々

皆さんは先祖霊に対してどのような認識をお持ちでしょうか?

子孫に憑依している場合などは、子孫から見れば先祖霊と言えますが他人に憑依した場合は、他人から見ればただの悪霊といえますね。

では、先祖霊は一体何処にいるのでしょうか?

よく仏教では六道輪廻と言う事を言っていますが、どのような所なのでしょうか?

下から順に地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天と言うように六層になっていると言う事ですが、その内容に付いては皆さんが調べて見て下さい。

では、現在直近でその階層はどうなっているのでしょうか?

私がみたところですが、直近の状況では地獄と天の二道になってしまっています。この先また変更されるかは分かりませんが今迄の、餓鬼、畜生、修羅、人の場所にいた霊達は一体何処に行ったのでしょうか?

その答えは、この世だとおもいます。この世の子孫に憑依したり他人に憑依したりしている事でしょう。そのようなこともあり、ただ昔のように供養すればどうにかなる時代では益々なくなって来ています。(生前自分はこのような苦しみの中を生き抜いた。お前ももっと苦しめ。)というように失敗を喜び、成功の邪魔をして来ます。

今も昔も多かれ少なかれこのような先祖霊はいましたが、最近このような場面に良く直面します。このような先祖霊は聞く耳持たず状態です。供養などしたところでどうなるものではありません。処理してしまった方が得策ではないでしょうか。

死んでしまった者には時間は充分あり時間的観念は無いに等しいですが、生きている者は限られた時間の人生です。また、人霊の悪霊は何処かの先祖霊です。良い先祖霊達は早々天界に上がっています。



2018年、明けましておめでとうございます。

2018年01月01日 | 陰陽師新井健一郎の日々

2018年明けましておめでとうございます。

昨年は、前例のない激動の一年でした。

今年は、皆様方が良い年でありますようお祈りいたします。

 

 新年の営業は七日13時~21時平常通り営業しております。


ある時代が終わりを告げ、新しい時代に突入した。

2017年11月11日 | 陰陽師新井健一郎の日々

もう気が付いている人達も多くいると思いますが、長期に渡り存在していたもの達の姿は何処を見渡しても探してもその存在は無い。

一つの時代が終わったのだろう。 

また、この者達の残したものに何のエネルギーや効力もない。長期に渡り真理とされていたものが、くつがえったと言っても過言ではない。

天と地がひっくり返った様なもの?

永遠という事など存在しない。無情にも時は流れて新しいものに移り変わって行く。人の世は目覚ましい発展を遂げて来た。

これからの発展は人の世ばかりなのだろうか?

長期に渡り存在していたものが、姿を消したように、人は排除されて、人の世に代わる人工知能やロボットの世になってしまう事も想定内に入れておくべきだろうか?

聖なるもの?聖なること?聖なるものは、一体何を指して言うのだろうか。

指しているものが神仏なのだろうか?人間が作り上げた言葉だけの存在なのか?


2017年9月現在、当方のお祓いの状況は?

2017年09月10日 | 陰陽師新井健一郎の日々

今月になり生霊の憑依されている人や、自分自身が他人に対して出したありとあらゆるものが、自分に帰ってきている人達が多く見られます。

自分自身が他人に対して出したありとあらゆるものとは、その多くは思念、想念系のものです。

例えば、あいつは嫌な奴だ、どうにかなってしまえば良いのにとか。相手に対して攻撃的な要素を持つ念のようなものです。

今迄は、それが相手に入り特に霊媒の人達を苦しめましたが、今現在では人に対して出したものは、出した本人に蓄積されるようです。

その結果、肩や首、膝、頭等が痛くなるケースがあり、人により個人差はあります。

それを感じない人も多く存在しますが、感じる感じないに関わらず蓄積されると思います。

憑依に関しても、悪魔、魔物、魔界、悪神等の姿は有りません。見受けられるのは、一般的な悪霊くらいで、霊的な世界も大分変化しています。

貴方にしか出来ないこと・ネガティブ思考や言動、行動は要注意!



神仏の矛盾点

2017年07月07日 | 陰陽師新井健一郎の日々

私の修行時代に、ある霊能者との戦いの時の話になる。その頃は私の中で神仏を100パーセント信じていた時代でもあった。

その時の対戦相手を見てみると、こちらの使益している神仏と同じ神仏を相手も使っている。それでの対戦になりこうなると勝敗は、自分の能力と相手の能力の差でしかない。

そこに、聖とか邪とかの存在等は無い。存在するものは力の差のみでした。

一度だけその訳を訪ねた事が有る。その答えは神仏を必要とする者には協力するとの返答だった貴方も相手も必要としているでしょう。ということだった。

それと、仏は印を組み真言を唱え呼び出した者の言う事を聞くと言う。そこにも聖や邪など存在しない。呼び出され捕縛され強制使益されている仏もいた。

今思えば、仏は人間に対して上から目線で色々言ってはいたものの、自分たちの矛盾は改善しないの?と内心思っていたこともあった。また、菩薩が如来になる為には全ての人を救わなければならないそうだ。数千年前から仏の存在はあるが、ここで、世の中の実相を見てみましょう。仏の世界には菩薩、如来、数多く存在するが出来るものならとっくの昔に達成されているはずですね?

また、この様な事も有った。神道(神々の通り道)が悪魔により入口付近が浸食されつつあった。神道に一列に並び守っていたが、とてもくい止められずにいた事だ。暫く観察していたが、どうにもならない様子だった。見るに見かねて私が元に戻した事もある。

その時、私は思った法力もこの程度なのか。法力は真理そのものであるが、真理の全てでは無い。いつか神が私に言ったことがある神は全知全能ではない。この事は私にとって衝撃的だった。現在は神仏では計り知れない時代に突入している。平和とは、力の上に成り立つものなのかも知れない?


こんな神などもう要らない。色々な神模様

2017年06月24日 | 陰陽師新井健一郎の日々

2017年6月現在のところ、悪魔、魔物、魔界に付いて無くなったのに等しい。直接的な霊的憑依に付いても、悪霊等の憑依も無いに等しくなっていると言っても過言では無い。もし、憑依を疑うとすれば今は神の存在だ。 

神と言っても人間を救ったりはしない。今迄この神達は悪魔等の裏に隠れていて目立たたなくなっていたが、悪魔、魔物、魔界が極端に減少した為に憑依を調べた結果浮上した。この神達は、一応は神ではあるが悪魔等に力を貸していたもの達だ。

こうして見ると神の世界でも、人の世界でも大した変りは無いものだと思う。もし、憑依がある場合には一番先に調べておく必要がある。ですが騙されないで下さい。言葉巧みで色々なものに変化します。信用させる為に色々やってのけます。大概の人は騙されます。

害あるだけで一益も有りません。 

この神達が私の新たな対戦相手です。現在結構な数ぶち壊し消滅しています。