“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

18/08/12『戸蔦別岳~幌尻岳』

2018-08-12 | 山行報告

暦の上では秋を迎えた8月2回目の登山は、

5年ぶりに日高山脈の山「幌尻岳(2,052m)」です

 

日本100名山「幌尻岳-ぽろしりだけ-」」山頂

 

お盆は5連休

と言っても、登山をするのは昨日、今日の土日と決めていたので、

数日前から天気予報で向かう山域をあれこれと思案していたもの

であります

 

この夏の週間予報は当たらない


特に台風がいくつもやってくる季節になってくると、

ほとんどが週末に天気が変わります

 

今週も昨日の土曜日はどこも雨ふりなので、狩場山山域一泊を

諦め、比較的晴れる確率が高い来馬岳、オロフレ山山域に

向かうつもりが..

 

ウッチャンの山行報告を観て、一昨年の豪雨災害で不通になって

いると聞いていたチロロ林道が既に開通していると知って、

急に日高山脈に向かいたくなってしまいました。

 

■5:25 北電ゲート

 

札幌自宅を2:30スタート

ひたすら下道を走って凡そ3時間弱、

チロロ林道は車高の低いToshiの車でもスイスイと走れる

状態になっていました(流石に北電管理?)

 

ところが、先行する車両(そのほとんどが車中泊、ないし山中泊組)

が多く、Toshiの車は林道脇にはみ出し駐車です。

 

昨日が「山の日」だ・か・らか?

 

で、

沢山お泊りになっている登山客さんは今日の天気予報を

知ってか知らずか..分かりませんが、

 

当然、Toshiが向かってくる山域は“晴れる”予報なので、

この登山口の今の天気はどうしたことでしょう

 

雨こそ止んだけれど雲が厚い千呂露川沿いの林道歩き

 

気温は17度、ちょっと肌寒いので中袖を着て登り始めたものの、

谷筋歩きは風がなく、

 

5:55 取水ダム(林道終点)

 

滑りやすい岩石に気を使いながら歩いていると、、暑い

 

 

そして、

この先、沢筋を離れ尾根の取り付き地点

 

尾根の始まりから急登・・だと分かっていても・・

そこは日高の山の特徴

その急登が標高差700m続く

 

そりゃあここは“ミニ山の会”スタイルの半袖だってば

 

尾根の取付き地点標高(1,100m)からヌカビラ岳(1,808m)までの急登

 

今朝までの雨で登山道もけっこうウェットでズルズルとしながら

気になる天気はどうかと上を向いて歩く間に

 

ガスが切れ始めて青空が見え始めました

 

と、喜んでヌカビラ岳の肩までやってきたけれど、

眺められる景色はわずかに北戸蔦別岳の上空あたりまで..

 

8:15ヌカビラ岳(1,808m) 

 

ヌカビラ岳から南方に眺められるはずの幌尻岳は、

すべてガスが掛かって見えません

 

 

残念

 

8:35 北戸蔦別岳(1,911m)

 

5年前、立派だった北戸蔦別岳の山頂標板も朽ちる寸前でしょう。

春夏秋冬、雨の日も風の日も..そして雪に埋もれてもこの場所に

張り付いているのですから当然です。

 

 

ここから戸蔦別岳までの縦走路の景色もご覧の通り、

ガスが支配して青空は僅か..

 

9:20 戸蔦別岳(1,959m)

 

しかし、

この後、僅かずつ視界が効いてきます。

 

 

“待てば海路の日和あり”というけれど、

「山の日」にはどうぞ皆さん、“待てば山路の日和あり”として

頑張って歩いてください

 

雲散霧消はもうすぐか

 

ようやっと辛い登り返しを終えて幌尻岳の肩まで来ました

 

 

2010Pの南東半分がまだ

 

全貌が姿を表した幌尻岳山頂手前400m

 

右に北カール

 

季節がもう1ヶ月早ければ壮大なお花畑が眺められたはずの

幌尻岳の肩から2010Pを過ぎたあたりから、バラバラと

ヘリコプターの音が聞こえだしました。

 

丘珠からやってきた防災ヘリコプター「はまなす2号」

 

数日前から幌尻山荘ルートから入山して行方不明になって

いる70歳台男性の捜索に、やっと視界が効くようになった

今日から開始しているのでしょう。

 

 

 

それにしても山岳救助というのは大変な仕事です。

この日はご覧の通り、視界が効いたと思ったら下からもくもく

とガスが湧き上がってくるような中、ヘリコプターを暫くの間

ホバリングさせたりしてます。

 

 

図らずも防災ヘリコプター談義を始めてしまいますと

 

こちら水色にオレンジラインのヘリコプターは道警のもの

 

幌尻岳山頂から北カール、額平川上流から1881P付近(戸蔦別岳から

北戸蔦別岳の稜線上)をToshiが下山するときまで、

まるでToshiの登山を撮影しているかのように張り付いていました。

 

行方不明者の捜索本当にご苦労様です 

が、群馬県で最近起きた墜落事故のこともあり、

上空直ぐ近くでホバリングされるとちょっと怖いと思いました。

 

10:45 山頂

 

 幌尻岳山荘~北カールルートの全景

 

日本100名山だけに、

山頂には大勢の登山客が居ましたが、

それでも北アルプスの「山の日」の昨日に比べると

人口密度は少ない方でしょう

 

 

■11:10 下山

 

下山の時刻になってこの景色⇒北に伸びる国境稜線

 

 

 

下りは戸蔦別岳を過ぎるとそこからは再びガスの中..

なので専ら秀峰「戸蔦別岳(1,959m)」の姿と七つ沼カールの

画像を貼り付けます。

七つ沼は水がほとんど枯れていました。

 

 

戸蔦別岳を中央に⇒右ピパイロ岳

 

七つ沼にヒグマがいやしないかと目を凝らしましたが、

さすがにヘリコプターの音に驚いて何処かに潜んでいるのかも

 

 

■12:20 戸蔦別岳

■13:10 北戸蔦別岳

15:20 北電ゲート


今回はチャリンコなし(前回13/07/20『戸蔦別岳~幌尻岳』はチャリ子と一緒)

 

やはり日高の峰々は素晴らしいの一語に尽きます。


稜線上のハイ松に膝が引き戻されるたんびに、整った山小屋

が随所にあってよく整備された北アルプスの登山道と比較

してしまいます。

 

そんな幌尻岳のそれぞれのルートにも今や沢山の登山客や

トレラン客が訪れてきて賑わいを見せるようになってきたこと

は良いことなのでしょう。

携帯の電波も繋がる範囲が随分増えたお陰で安全・安心・・

だけど、頂上で仕事電とることになったりして

いろいろと考えさせられます。

秋分の日までに、日高山脈の山にもう一度は分け入らねば

 

来週は、晴れたら雨竜沼湿原を歩く予定ですっ

 

 

 

コメント

18/08/04『空沼岳』

2018-08-04 | 山行報告

8月最初の登山は、先週末に引き続き札幌近郊の山

空沼岳(1,251m)」です

 

 

羊蹄山からは少し離れましたが高曇りなので良く眺められます 

 

札幌近郊の山は南区・定山渓の周りに1,000mを超える山が

いくつかあります。

1,400mを超える山は余市岳と無意根山、

1,300を超える山は恵庭岳と漁岳(これは支笏湖周りの山)

そして1,200mを超える山は定山渓を挟んで西と東に

いくつかあって、

その代表が札幌岳と空沼岳でしょう

 

土日のうち1日、日帰り登山となる場合で天気の予報があまり

芳しくないときは、それらの山を目指すのが経済的です。

朝、早い時間に取り付けば午前中に登って下って午後から用事

ひとつ足してお釣りがくるのでね

 

6:45  駐車スペース

 

ということで、登山口がその定山渓までも車で走ることなく

登れる1,200mを超える「空沼岳(1,251m)」は、

Toshiが札幌近郊で初めて登った山です。

 

数年前の大雨で流された登山口を流れる 万計沢川

 

残雪気を含めて、もう何度もご紹介している空沼岳は

とっても良い山だけど、毎回、残念なところとして話して

いるのは、登山口に向かう林道の入り口が大掛かりな砂利の

採掘場になっていることで、大型ダンプが何台も行き交う

風情は登りはじめの雰囲気が台無しです

 

■6:55 登山口

 

 

車も晴れた日は埃で真っ白けっけっ

雨の日はドセロドロ、

この採掘場を回避して林道に入り込む予算はかけられない

ものでしょうか?

 

急こう配なところがほとんど無いのはビギナー向け(だけど長い)

 

標高差凡そ900mで距離が片道約8km、

険しい山というよりも深い森の中の森林浴を楽しむ

山とでもいった趣でしょうか・・

 

 

 万計山荘までの距離が4km弱あって、緩い勾配ながら長い

その登山道歩きにいささか飽きてくる頃に、

「もうそろそろ 万計沼ですよ」と知らせてくれるように

沼から流れ落ちる小滝が現れます。

 

ここを過ぎて、沼までの沢伝いの道程がToshiは一番

好きで、夏暑い日はこの暗い回廊のヒンヤリ感で癒され

ます。

 

 

ようやく訪れる開放感で頂上までの半分です

 

マイナスイオン1,000%で5合目からも頑張れます

 

■8:00  万計山荘

 

しばし休憩、考える人・・(ウソ、すぐ出発)

 

 万計山荘のお姿は下山時にしましょうねぇ~

すぐさま次の真簾沼(まみすぬま)です。

 

この看板は寝ています

 

 万計沼の倍はあります真簾沼

 

おわかりかな?

 

ま、この二つの沼がないと空沼岳(そらぬまだけ)が「からぬまだけ」

になっちゃいますなぁ~

 

 

座布団ちょーだい

 

 

それにしても、空沼岳頂上へのアプローチは積雪期にこの2つの

沼を越えた8合目付近はとても広い平坦地で眺めがよいという

のに、夏場はな~んにも見渡せず“見せ場”がないなぁ~

 

9:05 頂上

 

頂上からの眺めも、せっかく西の羊蹄山や無意根山が望めて、

南の恵庭岳も視界に入っているのに、今一つ満足感が足りません。

 

この画像は背伸び・・というより三脚いっぱいに伸ばして

 

それは、背伸びしない無意根山(西)と支笏湖(南)が視界に入らない

からでしょう。

(↗きっとこれは毎回申し上げているはず)

 

都市はこんなに良く見えるんだけどねぇ~(⇒自宅の横は札幌ドーム)

  

これも三脚いっぱい右手に掲げて(右手前の狭薄山がイイ)

 

人間、贅沢をいいだすときりがありません。

視界を遮る樹木を切ってしまえなどとなったら北海道の

山が山でなくなってしまいますから..

 

 

ひっそりとその山の良いところに目をやりましょう。

 

■9:40 下山

 

下山の画像に 万計山荘を入れましょう

 

 左手入り口にトイレ有り

 

沼の取水口近くに何やら建造物が・・

 

立派な第二山荘(避難小屋)が出来ていました

 

立派な煙突が見えますから、冬期間も使える避難小屋

として活躍するのでしょう。

 

 

そう、沼が持ち味の空沼岳はこの沼を眺めて、な・ん・ぼ

 

11:05 登山口

 

繰り返しますが、採石場からの車両の乗り入れだけ

なんとかして欲しいぃぃ~

です。

 

■11:15 駐車スペース


今日は概ね20度そこそこの気温で涼しい登山でありました。

来週はもうお盆です。

だけど登山は土日だけ、

さて何処に向かおうかい

(西郷どん観てね~)

 

 

 

 

 

コメント (4)

走っています!

2018-08-02 | ランニング

走っています

 

8月に入って北海道もそれなりに暑い

けれども、三日坊主にならないように6月、7月と週に2回、

10kmを走るようにゼンマイ巻いています

 

朝はまだ20度程度で、陽が上がらない5時前の時間が気持ち

よいです

 

いつもの大谷地までのランコースはときよりカラスの攻撃有り(4:40)

 

 

 

コメント

18/07/28『無意根山(薄別ルート)』

2018-07-28 | 山行報告

7月最終週の土曜日は、札幌近郊の山「無意根山(1,464m)」を

薄別ルートから登って来ました

 

 

8:00 無意根山ピークから望む羊蹄山~ニセコ連峰

 

暑中お見舞い申し上げます。

北海道の7月も後半になって気温がぐんぐんと上がってきて、

今日も30度予報

 

だけど本州の連日の殺人的酷暑にくらべると、まだ北海道は

救われています。

登山だって早朝に出発すれば熱中症も回避できて、比較的

涼しい時間に下山してこれます

 

 

5:05 宝来沢林道入口

 

この宝来沢林道の第1ゲートは閉鎖されているものの、

Toshi以外の登山者数名(車両3台)は、ゲートのカギを開けて

入林しているらしく、なんだか一人アルバイト学生させられ

ている気分ですが、

 

な~に、このルート、

宝来小屋からの登り下りなら運動量が物足りず、それなら

最初から他の山を選ぶのです

 

やせ我慢して

陽が低く後ろから差し込む早朝の時間から歩き始めます。

 

 

6時を回って登山口、射し込む太陽が日中の暑さを予感させます。

 

いや~

まいりました

ブヨはいませんが蚊が凄い

 

 

薄別ルートが湿原歩きだということを忘れていました。

 

立ち止まると1秒で大きな蚊が露出したふくらはぎあたりに

くっつきます

なので止まれない、ひたすら歩き続けます

 

花の時期も過ぎていて、華がない「大蛇ケ原」

 

冬、この平原から眺める北壁の姿が美しいけれど、

夏はその広さをまったく感じられないのは残念です。

 

 

久し振りに眺めました「無意根尻小屋」(北大山スキー部管理)

 

小屋から先にいくつか急登があるものの、

そう距離を感じることなく、気が付くと元山ルートとの

分岐に差し掛かり..

 

 

その先はもうハイ松の廊下..

このダケカンバ、ハイ松を腰をかがめて歩くのがけっこう

首にくる

 

南方の山もすっきりと眺められます(頂上まであと少し)

 

これだけの晴天はいつ以来でしょうか。

陽射しはきつくなってきたけど頂上には一番乗り

爽快感が半端ないって

 

 

見通しの効かない現在の頂上から旧頂上まで250m、5分で

とぉ~うちゃこ

 

7:55 旧頂上(三角点 標高1,460m)

 

 

札幌岳方向の奥は雲海です

 

薄曇りの雲海の上には夕張山地の姿がくっきり

 

雪渓がほぼなくなった夏姿の羊蹄山

 

羊蹄山からニセコ連峰、そして日本海に続く山並み・・・

 

画角180度、東方パノラマ(は、ヤッパリ変だぁ~)

 

この時刻、腹もそれほど減っておらず、

 

 

暑くなるので東西南北を画像に収めたら、ちゃっちゃと

下山します。

 

■8:00 下山

 

存在感の薄い現在の最高標高地点⇒故に頂上1,464m

 

食事は無意根尻小屋を使わせてもらいました。

中で飲める汲み上げ水はひゃっこくて美味しいわぁ~

 

 

今週も連日美味しくビールを頂いていますが、

今日も下山したら大通りのビアガーデンであります

そのために汗流している観がありまっす

 

日陰はまだ涼しい、この時間の宝来沢林道歩き(冬も、そして夏も長い長いぃ)

 

■10:20 宝来沢林道入口

 

札幌岳を止め、札幌第2の高峰「無意根山」にしましたが、

札幌近郊は何処に登ってもすっきりと晴れた良い登山日和に

なったのではないでしょうか

 

しかし、山頂付近にも雪渓が失われた大雪山連峰以外の山の

夏はちょっと寂しい・・というか物足りない。

 

晴れたのに文句を言うべからず..、

来週はもう8月の報告になりま~す

 

 

 

コメント (2)

北海道好き友人との2日間

2018-07-21 | 日記

今年もその友人は訪れた!

 

yuruyurutozan@鳥取日本海というのが彼のハンドルネーム

自称“ゆるゆる”というぐらいだから、登山への情熱はそれほどでも

ないけれど、北海道への思いは人一倍強いです

 

今年は観光を優先して登山はこの望岳台からの眺めだけ(ガス)

 

今回は奇遇が重なり、縁あっての3人旅行となりました。

(途中、Toshiの姉も加わり、故郷の夕張に一泊)

 

上富良野 日の出公園のラベンダーだよん!

 

本日、清掃日につき写真撮影許された吹上温泉郷(足湯のみ)

 

ディスイズ十勝岳温泉湯元 凌雲閣

 

富田ファームは中国客でい~っぱい

 

オジサンお腹ひっこめた方が・・

 

故郷の名所なのにToshiもはじめての夕張鹿鳴館

 

ご存じ!かな?幸せの黄色いハンカチ


ご存知かな?武田鉄也運転(映画中)のマツダファミリア

 

minaちゃんの御父上(Toshiより2つ上)平尾昌晃似?

フォレストゆうばりの朝

 

 

結局、登山はしなかったけれど、楽しい2日間となりました。


また来年もやってくるのだろうね、ケンボー@鳥取日本海殿


 

 

 

 

コメント (4)