“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

20/11/29『昆布岳』

2020-11-29 | 1道央の山

コロナ禍の2020年11月最後の登山は、アイヌ語で「コンポ・ヌプリ(小さなコブ山)」から

その名称となったらしい「昆布岳(1,045m)」です

昆布岳の標柱は、6合目から見上げると人が手を振っているように見えます

昆布岳にこの季節登るのは初めてであります。

万偏山の会の“都合”上、長万部と札幌の間の山をまずはあちこち巡ることになることは、

しばらくの間続きます。

雪が完全に山という山を覆いつくす季節がやってくるまで、しばらくは道南に近い山域

を選ぶことになり、太平洋側の方が天気が良くなる確率が高いのです。

昆布岳は、登山道が明確で、冬山が初めてとなるmisakoさんにはよい足慣らしの山と

言えましょう

8:50 昆布岳登山口駐車スペース

この日も、登山口の民家で買っている“黒ラブ”が見送ってくれました。

人懐っこい性格のラブラドールには、misakoさんも話しかけたそうでしたが、

手を振って「下山時にまた声を掛けるよ!」といって別れました

登山道には少しずつ雪が多くなってきます。

雲は多いけどまずまずのコンディション

名物のメガネ岩の前で記念撮影

5合目も過ぎると積雪は20cmは優に超え、ストックがあった方が良いです。

空には少しだけど青さもあって気分が

頂上は見え隠れですが、この時はシャッターチャンス

7合目では雲行きあやしいし、気温も低い

だけど行いが良いとちゃ~~んと晴れてくるもんだね

青空が広がってきて嬉すぃ~

本日は先行者が1名だけで、その方はすでに下山

内浦湾には明るい日差しが射しているし

12:10 頂上へとぉ~ちゃこ

misakoさんが撮ったスマホのパノラマ・・、後ろはニセコと羊蹄山

Toshiが指さしているのは洞爺湖ウィンザーホテルと思われます

夏山とは様相がまったく違う(ところがgood)

風もそれほどでもなく、期待していた以上に晴れ間が覗いて大満足

太平洋側の、それも海岸を眺められる距離にある山域はやはり穏やかです。

それでも頂上は気温が低いので、昼食は少し降ってから・・

■12:30 昼食

■13:00 下山

ここは林でなくて森のはず..、何故ならば、人はこんなに沢山植えません

■14:35 登山口駐車スペース

下山時、登りの最初で声を掛けた黒ラブに話しかけようと民家に

近づいたら、家主に叱られました

登山道から外れて「オラの家さ近づくな」というわけです。

確かに不法侵入ですな・・・

でも、黒ラブ放し飼いにしてたらホントはダメでしょ

だけどメンコイから許します

はいっ、

本日も登山口へ現地集合、現地解散、「密」無しということで、、
皆さんなるべくココアアプリを入れましょう

お風呂もなし

それでは、また来週

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

20/11/21『稀府岳』

2020-11-21 | 1道央の山

11月も後半、向かった山は室蘭・登別周辺の山「稀府岳(702m)」です

 

輝く内浦湾(噴火湾)を背に

 

3連休

皆さん、全国で再びコロナが増え始め、北海道も第三波が押し寄せている中

いかがお過ごしでしょうか

「密」にならない工夫が必要です。

いよいよGotoにも規制ができて、自粛ムードが漂う中、万編山の会では

“北海道の湘南”と言われる伊達市の稀府岳(まれっぷだけ)で合流しました。

 

■10:20 登山口

 

misakoさんのご自宅からは1時間とかからないでしょう。

一方、Toshiの家からは中山峠⇒洞爺湖経由で凡そ2時間ちょっとで

伊達市内までやってこれました(伊達市内でmisakoさんと合流し、

2台で登山口までやってきたので濃厚接触なし・です)

 

予報ではこの3連休、まともに晴れてくれる日はないながら・・・

今日の午後から晴れマークが覗く伊達周辺をピンポイントで選んで

やって来たのですが、札幌を出るときは雨でした。

 

中山峠はみぞれ、ルスツを越えたあたりで青空が覗き、洞爺湖では

気温も上がってきました(有珠山周辺は年間を通して暖かい)

 

いつもより遅い登山開始です。

 

稀府岳の名物らしい朽ちたカローラ

 

実はToshiは稀府岳は初めてなので、美しいと言われる登山道がどれほどのものか

楽しみにして来ました。

 

Toshiが落葉(らくよう)というと、キノコを想像したmisakoさん、Toshiは“おちば”と言いなおしました

 

登山口から歩いて間もなく現れる針葉樹林帯

 

ここで問題です

森と林の違いは何でしょうか?

 

この答えは、エネーチケーの『日本のおなまえっ!』という番組を

視た人は知っているはず

 

このプレートがかかる木もそうだが、二股、三又に分かれた木がやたらと多い

 

【答え】は、

同じ木が生い茂る場所であっても・・・

森は、神が作ったもの

林は、人の手で植えられたもの

らしい...

 

山の北側は終始どんより

 

なので、針葉樹も広葉樹も混ざって植えられて、一見「森」のように

鬱蒼としていても、植林したものは雑木林と呼んで「林」なんだそうです。

 

伊達の町を眼下に7合目にあるガマ岩で

 

ガッテン!”いただけましたでしょうか

って、

問題の答えを知っていた人は、かなりのエネーチケー好きでしょう。

 

素晴らしい笹原、ここも一級の笹原と認定いたします

 

前稀府岳の標識はショボいけど、前だからこのぐらいがイイ(のか?)

 

距離が短いので、そんな話をしていたらあっという間に頂上が近づいてきました。

 

 

11:40 頂上

 

はい、やはりですが、北側の山域はこの時刻まだ厚い雲に覆われていて

羊蹄山やオロフレ山などは望めません。

 

室蘭岳も頂上付近は雪雲が降りたり・上がったり・・・

 

■12:15 下山

 

この時期、多くの人で賑わうのか?

と訪れた稀府岳でしたが、意外と登山客は少なくて、

トレラン装備の若者が2名の他、4組の登山者で「密」のない貸し切りの

頂上でゆっくり食事が出来ました

 

ここから眺める白鳥大橋(室蘭)は非常に「ヨイネ

 

笹原の先(西方)には有珠山、洞爺湖ウィンザーホテルがよく見える

 

内浦湾の先に駒ヶ岳のすそ野が望めます

 

ボードで遊びに来ても良い山であることを確認(ただし雪があれば)

 

落葉(らくよう)して海が望める景色は本当に美すぃ~

 

この辺りは林ではなく、明らかに森です

 

尾根から谷に降りると登山口はもうすぐ・・・

 

■12:45 登山口

 

はいっ、

お隣の(伊達)紋別岳と共に、穏やかで緩やかな稜線歩きを楽しめる

内浦湾沿いの稀府岳は、この季節に訪れるというのが狙い目でしょう。

うっすらと雪が被った12月もツボ足で登れる数少ない道央の山です。

[山女ナジャさんのブログ]

道の駅でリンゴを買ったり、スーバには置いていない菊芋を手に入れたり

周辺の見どころ一杯の伊達からの登山報告でした

 

それではまた来週

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

20/11/15『冷水山』

2020-11-15 | 5道南・夕張の山

11月も中旬ですが、今週は大腸ポリープ切除後のリハビリ登山で、

Toshiの田舎の「冷水山(702m)」に登ってきました

白い世界を待つ「夕張岳(1,667m)」を望んで

先日、大腸内視鏡検査なるものを生まれて初めてやりまして...

するっと、大小3つのポリープが見つかり、大きいものから

多少出血が観られたので大事をとって一泊入院してまいりました。

何が辛いって、凡そまるっと2日間胃に食べ物が入らないことが一番で、

焼き肉やすき焼きや何やかんや・・頭に浮かんできてたまらんかったです。

Toshiは真面目なので、どなたかと違ってお酒もかれこれ1週間抜いており、

ランニングも控えていますが、登山だけは止められません。

極めて安全に登れる山「冷水山」はちょうど良いリハビリ登山になるだろうと、

気軽に夕張まで走ってくると、

朝の気温マイナス2度、先週積もった雪が多いところで30cm程度もあって

この時期としてはけっこう脚にくるツボ足登山を楽しんできました。

7:50 レースイの湯側駐車スペース

レースイの湯だけでなく、ホテルリゾート全体が休業状態なので、

駐車場に一般車両はありません。

鹿の踏み跡をたどる・・・

そのことを考えると、正面入り口横の橋を堂々と渡って、

メインのゲレンデを直登しても誰も文句を言う人は居ないようです。

この季節の朝の陽射しは眩しいなぁ~

夕張は縦に長く、

Toshiの住んでいた南側の一帯と、このM'tレースイのある北側一帯の

天気はかなり違います。(特に冬は)

この一帯の積雪は、ほぼ、ここ数年豪雪地帯と化した岩見沢地区の

予報と連同しており、先週の雪降りは40cmにはなった模様です。

クローズであっても雪上車が入っているのはどういうわけか?

分かりませんが、鹿の踏み跡より雪上車の跡を歩く方がそりゃ歩きやすい

まだストックを持ち歩く時期ではないので、一歩一歩踏み締めるとけっこう

時間がかかります。

それだけに良いリハビリで・す。

はて?

登山者が居るようにも感じられないのに、どこからか笑い声が聞こえます。

とにかく今日は、空が青い

そして、

第2リフトの終点あたりから上にシュプールが見て取れます。

なるほど、シュプールはスキーの跡だけど、下を見下ろすとボーダーが

何人か第2リフト下を滑っていて、Toshiよりも早い時間に上がってきて

サイドカントリーを楽しんでいるようです。

風も思ったほどでなく輻射熱で暖かい

頂上に近づくと、

風が強くて日当たりが良い場所が多少溶けているものの、

十分スキーやボードが楽しめる積雪なので、

Toshiとしてもボヤボヤしていられない気持ちになりました

ジェットストリーム城達也の声が聴こえます

8:50 頂上

頂上から望む夕張岳は素晴らしい

馬追丘陵からさらに西、札幌の山の姿も同定できてgood

夕張岳は、撮ってくれ!と言わんばかりに輝いているので、

何度もカメラのシャッターを押しました

晴れた日は、札幌からも“この容姿”がそのまま望めます

横にワイドでは..

さらにワイドで、

冷水山から芦別岳は望めない位置にありますが、

今日、hiromiちゃんは果たして芦別岳へ登っているものかどうか?

中途半端な雪の時季、とても頂上までたどり着くのは難しそう。

■9:15 下山

Toshiのカメラの限界、、樽前山から恵庭岳...

コンパクトシティ化を目指す夕張の新中心部(南方向)は「清水沢地区」

昨日と今日、連日札幌から足を運んでいるBCボーダーの皆さん

対岸の鳩ノ巣山も冬の装

主の居ないマウントレースイスキーリゾート

コロナ禍では再開しても結局不採算でしょうね。

9:45 駐車スペース

下山後は由仁に移動して“ゆんにの湯”に浸かって帰ってきました。

人々からお手軽な日帰り温泉の楽しみを奪ったら、コロナ鬱が蔓延して

とても明日また働こう・なんて思えなくなりますから、

日本人は特に銭湯や温泉だけは自粛してなんて言わないで下さい。

それにしても最近我慢することが多過ぎるって

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Goproにハマった人

2020-11-10 | 日記

Toshiのボード仲間のYukiyaさん、

雪のない季節のコロナ禍をどう過ごしていたかを確認のため久し振りに

メールすると、Goproのタイムプラスにハマったらしく、空気の澄んだ

日の夜景をいくつかYouTube でアップしています。

 

拡散希望ということなので、1つ覗いてやって下さいませ。

 

夜が更けて、翌朝陽が昇るまでの間、その環境に居続けることがそもそも

大変な作業なのでToshiには到底できないことです。

 

しかし、動画制作ではセミプロのYukiyaさんとしてはもう真冬の夜空にも

ハマってしまうのでしょう。

 

間もなくBCの季節到来です

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

20/11/08『2020 さっぽろ さよならマラソン!』

2020-11-08 | ランニング

今日は、今年最初で最後となるマラソン(ハーフ)大会2020さっぽろさよならマラソンに出場しました

 

[10:40]クォーターの皆さんの一斉スタート

 

ハーフはクォーターの皆さんの10分後[10:50]にスタートしましたが、

真駒内競技場へゴールするまでの間、予想もしていなかった良い天気に

恵まれて無事ゴールすることが出来ました

 

大会コース

 

計測はご自分でね

 

ウエストポーチを忘れたので写真を撮れずに大会の雰囲気をお伝えする

画像が一枚だけでけになってしまいました。

何がしか忘れものがなくなりません

 

ドン亀の皆さん、Misakoさん

応援、誠にありがとうございました


【備忘録】

コロナ禍による感染拡大防止のため、当日会場は競技場施設の閉鎖(着替え場所なし、

トイレのみ使用可)。出発・ゴール地点である競技場への入場時は体温検査と

アルコール消毒。荷物の預け場所として「有料手荷物所(300円)」を設置(預けないけど)

参加者自体が少ないので、出走待機時も1m間隔ルールでそれほど密にはならず。

何より駐車場が空き空きで“無料”だったので、ドン亀メンバーいつもの公演芝生集合場所

に近いよいスペース確保できました。


 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加