弁護士な日々

横浜戸塚の女性弁護士大澤晶子のブログ

久々の小田原

2022-12-27 | 日記
午前中,久々に横浜地検小田原支部へ。
小田原駅を出たら,いきなり,お城通りに新しい商業施設ができていました。?ほんと,一年以上小田原に来ていなかったなあ。用件があるときは,毎月のように行く時もあるのに。「ミナカ小田原」というようです。

で,テクテクお堀端を歩いて,横浜地検小田原支部に来たら,支部の建物が新しくなっていました!以前の建物は,入るのがためらわれるくらい(?),ほんとに古かったですからねえ。

記録の謄写のために行ったのですが,時間がかかって,ちょっとお疲れモードに。帰りに「ミナカ小田原」によって,ちょっと気分転換しちゃいました。

今年は12月28日までで,明日は大掃除の為,実質今日までです。
来年も宜しくお願いいたします。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

HORIDAY

2022-12-07 | 日記
 事務所の近くにパン屋さんができた。「HORIDAY」というお店。
 いや,「さん」ではなく「様」か?すごく美味しい!
 最初クロワッサンを食べて,パリパリで美味しい!とファンになったけど,今日,パン・オ・フロマージュを食べて,ハード系のパンも美味しい!と感動。お弁当が作れないときはコンビニで済ますことが多かったので,楽しみが増えました。
 今度はカヌレに挑戦したい。
 一号線沿いの壁に虫のオブジェ(?)がついている特徴的なビルの1階(戸塚区戸塚町3935)。
 土日が定休で,夕方も5時半くらいまでしかやっていないようですが,お近くにいらっしゃったら是非!と思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クローズアップ現代

2022-12-01 | 日記
 11月30日のNHKの番組クローズアップ現代が「事件の”その後”に何が 犯罪被害者の闘い」との題名の特集でした。
 犯罪被害に遭った後の,被害者の家族の精神的・経済的苦境を伝える内容。
 NHK,いい仕事するではないですか。
 弁護士として,刑事司法手続やその後の損害賠償の裁判まではお手伝いできても,資力がない,またはかなり長期に刑務所に入ってしまっている加害者から実際に賠償金を回収するのは困難です。民事裁判する場合でも,判決が「絵に描いた餅」になる可能性を説明した上で,提訴するかどうかを判断してもらうのですが,本当に心苦しいです。
 被害者給付金も「見舞い金」の枠以上ではなので,お葬式あげてお墓たてたら終りぐらいだったりします。
 国が何らかの施策を打ち出すべきだと思いますが,それ以外でも基金とか立ち上げられないのか?どれくらい予算があればできるのか?と考えてしまいました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

傍聴マナー

2022-10-27 | 日記
久々に,裁判員裁判の事件について,一般傍聴。

①証人尋問中に,どこからか携帯の着信音がする。電源は切っておきましょう。
②裁判途中で,多くの傍聴人が入ってくる。静かに入廷しましょう。
③法廷に入った傍聴人が席に座らず,立ち見しはじめる。いや,席空いているよ。速やかに座ろう。
④傍聴人が帽子を脱がない。事情があるならともかく,一般的なマナーかな。パーカーのフードも脱ごう。
⑤飲み物を手に持ったまま傍聴席につく。法廷内は飲食禁止です。蓋のついたカップでもこぼすよ。

これらは,法廷の入口に注意書きとして書かれていること。
法廷傍聴は演劇観賞ではないよ。
被害者の中には,自分の事件がイベント見物のように扱われていると感じて傷つく人もいます。
引率の先生も,理解できていない学生を連れてくるなら,先に注意しておいて欲しい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タイミング

2022-09-16 | 日記
 役所などの被害者担当の方と話をしていると,偶に,「この方に法律相談を勧めるタイミングはどうすればいいでしょうか?」という質問を受けます。
 そう,意外と「法律相談をするタイミング」「委任をするタイミング」というのに悩む方が多いのではないでしょうか。
 ただ,こればかりは正直「事案による」ことが多いです。弁護士が介入しなくても解決できそうな事案であれば, 法律相談だけでも何とかなりそうでしすし,逆にもう依頼をしたほうがいいよ,ということもあります。
 ですので,あえていうなら「法律相談しようか悩むなら,法律相談予約を入れたほうがいい」ということになるかと。
 早すぎて事案解決に直結するアドバイスができないことはありますが,それでも現時点でどうすればいいのかという悩みは解決できるだろうと思っています。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする