ZERO ENGINNRING




前回よりご紹介しております次回 輸入車。

左側のショット。

1981年の販売当時のままと言ってよい状態です。

 ミラーだけがありませんので、こちらに入庫後にそれなりなモノを用意いたします。

 

だいぶ昔となりましたが私も20才くらいの時に前モデルの1000Mk2を所有しておりました。

 もれなく改造をしていきましたが、気づけばブームとも相まって他の方達の車両と

見分けがつかない、どれもこれも同じに見えて手放してしまいました。

 

今回の車両はご覧の通りのオリジナルのまま。

 お好みの雰囲気に改造もどうぞ。

オリジナル・パーツは保管しておけば、また元通りになります。







4年程前にも同じ車両を輸入しましたが。

ハーレーではありませんが、KAWASAKI Z1000J。1981年モデル。

 なかなか良いハーレーが見つからない中で、こちらの車両を見つけまして購入しました。

 

写真は本国にて購入する際の風景。

 Gタンクなど取り外しまして各部出来ます範ちゅうで、チェック。

ココまでして購入してます業者さんも少ないかと思いますが・・。

 通常の輸入車同様に作業は当店にて行います。

売って頂いた方はセカンド・オーナーとなりまして、コチラの車両で

 ローソン・レプリカを作製しようと思い保管されていました。

マイレージは16.000マイル、年式からしましてロウ・マイレージと判断します。

 外装などの大きなダメージは有りませんが、多少の年式相応のキズはあり。

全体としましては、かなり綺麗な状態です。

 

下取り等のご相談も、宜しくお願いします。

 ’90年代のノーマル・スポーツスターやショベル FLまたはFX等。

状態の良い車両はコチラも探しております。

 宜しくご検討くださいませ。

 

 

 







 

おおよその整備が完了いたしました、FXEF-80 1979年モデル。

 エンジンも腰上はガスケット交換がてらの、分解・点検・手直しを。

 

シートもオリジナルが付属いたします。

 写真のコブラ・シートと使い分けしていただければと思います。

作業の内容・価格は店頭にてお伝えいたします。

 まずは現車をご覧くださいませ。

 

 







 

  

 

米国からの出向の遅延が続いておりましたが、先日に出港となりました。

 連休中の日本到着後に手続きしまして、店頭用意となります。

以前のご紹介と重複するかもですが、あらためて。

 

1979 FXEF-80・1340のモデルとなります。

本国でも通常使用されていた車両で、ウインカーなどは付属しまして

 入庫次第にコチラでの取り付けとなります。

基本的なエンジン色のモデルとなりますので、黒色ペイントエンジンに見られます

剥がれなどが気にならず、手入れもしやすいです。

 

外装も特に大きなダメージはありません。

 フロントフェンダーに数か所のチップ的な剥がれがあるくらい。

 年式相応よりは状態が良いと判断します。

 

ともあれコチラのFX系もなかなか出て来なくなりました。

 前倒しで販売していきますので、宜しくご検討・ご相談お願いいたします。

 

 







 

販売中のCH、追加写真です。

Sメーター・Tメーター双方、作動します。

キックオンリーのモデルとなりますので気になる部分のギヤの具合は、問題なし。

灯火類は全て機能しまして、発電・充電状態もOKです。

クラッチ・シフト、現状でもスムース。

純正KEYとスペアの2本付きです。

検査・登録後にテストランしまして、実際に必要な作業をいたしまして

 お渡しとなります。






« 前ページ